« テクノロジー犯罪に遭遇して1903 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1905 »

2013年5月 2日 (木)

テクノロジー犯罪に遭遇して1904

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という51才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

5月2日(木)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)★ ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、肝臓と胃へ操作) 資源の無駄遣い★

10時44分

昨晩は寒かったせいもあるし、ほとんどはだかで生活しているせいもあり、入浴はしなかった。水とガスの節約にもなる。下着だけ取り替えすぐに自由時間にしたが、触覚被害と下らない音声送信は継続。書斎でYou Tube等を鑑賞しながら晩酌をして、被害があろうがなかろうが、人間らしい時間を過ごさない訳にはいかないし、被害ごときにそれを無くされるのはもっと癪に触る。ということで最後はうたた寝てしまったが、2時半まで書斎で自由にし、それから洗面を済ませ寝室へ。2時40分には就寝。

6時過ぎに覚醒の強要。連続睡眠時間は3時間と20分ほどだけである。メチャクチャだ。まずはいつもの老人声が残念そうな口調で、「内山君は特に多数の者に同化させられていて、それで触覚被害がひどい。同化する者によって触覚被害の発生する部位が異なる。でも至る所に発生するということは、それだけ同じ時間に同化しているのがいて、1人ではない何人かが一気に内山君と脳を通して同化しているので、相当の不快になる。でもやっている側は本当に凄い体験ができていて、一度やってしまうと、やみつきになってしまい、そういうのが沢山いて、周囲の者たちも心配している云々」大体こんな内容の送信だが、これもよくある内容だし、私はあり得ることだと思っている。脳を通して遠隔技術で他人とどこまで同化できるのかの技術がまだ産声をあげていなくとも、開発が始まっているという考えをもつのは突飛であろうか? 現在の遠隔技術の進歩・進化状態から、五感を遠隔技術で送信しようとする動きがあって何らおかしなことではないだろうか。その生身の実験材料が私たち被害者である。向こうにしてみれば被験者かもしれないが、こっちからは立派な被害者である。そしてその無断行為は立派な犯罪である。

今度は軽薄そうな中年女の声、被害初期の頃は「竹」のニクネームで味方側にいた女性の声だが、今では災いを振りまく女声の代表となっている。それが「きっとすぐに大金が入ります、でも脳にすでに腫瘍ができていて、その手術にその大金は飛んでいってしまいます」等とやっていた。

以降は音声送信は止まらなくなり、8時10分の起床まで昨日と同様、ベッドの中で目を閉じ、休んでいるだけの時間となってしまう。

ノイズとガキもうるさくなり始め、じょじょに触覚被害もひどくなっていく。

7時になっても寝付けない。触覚被害は胸や大腿にひどい。ガキがどうでもいい口ぶりで(仮名)サイトーの会社から仕事が出てきて大金が入る等と反復している。

さらに声は増え、大人数になってくる。抑制が効かなくなってくるのだ。ペンギンのように最初の一匹が飛び込むまでは大丈夫なのだが、1匹が飛び込むとあとはそれに続けで次々と拡大していく。

あとは「金」「女」「解放」のデマと無駄な加害者特定、見下し、中傷、雑言である。いちいちメモするまでもない。誰かが謝りに行くだの、近隣の誰々と住人だった誰々とがやっていて、仕切っているのが東京都ときた。

眠いし、疲れも取れていない、しかしもう実質睡眠は完全に無理である。8時10分に事実上睡眠を放棄。ベッドから引きずり出された感じだ。

仕方なくすぐに雑事を片付けていく。音声送信は詫びの送信が主。要するにこの技術を乱用するのを止めれなくなった意志薄弱な者たちが、恥ずかしそうに済まないと謝罪をしてきたり、この期に及んで「頑張れ、耐えてくれ」等送信してくるのがいたりといった感じ。しかしじょじょに静まりだす。午前は落ちついていることが多い。「サー」というノイズとガキは別である。

触覚被害はダメ。いつもと同様だ。着服が辛い。肝心な方は何も変化していない。音声送信は昨日「明日からはほとんど普通に生活ができる」等と豪語していたが、完全にウソであることをまざまざと思い知らされている。

書斎でははだか、今朝は寒い。鳥肌が立っている。それでも仕事は進行していく。現在大きな仕事が4本同時進行していて、そのうちの1本を入校した。その作業を終えてからこれを記している。

今日も事実上書斎に缶詰だが、買い出しの必要なものもあって隙を見つけ行っていくるつもりだ。

24時28分

今日も被害は相当のひどさ、卑劣さ、低劣さを極めた。悪夢の中の業務進行だった。音声送信はいつもと一緒である。泣き言、愚痴、不平不満、戯言、デマ、脅迫、中傷、認知症、そんなのがズラズラとダラダラと続いていただけだ。ギャグのセンスも皆無、誠実さも皆無、もちろん固有名詞も皆無。それでいながら技術の力があるからこそ好き勝手できる、ただの時代の世の中のヒモ、チンピラ、技術があるからしか、自分を立証できないただのクズ、そんなのに付きまとわれ続け、その中で苦しみ、屈辱に耐えての業務進行だった。

それでも二つのささやかな救いもある。大切に栽培しているバラ等の木々が盛りを迎え、爛漫に開花してくれていること、飼い鳥のインコのヒナが育ち、私が親鳥に変り餌やりを引き受けていて、多忙の合間に癒されること、その二つの救いが本当にオアシスのようだ。

こんな犯罪に巻き込まれていなければ、恐らく今頃は中高生くらいの息子娘を養うためにあくせく働いていただろうし、素直に下積みをしてきた分、素直に仕事に生き甲斐や充実感を感じながら、伴侶と二人三脚で一生懸命生きていただろう。何故そんなことを言えるのかと言えば、周囲の仲間全員がそうだからだ。

それを考えた際にはらわたが煮えくり返り、一生をかけてでも、この犯罪の広報や認知に自分のポジションかか情熱を注いでも自然なことだろう。私の人生はこの固有名詞の無い気違いのせいでメチャクチャだということだ。

その事実については今月下旬に発行される被害報告集第2巻に半永久的にこの世に残るように、リアルの克明に一被害者として読み物として残させていただいた。こういう醜悪最悪の犯罪をバラまき続けている気違いが実在していることさえ伝われば現時点では満足である。

ということで今日も昼夜の食事の時間は完全にメチャクチャである。その際に反応させられた静電気刺激は拷問に値するものだったし、特に昼食後に中野のホームセンターでペットの食べ物と私の晩酌用のお酒を買って帰った後の胸への触覚被害たるや、完全に拷問レベルだった。凄まじいノイズとガキの声が有頂天になり、私をコケにし続けていた。

書斎では即座にはだか、絶対に着衣は不可能である。この状態で服が着れる者がいたら、賞金を出してやりたい。そのくらいに匿名気違いどもの攻撃は相当のものだ。とにかく私に仕事がくるのが気に食わないのか、ノイズとガキはいつもいい気になり、嫌がらのやりたい放題である。

夕飯も肉うどんをつくったが食べ進むに連れて触覚被害がどんどんエスカレートしていき、そしてある時点から切れるかのようにエスカレートする。そして着衣が拷問状態になるのだ。世界のどこにここまで苦しみながらせっかく調理した食べ物を食べている人間が存在するか。再三に亘って記し続けているが、刑務所の死刑囚ですら食事は普通に食べれていることは間違いない。何故真面目に生きている私が6年7ヶ月に亘り自炊での食事の時間をメチャクチャにされ続けなければならないのか。

気違いの上塗りの雑菌如きの時代のヒモどもにある。固有名詞の無い寄生虫でもいい。

ということで夜半もチンピラ声があちこちから聞こえ、私の思考や行動にいちいち干渉してきては、バカな不平や不満や文句を付け続け、不快なことこの上ない。

触覚被害で着衣は完全に夢だ。夢の夢である。そのくせ音声送信は亡父の知り合いから500万の金が入るだの、講談社との関係は死を招くだの、大学からも仕事がくるだの、そんなデマも飛ばされ続けた。右脇の下には延々とインスタントコーヒーの空き瓶が挟まれ続け、右脇の下の皮膚がヒリヒリと痛くなってくる、それさえ我慢しながら心から愛している生業を片づけ続けた。合間にバラを眺めたり、ヒナに給餌できる時間があって本当に良かったと思う。

散歩もメチャクチャである。ここではノイズとガキがひたすら騒ぎまくり、愛犬が立ち止まろうものなら背後からおぞましい触覚被害が途端に始まりだす。いい加減後半は愛犬に叱りつけてしまい、さらに1日の怒りが噴出し、路上に唾をはきかけてしまった。

それを見た愛犬は萎縮し真っすぐ家に向って歩き出し、散歩が終わってしまった。そんなことを喜ぶかのようにノイズガキは騒ぎ続けていた。

明日は世間は祭日らしい。私が恐らく今回のGWは1日も休めないと思う。ここまで仕事が詰まったのも珍しい。

« テクノロジー犯罪に遭遇して1903 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1905 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

加害者たちは脳の前頭部に闇組織洗脳のため損傷してしまい 命令系統でなく各自身が同化を求めている可能性もあると思います

攻撃について、電磁波と電流、電圧を操作しているが、何よりも、不自然な程に密度の高い電磁波だと思われる(レーザーまではいかないが、日常で散々しているレベルとはケタが違う。)
この密度の高い値を照射されつづけているのだろう。
最近では、電磁界を可視化できる方法が開発されてきてるようです。(電磁カメラなど)
このカメラで、この攻撃の様子を記録できないだろうか

足繁く通うペクチョン

脳に何も埋まっていないのなら、反応しないのでは。簡単に被害者にはならないので、大丈夫だと思います。

投稿: | 2013年5月 2日 (木) 22時04分

思考盗聴ご苦労様です。

薩長田布施ペクチョン部落出身の谷洋一郎(偽名)はここに来るな

「谷洋一郎」は実在しない人間のようだな

広島市安佐南区で調べてみたが、そんな人間は存在していなかった

だから言ってるだろ これは加害者どもの使う「隠語」だと

>「谷洋一郎」は実在しない人間のようだな
 
じゃ薩長田布施ペクチョン部落でOK
 
まあ40過ぎの既婚童貞インポの中卒在日ペクチョン谷洋一郎はいるんだが、谷洋一郎個人の問題でもあり薩長田布施ペクチョン部落問題でもある
 
>広島市安佐南区で調べてみたが、そんな人間は存在していなかった
 
ウソを食わさずには居られないのがペクチョンの規格だな
 
>だから言ってるだろ これは加害者どもの使う「隠語」だと
 
いつ言ったんだペクチョン

>
何故真面目に生きている私が6年7ヶ月に亘り自炊での食事の時間をメチャクチャにされ続けなければならないのか。

こいつらにとっての”ブッテキ”だから。

もっと言うとあなたが”弱い”から。
”負けている”から。 あなたは”この世界”では普通の人って事。

普通じゃないことに 価値を置かない事態 終わってる

資本主義の鉄則ですが 他人に強いるものではないですよね

”強いる”とは?w

”科学”であるのならば”証明”しなさいよw?
あ?

薩長田布施ペクチョン部落問題だろうな谷洋一郎

〜キリストの父はcoffeeが嫌い〜

クリスマス
日本の父(安倍)統一教会


公明党は北朝鮮宗教
日本(ニッポン)は酷い
集団ストーカーは創価学会


岩手の小沢氏は在日モンスター
布施AKIRAとの企画
Re:布施AKIRA市長
(全額負担+α)お見逃しなく!!


ウェルカム!佐沼高等学校
人類滅亡 電磁波 族
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=244tuyo3&guid=ON


筑波大学
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/548987/533579


話は大石敦巳
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/699146/584151


自衛隊の犯罪を斬る
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=patentcom


中学生の逆襲
稲中
前野「神はサタンだ」


http://m.youtube.com/watch?v=CXITZlEl6jA&fulldescription=1&hl=ja&gl=JP&client=mv-google&guid=


エアー盗聴器ーAIR



科学警察研究所〜思考盗聴について野口博士に聞く
http://m.youtube.com/watch?v=ICzDCQICeYw
警視庁の完全負担(額)


テレパシーVS仮面ライダー

エヴァVS大友AKIRA



サタン合宿中

思考盗聴器
装置 トラの尾をつかんだら絶対に放すな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して1904:

« テクノロジー犯罪に遭遇して1903 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1905 »