« テクノロジー犯罪に遭遇して1937 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1939 »

2013年6月 5日 (水)

テクノロジー犯罪に遭遇して1938

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という51才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

6月5日(水)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ★ 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、肝臓と胃へ操作、ひどい走行妨害、身体に一定に部位に強い筋肉痛のような痛み)

10時24分

昨晩はあれから相当ひどい触覚被害に耐えての入浴だ。尻と右膝にシャワーを浴びている最中延々とである。音声送信は謝罪と宥めとデマだけが流れ続けている、しかしそんなものはただの雑音であり、触覚被害に比較すれば屁のカッパである。音声送信等今では民放でも放映されるほどの珍しくもないものであって、そんなものでどうにかなると思っている方が珍しい、珍奇な存在なのだ。少なくとも私たち被害者からみればそうだ。いずれにせよ2013年6月4日の入浴の時間も無事には過ごせなかったということだ。これは現実なのだ。だから記録されるのである。特に入浴を終わりかけているときのエスカレートは相当のものだ。ここぞとエスカレートさせられているかのようだ。

それからはやはり上半身への触覚被害に耐えながらの自由時間である。ただし、昨晩に関しては並のレベルで済んだ。堪え難いほどではない、通常のひどいレベルということだ。当然無事ではない。だからここに記録されるのである。

やはり眠気がひどい。うたた寝する前に立ち上がり寝室へ向った。2時頃である。

明らかに音声送信に起こされる。覚醒してから聞こえるのではなく、聞こえてくる音声で覚醒させられたのである。だから絶対的覚醒の強要ということになる。それが7時過ぎ。だからおおよそは5時間眠れているが、再三に亘って記し続けているように私の睡眠時間は本来は、2時から8時ないし8時半の6時間ほどなのである。その習慣で長年生活してきたのだ。それを2009年の秋から壊され続けている。それはこのブログですっかりお馴染みである。それも毎日毎日の記録でだ。2008年の2月5日から1日たりとも怠ったことはない。こういう犯罪の場合、即ちつきまとい、ストーキングに対しては、継続で立ち向かう以外にない。その信念に基づいての真剣な意識でこのブログを続けているのだ。さらにこの内容を多くの人々に知っていただきたい、伝えたいという熱意で大手民間企業に協力していただき、数百万の金を出費し、書籍まで発行したのだ。少なくとも内山に対してはこの人体に反応する遠隔技術の悪用と乱用については、そのくらいの意識で対峙しているということだ。そう簡単にこの意志を叩き潰せると思ったら大間違いである。さらに自分個人のためだけにこれを続けている訳でないことも、さまざまな活動と実績から了解していただけるはずだ。自分一人だけのために、エゴだけでここまで続けられるほど、私も強い人間ではない。多くの被害者の方々が実在するからこそ、それに励まされ、勇気づけられここまでやっていられるのである。

こういう現状のひとつひとつを真俯瞰の位置から舐めきり、何もかもをバカにしているのが、この人体に反応する遠隔技術を悪用・乱用している名無しの気違いどもである。こんな気違いに固有名詞等逆に必要はないのだ。ひとまとめにし、束扱いで十分である。

という意識も一貫してきているつもりだ。音声送信に脅され、本気で恐怖している方もいるようだが、所詮間に技術があるだけ、向こうにいるのは、ただの酩酊者である。マトモに相手にする方が間違いなのだ。自分の実体を開かせないということが致命的な弱点のそういう存在なのだ。

ということで、今朝も音声送信とやらが続く。勝手にやらせる以外にないのだ。生命活動が維持されている以上は電気信号を熱と一緒に体外に発散させてしまうのが生き物なのである。身体がアンテナということだ、そこに着眼した技術である以上は、向こうが止めない限りはいつまでも向こう本意で続くのである。サーモスタッドの電気バージョンのようなカメラが普及すれば、テクノロジー犯罪は一応落ちつくであろう。可視化されることが加害者どもには一番堪えるからである。しかしまだそれは一般化されていない。

加害者が誰々とか、大金が入るとか、もうすぐに終わるとか、今スイッチを切るとか、言語を利用しては出所一切不明の言葉の羅列である。これだけならまだいいが、致命的な触覚被害が始まりだし、不快を物理的に感じさせられ、無事に眠れない状態にされる。だから寝入ることはもうできない。身体を横にし、休ませるだけになる。その不快な触覚刺激の中でだ。こんなことを6年半以上も毎日毎日続けられ黙っている方が、怒らないでいる方が異常である。だから怒り、多額の費用と労力を費やし、その怒りを書籍や印刷物で表明し続けているのである。

8時52分に起床。

すぐに尻に触覚被害である。愚か声の音声がいかにも痴呆症のような話し方で、自失を装い、この技術を使えることをありがたがっている。そして使われ不快に耐えている私に対し、バカな口調で「ごめんなさい、もうちょっとやらせてください」等と語りかけてくる。

そして尻への撫で回しのような触覚被害に耐え続けての雑事片づけだ。他はもう終わる、止める、本当に止める、スイッチを切る、いなくなる等のいつもと全く同様のデマをただ漫然と喋り続けている。

書斎でパソコンの前で今日もはだかでこれを記している、右大腿に触覚被害もひどい。

16時50分

今日も触覚被害は相当のものだ。着衣すれば胸にひどい触覚被害を食らう。音声送信はノイズとガキの声や、投げやりな態度の男たちの声等。たまに真っ当そうな声が謝罪とも同調とも取れる声も飛ばしてくる。

パソコンの前では当然はだか。右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、右脚に時折りひどい触覚被害あり。右肘にもだ。その中で今日は被害報告集第2巻のためのPRのためのチラシを作成。ある程度まで仕上げ、出版社にチェックを依頼。その返事待ちの状態である。

次にはNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの新しい配布チラシのデータ修正、さらにロゴの案出と制作、さらに街頭活動時における専用のチラシのデータ修正もある。もちろん全て無償で行う。

被害報告集第2巻の方は現在印刷中だ。中旬には見本が上がり、それを制作者としてチェック、それでOKを出せば、いよいよ販売品として認定され、少しの時間の後、全国の書店の店頭に並ぶ。しかしいかんせん、有名作家の書籍とは違うので、そんなに膨大な冊数を刷る訳ではない。だから大手の書店の店頭にしか並ばない。あとは注文販売ももちろん大丈夫である。何とか無事に手離れし、後はチェックと販売を待つだけだ。1冊だけだと心細かった実態報告も、2冊になれば随分様相も変化するに違いない。そこにも期待をしている。

今日は夜は外食に出ようと思う。これから雑事を2~3片付け出掛けるつもりだ。

« テクノロジー犯罪に遭遇して1937 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1939 »

「ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

今まで何度かお手紙を送らせて頂いた者です。私はテクノロジー犯罪被害歴4年の者です。また、15年以上前から身体醜形障害という病気も患っています。28歳・男性です。茨城県古河市在住です。激しい自殺願望が頻繁に襲って来ます。この病気のせいなのか、加害者が脳波か何かを送信しているのか区別がつきません。私はとにかくこのくそいまいましい犯罪者連中を一秒でも早くぶっ殺してやりたいです。

自殺するくらいなら、特定できた加害者を全員虐殺して死刑判決でも受けた方がマシだぞ。それなら同じ自殺でも、あのいまいましい集団ストーカー加害者の数を減らしてから死ねるので、かなり意義のある死に方となる。集団ストーカーの真実は後世で必ず暴かれるので、人を殺しても長い目で見れば悪人扱いはされず、むしろこの腐りきった社会に一石を投じることとなるのは間違いない。要するに死を選ぶならマツダ事件の男に続くべきだな。ただしやるならあんな中途半端なやり方ではなく、もっと用意周到に計画を立て、1人でも多くの集スト犯を確実に殺すべき。加害者に子供がいる場合、子供を狙うのも選択肢の一つだ。子供の方がやり易い。
そもそもこの犯罪は、被害者を自殺に追い込むことが目的の一つと言われ、通称ガスライティング(自殺追い込みストーキング)といわれているまったく被害者を舐めた犯罪だ。ただ無駄に自殺してしまえば、犯罪者どもの思う壺であり、外道どもが喜ぶだけに終わる。
なので、ただ無意味に自分を殺すことだけは止めた方がいいぞ。

精神障害者は責任能力が裁判ではないことが多いと言われてますが その情報を加害者側が分かれば加害も減少するかもしれません 同じ立場にむしろ立っているかもしれません 罪に問えないことにあぐらをかいている 塁犯障害者もいます

笑ってこの国を去れるようにしとけよカス

加害者側のまずさは 統合失調症を侮蔑していることです 例え 真の精神障害者にマスダの引寺さんみたいにされても自業自得となると思います 末端の加害者なんて死んでもいいと幹部は思ってますから 現にそういうシステムで末端は殺害されてきました

それが 分からない程にされてしまった

カゲさんも日本に居られるようには思えないが

日本人の残虐性を知っている組織なのに
日本人に目覚めさせて少数民族を無差別に虐殺しかねないことは考えないのでしょうか

>日本人の残虐性を知っている組織なのに
 
嫌がらせの理由の後付け捏造が始まったな谷洋一郎(偽名)
 
嫌がらせをする三浦勝也やテメーらを拒絶することが残虐でテメーら残虐じゃないんだわな?
 
死ね知的障害者

カゲさんは原発作業員として、
永久就職が確定しているので日本男児として、
死ぬことが出来るでしょう。
その前に逮捕される可能性もありですが。
吉田町でのお勤め頑張って下さい。
平和会館にもたまには訪問下さいませませ。

韓国と同じアベコベな主張
しかもウソを吐いてる認識アリ
薄汚い北朝鮮人だこと

おい!吉田!

はよ逝け

工作員らには自覚アリなのは間違いないな谷洋一郎
地元だから仲良くとか北朝鮮人の屁理屈だなww
集団ストーカーは常に地元の人間だからそんな屁理屈成り立たんだろ
分かるか白丁谷洋一郎

〜キリストの父はcoffeeが嫌い〜

クリスマス
日本の父(安倍)統一教会


公明党は北朝鮮宗教
日本(ニッポン)は酷い
集団ストーカーは創価学会


岩手の小沢氏は在日モンスター
布施AKIRAとの企画
Re:布施AKIRA市長
(全額負担+α)お見逃しなく!!


ウェルカム!佐沼高等学校
人類滅亡 電磁波 族
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=244tuyo3&guid=ON


筑波大学
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/548987/533579


話は大石敦巳
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/699146/584151


自衛隊の犯罪を斬る
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=patentcom


中学生の逆襲
稲中
前野「神はサタンだ」


http://m.youtube.com/watch?v=CXITZlEl6jA&fulldescription=1&hl=ja&gl=JP&client=mv-google&guid=


エアー盗聴器ーAIR



科学警察研究所〜思考盗聴について野口博士に聞く
http://m.youtube.com/watch?v=ICzDCQICeYw
警視庁の完全負担(額)


テレパシーVS仮面ライダー

エヴァVS大友AKIRA


moviechairdenimsandclockwrenchsunmobaqmoon3eyewrenchwrenchmoneybagsmokingcarsign04


サタン合宿中

思考盗聴器
装置 トラの尾をつかんだら絶対に放すな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533579/51917019

この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して1938 :

« テクノロジー犯罪に遭遇して1937 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1939 »