« テクノロジー犯罪に遭遇して1778 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1780 »

2012年12月28日 (金)

テクノロジー犯罪に遭遇して1779

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という50才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者・制作者として)発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を! 睡眠・業務妨害の音声動画記録もほぼ毎日You Tubeへ更新中(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1)

12月28日(金)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズ★ 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻、右肘) 気配◎ 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、肝臓への操作、ひどい走行妨害あり) 資源の無駄遣い●

10時23分

昨晩はあれから一つ用事を済ませ、21時過ぎに江古田まで外食に出向く。普通自転車で向ったが、往復時に目立った触覚被害はなかった。1軒目の店で胸を中心にかなりひどい触覚被害あり。落ちついてのみ食べができなかった。音声送信はやや遠いものの肝心な触覚被害が緩まない限り根本的な問題がなんにもなっていないことになる。被害者にとってこの触覚被害ほどダメージの大きいものはないのだ。痛み、かゆみ、猥褻触感、しびれ、冷熱等々、それらが並行して起きることだって頻繁なのだ。

私にとって昨日は半年以上取り組み続けた、被害報告集第2巻の一番肝心な部分の入校が済んだので、ささやかな打ち上げのつもりだったのだが、そんなことは匿名気違いには一切関係ないのである。

2軒目は加害者が入り込みづらいタイプの大衆的な立ち飲みやさんで過ごす。案の定音声送信はここで本格的に遠のき、触覚被害も弱くなっていった。帰路走行も大丈夫。

帰宅すると眠気がひどい。愛犬の散歩は昼に妹が済ませてくれたので休みにし、書斎でパソコンに向ったが、うたた寝てしまう。気付くと3時を回っている。3時20分に就寝となった。

9時25分に覚醒。全身が異様にだるい。何だか被害が感じられない。音声送信がぼつぼつと、そして遠い。もう終わるようなことを遠くで囁くように飛ばしている。「サー」というノイズがうるさい。

30分に起床。すぐに雑事を片付けていく。じょじょに音声送信が始まり出す。私の幼なじみが加害者であるという設定で、私をこの敷地から立ち退かせる目的で、これをやっていた等との内容。その考えに取り憑かれ、されに追い出した後、自分の息子を私の家に住ませる等ということまで考えていたのだという。周囲の者たちは、その執着に嫌気がさし、もう止めるように何度も忠告を続けているのにダメなのだという。以前からあった内容である。

あとは2000万円だか5000万円の賠償金が仕事を通じて入るだの、女の話題が終わったら次は金の話題である。昨日まではGさんGさんと騒いでいたのが、それがデマだと明確になれば、今度は金だ金だである。これをお読みの方々も呆れるほどの、工夫のないこの流れに嫌気が差しているのではないか。

触覚被害はブログ記入と同時にエスカレート。この寒さの中、この時季にはだかである。右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、さらに右脚への触覚被害に耐えている。少しでも着衣になればバカでアホで下品なクズが背中から抱きついてきたり、下劣な馴れ馴れしい手つきで撫で回してきたり、何千回にも亘り、何年にも亘って激しく拒絶していることを平然とやってくる。気違いである。てめえが同じことを倍やられなければ分からないかと心の底から言いたい。これを記している今も、幼なじみの声を無断乱用し私をあざけるようにヘラヘラ笑っている音声を飛ばしている。今日も被害報告が山積みになりそうだ。

18時

今日も年末で慌ただしい。さらにそのうえに、NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークのフォーラムのチラシの入校作業まで請け負い、そちらでもかなり時間を持っていかれる。それを終えるとすぐに新宿まで出向いて正月に食材の買い出し、それを終えてからは住人スペースのガスコンロの点検と取り替え作業。それを終えてやっと今これを記せている。

被害の方はひどい。音声送信、触覚被害共である。特にチラシ校正・入校作業はいつもとおりはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶挟み、さらにしつこい右脚への静電気刺激に耐えて作業である。考えられないような屈辱と忍耐と忍従の時間を強要されること6年と3ヶ月。長いなどというものではない。何の恨みがあり、何の目的があるのかが、さっぱり分からない、それならそれでこちらも自分の心身を守るために、その状況を利用し乗りこなさないと、巻き込まれ本当に危ないことになる。

途中昼食。芝えびやかぼちゃの天ぷらを揚げ、うどんを茹で天ぷらうどんとする。食事妨害の触覚被害は今日は並。過激なほどではない。普通に不快な程度で済む。

それから直ちにまた作業再開。上記したような収穫も収益も皆無の苦痛とストレスに耐えてやっと入校が完了である。

それからすぐに外出の準備。新宿のデパートまでクロスバイクで向う。寒さが本格的である。山手通りを走行している時点ですでに「サー」というノイズや愚か声のキャラクターが次々と現れ、またいつもの、雑言をまき散らし始め、じょじょに触覚被害による走行妨害がエスカレートしていく。右脇の下に徹底的な触覚被害である。青梅街道ではかなり危ない思いをさせてもらった。新宿に到着するまでやりたい放題である。現在You Tubeへの記録は中断中だが、もししていなければ確実に記録が更新していただろう。そのくらいに久しぶりに走行妨害が徹底していた。音声送信もかなりの喧噪だった。

デパートの地下での買い出し中は前半数十分胸にひどい触覚被害とノイズが続く。とりあえずは少し弱まったものの、音声送信はずっと続く。

帰路は行きほどではなかったが触覚被害は続く。愚か声のキャラクターが勝手に騒いでいた。今まで膨大な言葉で内容については記してきたので、いちいち記さないが、記すのに度胸がいるほどの、無意味さと無内容なものである。真面目に応じているとため息が出そうなほどのレベルである。

帰宅後すぐに今度はガスコンロの掃除、そして住人スペースのガスコンロの点検。結局交換せざるを得ず、その作業にも従事。力仕事汚れ仕事である。この間も音声送信は一切途切れない。触覚被害も何らかの形で続く、全身の至る所である。

音声送信例によって退室した韓国の女性が加害者、もう本当に終わる、いなくなる、さようなら、役に立ってくれた、老人たちにいいように遊ばれている、怒らないで等々、あとは雑言で埋め尽くされている。

そしてこれもはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶、そして右脚への触覚被害に耐えての作業だ。普段となんら変りはない。

22時22分

被害はひどいままだ。ずっと触覚被害が続いている。途切れない。「サー」というノイズを伴うガキの声が左耳すぐの所で雑言のまき散らし、それを制する声も聞こえるが、触覚被害はひどいまま。このガキの声に連動して触覚被害がひどくなる。そういう設定になっているのだ。このガキが、操作・コントロールしているようにだ。あえて嫌われ役をどうしようもない廃人あるいは愚か者と設定し、それが肝心の触覚被害をひどくやりたい放題でいるという、いかにもこの犯罪らしい嫌らしさである。あえてバカを一番扇情的な立場に置くのである。そして胸や脇の下等にずっと触覚被害を反応させ続ける。

18時半過ぎから夕飯の準備。舌平目が余っていたので、それをムニエルに、さらにキャベツのトマト煮、納豆、みそ汁をつくっていただいた。触覚被害はひどい。音声送信もひどい。とにかく誰かに加害者特定したくてしようがないといった感じ。誰に特定してもムダだのにだ。そしてそれらの触覚被害に耐えての夕飯となる。

バカが、また謝りに行くだの、Gと付き合うのは本当で、もう少しで大きな変化が人生に訪れるだの。そんなのをよほどヒマなのだろう、そしていつものように、この技術を持て余してムダに乱用しては、人の日常をメチャクチャにし続けている。散々な夕飯となった。

それ以降も一向に触覚被害が衰えない。ガラス拭きの作業に取り組む。とにかく胸への触覚被害がひどく、窓拭きの作業すら、大変なストレスの中で片付けることになる。

バカな匿名気違いどもが、また音声送信だけで善悪の茶番劇を繰り広げていて、もうすぐ終わるだの終わらないだの、アメリカからやっているだの、おれたちゃどうせダメ人間だの、どうしても面白くて止められないだの、もう少しだけ我慢してくれだの、あなたのことを好きな女性たちでやっているだの、あなたのことを知らない人たちでやっているだの、とにかくベチャクチャと今日もうるさい。ラジオではワーグナーの歌劇が放送されているが、ロクに聞くことができない。

そして、22時過ぎに一応終わらせ、書斎に戻ってきたところだ。すぐに背中からのバカな触覚被害が始まったので、はだかになり、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、そして下半身への触覚被害に耐えている。右脚のズボンの裾が膝までまくれ上がっている。メチャクチャである。今日も匿名気違いどものやりたい放題だ。一体何故ここまでひどいストレスと苦痛と屈辱に耐えなければならないのか。そして私の機嫌が良くなれば罪人のくせをして仲間のようなところを見せてくる。一体この技術で今まで何人の人が死んだかも分かっているのにだ。

とにかく全身にジリジリジリジリと静電気刺激のようなのが縦横無尽に走り回り続けている。

24時31分

今、年賀状を書き終えたところだ。これで今日の作業は終えることにする。もちろん作業中はずっとはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶挟み、時折ひどくなる右脚への触覚被害に耐えての作業だった。「サー」というノイズだけはやはりずっと続いている。音声送信はボツボツといった感じで、今晩はそれほどうるさくはない。触覚被害はダメ。たまに着衣すると途端にベタベタと触られたり撫でられたりの猥褻触覚被害のやりたい放題状態になる。下品で低劣で気持悪い以外のなにものでもない。色狂いの気違いに触られているようにしか思えない。最低の嫌がらせである。こんなのに一体何年耐えているのか。そして今年も盆も正月も関係無くこういう犯罪報告が増えていくのである。

最近私のブログはアクセスよりも訪問者数の数が急速に増えていて、それは非常に喜ばしいことだと思っている。アクセスだけが増えてもというのは確かにあるからだ。

被害者の苦しみや悲しみや怒りがムダに闇から闇へと葬られないように祈り続けている。今年もひたすら被害三昧の悲惨で散々な年だった。来年もそうなったらなったで、無償で持ち出しだけの状態になるのを覚悟でこの異常事態の伝達に命をかけるしかない。

これを記しているときに不満気なバカな男の声で「酒飲ませてやる」ときた。似非カミになると何もかもが天国になってさぞかし面白いのだろう。似非ナポレオン、似非ヒットラー、似非支配者、確かに気楽なもんである。しかし似非で処刑される命の重さというのは一体どの程度のものなのだろう。

来年も一体こういう似非気違いに何の罪も無い社会構成員の庶民が自殺に追い込まれるのだろうか。そういうことを考えるとまたはらわたが煮えくり返る。

« テクノロジー犯罪に遭遇して1778 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1780 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

度重なる飲酒運転の事故により、平成19年に道路交通法が改正され飲酒運転は厳罰化がなされました。その結果、飲酒運転は減少傾向にあります。ところが、自転車の飲酒運転については、乗る側が深く考えていないのが実情のようです。「近所の飲み屋さんまでだから大丈夫」「自分は全然酔わないから平気」…などという言い訳は、自動車の飲酒運転とまったく変わりがありません。罪の意識が無い人がほとんどだと思われますが、実際には犯罪行為となります。


ここで道路交通法の酒気帯び運転に関する項目について、確認してみましょう。

[道路交通法65条第1項]
何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。

この「車両等」が指すのは「自動車」「バイク」のほかに「自転車」も含まれています。つまりお酒を飲んで自転車を運転すると、理論的には上記の条文が適用されて、懲役刑もしくは罰金刑が科せられます。

酒酔い運転
「5年以下の懲役又は100万円以下の罰金」
酒気帯び運転
「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」

これは車の場合と同じく、酒を提供した者、同乗した者も個別に処罰をされるという厳しいものです。また、万が一事故を起こし誰かをケガさせてしまうとその賠償責任も問われることになります。

見捨てられ不安という弱みを怒りに変えて脅して来ましたが
いよいよ嫌われてきたから脅しを止めたら受け入れられると妄想してます
 
見捨てられ不安を刺激しないで下さい
 
まで読んだぞ谷洋一郎

〜キリストの父はcoffeeが嫌い〜

クリスマス
日本の父(安倍)統一教会


公明党は北朝鮮宗教
日本(ニッポン)は酷い
集団ストーカーは創価学会


岩手の小沢氏は在日モンスター
布施AKIRAとの企画
Re:布施AKIRA市長
(全額負担+α)お見逃しなく!!


ウェルカム!佐沼高等学校
人類滅亡 電磁波 族
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=244tuyo3&guid=ON


筑波大学
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/548987/533579


話は大石敦巳
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/699146/584151


自衛隊の犯罪を斬る
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=patentcom


中学生の逆襲
稲中
前野「神はサタンだ」


http://m.youtube.com/watch?v=CXITZlEl6jA&fulldescription=1&hl=ja&gl=JP&client=mv-google&guid=


エアー盗聴器ーAIR



科学警察研究所〜思考盗聴について野口博士に聞く
http://m.youtube.com/watch?v=ICzDCQICeYw
警視庁の完全負担(額)


テレパシーVS仮面ライダー

エヴァVS大友AKIRA



サタン合宿中

思考盗聴器
装置 トラの尾をつかんだら絶対に放すな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して1779:

« テクノロジー犯罪に遭遇して1778 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1780 »