« テクノロジー犯罪に遭遇して1850 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1852 »

2013年3月10日 (日)

テクノロジー犯罪に遭遇して1851

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という51才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

3月10日(日)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ★ 肌の撫で回し● (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、肝臓と胃へのひどい操作、ひどい走行妨害) 資源の無駄遣い●

10時20分

昨晩はあれから一応週末の夜らしくDVDで映画鑑賞とした。昨晩鑑賞したのがアメリカの近作の「ボーン・レガシー」。お国柄満載のスケールの大きいアクション作品である。しかしヒトという存在を遺伝子や細胞という観点から捉え、その視点を屈指した同時代的な作品に仕上げていて、もちろんフィクションではあるが、こういう切り口からヒトを再認識させようとする動向を、もっともっと多方面から押し進めるべきであろう。被害者の立場になるとそういう方向からもどうしても眺めてしまう。

被害の方はやはり普通にひどい感じ。触覚被害が無しで娯楽を普通に楽しめることは自宅内では滅多にない。音声送信は女の声で「私たち実はここの住人たちなんです、大家さん、できれば外出してくれないでしょうか、そうなると私たちも楽だし、ここの家が私たちのものになります。一番古くからの住人のPより」等の送信も飛ばされる。加害者など誰であろうが一向に構わないという徹底した姿勢をもっている私には無意味な送信だが、相変わらずである。被害者の内面をどこまでキャッチできているのかを、終始自他で試し続けているわけだ。私にはそのようにしか捉えることができないほどに、すでにキャリアができすぎてしまっている。玄人特有の冷静さと図太さが定着してしまっている訳だし、これもさらに進化していってしまっている。果たしてどこまで冷静になれるだろうか。

触覚被害、音声送信ともに深夜になるに従って弱まっていってくれた。昨晩はそれ以降は目立った被害はなかった。2時20分に就寝。

6時40分に覚醒の強要。やはり無事な連続睡眠がとれない。連続睡眠時間は4時間20分だけである。ただでさえ胃が荒れているのに、さらにそこから発生するムズムズを増幅させられているようにしか思えない。あるいは特にそこの意識が行くようにされているとしか思えない。とにかくそれが気になる。あとは「サー」というノイズ。さらにそのことをメモしている左手に(私は左利きである)、キリキリとしたはっきりとした痛みまで強要された。しかしすぐに再就寝。

9時頃に再覚醒。311以降、私は小さいボリュームでラジオをオンにしっぱなしで就寝しているが、妙に共感できるピアノ演奏が聞こえると思いながら覚醒。まだ眠く、身体も重い、やはり倦怠感もひどい。アナウンスを聞くと、やはり旧ソビエトの大ピアニストの演奏の特集番組だった(クラシック好きならスビャトスラウ・リヒテルという名のピアニストはご存知であろう)。昔からこのピアニストには無意識的な共感があって、気が付くと結構なLP・CDが揃っている。そういう好きになり方の演奏家なのだ。だから余計に興味もある。体質が合うのだろう。

そんなことを考えているときにふと思ったのは、この人体に反応する遠隔技術を無断乱用されている者というのは、それに見合った体質を持っているのではないかということである。最も単純なところだと、代謝が盛んな体質、こういう体質は生体電気やそれと一緒に発生している熱の発散も盛んなはずである。つまり電気と熱の体外への発散量が多いのである。ということは当然それをキャッチし易い体質ということになるのだ。

代謝の強弱や通常体温の高低等は個々によって微妙に違う。私たち通常の世界認識に生きている者にとっては、その違いが微々たるものであったとしても、この人体に反応する遠隔技術の側から眺めると、その強弱の開きは相当のものとも推測できるのだ。何せ微弱な電気信号をキャッチできる技術である。当然のその単位の中での技術なのだ。その領域の水準というものはどの領域にも存在する。

ここを訪れている被害者の方々、よく確認なさってほしい。

こういうことを記している訳だから当然私内山の代謝は活発である。これはもうかなり自信をもって断言できる。例えばそれは発汗量にも置き換えられる。

汗というのは何故発生するのか、体温の適温を維持するための、身体による自動調整なのである。人間の心臓は自然発生する電気によって機能している。ということは、人間も外界にある電気製品同様、自然電気製品なのである。電気製品の電池が心臓なのだ。そのくらい引き下がったところから人体を眺めれば、その視点から確認出来ることが確認できるようになる。

汗っかきであるということは、汗っかきである原因があるはずだ。それが代謝が平均より上の活発さと結びついているのだ。全然飛躍のない当然の理屈である。故に私は代謝が盛んと言える。他にも、飲み食べしてから排泄までの時間も、51年も生きていれば周囲より遅いか早いかなど、分かっていて当然だ。それ以外をあげればまだまだあるが止めておく。という理屈から私はこの技術と結び易い体質をもった者といえるのである。そんなことを考えた。

ということで9時以降の被害はうるさいノイズ、胃へのかなりの操作、音声送信はガキの声と他様々な声。やはり、女性と交際する、大金が入る、あとはガキ声の露骨な思考のなぞり、他痴呆症を思わせる女の声で(仮名)フジタのオマンコとか何とかなんていうのが反復送信で続いたり。相変わらずのアホさ加減である。9時35分に起床。

途端の尻に触覚被害。以降は音声送信も普段とおりだが、全体的にやや遠い。触覚被害のひどさはやはり記録されなければならない。尻へさらに胸にもである。

そしてパソコン前に座れば途端にはだか、右脇の下にインスタントコーヒーに空き瓶はさみ、さらに右脚へ露骨な触覚被害、それに耐えている。今日も夕方まで家のことで慌ただしい。

13時22分

さきほどの更新の直後、中野の方まで買い出しに出た。江古田も回り帰宅したところだ。クロスバイクでの往復である。音声送信は「サー」というノイズとガキ。このキャラクターがのさばり続け嫌われ口、憎まれ口に叩きたい放題、それに連動して触覚被害も相当にひどかった。特に行きの触覚被害による走行妨害のひどさはここ数週間ぶりのひどさで、やはりそのためにこうして記録を残す必要があるほどだと思ったのでここに記しておく。音声送信は自分たちも罰を受けていて苦しんでいる等の送信も目立った。

外出中一貫していたのは、右胸周辺の触感覚を敏感にさせられ続けていたこと。これを続けられるのは相当のストレスなのだ。ホームセンターで週末の趣味のつもりで植栽のコーナーの花木の苗を物色している最中も、胸周辺に衣服の繊維が触れることが気になって気になって仕方がないのだ。この悪寒と不快を想像されてみて欲しい。要するに局部に、麻酔とは逆の効果を発揮する薬を打ち込まれているようなものなのである。何となく察しがつかないだろうか。感覚に作用する覚せい剤のようなものだ。そういう触覚被害を身体の各所の無断乱用させられ続けているのが、私たちテクノロジー犯罪被害者なのである。

そして帰宅するとさらに背中や脇の下や大腿や尻にまでその範囲は広がるのである。今日も夕方まで屋外での身体を動かす作業が続くが相当の触覚不快感に耐えてのものになりそうだ。今もはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶挟みの状態である。

18時11分

やはり被害は普通に続いている。屋外での作業中も身体にはずっと触覚被害や悪寒が続く。音声送信は明るい間はガキを除いて穏やかだった。それに音量も小さい。そして今日も何度も、もう終わり、本当に終わり、アメリカからやっていた、元大統領だった男もやっていた、すぐに良いことがある、母校の大学から仕事がくる等の思いつきデマ送信が続いた。

いきなりガキの声と一緒にエスカレートする触覚被害。そんなことが続く。

愛犬の散歩も終わらせたが、短い散歩だったとはいえ、背後からの抱きつき触覚被害もあった。そして今もはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶挟み、そして不快な男の声による見下し送信が聞こえる。

« テクノロジー犯罪に遭遇して1850 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1852 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

知的だな。冷静な時だけコメ入れればカッコいいぞ。やっとわかってくれたかオッサン。

徹夜でコメアラシなんぞジンセイのムダだぞ。

良識を持った行政 医療機関 警察 マスコミがなぜ悪質な嫌がらせをするのか?がキーワードになるな。

看護師がみなおしてぞ。

>知的だな。冷静な
 
知的障害者だな
 
>徹夜でコメアラシなんぞジンセイのムダだぞ。
 
天パ人生の全ては無駄
 
>良識を持った行政 医療機関 警察 マスコミがなぜ
 
それを吐かせてやるよ
 
>看護師がみなおしてぞ。
 
いい子にしろよテメー

最近天パメガネの金たわしまた調子に乗ってるな

既婚童貞の朝鮮チンピラ

言語道断で除名

悪質な嫌がらせは利権にまみれているからです

うふうっふうふふふふ。
思った通りだ。
操作なんてたわいもない
ちょっと捻ってやれば途端に回りだすのね。
きゃははははははははは。

>うふうっふうふふふふ。
 
音出すなカス死ねバケモノ

また来たのか朝鮮チンピラ

ここで被害者ヅラする割にはマインドレイプも集団ストーカーも止めないし吐かない
朝からセスナ機ボケとんか

土居はさらって拷問せんと吐かんかな

集団ストーカーは創価学会だけのものなのか否か

金たわし音出すなボケ

モスに昼を食べに行ったら店内で暴れまわっている複数の幼児がいた。その母親たちは「駄目だよー」と言うばかりでお喋りに夢中。うるせーなーと思いながら自分は食っていた。その間も幼児の行動はヒートアップし続けた。備え付けの新聞を破りだした所で店内の冷たい目に気付いたのか母親が「駄目だよー」と意味の無い注意をした。するとレジに並んでいた谷洋一郎「駄目なのはあんたらだろ」と一言。店内の他の客も「だよな」と同意しだした。その後母親たちは真っ赤になって子供を叱ったが注文した品は全部たいらげてから帰った。

俺は谷洋一郎の正義感に圧倒的された

俺は谷洋一郎の正義感に圧倒的された ×

俺は谷洋一郎の正義感に圧倒された ○

去り際に彼は俺にこんなことを言っていた

「あなたの才能ではなくあなたの態度があなたの高さを決めるのだ」

俺はこの時この人に会えたことでなにか自分を変えることができるかもしれないと感じはじめていたのだった

続く

>モスに昼を食べに行った
 
チラシの裏でやれ谷洋一郎

俺は谷洋一郎の正義感に圧倒的された ×
俺は谷洋一郎の正義感に圧倒された ×
 
皆は谷洋一郎の存在に反吐が出た ○

この谷洋一郎って頑固な汚れはまた増えてきたのか

けどいよいよ終末は近付いたよな

拒絶するだけで泡吹いて発狂すりほどの寄生根性に世界中が大爆笑するだろ

谷洋一郎の発狂した様子は朝鮮チンピラには伝わるが蓋される
 
何故なら谷洋一郎のおかしさに同調し肯定してきた自分達を否定せねばならなくなるから

私が免許を取ったときの教官から聞いた話し。

教官(♀)が免許取立ての頃、高速道路を夜に走らせていたら周りを4台の暴走族の車に取り囲まれてしまったらしい。かなり昔のことだから携帯電話なんて存在すらしてないし しかもかなりの田舎だったらしく無理やり高速を降ろされたらレイープされるかもしらんと半泣きになっていたら後ろから長距離トラックとおぼしき大型トラックがやってきて、暴走族の車一台づつ煽ったりクラクション鳴らしたりして追っ払ってくれた上に教官が高速を下りるまでずっとエスコートしてくれたらしい そして、教官が減速して高速を下りようとしたら、クラクションをプアンと1つだけ鳴らして去って行ったそうな。運転手は谷洋一郎だったけど男惚れしそうになったと教官が言っておりました

谷洋一郎さんにお会いしたいです(*^.^*)エヘッ

ちなみに教官は当時珍しいハードゲイなお方でした 笑

毎日谷洋一郎さまからマインドレイプされてる
バカCAGEさんが羨ましいです^^

谷洋一郎さまに宜しくお伝えください^^ では

谷洋一郎は普通に精神障害者

迷惑でツマラナい谷洋一郎の話

2ちゃんでやれよ朝鮮チンピラ

これだけ 価値観が狂わなきゃ 人なんて殺せない

ここまで行き着くまでにどんな過程が加害者側にあったのか

>これだけ 価値観が狂わなきゃ 人なんて殺せない
 
その脅したがるメンタルがまた朝鮮チンピラよな谷洋一郎
 
朝鮮チンピラは規格品だな
 
>ここまで行き着くまでにどんな過程が加害者側にあったのか
 
朝鮮チンピラの陰湿な嫌がらせの実在を指し示すために朝鮮チンピラの心理を解説はしたが
別にテメーら朝鮮チンピラを酷いからとか同情的に思った瞬間はないから諦めろクズ

>これだけ 価値観が狂わなきゃ 人なんて殺せない
 
これよなww

>これだけ 価値観が狂わなきゃ 人なんて殺せない
 
被害者ヅラの加害者は自分達にしか関心無いから分からんか知らんが
被害者の恨みも既にただ事じゃないぞ
 
裁判での有罪無罪なんか頼らず死ぬに死ねない報復を考えてるから
 
ただじゃ殺さんぞ谷洋一郎

>ここまで行き着くまでにどんな過程が加害者側にあったのか
 
テメーがぶち殺されるまでの過程も考えられるようになろうな創価学会職員

>ここまで行き着くまでにどんな過程が加害者側にあったのか
 
日本や世界の裁判官で何人がテメーのしたことを正当化するかの話だろ?
 
だよな?

青柳雄二と三浦勝也を守る谷洋一郎の会は世界中の裁判官だの世論だのの了承を得たわけじゃあるまいが
 
今すぐ殺されて文句言う資格ないんだが法律を盾にしてるのがわかるわな

完全無欠のクズよな

そもそもキチガイは正邪は考えてない

普通にキチガイなんだが他のキチガイがキチガイにキチガイじゃないぞと教えるんだよな

正しいことに反抗的になりながら自分達は正しいと言わざるを得ない

何にせよ同情の余地は絶対的に無い
 
懲戒解雇と民事刑事で訴訟地獄の底に叩き落とした挙げ句監視する
 
当たり前

法律は一般意志の表明だからな

>法律は一般意志の表明だからな
 
そりゃ現行の法律かそれともテメーらの実態が暴かれ尽くした後の法律の話か
 
マインドレイプに規制が無いんなら自供に頼らん捜査しまくりだからな
 
まあ全てが公にならんならそれでこちらの有利よ
 
要するにこちらが権力掌握をするか否かだな

>法律は一般意志の表明だからな
 
この谷洋一郎の言葉は
 
>今すぐ殺されて文句言う資格ないんだが法律を盾にしてるのがわかるわな
 
これにかかってる
 
つまりテメーらの水面下の嫌がらせは良くて報復はダメというのが日本国民の総意だとほざいてやがる
 
朝鮮ゴキブリが

同じことをする他にベストな報復は無いって結論だよな

   ,、、、----‐‐‐‐‐--、,
     /           :ヽ
    /              :\
   ./            ,,,,;;::''''' ヽ
  /    ,,,,;;:::::::::::::::       __   ヽ
  |   .  __       '<'●,   |
  |.   '"-ゞ,●> .::            |
  |           ::: :⌒ 、      |
  ヽ.      ;ゝ( ,-、 ,:‐、)      |   CAGEさん シーッ
   l..            |  |      |
   |        __,-'ニ|  |ヽ_     |
    ヽ:        ヾニ|  |ン"    /__
    .ヽ:        |  l, へ      ::::ヽ,
     l.:`.         / /  , \  /ヽ  ::\
     `、:::::       |    ̄ ̄\/ ノ    :::ヽ
      |::::::      |      ー‐/ /      ::::\

やめろスカトロ野郎

お前は大卒のくせに「一般意志」という単語も知らないのか?(笑)

>お前は大卒のくせに「一般意志」という単語も知らないのか?(笑)
 
もう結論は見えてるが行こうか
読んで字のごとくだと思ってるが厳格な定義を説明しろと言われたら難しいが、それがどうかしたのか金たわし
 
法律に盗撮盗聴の規制罰則が無いから、それが一般意志だ、マインドレイプは一般意志だと貴様はほざいたと捉えたんだが大丈夫かな?
 
さあどうぞ金たわし
 

>もう結論は見えてるが行こうか
読んで字のごとくだと思ってるが


大馬鹿者が
ルソーの書いた「社会契約論」を知らないのか?

>大馬鹿者が
>ルソーの書いた「社会契約論」を知らないのか?
 
は?

>お前は大卒のくせに「一般意志」という単語も知らないのか?(笑)
 
侮辱しといてまた理由も説明無しか?

話変わってるしそれでももったいつけてやがる
 
惨めだから構ってもらうのに必死か

さあ巨大な言いがかりを煙幕でくるんでる最中かなww

>お前は大卒のくせに「一般意志」という単語も知らないのか?(笑)
 
バカかコイツ

>お前は大卒のくせに「一般意志」という単語も知らないのか?(笑)
 
頭オカシイんかコイツ

まあ言いがかりにいちいち深い意味を追及してやんな
一言も話せなくなる

まだ嫌がらせするわまだ来るわ谷洋一郎って金たわしか?

マグネシウムリボンだろ

外見内面ボロンボロン

>お前は大卒のくせに「一般意志」という単語も知らないのか?(笑)
>大馬鹿者が
>ルソーの書いた「社会契約論」を知らないのか?
 
かつで自分の話を積極的に聞きたがった人間はいたのかどうか考えてからほざけ

      ,,、、、----‐‐‐‐‐--
     /           :ヽ
    /              :\
   ./            ,,,,;;::''''' ヽ
  /    ,,,,;;:::::::::::::::       __   ヽ
  |   .  __       '<'●,   |
  |.   '"-ゞ,●> .::            |
  |           ::: :⌒ 、      |
  ヽ.      ;ゝ( ,-、 ,:‐、)      |   CAGEさん くどい
   l..            |  |      |
   |        __,-'ニ|  |ヽ_     |
    ヽ:        ヾニ|  |ン"    /__
    .ヽ:        |  l, へ      ::::ヽ,
     l.:`.         / /  , \  /ヽ  ::\
     `、:::::       |    ̄ ̄\/ ノ    :::ヽ
      |::::::      |      ー‐/ /      ::::\

CAGEて真性キチガイだよね(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1362390888/-100

現実はこんなもの。例えインプラントだったにせよ
w現代科学では無理。携帯の街に立ってるアンテナ
一本幾らするか解って発言していますか?w

いつも邪魔者

奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科 平田 健太郎 総務省人工テレパシーシステム 障害者福祉用ブレインマシンインターフェース連動 高度障害補償金詐欺の件

http://genesis.naist.jp/member/member.html

平田 健太郎は奈良先端科学技術大学院大学のガキに明治安田損害保険の契約者の名簿を配布し、
本人に無断で株式会社かんぽ生命保険、住友生命保険相互会社の生命保険を掛け、総務省人工テレパシーシステムと奈良先端科学技術大所有障害者福祉用
ブレインマシンインターフェースを連動させ、明治安田損害保険の契約者に田中ビネー式知能検査を受けさせ、知的障害者に仕立て上げ、
株式会社かんぽ生命保険、住友生命保険相互会社に対して高度障害補償金詐欺を行わせていた。

奈良先端科学技術大学院大学のガキは平田 健太郎に煽り唆されて、懸賞のようにして、明治安田損害保険の契約者を総務省人工テレパシーシステムと
障害者福祉用ブレインマシンインターフェースで襲い掛かっていた。

なお明治安田損害保険には高度障害補償金は請求していない・・・・・何故でしょう?

知的障害者の認定を受けた者の高度障害補償金は奈良先端科学技術大学院大学のガキがする所有する各障害者名義(明治安田損害保険の契約者)の
口座に振り込まれ、平田 健太郎に上納する仕組みになっていた。

 ○他人名義の通帳の作成は預金口座等の不正利用防止法に抵触する。

奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科 平田 健太郎とガキをブレインマシンインターフェース悪用による統合失調症様症状による傷害罪、威力業務妨害罪、
株式会社かんぽ生命保険、住友生命保険相互会社に対する高度障害補償金詐欺、として逮捕、知的障害者の収容施設に収監願います。

また福祉がどうのこうのほざいて、平田 健太郎に煽り唆されて犯罪に障害者福祉用ブレインマシンインターフェースを使用する
奈良先端科学技術大学院大学から障害者福祉用ブレインマシンインターフェースを取り上げ、悪用した者にはロボトミー手術を施術するようお願いいたします。

〜キリストの父はcoffeeが嫌い〜

クリスマス
日本の父(安倍)統一教会


公明党は北朝鮮宗教
日本(ニッポン)は酷い
集団ストーカーは創価学会


岩手の小沢氏は在日モンスター
布施AKIRAとの企画
Re:布施AKIRA市長
(全額負担+α)お見逃しなく!!


ウェルカム!佐沼高等学校
人類滅亡 電磁波 族
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=244tuyo3&guid=ON


筑波大学
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/548987/533579


話は大石敦巳
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/699146/584151


自衛隊の犯罪を斬る
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=patentcom


中学生の逆襲
稲中
前野「神はサタンだ」


http://m.youtube.com/watch?v=CXITZlEl6jA&fulldescription=1&hl=ja&gl=JP&client=mv-google&guid=


エアー盗聴器ーAIR



科学警察研究所〜思考盗聴について野口博士に聞く
http://m.youtube.com/watch?v=ICzDCQICeYw
警視庁の完全負担(額)


テレパシーVS仮面ライダー

エヴァVS大友AKIRA



サタン合宿中

思考盗聴器
装置 トラの尾をつかんだら絶対に放すな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して1851:

« テクノロジー犯罪に遭遇して1850 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1852 »