« テクノロジー犯罪に遭遇して1912 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1914 »

2013年5月11日 (土)

テクノロジー犯罪に遭遇して1913

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という51才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

5月11日(土)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ★ 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、肝臓と胃へ操作)

11時34分

昨晩はあれから連休返上だったということもあって、さらに仕事にも隙間ができてくれているので、そのまま晩酌付きの夕飯とした。DVDで映画を鑑賞しながら過ごす。雨のため愛犬の散歩は中止になった。

被害はやはりどうしてもくる。鶏の唐揚げやポテトフライ、庭のハーブやキャベツでサラダを作り、パンとかも出しいただいたが、飲み食べの最中には触覚被害が主に上半身にひどい。しかし昨晩に関しては過激なほどのエスカレートはなかった。

もう一つの被害である睡魔からは逃れようがない。映画鑑賞の間は大丈夫だったが、それを終え、ネット鑑賞でも楽しもうと思い、パソコンの前に座ると眠気が襲ってくる。結局ネット鑑賞どころか、睡眠時間になってしまい、うたた寝である。気付くとと2時を回っている。慌てて入浴。すると尻へ結構ひどい触覚被害。それに耐える。それからベッドで少しコミックを読み、3時に就寝。

ところが5時55分。昨日と全く同じ時間に覚醒の強要である。連続睡眠時間は2時間55分。本気で私の身体を壊したいらしい。表向きはふざけた、深刻さのないキャラクターの声ばかり聞かせ、口先だけ、純粋に口先(だけ)の謝罪声だけはいっぱしに飛ばし続け、肝心な攻撃だけは絶対に止めないのがこの犯罪である。それを今日もやられた。寝ている最中は無意識である。完全な無防備なのだ。赤子同然の者を攻撃し、生きていくのに大切な睡眠を断ち切るのである。これを2009年の秋から、まずほとんど毎日やられ続けている。1ヶ月に2~3日は5~6時間の連続睡眠時間が取れている程度だ。相手がいかに「けだもの」あるかが解るだろう。眠っている者は完全に無防備なのだ。そこに狙いをつけ何年にも亘り時間をかけ、被害者の人生と心身を破壊するのも目的なのであろう。

そして今朝も不動産関連の犯罪送信もあった。「ここを立ち退けば止めてやる」というやつだ、再三に亘って記すが、これを信じ膨大な損害を被った被害者がどれだけいると思っているのか、すぐに発行される被害報告集第2巻にも都内の自宅を売却し、マンションに移り住んでさらに被害をエスカレートさせられてた女性被害者の生々しい記録も、きちんとした書籍という印刷物で残されているのだ。いかにこの技術の向こうにいるのが気違い。異常者、偏執狂であるのかが、ありありと解らないであろうか。2009年の11月以降、2013年の5月まで、延々と付きまとい赤子同然の無意識状態にある私という被害者の絶対的弱点を突き続けているのが、私の加害者、即ち匿名気違いどもだ。要するに完全犯罪をこの技術を通し実行しようと躍起になっているのだ。

そして音声送信は次々と始まり出す。昨日と一緒だ。白々しく「謝りに行く、近所の誰々より」「謝りに行く、下宿の住人たちより」「謝りに行く、元住人だった女たちより」「謝りに行く、内山君と交際したいけど、それが無理な女たちより」「謝りに行く、亡父の知り合いだち」「謝りに行く、実は親族の者たち」等の中傷誹謗送信を送られ続ける、小用から戻ると、小用を我慢しなくなった快適を得れたという理由で触覚被害に晒される。メチャクチャである。

そして気違い上塗り送信は続く。退室した中国の女性のSが加害者の中心に居るとの送信。それから古くからの住人Pと交際し結婚をする。(仮名)サイトーと交際する、サイトーの会社から仕事が本当に来る、近隣のS家の奥方も加害者だ、幼なじみのKが首謀者だ。これらを延々と思い付くままに送信され続ける。

以降は睡眠はぶつ切り状態にされる。昨日に比べれば寝れている時間もあるが、そうなるとすぐに断ち切られる。それのくり返しである。一種の拷問だ。脳や心にどれだけの悪影響があろう。

さらにこの犯罪に利用されているまだ未知の特殊な電磁波がいかなる影響を、人の身体に及ぼすのかを、開発した悪魔どもはまだ絶対に解っていない。我々が生身のサンプルなのである。無断で無作為に何の罪もない庶民の身体の長期利用し、絶対にこの悪魔どもは無断でデータを吸い上げ続けている。

少なくとも確実に言えることは我々被害者(悲劇の被験者)は身体に絶対に良いことはされていない。過剰な電気を身体に流され続けている。生きていく上で必要なレベルの倍は、外部から人工のシンクロ可能な電磁波を飛ばされ、過剰に細胞、遺伝子を働かされ、本来の寿命を短縮されている。それが現在の体験者としての結論だ。こういう素人の推測にいっぱしに玄人面をした開発者だか専門家は「絶対にそんなことはない」等と断言するのだろうか。学者・研究者が断言? それこそ異常である。自然科学の世界には断言できる事象など何一つない。おごり高ぶった態度だけは断じて取るべきではない。

何度も記すがこの新しい統轄技術の先行犠牲者が我々なのである。送信側はまだいい。状況を全ては把握しているからだ。しかし受け手は何も知らないし知らされていない。飛んでくるのはただのデマだけである。

インチキ謝罪、インチキ報告云々云々。それが延々と2006年10月から蓄積されている「だけ」なのが現実なのだ。

ということでその寝たり覚醒したりを強要されて、最後に覚醒を強要されたのが10時前、すぐに起床。

それと同時に下半身へ触覚被害がすぐに始まり出す。好き勝手に私の下半身に幾本かの手が這い回るかのような感触である。音声送信は相変わらず愚かで下らないそういうキャラクターとそれを制する男女の声。そして「サー」というノイズとガキの声である。

以降はほとんどいつもとおり。着衣が辛い状況が続く。近所の店に牛乳を買いに出て、200円足らずのお金を使った事実に付け込み。胸を揉むような触覚被害を強要されたり、そしてその不快の中で雑事を片づけ、そして、書斎でこのブログ記入である。当然はだか、右脇の下にはインスタントコーヒーの空き瓶、そして右脚に触覚被害である。それに耐えての被害者としての1日の始まりである。

20時46分

被害はひどい。しかしひどさの質が違う。まず尻へほとんど終日触覚被害。立てば確実である。近所に買い物に出てもこの尻への触覚被害が切れない。さらに今日は腎臓に昼から延々と痛みである。これは以前にもあった被害で、自分がこの技術に晒されているという自覚がなければ、誤解し病院に行ってしまうに違いないほどのはっきりとした痛みを発生させる。身体を動かすとその瞬間に腎臓にズキッとした痛みが走るのである。まるで急性腎炎にでもかかったかのようだ。これと同じ痛みを肝臓にも胃にも、他の臓器にも可能だし、水を飲んでから走ると腹部にズキッとした痛みが走ることがあるが、あんな痛みを発生させることも十八番だと言っておく。

音声送信はやはり終日の付きまとい。しかし音量は小さい。まるでそれに引き換え腎臓の痛みを強要されているかのようだ。断片的に聞かされる音声送信の内容はやはり立ち退き送信、「もうここを出て行ってもらうの諦めたよ、だってどうやったってアンタだってあと20~30年の寿命だろ、子供いないし、待っていることにするよ」。こんな内容のもの。(仮名)サイトーさんと交際する。サイトーさんから仕事がくる。加害者は住人、なんでこんなことをされるのかと言えば…云々云々。

夕飯は肉野菜炒めとみそ汁を作った。調理中にも尻に触覚被害。食べている最中は上半身。しかし今日は無軌道なほどではなかった。

そしてしばらくギターをいじり、書斎でこれを記している。やはりはだか。右脚への不快な触覚被害に耐えている。

« テクノロジー犯罪に遭遇して1912 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1914 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

立ち退きをピケを張らして 地上げ屋がやりますが その道のプロも加害に参加しています

以前、この板で「被害者の外見が若すぎるのが問題だ」などとほざいていた加害者側っぽい奴がいただろ。
どうやら本当に、頭のおかしい老いたブサイクどもが被害者の見た目の若さに嫉妬して、ターゲットを意図的に老化させるための攻撃として、電磁波攻撃を仕掛けているようだな。
実際に、電磁波攻撃で不自然に老化させられた被害者多くね?

これは、漏れ伝わってきた加害者どもの音声送信の日常会話で確信した。
加害者が意図的に語りかけてくるタイプの音声送信ならまったくのデタラメだろう。
だが、時々スイッチを切り忘れることがあるのか、無防備な日常会話や、あるいは誰かの盗聴音声を聞かされているようなタイプの音を聞かされることがある。
これは、加害者側の手の者が一枚かんでいる内ゲバの類である可能性も高いとは思うが、
このタイプの音声送信であれば、一応は、聞き耳をたてる価値はあるな。
下手すりゃ個人や団体の固有名詞がバンバン飛び交っているので参考になる。

この技術を使えば、テレパシーが可能になるようだな。

音声送信による操作でペニスは爆発寸前である。
色仕掛けで惑わしてくるとは卑怯千万。
透明な涙を流し続ける陰茎が哀れで悔しい。
美少年達よ、我が陰茎に群がれ!
届け俺の愛、立ち上がれ!ムキムキせよ!

テク犯の正式名称はブレインマシンインターフェースを使った電磁波マインドコントロールテクノロジーである

カゲさんは御稚児趣味なんですか

陰茎ピックン
肛門ヒクヒク
もうやめて

被害者は全く非がない人でないと世間は納得しませんよね

り1111白サイ
テメーまだまだやる気よな在日白丁谷洋一郎

>被害者は全く非がない人でないと世間は納得しませんよね
 
非を捏造してきたのがテメーな在日白丁谷洋一郎

書き込みにまでストーキングする在日白丁谷洋一郎

我慢できなかった陰茎殿は、
白濁の血液を吐いてぐったりしておられる。
バカヤロー達め!満足したか!
同性愛の何が悪いのか。
今夜の俺は大バカミューズよ。哀れな子羊。

ホモを馬鹿にするつもりはないがホモの被害者は珍しいな

確かに 加害者の朝鮮系工作員にホモが多いという話ならよく聞くけどな

まだまだやる気の在日白丁谷洋一郎

>真言亡国
 
来るなペクチョン谷洋一郎
テメーマジ死ね

学会員は狂信的になると精神崩壊していくらしいが 普通 加害者側は不幸にはならないはずですが

他宗教を認めない 池田一信教 はつまり 他の価値観を認めないということに繋がります マトリックスの同じ顔の奴隷と同じです

だから 被災地の犠牲者は池田教を信心しなかったから仏罰だということに

マスクをしてイヤホンで幹部の指示待ち 黒装束 重なりませんか 被災地でもそうでしたが

集団ストーカーへの傾倒はどこからユダに仕掛けられたのですか

戦争の日本政府が国家賠償してきても ドイツみたいに対応出来ないのは 在日の政治家が本筋が見えないからだと思いますが
一般市民にその怒りをぶつけてもなにも変わらないと思いますが

エメラルドグリーンのシャツ着て口で行為に及んでた女いる?多分その時の相手に盗撮されてたぞ。

確かにC氏の言う通り、ブログ主がこのコメント欄からC氏を排除しない事はC氏に好意を抱き相思相愛的な関係であるともとれる。
ホモキチガイ異常者を黙認し続けるブログ主には不信感があったが、ブログ主にもそっちの気があると言うC氏の意見がにわかに信憑性を帯びて来ている。

学会の加害行為によりC氏が通常一般とは異なる同性愛に目覚め、
学会の差し金だと気付き発狂し、
ブログ主への好意と学会への敵意により卑猥な言葉などをコメント欄に連発するのには同情の念はあるが、
他のコメント送信者に対し昔レイプされたとされる谷何某氏だと錯覚し、
難癖をつけて来るのは甚だ迷惑行為である。
ブログ主はC氏に好意を寄せていない若しくは遊びのつもりならば、
C氏を排除すべきである。

40過ぎのバツイチ童貞インポ中卒在日ペクチョン谷洋一郎は失せろ

〜キリストの父はcoffeeが嫌い〜

クリスマス
日本の父(安倍)統一教会


公明党は北朝鮮宗教
日本(ニッポン)は酷い
集団ストーカーは創価学会


岩手の小沢氏は在日モンスター
布施AKIRAとの企画
Re:布施AKIRA市長
(全額負担+α)お見逃しなく!!


ウェルカム!佐沼高等学校
人類滅亡 電磁波 族
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=244tuyo3&guid=ON


筑波大学
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/548987/533579


話は大石敦巳
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/699146/584151


自衛隊の犯罪を斬る
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=patentcom


中学生の逆襲
稲中
前野「神はサタンだ」


http://m.youtube.com/watch?v=CXITZlEl6jA&fulldescription=1&hl=ja&gl=JP&client=mv-google&guid=


エアー盗聴器ーAIR



科学警察研究所〜思考盗聴について野口博士に聞く
http://m.youtube.com/watch?v=ICzDCQICeYw
警視庁の完全負担(額)


テレパシーVS仮面ライダー

エヴァVS大友AKIRA



サタン合宿中

思考盗聴器
装置 トラの尾をつかんだら絶対に放すな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して1913:

« テクノロジー犯罪に遭遇して1912 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1914 »