« テクノロジー犯罪に遭遇して1894 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1896 »

2013年4月23日 (火)

テクノロジー犯罪に遭遇して1895

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という51才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

4月23日(火)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)★ ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、肝臓と胃へ操作、走行妨害あり) 資源の無駄遣い★

10時15分

昨晩はあれから苦痛の入浴である。無事にシャワーを浴びれたのはいつの日だっただろう。もうその頃に生まれた子は6歳半になっている。当時の私は45歳だった。恐らく所帯を持って子供を作れる最後の段階だったのではないかと思う。要するにこの匿名気違いども、気違いに刃物の気違いどもに止めを刺されるように人生の最も重要な行いにがるところを破壊されたのである。何度も記しているが同様の立場を強制された者が今ではうようよと居るのである。集団訴訟は絶対なのだ。これはもう避けて通ることは絶対に断固としてできないのである。悪いことをしたのだから相応の罰を受けるのは「鉄則」なのである。今ひとことで「相応」と記したが、この犯罪のそれは現状言葉では表現不可能なほどの、重い罪である。今朝も音声送信で不気味な老人声が送信してきたが、「本能の赴くままにしたい放題できる、そういう技術がある」というふれこみで政治家や文化人を集め、密かにこれを庶民に向けてやりたい放題やらせているのがオレたちで、もう止めて、謝りに行く」なんていうのもあったが、なるほど、そういう経路にもリアリティがありそうだ。快感の原則に則り、それを無料で無限に味わいたいだけ味わえる、そんな技術や場所があったら、飛びつかない者がいるだろうか。そういうのを自分や自分の組織や機関のために有益に利用し、独占し、甘い汁を吸いまくっているのが、この世に存在するのは間違いないのだ。

ということで、入浴中も尻へおぞましいほどの触覚被害の強要。さらにその後の自由時間も過激なほどではなかったにせよ。ひどい触覚被害に耐えての晩酌付きの就寝までのささやかな時間である。2時20分に就寝。

6時50分に覚醒の強要。連続睡眠時間は4時間半ほど。やはり明らかに寝不足である。すぐに左耳にノイズである。ガキ声がひたすら「ごめんなさい」を反復している。謝罪をしているのではない。「ごめんなさい」という6文字の文字の羅列を音声で飛ばし続け騒音攻撃をしてきているのだ。私たち普通の世界に生きている者たちと同様の「ことば」という伝達ツールの認識は、この犯罪の前では捨てなければいけない。私たちとは異なった次元に、この21世紀の犯罪人どもは居るのだ。恐らくその本人どもにもその自覚が無いのではないかと思う。それをふしぶしに感じ取ることができる。その次元の違いこそが、大変であり、非常識というものを産み出すのだ、その非常識がこいつらを防御している鉄壁なのである。

私たち被害者にとって、一見大変なことになりそうな規制が来春より執行されることは、報道された時点で団体中に知れ渡るほどに、私たちも一致団結となっているが、一見大変と思われる規制とかやらも、冷静に俯瞰してみれば、それが生まれる必然というものが時の流れにあり、出るべくして出てきたものであることには何ら変りはない。

私は間違いなく、この技術の乱用は留まるところが無いと判断している。至る所に、加害者側の暴走と思われる事実が転がり始めているのだ。恐らく海外からは近々「バリー・トラウアー他」以上の告発を始める者が現れるだろうし、世界の情勢から眺めても、人類社会にとって危険な技術の乱用を牽制、監視する団体は今後米国を中心に増えていくことも間違いないし、実際にそういう団体は増えている一方なのである。今後NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークも規模はさらに大きくなるであろうし、同様の、あるいは類似した団体は確実に増えているのである。

この動きと流れはもう止めることはできないだろうし、これもまた必然なのである。太陽が光を発せれば月がそれを反射させるのである。その原因をバラまき続けているのが、過激化し暴走しているのが今の状態である。

音声送信は止まらず、小用に立つと、そこに触覚被害が加わり始め。ベッドに戻ってもそれが止まらなくなる。いつもの流れだ。以降は8時50分に起床するまで、再び寝付くことはなかった。横になって目を閉じ休んでいるだけだった。それも音声送信と触覚被害に耐えながらである。

目は酷使しているので休ませる必要があるのだ。だから閉じて休ませる訳だが、ここでも典型的な視覚操作があることを久しぶりに記しておこう。

目を閉じると基本的には闇である。厳密には違うが、一般的にはそうだ。つまりそこで外界を視確認しないで済む、つまり認識する情報がゼロになるために、視覚操作を行うにおあつらえ向きのシチュエーションができるのだ。今朝はここで見ながらにして見ている訳ではないという、常人では体験できない被害者ならではの視覚被害を受けることになる。珍しいことではない。今朝は年配の庶民的なオバサンの顔が何人も出てきては消えていた。その視覚確認のリアルなこと、まるで覚醒しながらにして夢を見せられているような感じである。私たち五感送信、即ち人体に反応する遠隔技術の被害者にはこんなことが日常なのである。

他音声送信はガキ、日本の代表的声優であられた故ヒロカワタイイチロウ氏の声に酷似した男の声、しゃがれ声、中年女の声、落ち着きのない老人の声等が次々とデマや謝罪や無駄な加害者特定等をずっと続けていた。触覚被害もひどい状態のまま、さらに質が悪いのが8時を回った頃から眠気を戻してくるのである。今度は寝てはまずい時間なのだ。だから眠気に耐えることになる。その直前までは寝ようと一生懸命になっていたのだ。いかに陰湿で非道であるかが解らないだろうか。徹底しているのだ。

8時50分に起床。音声送信は今度は「加害者も被害者」送信が出始める。悪役声が私と同じ触覚被害を食らいながら、私にこの期に及んでまだ、この技術の乱用止めないという設定である。それが始まる、なんて事はない。音声送信の芝居が一段凝っただけで、私が受ける被害には何の変化もない。相変わらず胸を撫でられたり揉まれたり、背後から抱きつかれたり、腕や肩をまれたり、これでもかとリアルな感触を身体各所に発生させられたりで、むしろ被害はより身近に、近くに寄ってきているのだ。

当然書斎でははだか、右脇の下にはインスタントコーヒーの空き瓶が挟まっていて、さらに、何とこの時季に石油ストーブが点火されているのである。信じ難いと思うが、最初の数十分ははだかで我慢していたが、ついに腹が冷えてきたので、仕方なく油資源を浪費させてもらうことになった訳である。いかにこの技術の向こうにいるのが、災い深い存在であるということを今日も思い知らされ続けるのである。

15時6分

被害は今日もひどい。書斎では絶対に着服は不可能である。普通に服を着るのが夢なのである。こんな目に遭うとは生まれてから一度たりとも考えも想像もしたことはなかった。バカな愚か声のクズ老人声が「これも人生経験だと思ってくれ!」等というどうしようもならない気違い送信までしてくる始末である。

触覚被害は書斎を出る際の着服状態の際にも容赦なくひどい。本当に服が皮膚の上で蠢き、拷問状態を作り出しているような感じだ。服を着ることがストレスという状況を過ごしている人間がこの世にどれだけ居るだろう。

音声送信は他にも情けない軟弱声とかが、ごめんなさいや、謝りに行く等という夢のまた夢のようなデマも何度も飛ばしている。

はだかで業務に従事している際にも右脚が無事でいられる時間はほぼ無い。何らかの触覚被害が右脚のどこかにあって、我慢をしていなければならない。右脇の下にはインスタントコーヒーの空き瓶が挟まれ。左耳には「サー」というノイズはひっきりなしに貼り付き、バカなレベルの低い認知症如き酩酊送信が次々と飛んでくる有り様だ。

そんな中で今日もこれから深夜まで在宅で業務である。

当然昼食も無事ではなかった。チンジャオロースー飯とみそ汁を作ったが、後半になるに連れ、触覚被害はじょじょにひどくなっていき、音声送信は近所の家の高齢者2人が加害者との設定の下、いつもの得体の知れない送信が続く。

散々な昼食の後は腹ごなしも目的で、隣町の要町までコーヒー豆を買い出しに行ってきた。往復はクロスバイクだが、行きの走行ではノイズとガキが騒がしく、それに連動して触覚被害による走行妨害も相当のものだった。

今日もこんな不気味で不条理な記録が蓄積されている。

24時16分

被害だらけの業務を終え、愛犬の散歩も終え戻ったところだ。被害は毎度のようにひどい。

一貫して書斎でははだか、右脇の下にはインスタントコーヒーの空き瓶挟み、さらに右脚に強烈な触覚被害のやりたい放題である。さらに右肘にもだ。インスタントコーヒーの空き瓶だけでなく大きなクリップ、手鏡のようなものも防御に利用せざるを得ない状況を強要され続けた。

音声送信はここにきて、リアルなオヤジ声とかを増やし、嫌われ口に磨きをかけている。最近の私のブログの内容は、自身でも相当のリアリティが文章にこもっているのを感じる、自然に書けてしまうのだ。しかしそれは加害者どもの被害傾向にリアリティが増しているのに、自然に呼応してしまっているのだ。私が意図的にそうしている訳でないことは、この凶器を乱用している匿名気違いども感づいているはずだ。それも頭でではない。もっともっと身を以てである。「ザマミロ」と言ってやりたい。自然の大きな流れとはそういうものなのだ。自然に謙虚に客観的に尊大にならずにエゴイストにならずに普通に生きていれば、十分そんなことは察知できるのに、バカな凶器を振り回し、カミサマ気分にご満悦の未だに神の声気取りの音声送信二流犯罪者には、暴走している分見境がなくなっているようだ。

ということで、この技術があれば、無敵でいられると思った浅はかさを身を以て存分に知ることになるのはもう目前である。

18時半から夕飯の準備だったが、やはり相当に触覚被害がひどい、ノイズとガキ、他に近所の普通の庶民風の声等が、私が茹でているうどんや、揚げている天ぷらとかにいちいち干渉してきては、この技術の力を試しているかのような細々とした、スキャンともキャッチをそんな声で試し続けている、やられる側のことなど一切お構いなしだ。

さらに食べている最中はもっとひどい。またもや近隣の高齢の主人が加害者との設定、何を信じ込ませようとしても、絶対にムリだと再三に亘って何度も何度も訴えているにも関わらず、また同じことのくり返しである。それ以外に思い付くことが無いのであろう。哀れでもあるが、迷惑以外何ものでもないのだ。

ということでせっかくつくった天盛りうどんも、相当の不快の中で食べなければいけなかった。メチャクチャである。

以降は上記したとおりだ。愛犬の散歩の最中もノイズとガキがうるさくて仕方がない、バカな戯言を飛ばし続け、私と知り合いであるかのような気違いストーカー根性剥き出しである。てめえは私が誰であって、どこに住んでいて、どういう生活をしていて、どんな人柄で、どの程度の知識レベルで、どんな体質で血液型が何型で、どういう仕事をしていて、どんな食生活をしていて、どんな酒が好きで、どんな人たちと知り合いで、要するに何もかも知っているのにも関わらず、こちらからは全部何もかものっぺらぼうに、完全にデータゼロ、さらにこの技術を通して何を話そうにも、何も立証できないという致命的なこの技術の長所が短所になるという、その典型がまるで、見事にエックス線のように俯瞰できてしまうのだ。

一体てめえは何者なのか、それを立証しろと言われてもそれを100%できないのが、また向こうにいるストーカーどもなのだ。それも「ザマミロ」と言ってやりたい。大体こちらのことは顕微鏡的なところまですべて覗きまくり知っていて、こちらからは向こうのことがどんな巨大な虫眼鏡をもってしても何一つとして解らないのである。それで知り合いもへったくれもあるかと言っているのだ。

ということでまた。この技術についてのリアルは真実をここで記してしまった。記そうとして記した訳ではないことは、匿名気違いどもも、身を以て解っている。これが自然の成りゆきというものなのだ。バカに刃物を持たすとどういうことになるのかについては我々が毎日心身で、現実に引き受けているではないか。

それと今日の夕方の時点で、この「バッカス&ミューズ」450000アクセスを越えた。それにしてもここ数ヶ月のアクセスと訪問者数の増え方には私も正直驚いている。

出だしの頃は身内の被害者だけが訪問者で、アクセスが30にもなれば驚いていたような、そんな純ローカルなブログだったのである。それが今では本当に凄い。どこまで増え続けるのか、少々不安でもある。

« テクノロジー犯罪に遭遇して1894 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1896 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

ハープ知らない人はウィキペディアで見てああいう施設(地上)から衛星経由で電波を飛ばしてると考えてくれ。
中は病院のような施設らしいぞ。
衛星は位置測定のレーダーの役割り程度で(地上)から電波を飛ばしてる。

ペクチョンどけよ

カゲさんも殺したかったんですかね 脱会する前は

いまだに 悪意にみちてるのは 相当 死ね祈祷したと思いますが 死んでない結果自体 信心しても無駄ということです

邪念のないところから題目あげれば 効果があるということですが 本尊自体 人の血で塗られてるので 効果はない

幸福になるために入信して結果強制的に犯罪者になる図式は まともじゃない

あははさんは擁護してくれた方にも嫌がらせしまくってたんですね 軽いのりで 陰湿なかたですね

CAGEは今でも聖教新聞を購読しています

反論解説は的確だと思いますが

ようペクチョン
最近はすり寄りスキルを身につけたな
死ねよペクチョン

すりよっていない でも 大会とか死ね祈願 教祖がしてたのか

硫化水素 被せるのか

嫌がらせしまくってたんですね

清水由貴子さんはビニール被せたのか

だから 信心しても 死なないからってお願いしないで

ペクチョンてなんですか

ペクチョン裏目裏目で笑えるなww

清水由貴子さんは祈願しても死なないから実力行使したのか

嫌がらせの実行部隊 今まで 気付かなかった だから コメントやブログも引け目もあったししなかったがこんなに他に被害者がいるとは思わなかった

ペクチョン 意味 分かった

カゲさんも元ブレインかな 関西空港の

女性の人達は軍事兵器なんか検索しないだろうから理解に時間がかかるだろうな。

オチチョン 意味 分かった

個人的には創価と言うよりサイエンコロジー系のセクトだと考えている。
人間をマインドコントロールしてロボットに近付けるって思想がカルト視されていると思うんだが。
朝鮮民族の乗っ取りとかネトウヨのガセ情報で関係ないと思う。

在日デモ参加しましたけど ものすごい 抵抗でした

あはは、何にもしてないのになんだかなw
”この世界”への深い理解はここの人にはまだ”早すぎるお話?”wみたいですね。内山さんもまだよく解っていないんだろうなと感じます。
科学であるならば”証明”しなければいけないと思いますよ。ノーベル賞取ったあの人みたいに。

何にもしてないから平気なんですよw あはは

解説


因みに、いつもキチガイによる「あはは連呼」も、加害者による計算された「仄めかし」だからな?

何故なら、
コチラへの音声送信被害には、時々、完全に行為の真っ最中の喘ぎ声なのだが、
「あはは、あはは、あはは、」とまるで笑うように喘いでいる、言っちゃ悪いが珍しい変態女の喘ぎ声が聴こえてくるからだ。
これは恐らく、愚かにも過去に加害者と接触のあった経験を持つどこかの女性被害者の喘ぎ声で、これを集スト加害者が盗聴録音しており、
それを馬鹿みたいにコチラへの音声送信に使っている‥‥
という類の、稚拙な嫌がらせだろうな。

何故、そんな喘ぎ声をコチラに送信しているのか?にも恐らく理由はあるのだろうが、

少なくとも、その盗聴した音声をコチラに送信すると同時に、
コチラがよく見るバッカスのコメント欄にわざわざ出現して、その盗聴音声の変わった特徴「あはは」を何度も何度も連呼しているのだから、
これは完全に「仄めかし」である。
要するにこの人間のクズは、被害者だけに分かる様なやり方で、自らが加害者であることを暗に誇示しているというわけだ!

そしてこれは、コチラへの仄めかしであると同時に、音声送信の中で「あはは」と喘く声を盗聴された別の女性被害者に対する「仄めかし」でもあるわけで、つまり同時に2人の被害者に仄めかしを行っているのだ。

まさに、この狡猾さが加害者のやり方。

「あはは」は、完全に加害者サイドの奴だぞ。
尤も被害者であれば、コメントの気持ち悪さだけで直感的に分かるとは思うがな。

あはは は朝鮮人だろ

土屋?青柳?それともペクチョンか?

>「バッカス&ミューズ」450000アクセスを越えた。どこまで増え続けるのか、少々不安でもある。

ただの見世物小屋モドキ

一生真実を知ることなく妄想の中で喚き苦しむんだね

>一生真実を知ることなく妄想の中で喚き苦しむんだね

首相官邸よ、これが戦後レジームの現実!

どう見ても、コイツ等たたき出さないとダメだろ

在日ペクチョン谷洋一郎がやかましいな
 
>ただの見世物小屋モドキ
>一生真実を知ることなく妄想の中で喚き苦しむんだね
 
というペクチョンこそがミセモノゴヤになってることがまだ分からない、分かってても止められない病気か
 
ペクチョン谷洋一郎の日本での功績は除鮮トリガーになったことだけだな
 
本国でどう扱われるかww

〜キリストの父はcoffeeが嫌い〜

クリスマス
日本の父(安倍)統一教会


公明党は北朝鮮宗教
日本(ニッポン)は酷い
集団ストーカーは創価学会


岩手の小沢氏は在日モンスター
布施AKIRAとの企画
Re:布施AKIRA市長
(全額負担+α)お見逃しなく!!


ウェルカム!佐沼高等学校
人類滅亡 電磁波 族
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=244tuyo3&guid=ON


筑波大学
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/548987/533579


話は大石敦巳
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/699146/584151


自衛隊の犯罪を斬る
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=patentcom


中学生の逆襲
稲中
前野「神はサタンだ」


http://m.youtube.com/watch?v=CXITZlEl6jA&fulldescription=1&hl=ja&gl=JP&client=mv-google&guid=


エアー盗聴器ーAIR



科学警察研究所〜思考盗聴について野口博士に聞く
http://m.youtube.com/watch?v=ICzDCQICeYw
警視庁の完全負担(額)


テレパシーVS仮面ライダー

エヴァVS大友AKIRA



サタン合宿中

思考盗聴器
装置 トラの尾をつかんだら絶対に放すな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して1895:

« テクノロジー犯罪に遭遇して1894 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1896 »