« テクノロジー犯罪に遭遇して1916 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1918 »

2013年5月15日 (水)

テクノロジー犯罪に遭遇して1917

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という51才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

5月15日(水)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ★ 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、肝臓と胃へ操作)

10時39分

昨晩はあれから触覚被害に耐えての入浴と自由時間だった。過激なほどのエスカレートはなかったものの、十分に不快な状態にはなっている。入浴も前半は気にしないでいられるほどだったが、その反動が後半にくるような感じである。尻にやはりひどい触覚被害だ。

それと晩酌をしながらのささやかな自由時間だが、ここも当然無事ではない。民放で有名な音声送信はやはりガキの声や何種かの声で続く。さらにいけないのは慢性寝不足からくるうたた寝だ。これはしようと思ってするものではなく、気付くとそうなっている類いのものだからしようがない。結局うたた寝てしまい、気付くと3時近くになっている。周囲を気遣ってTVの音量は抑えているので大丈夫だったと思うが、これも本当に迷惑なのだ。ということで3時過ぎにきちんとベッドで就寝。

7時12分に覚醒の強要。それでもまだ4時間が連続睡眠が取れている。マシな方だろう。早速ノイズ、そしてガキの声が「古くからの住人のPが加害者で、近いうちに交際を申し込んでくるが、交際は止めておいた方がいい」だの「近隣に加害者がいる」だの今朝も早速、世間でもお馴染みになってきている音声送信を始めている。神の声ではなく、ただの犯罪者の声が、自称元神の声がいまではこのザマである。

以降も、どの女と付き合えるだののお馴染みの送信で、こちらの弱みを突いてくる。中には神妙な声もあってりで、語り始めはいかにも誠実を装っているのだが、こちらの意識の向き加減に応じて、じょじょに軽薄な口ぶりになり、結局バカな戯言に終わるという展開も頻繁である。とにかくブツブツと喋り続けていた。その中でうつらうつら状態のまま過ごし気付くと8時半になっていた。その頃になると触覚被害も加わり不快になり始める。40分に起床。

すると音声送信は誠実そうな老人の声になって、私の心身のことや食生活のことについて、いろいろと指摘を始める、甘いものの摂取を控えろとか、そういう類いのことを語りかけてきたりする。触覚被害は弱い。音声送信も今では本当の危機感を表明するような男女の声もよく聞こえ、好きに騒ごうとするのが登場すると「うるさい!」と一喝されたりしている。状況がやはり変化してきているようだ。

しかし雑事を片づけ、書斎に入り、パソコンの前に座ると、どうしても触覚被害が胸を中心にひどくなる。こればかりはすぐには無くならないようだ。仕方なくTシャツを脱ぎ、はだかになり、右脇の下へインスタントコーヒーの空き瓶を挟んでの操作となる。

記録中、被害者の方の来訪、アポがなかったので、少々困ったが20分ほど応対し、戻りこれを記している。現在被害報告集の最後の追い込みで今日もほぼ書斎に籠りきりになる。余裕があるなら近所の喫茶店に行っても良かったのっだが、そうはいかない。ということでその程度の応対で失礼させていただいたが、こういう事実も珍しいことではない。電話やメールなら日常的なことなのだ。思わぬ励ましも最近では珍しくない。周囲の対応は確実に変化している。民放のTV番組「ガリレオ」のような番組がブームになれば、そろそろ世論が動き出すということだ。今や政治家が絶対的権力を誇る時代ではない。それより一段進歩し、より民主的な世の中になっている、メディアもしかりである。それだけに世論の力は大きい。私たち、とりあえずはまだマイノリティの立場にいる者は、より冷静に状況を見守り今まで同様に対峙していくべきであろう。だが確実に様相は変わってきている。

24時49分

今日も昨日と同じ展開だ。午後から深夜まで家のことと並行して被害報告集第2巻のデータ修正作業である。

昼は焼き魚と納豆とみそ汁を作っていただいたが、やはり被害を堪えての食事となった。民放で有名な音声送信も下らない意味の無い干渉送信を飛ばしてきたりする。

その後食後に中野の方まで晩酌用のお酒を買いに出た、クロスバイクでの往復だったが、ノイズとガキの声と触覚被害による走行妨害が特に行きにあった。並レベルではあったがやはり危険である。

帰宅後はすぐにパソコンでデータ修正作業、当然はだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、右肘にクリップを挟み、右脚への触覚被害にも耐えての業務である。音声送信が少し遠のき気味だった。そんな調子で夕方まで。

18時40分より夕飯の準備。豚肉の生姜焼きともやし炒め、みそ汁をつくっていただいた。やはり触覚被害はひどい。背中からの悪寒がものすごい。音声送信は盛んに謝罪しているものの、肝心の触覚被害が全然弱まらない。不快な食事となった。「サー」というノイズも鳴りっぱなしである。

食後すぐに作業再開。やはりはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶挟み、そして右脚よりも今日は右肘に触覚被害がひどかった。それに耐えて24時過ぎまで修正作業である。

音声送信は嫌われ声だけが聞こえ、普段のようにどっちでもないキャラクターはほとんど現れない。だから全体的には静かではあったが、やはり不快な声は確実に聞こえた。

24時過ぎに愛犬の散歩。今日は被害レベルは並。頭に血が上るほどのレベルではなかった。しかしそれでも胸には十分不快な感触は届いていた。

帰宅後入浴。前半は大丈夫だったが、後半になるに従って尻への触覚被害がひどくなる。何とも奇妙な感触を強要され、音声送信も謝罪はしているものの、かなりの不快に耐えての入浴だった。

しかし全体的に見渡すと何だか一段遠のいたかのような気がした1日だった。

« テクノロジー犯罪に遭遇して1916 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1918 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

カゲさんは広島から

統合失調症の方が殺人を犯してニュースになっていますが

隣人から嫌がらせを受けて困っています。低周波音を送っているようで夜も眠れなく... - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1482220409
>あなたの相談すべきところは心療内科です。
とアドバイスをしている方がいたのに治療を怠り、数カ月後に人を殺してしまったようです。
これはテクノロジー犯罪ではありません、裁判の過程で確実に精神障害であることが証明されます。
統合失調症かどうかを判断するのは医師です、自分でテクノロジー犯罪だと判断せずに多くの医師の判断を仰ぐべきではないでしょうか?
複数の精神科の医師から異常ではないと判断されればテクノロジー犯罪被害者の証明となり、世論も大きく動くと思われます。

消えろ白丁バツイチ童貞

ゲイジは来るな。

朝鮮ミンジョクが権利を主張すんなクズが

被害者を擁護した方が精神病院に強制入院させられてしまっていたので創価系の精神科医も加担してると思われます

指摘してますとおり 闇組織が正式な精神病患者に怨みをもたれるのは時間の問題です 闇組織特権と精神病特権とのやり合いですから始末に負えなくなります

本格的病気在日白丁谷洋一郎

ゲイジは病院入れとけ

被害者が健常者だけではないのが立証を難しくすると思いますが科学的に実証されればアジトから照射機が見つかる等 被害者の方で照射機を証拠に持っていけそうな人もいます

統合失調症にするストーリーは最終的には 加害者側が破滅すると思いますが

カゲさんは組織から脱会して後悔してますか マジョリティの方が良かったですか

3件キチガイゲイジ。

キチガイとは 理性を失うことで 幻聴 幻覚は含まれない

今度 ネギハウスに包丁を持っていきそうなのは マズイですが

キチガイゲイジは病院入ってろ。
ゲイジとの議論は不毛。

病院は幻聴がひどくなったら入ります 議論は不要とは

話噛み合いませんかね

病院は社会的入院患者でいっぱいですし 戻れませんが

谷洋一郎に犯されたカスゲイジは死ね!

くぅ〜疲れましたw これにて完結です!
実は、ネタレスしたら改変の話を持ちかけられたのが始まりでした
本当は話のネタなかったのですが←
ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
以下、マジレス太郎達のみんなへのメッセジをどぞ

マジレス太郎「みんな、見てくれてありがとう
ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないで欲しいのでは!?」

hyde似「いやーありがと!
俺のhyde臭さは二十分に伝わったかな?」

春香姉さま似の姉の弟「見てくれたのは嬉しいけどちょっと鬱陶しいわね・・・」

えるたそ馬鹿「見てくれありがとな!
正直、作中で言ったえるたそへの気持ちは本当だよ!」

マジレス三郎「・・・やはり太郎兄さんなどクズだな」ビキュ

では、

マジレス太郎、hyde似、春香姉さま似の姉の弟、えるたそ馬鹿、マジレス三郎、俺「皆さんありがとうございました!」

マジレス太郎、hyde似、春香姉さま似の姉の弟、えるたそ馬鹿、マジレス三郎「って、なんで俺くんが!?
改めまして、ありがとうございました!」

本当の本当にハモリ

 厚生労働省は4月11日、精神障害者の入院基準を大幅に緩和する精神保健福祉法改正案をまとめた(4月12日付朝日新聞朝刊)。

この法案が施行されれば、いわゆる「病識」に乏しい患者を、親や配偶者ら保護者の同意がなくても強制的に入院させることが可能になる。具体的には3親等内の親族のいずれかの同意で良いことになる。

 例えばあなたが精神を病んだとしよう。ありえない話ではない。医師が入院が必要であると判断し、たとえあなたやあなたの両親がそれを拒んだとしても、あなたの叔父さんや叔母さん、あるいは甥御さんや姪御さんが同意すれば、あなたは力づくで“鉄格子の向こう側”に送り込まれる可能性がある、ということだ。

 これほどまでに問題の多い改正案であるにもかかわらず、今のところマスコミはおろか、精神科医による批判も患者団体からの糾弾もなされていないようだ。いったいいかなるニーズから、この法案が提出されたものか。知り合いの精神科医数人に尋ねてみたが、良くわからないということだった。

 不可解なことに厚労省のホームページにも、この改正案についての情報が見あたらない。ちなみに先の記事によれば、今回の「改正」の目的は、入院の長期化や、患者の社会復帰の遅れをなくすことであるという。

 確かに「改正」されるのは、入院の基準ばかりではない。退院の請求についても、これまで本人か保護者1人しかできなかったものが、3親等内の家族であればできるようにするのだという。

 要するにこういうことだ。本人が心を病んでいるのに自覚がなく、その家族も世間体を気にしてなかなか治療に踏み切れない場合、見かねた親族の誰かが同意すれば早期の入院が可能になる。また逆に、病気が良くなっているのに両親が反対して退院が長引いているようなケースでは、本人が親戚に連絡を取るなどして退院許可を取り付けることもできる。早く治して早く退院できれば、長期入院する患者も減ってメリットが多い。おおかたそういうシナリオなのだろう。

 しかし私には、どうしてもそうは思えない。この法案が通ったら、実質的には強引な「社会的入院」(病状よりも家庭の事情や世間体などの理由でなされる入院)が増えるだけではないか。

 なぜそのように言いうるのか。私はかつて、とある地方の閉鎖病棟に勤務していたことがある。多くのケースの入退院にかかわった。閉鎖病棟ゆえに、そのほとんどは医療保護入院、あるいは措置入院だった。いずれも本人の意向よりも治療の必要性を優先する「強制入院」である。

 地方では良くあることだが、病状的にはさほどでもないのに、一族郎党が患者を連れてやってきて「どうしても入院させて欲しい」と依頼されることも少なくなかった。

アホ工作員は、今日は「ペックチョン!」なクシャミはしねーのかよ?あ?
ここでペクチョンペクチョンと連呼し、いわゆる「アンカリング」作業を行っていたと見られるCといかいうキチガイホモヤロウは、そのうち集ストが捜査対象となった時には、
俺の前で「ペックチョン」なクシャミをしたチョン顔のアホ工作員との関連性を必ず調べられるというのに、それ分かってるのかね低脳ww証拠残しすぎだろWW

そうか、そうか、ペクチョンクシャミの工作員は、隣の「アリガトウな床屋」のマスターとも知り合いなのか。
よーくわかった。

ノンケに手をだして、当然拒絶され、
逆恨みで人生の浪費。素晴らしい身分ですね。
ケイジさんの全ての人生ここで公開するべきでしょうね。
全て公開すればスッキリ安住の地へ旅立つことができるでしょうね。
恥かしい君の人生。さようなら。

加害者なのに被害者意識満載毎日病気在日白丁谷洋一郎中卒バツイチ童貞死ね

>恥かしい君の人生。さようなら。
 
すごいまとわりついてくるチョンコがこう言う
死ねよ在日白丁谷洋一郎

〜キリストの父はcoffeeが嫌い〜

クリスマス
日本の父(安倍)統一教会


公明党は北朝鮮宗教
日本(ニッポン)は酷い
集団ストーカーは創価学会


岩手の小沢氏は在日モンスター
布施AKIRAとの企画
Re:布施AKIRA市長
(全額負担+α)お見逃しなく!!


ウェルカム!佐沼高等学校
人類滅亡 電磁波 族
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=244tuyo3&guid=ON


筑波大学
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/548987/533579


話は大石敦巳
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/699146/584151


自衛隊の犯罪を斬る
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=patentcom


中学生の逆襲
稲中
前野「神はサタンだ」


http://m.youtube.com/watch?v=CXITZlEl6jA&fulldescription=1&hl=ja&gl=JP&client=mv-google&guid=


エアー盗聴器ーAIR



科学警察研究所〜思考盗聴について野口博士に聞く
http://m.youtube.com/watch?v=ICzDCQICeYw
警視庁の完全負担(額)


テレパシーVS仮面ライダー

エヴァVS大友AKIRA



サタン合宿中

思考盗聴器
装置 トラの尾をつかんだら絶対に放すな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して1917:

« テクノロジー犯罪に遭遇して1916 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1918 »