« テクノロジー犯罪に遭遇して1905 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1907 »

2013年5月 4日 (土)

テクノロジー犯罪に遭遇して1906

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という51才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

5月4日(土)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)★ ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、肝臓と胃へ操作) 資源の無駄遣い★

10時25分

昨晩はあれから自由時間だったが、私の晩酌とささやかな楽しみがそれであるということを、この技術を通してキャッチし天狗になっている気違い恥さらしどもが、「酒を止めろ! この家では酒を飲んではいけないのだ」とか、「酒を止めたら、いじめないであげる」とか「全部、その晩酌に理由がある」等の気違い送信にこの技術を乱用してきた。一体核に匹敵する統轄技術を何だと思っているのか! とにかく命にかけて、この技術の有無と乱用・悪用については印刷物を次々に制作し、残し、さらにネットでもブログ、You Tubeに記録を蓄積し続けていく。世界の被害者同志が繋がり始めている、とっくの昔に私たちが統合失調症等ではなく、そういう技術の実験材料にされていることは先端・先進に在る者、さらに権力の上層に在る者が気付いていることが、ありとあらゆる部分に見え隠れしているというのに、まだ牧歌的な空気の中で好き勝手にやっているのがいて、微笑ましいほどだ。オレオレ詐欺にしても下っ端の兵隊はいつでも切り捨てられ、首はほかにいくらでもいる。結局はそういうありふれた事実の上の形成されているのがこのテクノロジー犯罪である。これはすでに2008年12月に発行された私の著書にも記されていることだ、でなければ幾重ものカモフラージュを施し、どこそこの研究機関か何かが無断で無作為にやっているのかのどちらかしか有り得ないのである。

結局うたた寝てしまう。当然だ。3時過ぎにうつらうつらから覚め、慌てて戸締まり消灯。そして3時半に就寝。一瞬にして寝付く。

一度7時代に覚醒。自然なのか犯罪なのかの識別が難しい。すぐに寝付く。

8時55分に覚醒、自然覚醒のように思える。しかし断定できない。この犯罪に巻き込まれ人生を毎日破壊され続けていると、そちらの方が自然になってしまい、破壊されているのが当たり前になってしまう。だからおかしなことになるし、なまじっかこの技術の存在を心身で知っているだけに、何が起きても、自然なのか犯罪なのかを推測しなければいけない面倒が延々と付きまとうのだ。とてつもない迷惑の洪水の中に被害者は拉致されるのである。

とりあえずはもう起床しなければいけない時間である。当然身体は重い。眼も疲労している。音声送信はすぐに始まり出す。最近では「金」「女」「解放」に加えて「加害者も被害者」デマ送信も頻繁である。さすがにどんな呑気な羊にも一応な警戒心があるのだろう。自己弁護のことも考え始めているようだが、相手が何者であるのか不明であり、さらにそんなことに全く興味も関心もない者に何故、てめえたちが一体誰なのかを証明しようとするのか。これはもうこの技術を乱用できることをてめえが体感し、その凄みや快楽を味わいたいだけのさもしい「獣(けだもの)」根性に他ならない。ここには人間としての知性や品性の微塵もないのだ。だからオナニーモンキー扱いされるのである。そのジャンキーともオナニーモンキーとも取れるのが日本では日本語、中国では中国語、アメリカやイギリスやオーストラリアでは英語、ドイツではドイツ語、フランスではフランス語を使い、てめえのペニスを毎日毎日、24時間しごき続けていると思ってよい、女なら股ぐらに相応のことをしているのであろう。よだれを垂らしているのもてめえでは見えないらしい。何故なら鏡でもない限りてめえの姿は確認しないで済む。こういう獣が「匿名気違い」という固有名詞を持った、21世紀にこれから世界で猛威をふるうテロリスト共なのである。

あえて愚かな声を登場させてはゆったりとした口ぶりで「お酒(ちゃけ)を飲むのがいけないんだ~、お酒を止めれば何も起こらないのに~」等と送信してきたり、後はまとも口ぶりの男同士が私の家に謝罪に行くかどうか等を話し合っている、これもデマ送信の典型的なもので、結構昔からやられている。あとはノイズとガキの雑言である。

9時5分に起床。すぐに尻や下半身へ触覚被害が始まり出す。音声送信は声が穏やかになり、近隣の多くが集団でやっていて、ほとんどが止めているのに、数名ダメなのがいて、まさに中毒になっていて止めない。こちらも困っている、ほとんどが済まないと思っていて、本当に謝りに行きたい、でも恐ろしい。という感じの送信が続く。

触覚被害はいつもとほぼ同様。そして今日もはだかで右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、さらに右脚への相当にひどい触覚被害に耐えてこれを記している。

今日も陶芸家の友人から夜、共通の知り合いの画家の方の個展へと誘われたのだが、仕事が立て込んでいて無理とのメールを出したばかりである。というくらい、午後から深夜にかけて今日も書斎で制作作業である。

とりあえずは昼くらいは外食をしてくるつもりである。

2時21分

細かいことは記さない。本日もひたすら業務である。とりあえずは今終業とした。在宅で仕事を開始して以来の多忙さである。

被害は相当のものだったとしておく。例によって夜がひどい。今もバカなガキ声が何やら嘆きながらほざいている。こんなクズが死のうが生きようが重罪人のことなど知ったことではない。

もちろん一貫してはだか、右脇の下にはインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、今日は右脚への触覚被害が特にひどい。ズボンをはいていることが本当に辛い。この匿名気違いどもの執拗さと気違いぶりがいかなものかを詳細に記したいが、明日もびっちりと片付けなければいけない仕事が山とあり、少しでも睡眠を取りたい。だからブログもほどほどにしておきたい。

とにかく技術が無ければただのクズという気違いを、一日でも早く地球外に追放すべきであろうし、こいつらただの人間だけでなく環境や自然にとっても迷惑でしかない、核廃棄物以下のゴミ、あるいは21世紀に湧き出るべくして湧き出た雑菌である。エイズや他の新たな病や災いが必然の並に乗って登場するように、犯罪も同様なのである。

夜の食事もメチャクチャ、はだかにならなければ食べれないほどの静電気刺激である。特に夜は音声送信、触覚被害共に、柄が悪く、程度も低い、そんなのが男女の声でダラダラをクズ送信を飛ばし続けながらひたすら右脚に触覚被害を集中させてきた。よく今日も頑張ったものだ。ここまで運の悪い境遇に拉致されても正気を失わずに頑張っている自分を褒めてやりたい。

« テクノロジー犯罪に遭遇して1905 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1907 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

内山さんは気丈な方ですね

ペクチョンさいなら

内山さんの妄想力は相当パワフル

何者かによって電波が送られてきていると考える根拠は?

今日もバリバリマインドレイプ集団ストーカーしといてまた被害者第三者ヅラする薩長田布施在日ペクチョン

鹿鳴かすな冷蔵庫鳴らすなマインドレイプするな集団ストーカーするな死ね在日ペクチョン谷洋一郎

この方はある程度上位の方だとは想いますけど
やはり、ひどい被害者ですね。

在日ペクチョンどけよ

〜キリストの父はcoffeeが嫌い〜

クリスマス
日本の父(安倍)統一教会


公明党は北朝鮮宗教
日本(ニッポン)は酷い
集団ストーカーは創価学会


岩手の小沢氏は在日モンスター
布施AKIRAとの企画
Re:布施AKIRA市長
(全額負担+α)お見逃しなく!!


ウェルカム!佐沼高等学校
人類滅亡 電磁波 族
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=244tuyo3&guid=ON


筑波大学
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/548987/533579


話は大石敦巳
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/699146/584151


自衛隊の犯罪を斬る
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=patentcom


中学生の逆襲
稲中
前野「神はサタンだ」


http://m.youtube.com/watch?v=CXITZlEl6jA&fulldescription=1&hl=ja&gl=JP&client=mv-google&guid=


エアー盗聴器ーAIR



科学警察研究所〜思考盗聴について野口博士に聞く
http://m.youtube.com/watch?v=ICzDCQICeYw
警視庁の完全負担(額)


テレパシーVS仮面ライダー

エヴァVS大友AKIRA



サタン合宿中

思考盗聴器
装置 トラの尾をつかんだら絶対に放すな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して1906:

« テクノロジー犯罪に遭遇して1905 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1907 »