« テクノロジー犯罪に遭遇して1945 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1947 »

2013年6月13日 (木)

テクノロジー犯罪に遭遇して1946

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という51才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

6月13日(木)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ★ 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、肝臓と胃へ操作)

10時32分

昨晩はあれからは随分被害は遠のいた。私の被害には特徴があって、毎度そうなるとは限らないが、休養を取ったり楽しみに行ったり、場合によっては怠けたりすると大人しくなってしまう傾向がある。多くの被害者の方々がよく訴えているのは、被害者を堕落させようと必死になっているのがテクノロジー犯罪の加害者の目的だというのがあって、それには私も賛同する。

ということで昨晩は神楽坂の店で広島風お好み焼きを食べたり、馴染みの店に行ったりして店主と談笑したりして過ごした。

クロスバイク走行でなかったのでやや深酒をして帰宅。雨が途切れていたので、愛犬の散歩。酔いもあったのか被害はそれほど感じない。以降睡眠不足からのうたた寝はあったものの、就寝前の入浴までは被害の自覚なし。しかし入浴し始めるといつもの愚か声が待ってましたとばかりに聞こえ出し、尻に触覚被害である。この時間は加害者に何か相当のものを齎すようだ。

それからすぐに就寝。2時40分である。

6時55分に覚醒の強要。連続睡眠時間は4時間15分ほど。この間の感触として、眠りそのものが大変浅いという感触がはっきり感じ取れた。全く人間の感覚というのは凄いと思うし、全自動である。筋肉にも平滑筋と横紋筋があって、無意識に機能するものと意識下で機能するものがあるが、それは筋肉に限ったことではない、感覚、精神方面もそうなのだ。恐らく睡眠中にも何らかの操作があって、それで睡眠を浅くさせられていたのか、ここの所の状況のひどさから、私の内面が警戒態勢に入っているのか、どちらにせよそういうことなのだ。従って目が覚めても、眼や身体の疲労が相当のものだ。

やはりノイズが聞こえている。睡眠中ずっと鳴り続けていたように聞こえている、案外このノイズに私の心身が反応し続けていたのかもしれない。すぐにガキの声が聞こえる「このノイズは脳にものすごい悪い影響を与える、だから内山君の脳はもう少しで壊れる、そしたら全部止めてあげる」なんていう感じの内容だった。

それからはうつらうつら。寝たかと思えば覚醒しのくり返しである。だるさがただ事ではない。急ぎの業務もないせいで、少し甘えてしまい9時15分に起床。

音声送信、触覚被害ともに始まるが生彩を欠いている。どちらも元気がない、全面的に遠のいているようにも思える。触覚被害が一旦ひどくなると音声送信の制する側の声が「おいっ、お前なあ、いい加減止めろと言ってるだろ! もう好き勝手にやっていい段階じゃないの、今までとおりには行かないの!」等と制している。

そして加害者を亡父の知り合いの高齢者にしたりして、いかにこの技術を面白半分にやりたい放題していたかについての話しが始まり、その後に済まなさそうな声で謝罪をされたり、責任を取らせて欲しいだの、何か良いことをしないとこちらの身が危ないというような送信が情けない声で続く。

そんな中、私は私でいつもの雑事片づけである。左手の平の傷の方は随分回復してきた。こちらは大丈夫だが、くじいた方はまだ痛みがひどい。ギターのフレットを握るとかなり痛い。

一段落してからこのブログ。やはりパソコンの前ではまだはだか、今も右脚へ猥褻な感触の不快が走り続けている。

19時1分

今日も被害はひどい。着服すると相当のものである。終始やられ続けているのが、左右の胸いずれかの触感覚を敏感にさせられ、繊維が触れているのが相当に不快に感じさせられる操作だ。これは相当のストレスだと思って欲しい。今日は胸に特にひどい。

音声送信はペテン送信ばかりが目立つ。いかにもまじめくさった声を送信し、こちらを無理矢理反応させ、聴き入ろうとした途端に触覚被害をエスカレートさせる姑息で陰湿なやり口である。ノイズとガキの声が相変わらず健在。あとは今日は若いチンピラ男女、それも悪党声が女の声で目立つ。神妙な口調でいかにも私に同情しているかのような口ぶりで心に入り込み、入り込んだ分触覚被害をエスカレートさせるのである。

パソコンの前で作業をすれば当然はだかだし。今日は右肘への触覚被害も目立つ。

しかし朗報もある。ついに被害報告集第2巻の見本が昼に届く。すぐにチェックをし、問題なし(私の報告文でチョイミスがあったが全体に支障はない)の返答を出版社に報告。ここでいよいよ販売ルートに乗るのである。

ということで、1巻に次いで2巻も全国の大手の書店の店頭に並ぶ。6月24日には確実に販売されている。都内はもう少し早いかもしれない。

今回も内容は充実していて、恐らく第1刷の売上は順調になるであろうとの予測が出版社と私の間にはある。被害者の方もそでない方もぜひ注目なさって欲しい。

24時19分

今日も名無しの気違いどものやりたい放題である。音声送信に至っては痴呆症、認知症、チンピラ、アバズレ、威し、ガキ、そんなのばかりである。たまに真っ当そうなのが出てきて、「もう本当に終わります」という言葉になっている音声を聞かせ触覚被害をひどくさせられている。こうして見ると真っ当な声の方が遥かに質が悪い。たった今もやられたばかりだ。姉貴ヅラしてただのクズ罪人のくせをして「内山君」等とほざいてくるのである。虫けらにも劣るクズがよくやるものだ。

そして二つ目には私の身体への触覚被害をリアルにエスカレートさせ不快の渦に叩き込もうと必死のようだ。今日もパソコンの前では一貫としてはだか。1秒たりとも(これは本当だ!)1秒たりとも着服は許されないのである。そして二つめには「もう終わります、二度と現れません」を九官鳥以上のワンパターンで繰り返しているか、女ができるだの、古くからの住人に交際を申し込まれるだの、思い付くデマの垂れ流したい放題もいつものことだ。

パソコンの前でははだか、右脚や肘への触覚被害は相当のものだ。着服しようものなら大変だ。胸に相当の触覚操作を強要され、ノイズとガキの声が近寄りだし、大変なことになる。

あともう一つは加害者も罰を受けているという、最近では当たり前になったデマである。これも毎日だ。カエルが引き潰されているかのような気色の悪い悲鳴やら、呻き声まで向こうの都合で反応させられる。

夕飯はサラダとミートソースパスタで済ませたが調理中に尻や胸、食べているい最中は上半身全体にひどい触覚被害である、はだかで食べざるを得なかった。今日もメチャクチャである。

音声送信は一見、遠ざかってしるようでしっかり質が悪い。触覚被害はいつもと全く同じのひどさである。

« テクノロジー犯罪に遭遇して1945 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1947 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

>触覚被害が一旦ひどくなると音声送信の制する側の声が「おいっ、お前なあ、いい加減止めろと言ってるだろ! もう好き勝手にやっていい段階じゃないの、今までとおりには行かないの!」等と制している。

テクノロジー犯罪のレベルに反応した音声送信がありますか。自分の場合も同じですよ。
こっちの音声送信被害でも、やりすぎている加害者を説得して止めさせようとしているかの様な、制する声が登場する。
因みにコレは、このコメント欄にも、似たような奴が出現してましたよねえ?

この音声送信被害は、何故こんな声を被害者に聞かせているのかを考えれば茶番劇の可能性も高いが、もし演技の入ってないリアルな音声だとしたら、加害者の中には、他の加害者すら手を焼くほどのどうしようもない奴、例えば調子に乗りすぎている人格障害者のガキみたいな奴が居る様子だ。
人格障害者といえば、この板の主犯格の荒らしを連想するが、まあ、こんなイカレタガキにテク犯技術を使わせている時点で、やはり加害者どもは人間とは思えないキチガイには違いない。間違いなく人モドキでしょう。

ソシオパスとアスペルガーのマインドコントロール受けてるからイカレているんだよ。
親切に教えてやってるのにマインドコントロールされていて妙にプライド高くて自分の妄想信じ込んでいるから解けないんだよ。

共感能力と客観的な思考が欠如してるから何年も谷洋一郎とか意味不明なコメ送りつけたり、バレンタインにシモネタ書いたり相当キショイ事やってるのに気付かないんだよ。マインドコントロールされてラリってる30過ぎの変態ニートだぞ。

精神障害者も義務付け=改正雇用促進法が成立
時事通信 [6/13 13:43]
企業や官公庁に精神障害者の雇用を義務付ける改正障害者雇用促進法が13日の衆院本会議で全会一致で可決、成立した。精神障害者の就労意欲の高まりを受け、企業などに採用を促すことが狙い。2018年4月に施行する。

「保護者」制度を廃止=改正精神保健福祉法が成立
時事通信 [6/13 14:24]

精神障害者の治療などで責任を負う「保護者」の選任制度を廃止する改正精神保健福祉法が、13日午後の衆院本会議で賛成多数で可決、成立した。同法は参院先議。
現行は、家庭裁判所が主に親族の中から保護者1人を選任。保護者は、障害者に治療を受けさせたり、医師に協力したりする義務を負う。しかし、保護者から「1人だけでは負担が重すぎる」などの声が上がっていたため、保護者に関する義務規定を削除することにした。
厚生労働省は今後、精神障害者のケアを身体障害者などと同様に家族や地域全体で支える体制づくりを目指し、訪問医療などを推進する方針。

よく内山氏が口にするギターいじりとはマスターベーションの隠語のようです。ある信頼のおける情報筋からのリークです

真の精神障害者は頭がおかしくても悪意がないから 加害者側がおかしいのとは違います

他人を加害する精神障害者は極僅かです その信頼を壊す目的なんでしょうか
精神障害者が悪巧みをして集団ストーカーを考え付き 罪のない加害者側に濡れ衣を なんて

このブログでもお馴染みの広島県安芸高田市吉田長屋に住むCAGE事、池田大作(童貞無職38歳)は中学生の時に近所の女子小学生にワイセツ行為をし鑑別所送りとなっています
この事件を期にCAGEの一家は家庭崩壊、父親からの日常的な暴力を受けたCAGEは引きこもります。十代の末に叔父の紹介で地元の鉄工所に勤務しますが、ここでも女性事務員のトイレを覗き、それが発覚して同僚から激しい虐めに合います(自業自得)
結局逃げるように退社し、以後は再び自宅に引きこもり、ご近所の方々を監視しながら児童ポルノでオナニーする毎日です。
この腐れ外道CAGEが少しでも苦しんで自殺するよう皆様の協力をお願いいたします!

谷洋一郎さんに同感です!
頑張ってください
応援してます!

嫌がらせは止めないし長所を認めて欲ちいじゃないとまた嫌がらせを続けゆ
by谷洋一郎@中卒在日朝鮮人40過ぎてバツイチ童貞インポアニヲタ鉄ちゃん

(*゚▽゚)ノ

死ねや谷洋一郎
死ね

〜キリストの父はcoffeeが嫌い〜

クリスマス
日本の父(安倍)統一教会


公明党は北朝鮮宗教
日本(ニッポン)は酷い
集団ストーカーは創価学会


岩手の小沢氏は在日モンスター
布施AKIRAとの企画
Re:布施AKIRA市長
(全額負担+α)お見逃しなく!!


ウェルカム!佐沼高等学校
人類滅亡 電磁波 族
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=244tuyo3&guid=ON


筑波大学
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/548987/533579


話は大石敦巳
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/699146/584151


自衛隊の犯罪を斬る
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=patentcom


中学生の逆襲
稲中
前野「神はサタンだ」


http://m.youtube.com/watch?v=CXITZlEl6jA&fulldescription=1&hl=ja&gl=JP&client=mv-google&guid=


エアー盗聴器ーAIR



科学警察研究所〜思考盗聴について野口博士に聞く
http://m.youtube.com/watch?v=ICzDCQICeYw
警視庁の完全負担(額)


テレパシーVS仮面ライダー

エヴァVS大友AKIRA



サタン合宿中

思考盗聴器
装置 トラの尾をつかんだら絶対に放すな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して1946:

« テクノロジー犯罪に遭遇して1945 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1947 »