« 体調が悪かろうと一向に関係なし、被害は続く。 | トップページ | 触覚被害とノイズが延々と »

2012年12月 1日 (土)

資源の無駄遣いまでが被害

テクノロジー犯罪に遭遇して1751

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という50才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者・制作者として)発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を! 睡眠・業務妨害の音声動画記録もほぼ毎日You Tubeへ更新中(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1)

11月30日(金)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻、右肘、左肩) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、肝臓への操作) 資源の無駄遣い●

今日も早朝からメチャクチャである。終日在宅だったために、この匿名気違いどもの天下。我家はきちんとした家であり、異常者や空中を浮遊するゴミやカスや匿名気違いどもの入れる領域ではない、ましてや何故ここまで恥さらしの犯罪者が無断で立ち入れるのか。貴重な資源を何も考えずにこのご時世に平然と浪費しまくり、さらに人の身体にベタベタと変質者並みの夢中になって触りまくり、てめえの性的願望を満たしまくるような人物像を思い浮かべて欲しい。このご時世にである。

だからこそ、使える間に使いまくってやろうなのだろう。これが低次元の人間の本性だと思っても仕方がないところだろうか。

自分にコンプレックスを抱かす対象の家に勝手に押し入り、その対象が最も嫌がることを時間をかけて見つけ、それをしつこく執拗に続け、或は人間にとって最も原始的な本能の一つの性的願望をコンプレックスを抱かせる者をえさに満たしまくる、そういうことが容易に実現できるのだ。おそらく無料でであろう。ただでやりたい放題できるなら誰だって飛びつくといえばそのとおりなのかもしれない。そういう場所では本能が剥き出しになるもので、我々被害者はそういうのにモロに対極し付き合わされるのである。たまったものではない。

よくゾっとするのが、80~90代位の寝たきりに近い高齢の女性がこの技術の使い手で、私の身体を終日性的願望を満たすためだけに触りまくるという展開。へたなオカルトやホラーが品が良いほどの実態ではないか。さらに高齢者の若さに対する嫉妬やひがみが、この技術を通しての醜悪な行為の数々だとしたら、その闇の欲求には果てが無いだろう。そういう展開も考えられないことはないのだ。終日監視技術とも取れるこの技術で付きまとえるとしたら、どういう対象を思い浮かべるだろうか。それは時間に拘束されない身分ということになる。子供は散漫だし、通常は教育を受けるためにそういう機関に通っているのが当たり前である。幼児の年齢からである。

しっかりとした知情意が備わっていて、時間拘束から解放されていて、それでいながら運動や飲食に制限がある存在といえば? これは老人である。この辺りが監視する側には実に適当な対象である。さらに私の場合は夜に被害がエスカレートし、柄が悪くなることは、このバッカスでも数百回に亘り記され、統計的にも導き出せるが、夜になるとあらゆる世代の人種が時間拘束から解放される。ということは世代的にも監視者の幅が広がって当然なのだ。こんな安易な推測、当然被害初期から脳裏にべったりとくっつきっぱなしである。しかしこの技術を一つ過程を作って利用しているという考えならばである。即ちオペレータを起用しての利用方法ならばということだ。

私も自著で2通りの利用方法を挙げている。この中間者を置いての方法とそれを置かない何重ものカモフラージュを置いての直接的な方法である。あとは普通には思い付かないのである。普通で最もありきたり、即ち合理性を何よりも重要視して当たり前なのである。そこへおかしな主観を持ち込むことはない。

それと追記としてここに記しておくが、26日から27日にかけての青森行きの深夜バス乗車中における、散々メチャクチャな匿名気違いどものやりたい放題被害の際に、主に前半の東京駅から佐野インターまでの1時間以上の走行の際に、数度、瞬時に気分が悪くなる操作を露骨に強要されたことを記し忘れた。元々自律神経が敏感なのか、乗り物には弱い。特に車関係には子供時代から散々な思い出が沢山ある。今でもコンディションが悪いと途端に蒼白な顔色になってしまう。二日酔いの際には断固として車には近寄らない。そのくらいに神経質なのである。しかし平常時は何とか大丈夫である。だから今回もバスを選んだのだ。

乗って五分もしないうちに、早速「サー」というノイズを伴うガキの声に連動し、やられた。神経系を刺激するのだろう、途端に吐気である。しかしすぐに平常に戻る。いいように弄ばれているのである。容易く人間など壊れる。こういう際に思い知らされる。それがどれだけの屈辱だと思うか。乗車中、今回は寝付くためにビールのミニ缶と、カップ酒1本を持ち込んだ。私くらいの酒飲みなら、この程度はウォーミングアップの量である。だからもし被害が軽ければ旅行気分で好きな音楽でも聴きながらゆっくりとうつらうつらしたかったのである。ところがとんでもない。酒を口にしようものなら、瞬時に馬鹿な音声送信が騒ぎだ出し、中傷や見下し音声のオンパレードである。さらに瞬時にウップとくるほどの気分の悪さ、途端に唾液が口に逆流してくるのだ。これは本当に大変な力である。それをこれ見よがしにやられたのである。

この技術を使っているのが、チンピラ風情であったとしても使わせているのは絶対にそうではないはずだ。これだけの大変な技術を野放しにしているはずはない。

ということで追記は終わり、昨日の被害報告を始める。

とにかく油という貴重な資源の無駄使いを強要される事実はどうにかならないものか。私に使わせている分、この技術の使い手になっている「人物」に同レベルで資源を使わせないようにできないものか! 

まず3時22分に覚醒。連続睡眠時間は1時間22分ほど。あえて強要としなかったのは。小用を強くもよおしていたからだ。それで起きることも確かにある。ということで全然眠れた気がしない状態でトイレへ。しかし「サー」というノイズと音声送信は健在で、アメリカからやっているだの、何かいいことがあるだの、他雑言が続いていた。すぐに寝入った。

次は6時に覚醒の強要。これはもう確実に強要だった。すぐに音声送信が始まり出し、今朝は勢いのままに以降は続く。「サー」というノイズもひどい。近隣が加害者、もう本当に終わる、何かある、面識のある若い女性との交際などウソ云々云々。ここで少し寝付く。しかし7時半頃にまた起こされる。これら一連の被害は住人の女性が私の気を引こうとしてやっていた、それ以外は認知症を思わせるようなのが出てきては、もういつもの低次元のメモの必要のない内容の送信が続いた。こうなるともう加害者側に自意識というものがなくなる。やりたい放題ということだ。私の思考やメモ文へもヤケクソ気味に絡み付いてきたり、もうあとはどうにでもなれといった雰囲気になる。 

その中にたまにマモトそうな老人声も混じり、酒を飲むからやられる、ライターのIさんが近々結構羽振りのいい仕事を依頼しにくるだの、加害者は老女だの、旧知のT氏だのやっていた。「サー」というノイズが半端じゃなくひどい。ノイズを伴うガキの声がお前の境遇が許せないから嫌がらせをやる等とも送信されるは、他女性のこと等も送信していた。結局横になっている方が辛く8時20分に起床。

すぐに着替え雑事を片付けていくが、「サー」というノイズとガキの無意味な送信、あとは済まなさそうな老人声がどうしてもやんなきゃいけなかった…でももう終わる等。しかしそれに反して今日も触覚被害がひどい。ほぼ全身である。重ね着の季節、さらに空気も乾燥し始める。着衣が辛い被害者としてはさらに頭が白くなっていきそうだ。逃げ場は必要以上に暖房した室内以外にないのだ。そこで生家だというのにはだかにされ、そしてパソコンに向う以外のないのだ。

そのとおりはだかにされ、パソコンの前に座る。右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、時世に逆行するように、石油ストーブを点け(点ける必要のない室温である)、二重の屈辱の中でのブログ記入の開始である。音声送信はこの時間になると待ってましたと登場する、いじけ声の脅迫専用のキャラクター君である。いつものように途切れない嫌われ「愚痴」と、見下し音声をばらまき、似非カミサマ気分を満悦のようだ。実際のセックスじゃない自慰行為でのセックスはさぞかしお気楽であろう。何せ自分の「お名前」を完全に隠蔽できるのだ。この境遇が「似非カミサマ」でなくて何であろう。

他それと分かる若いチンピラ風情の女の声で何を考えようが、記そうが即座に「バカじゃないの」との捨て台詞のくり返し。他お前を守ってやっているだの、これからも守ってやるだのの典型的なカミサマ音声である。他は幼なじみの声を利用し「ハルキ!」等と語りかけてくる送信もあり。「サー」というノイズはずっと続いている。

石油ストーブの典型的な匂いに満たされた室内での屈辱記録を今日も更新。あと50回で1800回(日)になる。(さらにこのバッカス&ミューズのアクセスが年内に40万を越えるようである。これを有りがたいと取るのか、残念と取るのかがよく分からない。しかしよく訪れてくれていらっしゃる被害者の方々の何かのお役に立てれば、それだけで毎日のこの労力の積み重ねが納得のいくものになり、嬉しいです)。

11時半に更新。それから家の雑事を2つ3つ片付けてから昼食の準備。小魚と野菜の天ぷらを揚げ、そばを茹で、天ぷらそばにしていただく。やはりいつもの背後からの触覚被害と視線認識、それと干渉の音声。食後、「サー」というノイズが凄い。それと立とうものなら尻にも相当の触覚被害だ。

午後はすぐにパソコンに向っての作業。

あとはいつもと同様の展開、そこに貴重な油資源の無駄遣いが加わる。この程度の寒さなら、小型電気ヒーターを弱モードで足元を暖めるだけで十分である。元々寒さにはやや鈍感である。それだけに癪に触る。改めて記すが資源の無駄だけでななく、20リットル1900円の高額な金の無駄遣いにもなっているのだ。

これだけの技術を使える側になると「ただの気違いに成り下がる」のであろう。さらにアホの上塗りの送信、「耐えていれば何かいいことがある」。読者は笑ってしまっても構わない。不謹慎でも何でもない。似非カミサマになるとこういう送信もできるのである。

他ノイズを伴うガキの声は「お前が不快でいなければ気が済まない」等との送信、こちらの方がてめえが悪党であることを肯定しているからまだマシであろうか。

ということで、夕飯の準備の時間まで、室内でははだか、室外では着衣の不便状態が続く。何度も着たり脱いだりのくり返し。灯油はもう早速1回分使いきってしまう。

夜の使用時にはすぐに注ぎ足さなければいけない。どんどん貴重な資源と金が浪費されていく。この事態を、この技術を使わせている(もはや使っている奴である並のヒトのことなどどうでもいい)輩は分かっていないはずはない。何で償うのだろうか。てめえは何を捧げるのか、或は何を我慢するのか。そしてそれは目に見えないところで実行されているのか。その程度の認識しかないのが、この技術を並みのヒトに「使わせて」いるのか。だとすれば世界的規模でヒロシマとナガサキがくり返されていることになるのだ。ここのところお解りいただけるだろうか。

18時半から夕飯の準備。にしんの干物焼き、キャベツの甘辛煮、味噌汁をつくる。

それを19時からいただいた。触覚被害による妨害は相変らず。遠隔で何を食べているのかを当てるのに夢中になっているのが止めれないとかの送信を飛ばされたり、近隣からと思わせるような送信で「今日で本当に終わります」等とやっている。主に上半身に触覚被害がひどい。不快な食事時間となる。とにかくそれでも大切な資源である食材を、これからも責任をもって大切に調理してくことは止めないが、それにしても、その結果が、こうまで何度も何度もどぶ川に流されていくのを耐えなければいけないのが、どれだけの屈辱であろう。罰当たりの匿名気違いどもが!!

夜は前半は部屋が余熱で暖まっていたので、ストーブは点けずに何とか踏ん張った。当然寒い。一貫してはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶挟み、下半身への触覚被害に耐え、立って着衣し、室外に出た際のひどい尻への触覚被害に耐え、さらにノイズや下らない、情けない音声送信にも耐えての夜の作業時間である。

「どうしてもどうしてもやってしまう」「どうしても意識が行ってしまう、どうにかしてくれ」こんなのが何度も飛んできたり、会話調で集団ストーキングに仄めかしみたいのを向こうでもやっていたりする。さらに読む作業の際には着衣でパソコンに向うが、すぐに背後に誰かが抱きつき、肩越しに私の顔やモニタを覗き混む視線認識が発生しては、それを許すと今度は手で触られたり撫でられたりになり、とてもじゃないが着ていられなくなる。そのくり返しである。そして後半はストーブを点け、また資源の浪費である。23時半までの忍耐と忍従の時間である。

それから愛犬の散歩、今日は理由は分からないがそれほどの被害ではなかった。多少の不快に耐えれば良い程度で済んだ。

帰宅したが、今日は入浴は止めとした。ガスと水の節約にもなる。私は乾燥肌で、冬場毎日入浴すると皮膚が角質化し、かゆみに襲われ、塗り薬が必要になる。だから入浴は止めた、それどころかほぼ終日寒さにさらされているのだから、汚れはほとんどない。

下着だけを取り替え、それで済ました。そして自由時間。今日はここも比較的被害は穏やか。音声送信も何とか遠のいているが、「サー」というノイズとガキの声は健在。触覚被害も並。多少の不快で済む。その中で晩酌をしながら、この間のフィギュアNHK杯の録画を楽しんだ。2時には止めにし、2時15分に就寝。

« 体調が悪かろうと一向に関係なし、被害は続く。 | トップページ | 触覚被害とノイズが延々と »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

571:本当にあった怖い名無し :2012/11/30(金) 18:59:48.58 ID:5Msjhp6o0 [sage]
10年間、隣人に騒音で嫌がらせ 男を逮捕 名誉棄損で有罪判決後も続行
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121130/crm12113016390017-n1.htm

2012.11.30 16:38
 隣人トラブルから騒音を出し続けたとして、警視庁生活安全総務課は、東京都迷惑防止条例
違反容疑で、新宿区中落合、自称アルバイト、上田篤英容疑者(40)を逮捕した。同課によると、
容疑を否認し、「嫌がらせを受けているのは俺の方だ」などと供述しているという。

 逮捕容疑は11月3〜8日、ビデオカメラで隣人の男性(73)の出入りを監視。男性が外出する
たびに、プラスチック製の板をほうきでたたいて嫌がらせしたとしている。音量は電車がガード下を通るのと同程度の97デシベルだった。

 上田容疑者は約10年前から、男性宅の「シャッター音がうるさい」といって毎日のように男性や
家族の外出時に騒音を出し始めた。男性も警戒して監視カメラを設置したが、上田容疑者は
ブルーシートに隠れて嫌がらせを続けたという。

 上田容疑者は男性への名誉毀損罪で平成15年に執行猶予付き有罪判決を受けた。21年
には「シャッター音がうるさい」などとして男性を相手取って損害賠償訴訟を起こしたが、22年
に最高裁が「受忍義務の範囲内」として上告棄却。23年には男性の会社に瓶を投げ込んだ
として、廃棄物処理法違反容疑で逮捕され、処分保留で釈放されていた。



内山のご近所wwキチガイ多すぎだろ

キチガイ本人乙

攻撃して来たら、体の周波数を変えてください。いつも同じ、行動に変化をつけてください。体の周波数とは、酔う、酔わない 寒い、暑い、眠い痛い五感そのもの。少し楽になるかも。 あくまでも、イメージなので。

キチガイの自覚てんこ盛り

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 資源の無駄遣いまでが被害:

« 体調が悪かろうと一向に関係なし、被害は続く。 | トップページ | 触覚被害とノイズが延々と »