« テクノロジー犯罪に遭遇して1789 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1791 »

2013年1月 8日 (火)

テクノロジー犯罪に遭遇して1790

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という51才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者・制作者として)発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を! 睡眠・業務妨害の音声動画記録もほぼ毎日You Tubeへ更新中(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1)

1月8日(火)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズ★ 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻、右肘) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、肝臓への操作) 資源の無駄遣い★

10時4分

昨晩はあれからも相当の被害だったと言ってよい。24時過ぎまで作業を続行し終業としたが、その間中ずっとはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶挟み、さらに右膝に来る触覚被害のひどさからズボンの右脚のすそをたぐりあげっぱなしである。生家での話しである。強制収容所や特殊更正施設での話ではない。音声送信とやらは比較的静かだったものの、その静けさは被害報告集第2巻の内容検討作業や、年末から年始に頂いた多くの被害者の方々の生々しい被害実態の読み上げに向こうの匿名気違いどもが緊張していたことからのものだ。こういうことからいかに根拠や理由が曖昧で無いに等しいものであることが察知できないであろうか。

私なら私で2280日以上こういうのに人生を破壊され続け、毎日毎日ストレスをいいように与えられ続け、身体に悪影響を与える活性酸素を始めとする悪性物質を強制分泌させられ、細胞を傷つけられ、その細胞を再生するための身体の自動機能を通常の倍以上働かされ、消費され、短命を強要されているのである。極めて同時代的で正確な分析だと思って欲しい、さらに被害者はそれでも人間らしさ、希望や明朗さを捨てずに生きようとする、当然内面は自動的に健全化即ち機嫌を良くしようとし、己の健全維持のために、機嫌を良くし、安定を計る、しかしそこに即座に付け込まれ、また悪性物質の分泌である。要するに時間をかけ被害者の体を心身からメチャクチャにしようとするのが、この技術の無断乱用の目的であることを、最近では察している。これが21世紀に付け加えられる殺害のパターンと断言する。私たちは生きながらに毎日半殺しにされ、かつ寿命を短くさせられていることも、今では論理的に実証できるのだ。

それを昨晩も徹底的にやられた。即ち、この時季に服を着るという基本的権限を強奪され続け、寒さ、それと必要以上の灯油の消費まで強要され、さらにこの気違い犯罪者どもは電気というかけがえのない資源を無駄に浪費し続けているのだ。いくらアメリカ辺りが新たなる資源を見いだし、あと100年等と喜んでいてもこれではまったく同じではないか。たかだか100年人類の寿命が伸びたから何だというのだ。

こちらはそれと分かっていながら、せいぜい7、80年の短い寿命を短くさせられ続けているのだ。

終業後、愛犬の散歩、ここではお情けなのか、触覚被害、音声送信とも一旦は遠のく。しかしいつエスカレートするか分からない雰囲気に満ちている。24時過ぎということもあったが、愛犬の散歩は短めに切り上げた。

それからがまたひどい。シャワーを浴びたが、尻と右膝にかなりひどい触覚被害である。ありとあらゆる理由をこじつけてくる。私が少しでも冬期のガスとお湯の消費量を気にすれば(管理人だから当然気にする)そこを突いてくる。「今日なんでシャワーを浴びるんだ、少しくらい汚れていてもいいじゃないか」こういう調子だ。本当にこの技術を使えるという立場に酔っていたいがために発しているコトバであり、被害者のことを考えてのコトバではない。それがいかに被害者にとって人権や個人としての尊厳を無視されているかということである。使っている側は、あといくらもない超高級な玩具を使える期限が来るまで、その満足に浸りきりたいのだろう。私たちの生身の体はただの生け贄のようなものだ。当然使い捨てだろう。でなければ向こうは何らかの形で自分を素性をきちんと具体的に提示してくるのが当たり前だ。

もし、被害者と称される方々全員に何かの施しを後でするとすれば、向こうの具体的損失がどれだけのものか、天文学的とまでは行かないだろうが、国の一つや二つが破産するほどになることは間違いない。だからこそ被害者は訴えるべきところに訴え、将来証拠となり得るものを、ブログでも構わないし、書籍等なら更に良い、世の中に残しておくべき必要があると主張し続けている、行動による主張がこのブログなのである。

あと10回で1800回目を迎えようとするほどの溜まり加減だ。呆れ返る。その間服を着る権利や食事を普通にするという権利、排泄や入浴の権利、さらには生業である業務を普通に進行する権利等を向こうの快楽と自己満足のために強奪され続けてきたのだ。

さらに最悪の入浴後の自由時間においても、室内がまだ暖かい書斎で迎えることにしたが、想像を絶するほどの触覚被害の過激さである。ほとんど全身に小虫が這い回るような感触である。すぐにストーブを点火、風呂上がりだというのに上半身はだかである。うすら寒いの決まっているではないか、1月8日である。

就寝前の自由時間ですら服を着る権利を強奪されるのだ。私は私で従来の自分らしさを過ごすため、精一杯内面の安定を保とうする、暴れ続けている訳にはいかないのだ。当然機嫌良くいようとする。そんな追い詰められた安定維持の状態ですら、この気違いどもは付け込んでくるのだ。いかに中毒であるか、いかに異常であるかが了解できないだろうか。被害者は完全に玩具であり材料なのだ。まさに戦争時の従属国の慰安婦のようではないか。いいように体を弄ばれ、妊娠しようが一向にお構いなし。そんなこと知ったことじゃない。モラルの低下して兵隊もどきどもの快楽のための材料である。通常の売春のようなギャランティも発生しない。最悪の悪であり、論外の外だ。そういうことが目に見えないということで平然とまかり通っているのを、「テクノロジー犯罪」と言っているのだ。

散々の我慢を強いられての自由時間を終え、「サー」という耳障りなノイズも我慢しながら歯を磨き就寝とする。2時35分のこと。

7時に覚醒の強要。奇妙な夢をみたが、これも人工夢なのかが不明。すぐに脳の右寄りの部分にかなりピンポイントで何かいじられているような奇妙な感触をはっきりと感じ取る、それを分からせるためにかけがえのない睡眠を分断されたようだ。すぐにノイズを発生させられる。音声送信は神妙な口調で専門家らしいのが、もう終わるだの、内山君のこの事態に対する考え方は正確だだの、寿命が短くなっているかもしれないだの、またいろいろと喋り始める。しかし触覚被害はそれほどでもなかったので、再就寝はすぐにできた。

次は8時55分に覚醒。これは隣の幼稚園が今日から開園で、門前のお母さんと園児たちのあいさつの声で起こされたのである。これは健全で喜ばしく贅沢な目覚まし時計だ。それを瞬時にして「サー」というノイズに打ち消される。ガキの声も何か喋っているが無視。謝りに行くだのあのなあ~だのどうせそんな内容の無い送信であることはすぐに分かる。それと一応善良そうな女の声が意志の弱そうな女に対して「内山君をもう諦めなさい!」「はい」等の問答をしている。あとは老人声で胸と体の大きい、性欲が少し強い、年上志向の美しい日本の女性がすぐに現れ、交際を申し込まれるから、付き合ってやってくれ、きっと上手く行く等の泥酔送信が早朝からある。言っていることの意味が解っているのだろうか。しかしこいつらにとって言葉というものは顕示が目的のものであり、伝達が目的ではないのだ。またかと思い9時10分に起床。

「女ができる」送信はその後も続いている。今日は天気も良いし、隣の幼稚園に活気が戻ってきた。私も自動的に機嫌が良くなる。己のために機嫌がよいのだ。ところが匿名気違いどもは未熟なくせにこの技術を使えると勝手に自惚れているせいで、浅はかに私の機嫌の良さはてめえらの機嫌の良さだと勝手に判断し、バカが、早速触覚被害を垂れ流してきた。尻や膝や胸や背中にいつものおぞましい静電気刺激である。とても無事ではいられない。

音声送信はガキの声に混じり、いつものお調子浮つき愚か声も登場しだし、勝手に騒ぎ始めている。こちらは大変なストレスだ。

雑事を急いで片付け、ブログ記入である。書斎に入り、パソコンに向えばすぐに上半身はエサになる。瞬時にはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶挟み、触覚被害は着衣状態にある下半身へ移動。それに耐えての記録。いつもとまったく同じ匿名気違いどもやりたい放題の被害オンパレードの1日が今日も始まる。

今日はほぼ終日在宅だ。就寝まで格闘とストレスと不快と怒りと憎しみが渦を巻く。そんな日を少なく計算して2280日以上。これは本当に大変なことだと再三に亘り記し続ける。

13時30分

昼食をメチャクチャにされる。午前は記録を更新後すぐに書斎の掃除である。年末に書斎までとても行き着くことができなかった。だから仕方なく年明けにやらざるを得ないのである。手早く机上のマシンやさまざまなものを移動し、ホコリや汚れを拭き取り、普段ぞうきんがけをしないようなところを拭いておく。それで正午になってしまう。

すぐにラーメンを作る、正月中に作った焼豚が余っていたのだ。キャベツ、ニンジン、長ネギの青い部分を炒め熱湯を注ぎ込み味付けしスープにし、生麺を茹で、それを中華丼に盛りつけ、焼豚とナルトを添え頂いたのだ。

調理中は大丈夫だったが、食べようと腰掛けた途端に、いじけ切ったようなバカな愚か声を回転速度を送らせたような、湿ったふやけた声で、さきほど更新したブログ記録が気に食わない、俺たちは何も悪いことはしていないだの、大げさに騒ぎやがってだの、お前の全てが気に食わないだの、殺してやりたいだの、何でここでラーメンが食べれるだの、いい加減ここを立ち退けだの、いつまでも続けてやるだの、そんなのを腐敗しきった食べ物を想像させるような醜悪な声で聞かされ続け、さらにほぼ全身にいつもの小虫がワサワサと這い回るような触覚被害である。

他にもいかにも優男ふうの声は「ごめんね」等と謝罪してきたり、並びの家の家族が加害者だの、その家の老人と繋げられていてそいつが止めないだの、そんな送信もおぞましい触覚被害による相当過激な食事妨害に連動して流され、せっかく作った上記した自分なりに食材には責任をもって調理し、これを食卓まで到着させた自分なりの責任は果たしたつもりだし、死ぬような思いで屈辱と不快と悪寒と苦痛と醜悪と憎悪に耐えながらそれでも精一杯できる範囲内で美味しく頂いた。しかしそれでもどうしてもこの匿名気違いどもは食べ物をどぶ川に流し、迷惑を垂れ流し、やりたい放題やりたいらしい。

昨日に引き続き食事時間を目の敵にしているかのようなエスカレートぶりである。何が面白いのか、てめえの素性を明かし、話しに来てくれないだろうか。本当に芯から興味がある。私とは全く次元の違う別世界の人間なのは存分に承知のつもりだが、一度でいいから「面と向って」話しがしたいものだ。

とりあえず同じ言葉を使うのだろう。しかし全然違った繋がり方で言葉が伝達利用されて行く様を実感してみたい。例えば未開の原人と話すのとは全然違うインパクトを味わえるだろう。外国人と話すのともまた違うのだ。到底向こうにそんな度胸がないことは解り切っている。だから悪事ばかり働くのだ。だからこんなことを望むのは夢であることも解り切っている。そのくらいにまったく見事に意思疎通が成り立たないのである。

もっともっと様々な視点からこの匿名気違いとしている対象の観察と分析等を、被害を被っているだけでは勿体ないので続けていきたい。

核エネルギーによっておぞましく変貌を遂げる人間のフィクション作品は多々あったが、この人体に反応する遠隔技術は、同様に人間をまったく新しい次元に変貌させるだけのパワーがあることをここに述べておく。核のように可視下における変貌ではない。もっともっと内面的な変貌である。全く新たな革新を近々引き起こす大変な技術である。

その威力が核技術並みに思いがけない変化や変貌を世に引き起こすことを我々被害者が先体験しているのだ。

散々な昼食を終え、食器を洗っている際にも、触覚被害は一向に衰えない。ザマアミロとばかりに「サー」というノイズやガキや愚か声が騒ぎ続けている。これみよがしという言葉が実にしっくり行く。

それからすぐに家の管理のことで清掃社に清掃を依頼したり等の細事を片付けるのはいいのだが、電話も普通にかけれない。脇の下を締め、上半身を硬直させ、苦痛に耐え、触覚被害耐え、何事もないように向こうの事務員と約束を成立させなければならない。その際にも上半身にはこれでもかと触覚被害がものすごい。タートルセーターとアンダーウェアは地肌の上で踊っているようだ。

とにかく動きを止め静止状態になると途端にそういうことになる。

一休みと思い、缶コーヒーを空け、デジカメで庭のバラの花などを撮影するものの、それらも全てそういうおぞましい触覚被害に耐えながらのことなのだ。

バカなオバサン声がまだ、Gという女性に執着していて、私と交際する等と送信したかと思えば、触覚被害はそのまま継続される。音声送信の善良に聞こえるのも気をつけないと触覚被害乱用の口実に利用していることは間違いないのだ。

このブログを記録しようと書斎に入れば「サー」というノイズとガキの声が元気になる。「ウチヤマクン、ウチヤマクン」まるで機械のような冷たく、言葉の中の血が全く通っていないような冷たい響きで、人間様の私の名前を馴れ馴れしく呼んでくる。そして何を言い出すのかと思えば「ホントウニゴメンンサイ」である。そして触覚被害をひどくし、着衣の権利を強奪し、はだかにし、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟ませるのである。そうすると意地でも苦痛を味合わせるために右脚に触覚被害箇所を移動させるのだ。それに耐えてこれを記している。

今日はこれから記録三昧になりそうだ。

20時13分

被害はひどいままだ。書斎での作業は全てはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、そして下半身や他の部分への触覚被害に耐えてのもの。

音声送信は女、終焉、金のデマや見下し、中傷も目立つ。「サー」というノイズとガキの声もいつもとおり。

夕方に何の予測もなくいきなり触覚被害がエスカレート。

夕飯はひき肉でカレーを作る。それに線キャベツのサラダを添えて頂いた。昼に比べればマシではあったが、それでもひどい触覚被害に耐えることになった。我家の住人の女性や近隣の老人を加害者に仕立てての特定を今日もやっている。あとはすぐに終わる、いきなり終わる等の送信。終わればなんか少しだけ良いことがるだの、他には例によって幼なじみが加害者の中の重要人物でこの場所を乗っ取るまでこの加害行為を止めとようとしないだの。いつもと同様だと思って欲しい。

食後も触覚被害はそのまま。結局またはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶、右膝への触覚被害に耐えている。音声送信は若い高慢ちきな女の声で記録を記している私に向って「バカじゃない」「何で分かんないだろ」等の送信。今日もこれから23時過ぎまで被害報告集関係の作業が続く。

24時34分

今日も散々である。夜の作業は23時45分まで。その全てが「はだか」「右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶はさみ」「予測のつかない下半身への触覚被害」に耐えてのものだった。私という被害者には生家で服を着るのは夢である。そう断言できるほどに徹底的に着服妨害を強要され続け、お情け送信としてのGという女との交際とか、未知のステキなオジョウサマとの結婚とか、立派な仕事とか、とりあえずそういう、見てくれだのアメをバラまいとけば、肝心の触覚被害はやりたい放題で、それによって私という人間の今日という日をメチャクチャにしてくれた。そんな中で無償の被害報告集第2巻の付録部分の制作作業である。

バカな音声送信は夜になると自惚れ切った、思い上がり切った態度で「そろそろ許してやろうか」だの「そろそろいいんじゃないの」「解放してやる」等被害者をただの「物」扱いである。だから言っているのだ。散々破壊されボロボロにされ、あとは知ったこっちゃないのである。だからせめて被害者としての被害伝達だけでも何とか、自分が生きていた証しとして残しておきたいのだ。

とにかく本来の自分の半分の力しか、それと解って発揮できない苦しみと悔しさがどれだけのものか等ということ等、この匿名気違いどもには全く理解できないのである。

それから愛犬の散歩。バカのアホが、私が機嫌がいいのに付け込み調子に乗り始め、だんだん触覚被害をエスカレートさせてくる。いい加減頭に血が上る。歩いていたのは人通りの少ない場所。いよいよ怒りが爆発する。路上で悪態をつき始める。気が済むまで怒り続けた。愛犬がまたビクビクしていた。でも仕方がない。込み上げてくるものを抑えることができないし、その方が精神衛生に悪いとしか思えない。

特殊な体験をした者の末路には悲惨なものが多い。月旅行を経験した飛行士や、世間知らずのうちに超有名人になってしまった者等、悲惨な人生を全うする話しがゴロゴロしているじゃないか。我々もそうなりかねない。被害が終わればそれですべて良しだろうか。とてもそうは思えない。強制収容所を経験した者たちが解放されたから=幸福だっただろうか。北朝鮮に拉致されていた人は解放され、日本に帰国したが、彼らの人生は本当に幸福だろうか。それを真剣に考えて欲しい。

私たちも間違いなく彼らと一緒になるのだ。失ったものが余りに大きすぎる、今でも若い家族連れを見ると、微笑ましいと同時に、同様の辛い空しさにも襲われ、もうどうにもならないということを思い知らされるのだ。その全てをこの技術の向こうにいる匿名気違いという気違いのメチャクチャにされたのだ。いまさらどうにもならない。せめて、そういう事実を世に知らせしめるために、蓄積と継続と工夫で頑張っていく以外にないのだ。

結局今日も愛犬も思ったように散歩ができずに2次被害者にされた。この気違いの上塗りのゴミどものせいだ。

« テクノロジー犯罪に遭遇して1789 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1791 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

CAGE テメーがこのブログを荒らしているのは、「見捨てられるのが不安」だからだろ

テメーは「淋しいから」ここで皆に構ってもらいたいんだろ?


テメーの惨めさを他人に押し付けるんじゃねぇよ

テメーはおとなしくテメー自身の惨めな人生を全うしてろよ(笑)

プスッw

荒らしてません

CAGEは間違いなく朝鮮気質w

本人の特徴を突き付けたら病的になすりつけが始まるよな朝鮮人ww

うわぁ。
最悪ですね。

本当に都合の悪い自分の特徴や行動や考えを架空の人物を作ってでもなすりつけたがる
 
世渡りか戦術かと思ってたが、どうやら健常者には想像出来ない自尊心の低さや耐性の無さなどから来る自己防御策のようで、演技や作為を事実と思い込もうとする
 
加害者のクセに被害者意識で怒りを湧かせる理由はそこにあるのかもな
 
何故自分が集団ストーカー含めた嫌がらせをしてるのか、
その等身大の理由、動機、心理を自他に伏せながら
被害者に自分を投影して吹聴する
 
キチガイは滅ぼさないとな

〜キリストの父はcoffeeが嫌い〜

クリスマス
日本の父(安倍)統一教会


公明党は北朝鮮宗教
日本(ニッポン)は酷い
集団ストーカーは創価学会


岩手の小沢氏は在日モンスター
布施AKIRAとの企画
Re:布施AKIRA市長
(全額負担+α)お見逃しなく!!


ウェルカム!佐沼高等学校
人類滅亡 電磁波 族
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=244tuyo3&guid=ON


筑波大学
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/548987/533579


話は大石敦巳
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/699146/584151


自衛隊の犯罪を斬る
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=patentcom


中学生の逆襲
稲中
前野「神はサタンだ」


http://m.youtube.com/watch?v=CXITZlEl6jA&fulldescription=1&hl=ja&gl=JP&client=mv-google&guid=


エアー盗聴器ーAIR



科学警察研究所〜思考盗聴について野口博士に聞く
http://m.youtube.com/watch?v=ICzDCQICeYw
警視庁の完全負担(額)


テレパシーVS仮面ライダー

エヴァVS大友AKIRA



サタン合宿中

思考盗聴器
装置 トラの尾をつかんだら絶対に放すな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して1790:

« テクノロジー犯罪に遭遇して1789 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1791 »