« テクノロジー犯罪に遭遇して1959 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1961 »

2013年6月27日 (木)

テクノロジー犯罪に遭遇して1960

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という51才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

6月27日(木)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ★ 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、肝臓と胃へ操作)

11時29分

昨晩はあれから練馬まで出向く。雨天だったので地下鉄を利用した。馴染みの洋食屋さんがあるので、そこで飲み食べをした。自炊をせずに人に調理してもらうのは本当に楽しい。昔から外での飲み食べが大好きで、特に気に入っている店での食事は気持的にもくつろぎ、本当にゆったりできる。この被害さえなければ心底そうなれるのに、6年半以上それができない。音声送信は黙っていない。何かと確実に干渉してくる。さらに触覚被害も前半くすぶるように続いた。それほどひどくはないにしろ、被害を忘れるということができない。

眠気もあったためほどほどにし、ハシゴもせずにすぐに帰路に着いた。22時前には帰宅。まだ雨が降っている。従って愛犬の散歩は中止となる。

昨晩途中まで鑑賞していた映画を最後まで観る。それからは書斎で軽いカクテルを作って音楽を流しながら、いろいろと調べ毎、それに没頭しようとすると触覚被害がエスカレートする。深夜に被害が再開する。音声送信もノイズやガキの声等がまた騒ぎ始める。

何か真っ当なことに意識を集中させようとすると確実に妨害される。しかし漫然とボーっと過ごしている分には案外被害は遠のく。それと漫画を読んだり、ナンセンスなYou Tube動画を鑑賞したりする分には大丈夫なのだ。被害者をこき堕ろすためにテクノロジー犯罪加害者が存在していると主張している方がいたが、私もそれは言えているように思う。でなければ本当にその程度の知的、生活レベルのにこの技術のユーザーをさせ、並レベルの庶民と同調させている可能性もある。

これは音声送信で加害者が送信してくることだが、自分よりも知的レベルが上の人の脳と同調するのは半ば恐怖でもあるというのであるが、これは結構言えているかもしれない。

ということで深夜にまたひどい目に遭うことになった。

しかし眠かったにも関わらずうたた寝はしないで済んだ。就寝前に入浴。やはり無事ではない。相当の触覚被害を尻に集中し強要された。

2時10分に就寝。

6時40分に覚醒の強要。連続睡眠時間は4時間半ほど。「サー」というノイズとガキの声。それと若い軽薄そうな女の声で(仮名)サイトーさんと付き合うを何度も繰り返している。7時頃まで付き合わされる。

次に目覚めると9時。途端に触覚被害がひどい。音声送信はすでに善悪に別れて、善側の声が圧倒的に強い態度で愚かなのを非難していた。すぐに起床。

雑事を次々と片付けていく。音声送信は不自然に静か。触覚被害はぼちぼちといった感じで始まり出す。胸やら背中やら脚やらに散発的というのか、あまり集中的といった感じではない。

いつものように愚かキャラクターの典型みたいなのが、声で袋だたきにされている。そして本当にもうこの技術の乱用が終わるかのような雰囲気を漂わせている。

雑事を終え書斎に。修理に出していたモニタが戻ってきたので、装着をし、机上を清掃。そしてパソコンをオンにしたときに義姉から電話。久しぶりなので30分ほどいろいろと話す。

それからこのブログであるが、やはり着衣は無理。しかし普段に比べれば音声送信、触覚被害とも今の所は軽い方である。

17時23分

被害は今日もひどい。触覚被害の方がである。音声送信は散漫な感じで、こちらがはっきりと向こうに意識を向けない限りうるさくはならない。たまに気まぐれに雑言や中傷台詞を吐きにくるのがいる程度で、あとは穏やかな口調で日常的な雰囲気な語りかけやおしゃべりをしている感じ。しかし被害終焉のデマだけは続いている。どんなに口で終わりと言っても触覚被害の方は健在である。

昼は野菜と肉を炒めてそれを乗せたラーメンをつくっていただいたが、触覚被害による食事妨害はやはり普通にある。過激なほどではないけれど十分に不快だった。

食後になると触覚被害は奔放に成り始める。いつもと同じ流れだ。着衣が辛くなってくる。胸に特にひどい触覚被害である。

そしてパソコンの前でははだか、右脇の下にはインスタントコーヒーの空き瓶を挟んでのグラフィック業務だ。被害箇所は右脚や右肘等。ただ今日は過激なほどにはエスカレートはしていない。ノイズとガキの声もひっきりなしではない。意識を向けると健在だが、考えなければ向こうからは寄ってこない。

しかし触覚被害は確実にひどい。夕方になってからは、特に着服状態ではやりたい放題の感がある。触覚被害だけでなく肩越しに人の顔と視線の認識等もかなり露骨である。

« テクノロジー犯罪に遭遇して1959 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1961 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

被害が少し和らいだ気配が見られ、少しほっとしています。
しかし、過去の被害者の体験を知っているので、まだ安心できません。
この犯罪について調べる中で、また私の体験からも、人間存在というものが
とんでもなく好き放題にありとあらゆる体験を何者かに好き放題に操作されてしまう生き物として設計されていたということを実感しています。
さて、この責任を、誰に問うべきか。。。
とにかくこのままこの犯罪が継続され広がるようならば、この意識世界の最高支配管理者(意識)の責任問題になる。。。
無差別いじめ的な人体実験などにこの力が使われ続ける以上、その最高支配管理意識の因果応報の責任は、積極的に問いたいわけではないが、問わざるを得なくなる。。。

最高指導者はアメリカで捕まり 絞首刑になると思います

私もtabibitoさんと同じ意見です

この犯罪の撲滅を望みます

テメーが死にゃいいんだろカスペクチョン

私もtabibitoさんと同じ意見です

私もですがtabibitoさんと同じ意見です

私もがtabibitoさんと同じ意見です

オラtabibitoさんと同じ意見です

オラもtabibitoさんと同じ意見です

アテクシtabibitoさんと同じ意見です

アテクシもtabibitoさんと同じ意見です

アテクsiもtabibitoさんと同じ意見です

tabibitoさんと同じ意見です

白丁はtabibitoさんと同じ意見です

白丁もtabibitoさんと同じ意見です

在日白丁もtabibitoさんと同じ意見です

在日コリアンもtabibitoさんと同じ意見です

創価学会もtabibitoさんと同じ意見です

統一教会もtabibitoさんと同じ意見です

薩長田布施白丁もtabibitoさんと同じ意見です

ペクチョンもtabibitoさんと同じ意見です

tabibitoさんは地球人類の代表に見えます

違いますtabibitoさんは半島ミンジョクの代表に見えます

朝鮮半島ミンジョクは5000年奴隷だから遺伝子も異常です

マインドコントロールで毎回毎回同じ事を繰り返しているのか。毎日毎日ブログ書いてるだけの生活に変化を持したらどうだ?働くとか。

このコメント上でよく「谷洋一郎」を連呼している奴の中に、明らかに俺への仄めかしをしている奴が存在するのは確かだからな、
もし、いつも「谷洋一郎」を連呼するキチガイが本物の被害者であり(まあ、本物とは思えないが)、俺への仄めかしなどしていないと主張したいのであれば、お前とは別に「谷洋一郎」というキーワードを使っている偽者が存在しなければいろいろ矛盾するからな、
「谷洋一郎」を連呼するお前のニセモノが出現した時には、ソッコーでそのニセモノを指摘しておいた方がいいと思うぞ。


加害者のこれまでの加害行為を調べると、意地悪をする方法を考える能力は
超プロ級と思われます。
その上に被害者の心や体験そのものをこれほどまでに操作する力を使えるわけですから、加害者が被害者の振りをしている場合がある、、、という心の構えも被害者は一応持っておく必要があるでしょう。
さらに、被害者の心を加害者が意思通りに操作し、被害者同士を疑心暗鬼に
陥らせるとか、憎しみあわせるような誘導をする可能性にも注意しておく
必要があるでしょう。
この力の乱用が野放しにされ続ければ、ありとあらゆる人々の良心的な希望が消えることになります。
それは被害者だけでなく、加害者をも破滅させる結果を生み出すでしょう。

そうならないように、この犯罪を命じているトップたちの因果応報の責任を問います。
力があるからといって、良心に反してその力を好き放題に使うことは許されません。

「意地悪」とか「イジメ」などと、事態を矮小化して捉えられかねない様な生易しい表現は使うべきではないだろうな。
これは、凄まじい「重犯罪行為」であり、そして、トンデモない「人権侵害」であり、もっと言えば、人類が歴史上における人モドキどもとの戦いの中で勝ち取ってきた権利や英知を含む、「人類の歴史そのもの」への朝鮮…おっと間違えた挑戦なのだ!

だから言っているだろう、この犯罪の首謀者、及び、実行犯の幹部クラス、及び、追従者の中でも犯行に積極的なゴミども、すなわち人間らしい良心がまるで見当たらない悪質な加害者どもの正体は、「肉体は人間に見えるが、実は元より人間ではない」と。
まあ、この次元の肉体など、本当はアバターみたいなもんなのさ。しかしいくらアバターでも、本体が人間ではない生物の人間らしからぬ雰囲気は、やはり隠しきれはしないものだ。だから、顔の人相とか雰囲気とかに必ず出る。
まあ、とりあえず、爬虫類顔とか、つり目顔とか、エラ張り顔とか、アゴのないスネオ顔とかには気をつけるべきだろうな。
まずだいたい、そいつらは既に人間ではない。

問題は、まだ正しい精神を有する正統な人間であるにもかかわらず、エラに釣られて…おっと間違えた、エサに釣られて加害組織の中に囲い込まれて色々と無様にコキ使われまくっている豚化した人間が多すぎることだ。

おい、豚よ、そんな人モドキと共に歩むのは今すぐ止めろ。さもなければ、いずれ本当の地獄へと道ズレにされることになると心得よ。これは天からの警告だ。
エサに釣られるのは勝手だが、その人間牧場組織の行く末の凄惨さを、あまり舐めない方がいいぞ?
とりあえず、デフォルメしたイメージとしては、将来お前ら、「ベルゼルクの蝕」みたいな感じになるだろうなww

そして、能天気な世間知らずの豚は、その豚特有のバカさ加減により私がマインドコントロールされてるなどと思っているようだが、それはお前の方だからな。
私はただ、あえて抽象的にボカシながら、最も本質的なレベルのことを言っているにすぎない。キリストとかいう奴の表現方法のマネをしてるだけだからな。

>このコメント上でよく「谷洋一郎」を連呼している奴の中に、明らかに俺への仄めかしをしている奴が存在するのは確かだからな、
 
ほのめかしじゃなくテメーに直言してるんだろうな
 
不逞鮮人は脳内に生きろてろ

>ほのめかしじゃなくテメーに直言してるんだろうな

どちらにしろ同じことだ。
つまり、本来ならばどこの誰とも知る由もないないはずの俺へ、何故か直言できるほどその俺の情報を知っているのだから、ソイツは俺への集団ストーカーの加害者であると、貴様も認めたということだなバカが!
じゃあなぜ、テメーがそんなことを知ってるんだ?という話だよ。

結局、都合の悪い質問されたら、いつもの様に黙秘権気取りでダンマリ決め込むか、せいぜい「キエロカス(涙目)」みたいなこと言うしかないようなぁ?w

ミンチ希望のペクチョン谷洋一郎
 
焦るな

ミンチ希望だぁ?
舐めたこと言ってんじゃねーぞ犯罪者が
もう発言がモロ犯罪者丸出しだろコイツ
警察はコイツ調べろ

ペクチョンミンチはつまらんな

〜キリストの父はcoffeeが嫌い〜

クリスマス
日本の父(安倍)統一教会


公明党は北朝鮮宗教
日本(ニッポン)は酷い
集団ストーカーは創価学会


岩手の小沢氏は在日モンスター
布施AKIRAとの企画
Re:布施AKIRA市長
(全額負担+α)お見逃しなく!!


ウェルカム!佐沼高等学校
人類滅亡 電磁波 族
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=244tuyo3&guid=ON


筑波大学
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/548987/533579


話は大石敦巳
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/699146/584151


自衛隊の犯罪を斬る
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=patentcom


中学生の逆襲
稲中
前野「神はサタンだ」


http://m.youtube.com/watch?v=CXITZlEl6jA&fulldescription=1&hl=ja&gl=JP&client=mv-google&guid=


エアー盗聴器ーAIR



科学警察研究所〜思考盗聴について野口博士に聞く
http://m.youtube.com/watch?v=ICzDCQICeYw
警視庁の完全負担(額)


テレパシーVS仮面ライダー

エヴァVS大友AKIRA



サタン合宿中

思考盗聴器
装置 トラの尾をつかんだら絶対に放すな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して1960:

« テクノロジー犯罪に遭遇して1959 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1961 »