« テクノロジー犯罪に遭遇して1799 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1801 »

2013年1月18日 (金)

テクノロジー犯罪に遭遇して1800

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という51才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者・制作者として)発行。現在講談社出版サービスセンターより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を! 睡眠・業務妨害の音声動画記録もほぼ毎日You Tubeへ更新中(http://www.youtube.com/user/HARUKIYOU1)

1月18日(木)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズ● 肌の撫で回し● (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻、右肘) 気配◎ 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、肝臓への操作) 資源の無駄遣い●

バッカス&ミューズ1800回目を迎える。よくもまあ1日も休まずにここまで続けられたものだ。大きな病気もせず、寝込むほどの風邪もひかずに何とか1800日を過ごせている。とりあえずは犯罪記録だが、生まれてからここまで何かを続けられたことはない。本来はマイペース志向の気楽な人間である。そんな人間な訳だか意志の強さだって並である。

しかしそんな凡庸な人間をここまで刺激してしまったのは、この技術の凄さ、そして出るべくして現れたという流れ、その必然性に感動し続けていられるからであろう。

当初は誰がやっているのかとか、何処からやっているのかとか、何でできるのかとか、理由や目的は何かとと、私も人並みに囚われ考えていたりもした。しかし今ではもうそんなことはどうでもいい。全ては正確とはいえないまでも記録されている訳だし、飽くまでこの人体に反応する遠隔技術というものが2013年にはすでに一般庶民に利用され、それがどのようなものであるのかを伝達できる立場にいることの特権を持つことができた、この巡り合わせに感動し続けていられればまずは良しとすべきであろうと思っている。

後はそれにより被った損失を取り戻せばそれでいいとも当然思っている。損失は損失である。この技術利用の許可は私自身が下したものではない。下した者がいるのはごく自然なことな訳だし、その者(たち?)が後は責任取ってくれればいいだけだ。

しかしこの技術、工夫を凝らせば核エネルギーなみのメリットを人類に齎すことができる。悪用など簡単だ、本能の赴くままに利用すればいいだけだからだ。しかし善用は違う。多くのブレインで発案し、創意工夫し、話し合い、煮詰め、そして具現化し、試行し、それからやっと一般利用である。それだけ時間と労力を費やし、やっとのことで、人類に役立てることができるのである。核エネルギーとて、実際に資源として利用できるようになるまで、どれだけの多くの努力と時間が生じたことだろう。それと一緒である。

さらにこの技術、人類がより長命を得ることのできる可能性を秘めている。そのことについては今春発行される。私も参加した被害報告集第2巻に執筆しておいた。この技術によって得られる資源は原初のものであって、何をも破壊も汚すこともない。そんな大変な資源がまだ世の中には存在するのである。

さて被害報告に戻る。

昨晩はあれから散々だった。触覚被害にまみれた短い入浴を済ませ、やっとの思いで自由時間を迎えたが、晩酌用のお酒を準備し始めた頃から、愚か声やガキの声がやっかみや、脅迫の送信を次々と飛ばしてきた。要するにお前の触覚被害はその晩酌に原因がある。酒を飲むから大変な思いをする等といういつもの送信である。

「何で酒が飲めるんだ、どうしてその家で酒を飲むことができるんだ」等とやっている。するとその女房なのか知らないが、「じゃああんたたちも飲めばいいでしょ」等と向こうで勝手に問答をしている。自宅で終業後にその日の労をねぎらうために2合ほどのお酒をたしなむだけで、この技術の餌食にされ、人生を破壊されるのなら、世界の酒造会社は次々と破産し、今の世の中から酒や居酒屋や、バーやパブなどは次々と閉店し、飲食店の酒販売のコーナーからは酒は完全に消えてしまうだろう。ところが実際はどうだ。

それどころか、ここのところの不景気故、外で飲む人口は減退し、倹約のために帰宅してから入浴を済ませ、TVでも鑑賞しながら杯を傾ける人の数が増えていることは、様々なメディアでも放映され、周知のことになっている。今では自然なことなのだ。私も昨年辺りから、外食を少し減らし、行く店も選ぶようにしている。安価で美味しいもの美味しく飲み食べさせてくれる店を優先して選んでいる、当然ではないか。

そして晩酌をしながら居間で録画TVを鑑賞しているとノイズのエスカレートに連動し、触覚被害がおぞましいほどになる。ついに我慢できず、上半身はだかになった、入浴直後なのでまだ体は暖かい。目の前に400ワットの小さな電気ストーブがあるだけである。当然寒い。やはり10分もすれば堪え難くなる。そして書斎に一旦は移動、まだ暖房の暖かさが残っている。こちらの方が安全思った、しかし触覚被害の凄まじさはこちらの方が上だった。5分と耐えていられない。再び居間に移動。今度は我慢我慢で着衣状態を維持。

こんな苦労と苦痛を強要されているのだ。加害者は被害報告集第2巻の作業が順調に進んでいることや、私の報告文の内容が公表されたくないこと、さらに本業の方で新たな大きな仕事が発生したことなどを強烈に妬んでいるようで、それがこの自由時間破壊行為に通じているようだ。

しかし晩酌が進むに連れ、一段階ほど触覚被害が遠のく。着衣が何とか我慢できるレベルだ。昨晩は「フリンジ」を鑑賞。しかし寝不足なうえに昨日も終日家のことと、本業と、被害のことで働きづくめ、当然すぐに眠くなる。2時10分には就寝とした。

6時10分覚醒の強要。動悸がすぐにひどくなる。珍しく心臓攻撃だ。すぐに眠気が失せていく。「サー」というノイズとガキの声が興奮しながらまたいろいろと中傷や雑言をまき散らしている。小用にと立ち上がると心臓にかなり圧を感じた。老人声によれば「本気で死んで欲しいと思っているのが現れ始めて、そういうのが危険な操作を始めてしまっている」等と送信される。小用中にも何かと触覚被害が身体各所に。ベッドに戻るとガキの声とかが「殺してやる!」などと飛ばしてきた。その声を送っているのが退室した韓国の女性で、住人だった頃に、私に咎められたことを根に持ってこのつきまといを続けている等とやっている。

かと思えば胸のデカい女とすぐに交際が始まるだの、いつもと同様。節操も脈絡もない送信が続く。何とか寝付く。体のだるさがただ事ではない。

8時10分頃に再覚醒。「サー」というノイズはずっと続いている。音声送信はGさんと付き合う。大金が入る。謝りに行く等、いつもと同様の送信、触覚被害も始まり出す、やはり右脚にひどい。そんな状態でうつらうつら。結局9時10分に起床。

すぐに雑事を片付けていくが、尻に触覚被害がひどい。「サー」というノイズとガキの声もいつもとおり。パソコンの前ではやはりはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟んでのブログ記録である。11時少し前に東北の被害者の方から電話が入り、1時間ほど話しを伺う。

今日は14時から目白駅付近でやはり都内の被害者の方と面談が決まっている。もはや私個人の問題でないことを現実で思い知らされ続けている。

20時1分

被害は相変わらずひどい。下半身へ、特に尻へ。音声送信はもう被害終焉のデマがずっと続いている、一応善良そうな声を出し、加害の責任をガキの声と中年女と愚か声に押しつけ、あとは触覚被害のやりたい放題である。

昼はあれからお好み焼きをつくって食べた。思っていたよりかは被害は穏やかだった。それほどでもない。音声送信は14時から面談が決定している被害者の方を女性と決めつけ、もう被害は終わる、今すぐに運命的な人と出会う等と、仄めかしていた。

14時に目白駅へ、面談に現れたのは都内在住の男性の被害者の方である。こういうところからもいかに全てが思いつきで適当なデマを放っているかが解っていただけるだろう。この音声送信とやらを5~6年前までは「神の声」等と読んでいた被害者の方がいたのを、ちゃんちゃら可笑しく思えてしまうのが、2013年の現状である。そこら辺のおっちゃんやおばちゃんが、宗教の教えかなんかに縛られ、コントロールされながら加害者にでもなっているかのようである。お金でオペレータを雇うと大変なギャラが発生してしまう。

90分に亘る被害談義が続いた。いつものように団体への参加を勧めておいた。今取れる有効な手段はそれしかないのだ。一度でいいから定例会に参加してもらえば、自分の目で現状を確認できるのだ。それこそ一番大切なことなのだ。

15時半にお別れし、帰路につこうと思ったら自転車を移動させられてしまった。仕方なく隣町の池袋まで早足で歩く、この徒歩の最中も「サー」というノイズとガキの声を出してきて「もう最後だから胸を揉ませて」等と異常なバカ音声を飛ばされ、それに連動して右胸を延々と揉まれ続けた。

それから何と5000円を支払い自転車を取り戻し帰宅。散々である。それにしてもこれは一種の暴利である。一応窓口のオジサンが済まなそうに振る舞ってくれたので、我慢したが、最近の自転車移動の一方的で厳しすぎるやり方には本当に立腹したくなる。とりあえず豊島区に寄付したと自分に言い聞かせ納得することにした。

帰宅しようと自転車に乗るとやはり「サー」というノイズとガキの声が聞こえ出し、またもや胸を揉んだりする「気持がいい、面白い」そんなことを囁いている。さらに初期の頃は味方だった「竹」の名前の中年女の声も加害者の中心存在として、触覚被害を散々やりたい放題やる憎まれ役として最近ではよく出てくる。今日もそうだった。私の体を触れるのが気持良くて止めれない等とほざいては、ひどい触覚被害に連動していろいろと嫌われ口を叩いていた。

帰宅後は触覚被害がひどい、神妙な男女の声が出てきては「もう終わる、すぐに大金が入ります。でも女性は自分で見つけて下さい。内山君ならきっとステキな相手が見つかります。お金にはこれから困りませんからね」等とやっている。しかし被害は終わるどころかガキの声や中年女の声や愚か声が健在で、結局ひどい。特に尻に対する触覚被害がやりたい放題である。尻の触覚被害も相当のストレスなのだ。

早めに愛犬の散歩に出たが、そこでも「もうすぐに終わります、大金が入ってくる。これからは名誉の人生が待っています」等と送信してきても尻への触覚被害がひどいまま。そんな軽薄な音声送信がいかにデマであるかがこういうところからも解っていただけると思う。

今日は女は登場せずに「終わり」「金」のデマがずっと続いている。口調だけが神妙で結局普段より質が悪いだけだ。

あとは加害者の愚かなのが罰を受けて苦しんでいるというデマ送信も今では当たり前になっている。醜いおぞましい呻き声や、ベソ声を聞かされたり、音声送信も結局はうるさいだけである。夕飯の準備。タコの炊き込み御飯と丸干しとギョウザ巻きとみそ汁をつくって19時から頂いたが、バカな若い女声とかが、「あっまた夕飯食べてる、またどぶ川に流してあげよ」等と送信してきては上半身と大腿におぞましい触覚被害をじゃんじゃん反応させられ、食事の時間をメチャクチャにされた。今日は本当にやりたい放題である。よく着衣のまま食べれたものだ。退室した韓国の女性の名前を何度も登場させ、加害者扱いし、その女性の名前を何度も呼んでいる。「CちゃんCちゃんいい加減に止めなさい!でないとまた大変なことになるわよ」とこんな調子だ。

尻への触覚被害もひどい。それらに耐えながら後片付け、そしてギターいじりの時間も上半身におぞましいほどの触覚被害を反応させられ10分といじっていられなかった。

そして書斎に戻ったものの「サー」というノイズとガキの声がうるさい。そして最後だから終わりだから等と喚いているが、全然健在で触覚被害のやりたい放題である。

今もはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶挟み、さらには下半身へも相当の触覚被害で、ズボンの右脚の裾を右膝までたぐり上げ、右膝剥き出しの状態、さらには太ももの内側に大きなクリップで筋肉を挟み、触覚被害を軽減しているというメチャクチャな状態である。

今日もこれから格闘の時間だ。音声送信はどうせ、もう終わる、止める、スイッチを切る、二度と来ない。金が入る、アメリカや韓国からやっていた等とほざき続けるのだろう。

24時10分

今日は終業である。急激に忙しくなった。被害報告集第2巻きの校正だけでも大変な量なのだが、本業も新年早々大きい仕事の依頼が一度に2件発生。これから当分仕事三昧になる。

しかしだからといって被害は弱くなる訳ではない。いつもと一緒である。上半身はだか、右脇の下にはインスタントコーヒーの空き瓶挟み、そして時折無軌道にエスカレートする右脚への触覚被害。音声送信は人を見下し小馬鹿にしたような男女の声が主。謝罪も飛ばしてくるが、袋の中のネズミに対する対応といった感じで、その絶対的優位を手放したくない、コンプレックスと淫乱呼ばわりされて当然の執着、そういうものがムンムンと臭ってくる。要するに匿名気違いということだ。この技術のジャンキーであるということ。この技術あるからこそ強者であって、劣等感や貧乏や貧相を感じないでいられるといったことなのだろう。とにかく尋常ではない。この寒さの中はだかなのだ。私のからだが寒さで萎縮していることも。感覚的に解っていないはずはないのだ。時折もう少し我慢していれば……等と言う見下し送信も飛んでくるが、能無しの匿名気違い特有のクズ音声に過ぎない。どこまでも被害者に対し優越感を満喫したいのだろう。とにかく寒い。ノドにもヒリッとした痛みまである。

この現状を皆さんどのように受け取るか。何年にも亘り自宅で服を着させず、食事も排泄も入浴もさせない匿名気違いどもの存在をどのように思われるか。こういう異常者どもにこの技術を乱用させているさらなる気違いがいるということだ。善用がしんどいのは解るが、少しは脳を働かせるべきではないのか。だから無頭児扱いされるのである。原始人すら気の毒である。

ノイズやガキの声、平和ぼけしている若年認知症みたいのもうるさい。音声送信もロクなのがいない。今日は特にそうだった。

« テクノロジー犯罪に遭遇して1799 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1801 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

 ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
<                    >
< 激突! 落恵治vs谷洋一郎    >
<                    >
 ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨

負け犬がネタバラされ切ってまたこちらの名前出してフィフティフィフティですてかww
 
ドタマ大丈夫かもうww
 
失せろチョンカス
 
本国を守れやww
 

谷洋一郎がほざく対決だの邂逅だのは全てテメーが無実の人間だというウソを既成事実化させるためのもの
 
このコメント欄でもそうだし青柳雄二もずっとそうだった
 
嫌がらせをまざまざとやりながら嫌がらせをしていないように振る舞えということ
 
ウソを食いやがれよ、嫌がらせを黙って受け入れろよ、ということだ
 
それをこの知的障害者は脳内変換でテメー自身を恐れてると勘違いしやがる
 
見栄と虚勢の塊のバカが消えた理由を思い出せんのか
 
いつでも会ってやるがそりゃテメーがやってきた全ての悪事を吐くことと、吐かねば殺しても良いという条件付きなら会ってやっても良いぞ?
 
殺されれば警察にバレるような手がかりを残していようと、緊急非難、正当防衛と訴えていく他無い
 
どうして勘違いしやがるのか知らんが、テメーとテメーの背後や同病患者は他と同じ扱いは許すつもりは無いんだがな
 

どんなコメントもOK!
ochi keijiだ!

>工事現場でグラインダー?
>いまどき珍しい木造建築の大工さんでもいるのか?
 
この話題飛ばしww
 
どこに行っても付いて来る朝鮮ゴキブリ谷洋一郎という寄生虫ww
 
また統合失調症で盛り上がってやがったなカス
 
犯罪被害者貶して喜ぶ姿が本当に最下層のテメーに相応しいぞ谷洋一郎
 

要するに道理が分からんバカは死ねやってこった
 
分かったか谷洋一郎
 
譲り譲って話聞いてやったが結局精神薄弱者のウソを食えってこったろ
 
死ねや貴様ら
 
それが道理だろ
 
人間のクズめが
 
人間のクズが人間のクズに庇われて正常と思ってられるのが創価学会だろうに
 
無意味な謗りだと脳内変換しとけやな
 
テメーらを皮切りに奥の院まで吊し上げにしてやるよ
 
安倍と麻生がすぐ動いただ何だってコピペは奥の院のウソを庇いたいテメーの衝動の現れよなww
 
人の不幸の上に自分の幸福を築く創価学会職員谷洋一郎死ね!

脳内変換さえあれば俺は無敵∞
 
俺が加害者?
 
いやさっきから被害者って脳内変換したから被害者なんだが
 
状況に合わせて考え方をちょろまかしてる八方美人?
 
協調性があるのだろう
 
主張もないのにあるかのように振る舞うな?
 
一言も言ってないよなぁ?ww
 
これまでしたことの償いをしろ?
 
俺を産んだ親が悪いしww
 
人間は感情の動物なんだから良いだろ本音で生きてんだよ
 
大体あんたら根に持つタイプだよな今を生きろよなww
 
過去は変えられないし他人も変えられない
 
だったら自分が変わるしかないだろ
 
我慢しろよこれからもww
 
不問にしろよ過去のことww
 
んな(^∞^)

〜キリストの父はcoffeeが嫌い〜

クリスマス
日本の父(安倍)統一教会


公明党は北朝鮮宗教
日本(ニッポン)は酷い
集団ストーカーは創価学会


岩手の小沢氏は在日モンスター
布施AKIRAとの企画
Re:布施AKIRA市長
(全額負担+α)お見逃しなく!!


ウェルカム!佐沼高等学校
人類滅亡 電磁波 族
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=244tuyo3&guid=ON


筑波大学
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/548987/533579


話は大石敦巳
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/699146/584151


自衛隊の犯罪を斬る
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=patentcom


中学生の逆襲
稲中
前野「神はサタンだ」


http://m.youtube.com/watch?v=CXITZlEl6jA&fulldescription=1&hl=ja&gl=JP&client=mv-google&guid=


エアー盗聴器ーAIR



科学警察研究所〜思考盗聴について野口博士に聞く
http://m.youtube.com/watch?v=ICzDCQICeYw
警視庁の完全負担(額)


テレパシーVS仮面ライダー

エヴァVS大友AKIRA



サタン合宿中

思考盗聴器
装置 トラの尾をつかんだら絶対に放すな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して1800:

« テクノロジー犯罪に遭遇して1799 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1801 »