« テクノロジー犯罪に遭遇して1962 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1964 »

2013年6月30日 (日)

テクノロジー犯罪に遭遇して1963

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という51才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

6月30日(日)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ◎ 肌の撫で回し● (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、激しい腰痛)

11時37分

腰への激痛は平然と続いている。

昨晩は2時30分に就寝。5時40分に覚醒の強要。連続睡眠時間は3時間10分だけ。腰痛で苦しんでいようが睡眠妨害は普通に起こる。音声送信はすぐに始まり、誰が加害者か等の思いつきの特定送信から始まる。やはり腰痛は続いている。一旦は寝付く。

7時30分頃に再覚醒。いよいよ腰痛が本格的に痛い。下手に寝返りもうてない。ゆっくり注意深く動く以外にない。一度寝返るだけでも数分の時間がかかる。私はまだ腕力を始めとする筋力があるからマシだが、それがなかったら辛さも倍だったと思う。それでもとった姿勢によってはズキリと腰に激痛が走る。歯を食いしばり堪え、それでもその時々に一番快適な姿勢をとろうとする。

以降は9時の起床までうつらうつらである。音声送信は何故こんな目に遭うのかとか、音声送信を飛ばしている者たちがやっているのではない等の送信もしてくる。音声送信を飛ばすというのは加害者の中でも下の方の者たちで、身体へのダメージを与えられるのは上にいる連中で、その連中が何の理由でここまで内山君を苦しめるのかが分からない等と送信してきたかと思えば、退室した韓国の女性のCが私を独占したい願望が実現できない腹いせにこの腰痛攻撃をしているの等、今朝も音声送信はいろんなのが聞こえてくる。

起床の際にも一苦労だ、寝ている姿勢から起きる姿勢に変わる訳だが、6時間以上寝ている姿勢に慣れている身体を起こすのも、よほど注意深く動かないと、腰に戦慄が走るし、実際数回はそれを味わう。顔をしかめて何とか立ち上がるも、歩行速度も通常の5分の1ほどではないだろうか。数秒でたどり着ける書斎に、数分かけてたどり着く感じだ。そして寝間着から着替えるのにも一苦労である。こういうときに独身である身が本当に悔やまれてしようがない。要するに何をするにも腰への戦慄を避けながら行わなければならないので大変なのだ。

通常の音声送信キャラクターが可愛く感じてしまうほどに、この腰痛攻撃は深刻である。ここまで身体の動きを完全に封じられたのは6年半以上のキャリアで初めてのことである。

前記したが、今までは左右どちらかの脚か、腕範囲で留まっていたのである。それがいよいよ全身へとなっている。

鳥や多くの植物も栽培していて、雑事の中にそれらの世話もあるのだが、屋上にも多くの鉢栽培の植物があるので、見に行かない訳には行かない。普段なら楽しみにしていることなのだが、昨日から屋上との間の上り下りが苦痛の時間で、大変なことになっている。ということで普段なら30分で終わるはずの雑事が何と90分以上かかってしまっていた。

今日は食材等の不足で外出しない訳にはいかず、ついでに薬局にも寄ってムダだとは思うが鎮痛剤も購入する予定だ。

18時49分

腰痛はやはりひどい。とは言っても甘んじていられないので、まずは自宅に常備してあった鎮痛剤を飲む。それからしばらくしてから自転車で近所のスーパーまで出向く。歩行よりも自転車の方が姿勢が固定されるので、却って安全と判断したとおり、一見危なさそうだが、住宅街の細道を走る分にはそれほどの危険もないので、目白通りの横断だけを気をつければ事実上危険な場所はなかったので、もくろみ通りとなる。むしろ広い店内を歩行している際の方が注意が必要だった。何となくスムーズに歩行ができたかと思ってペースを維持しようと思った途端にズキリとくるのだ。その都度ごとに、顔をしかめ立ち止まっていたので、ただ事ではないと思われていただろう。

そして腰痛・神経痛専用の内服薬を購入。安くはなかったが仕方がない。それから食材等も買い出しをする。少し荷重がかさむだけで、持つとバランスの維持に神経が行き、少しでも狂えばズキリである。

そして何とか帰宅後すぐに薬を飲む。結局はお愛想程度に効いているといった感じか。しかし朝のひどさに比べればマシにはなったので、とりあえずゆっくりと、家の雑事を片づけていった。この間、頻繁に腰には激痛が走った。

音声送信はこの状況を深刻に受け取っているのと、楽しんでいるかのようなのもいる。しかし相変わらずもう終わるだの、最後に言っておきますだの、お別れに言っておきうますだのの前置きを置く割りには、いつまでもいつまでも付きまとい続けているのはいつものことである。

ということでただでさえ触覚被害で押さえつけられている上に腰痛にも押さえつけられ、ロクに何も片付けられないままの日曜となった。

薬が多少効いているかなと痛みが多少鈍ったと思ったら、ノイズとガキの声がうるさくなり、散々左胸に猥褻触覚被害を強要されもした。

とにかく今日も相当の被害レベルだと言ってよい。

« テクノロジー犯罪に遭遇して1962 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1964 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

腰痛なんて当たり前でぎっくり腰も何度もされています。シップを貼れば何日かで治ります。テンパり過ぎです。

ぎっくり腰の防止の為ならばコルセットが効果的です。ストレッチも痛みの軽減の効果があります。インターネットにストレッチのやり方は沢山出ています。

ちなみにヘルニアを放っておくと慢性疲労症候群になる心配があります。お金があるのだから整体に行っといた方が良いです。整形外科に行けばブロック注射で痛みはすぐに治まります。

前記のHPからすると被害に対して異常なムカつきや怒りを感じる時は、脳にノンアドレナリンと言われる脳内ホルモンを分泌させられているようです。前頭葉が正常に機能していない為、必要以上に怒りを感じてしまうようです。

セロトニンやギャバのサプリを飲む事によって気休め程度に被害が軽減出来る可能性があります。

セロトニン濃度が上がり過ぎてもセロトニン症候群になる危険性があるようです。

日常生活に支障をもたらす攻撃は、もうやめるべきです。そもそもなぜそんなことをするのかを、加害者は嘘偽りなく説明する義務があります。でなければ単なるいじめと判断するしかありません。
加害者のトップたちのそうした説明責任を問います。こうしたことをすることにどんな正当性があるのかの説明を求めます。

脳のなんらかの疾患(脳梗塞)などを取り除き脳を再生させる為の手段として、大脳辺縁系に刺激を加えなければならない為に被害者を意図的に危機的な状況に置く必要性があるとかじゃないでしょうか?

脳内の普段使用していない部分の血流を上げて再生を促す為に、被害者を極度の緊張状態や不安や苛つきなどに誘導する必要があると、それに一役かっているのがこのスレに寄生しているアスペルガーのオッサンと言う事ですか。なるほど。

それにしても日常生活もままならないような状況を作り出して自殺にまで追い込むやり方、無法状態は異常と言う他にありません。国には情報公開をさせて被害者の賠償を早急に行わさせるべきです。元々知っていれば、こんな馬鹿な治療は絶対に受けないしテロとしか言いようがない。現在の責任者や逮捕を行わない警察や検察も厳重に処分すべきです。

トイレとか出来るんですか?とか言う話になって来ますね。確かに1週間位便秘になった事が何度もあります。そこは情報公開させて話し合いに応じさせるべきです。

記憶とかに意思決定にも関わって来るから解除はほぼ不可能って事ですか。難しい所ですね。

最近低周波がお気に入りか谷洋一郎
絶対に今日死ね

練馬切りつけ 男の車のハンドルから血液反応 目撃情報に似た上着や手袋も発見- 産経新聞(2013年6月30日12時15分)

 東京都練馬区の区立大泉第一小学校前の路上で、男児3人がナイフで切られて重軽傷を負った事件で、殺人未遂などの容疑で逮捕された同区の無職男(47)の車のハンドルから血液反応が出たことが30日、捜査関係者への取材で分かった。車内からは犯行時に目撃された黒っぽい上着と革製の黒い手袋も見つかった。警視庁捜査1課は、血液が襲われた男児らのものとみて詳しい鑑定を進めている。

 捜査関係者によると、埼玉県内で男の身柄が確保された際、車内から折りたたみナイフと果物ナイフを発見。折りたたみナイフと車のハンドルから血液反応が出た。助手席には目撃情報によく似た上着と手袋があり、脱ぎ捨てたようなジーンズも見つかった。事件後、男が車内で着替えた可能性もあるという。

 男は事件の約2時間半前、母親に「旅行に行く」と言い残して自宅から車で外出しており、車内からは下着などが入ったボストンバッグも見つかった。

 男は「事件については黙秘します」と話し、逃走した理由について「(自分の背後についてくる)3つのグループから逃げるため」などと意味不明な供述をしているという。

おいバカペクどけや

集ストへの仄めかしする通り魔が多すぎだけど 健常者の被害者の信憑性を薄めるためなのか

集スト被害者が健常者だけとは限らないから健常者の人たちからは抵抗があると思いますが

ペクチョン日和

この芋ペクチョンはテメーが毎日集団ストーカーやっときながらww
最近殺意が止まらんわww

特定の被害者へ常にテクノロジー犯罪という加害行為を行っておきながら、逆に常に被害者ズラしつつ、存在しない架空の加害者を捏造してソイツを糾弾していると見せかけながらの、本当の被害者に対する恒常的な仄めかし発言をしているという尋常ではない卑劣さ!
これが、加害者どもがネット上で行っている工作活動の概要だ。

まさに、自分が加害行為を行っていながらも、加害者と戦う勇敢な被害者として崇められようとしている、マッチポンプ的な悪魔の方法論を実行している奴等である。
まったく、汚さ醜さを極めた「人もどき」らしい、アベコベのやり方だろ?

しかし、この「人もどき」お得意のアベコベな手法に、お花畑のバカ被害者がいつもの様に見事に騙されるなら、被害者団体等の中に潜入した自分を攻撃していた加害者とも高い確立で接触を持つことになるだろう。
そして、あの「出逢わせ屋」のごとく加害者側によってセッティングされて仕組まれた「被害者意識の共時性」によって、
自分を攻撃して人生を破壊していた犯罪者と、こともあろうか逆に仲良くなってしまうという、本来あってはならないアベコベな結末へと誘導されることになるのだ。
そしてそれこそが、1人でも多くエサ(豚候補のゴイム)を確保したい人モドキサイドの真の狙いでもあると心得よ。
前にも言ったとおり、奴等「人もどき」には、必要な時に生体エネルギーを吸い取れる様に調教可能なエサ(本当の意味で弱い弱い人間)が必要となる。だからまず孤独に耐える能力はまったくなく、しかも相手を消費物と考えており、1人でも多くの豚(調教済みの人間)を確保しようするために常に必死で動いている。それも、先述したような極めて狡猾なマッチポンプ的なやり方をよく使い、またく手段を選ばない卑劣さを持ち合わせている本物のマジキチなのだ。
そもそも、奴等は生物学的に言うと爬虫類に近いので、人間ではないからな?デービットアイクとか、テク犯で殺された線が濃厚な大田龍辺りに言わせると、「爬虫類人」てことになるのだろう。
だからもう、この次元のアバターにすぎない肉体の顔の人相すら、異次元に存在するその本質的意識の愚劣さが見事に具現化しており、奴等のツラ構えは、既に爬虫類顔と化してるケースが多い。
まあ、世間知らずどもは、まずは相手の顔をよく見てみたらどうだ?ww

だが、これは騙される方のバカ加減も相当なものなのだ。まあ騙されるバカ被害者をと特撮モノで例えるなら、
初代「GARO」で龍崎カンネに騙されているカオルみたいなもんかw 要は、肝心なことな何も知らぬまま、常に守ってくれていた本当の味方を馬鹿にして軽蔑し、何故か己を食い尽くす敵に媚びうっていた、どうしようもないただのメスブタというわけw
だからそのあまりのバカさ加減により、「コイツ、馬鹿すぎてダメだこりゃ~wこのヒイヒイうるせーメスブタがいつか目を覚ますまで、コンナバカしばらくほっとくべ~wwどんどん犯されろやヴァ~カww」みたいな感じで、己の守護神(シャンバラ人)にすら放置されることになるw

だから、ま、本当の被害者はカオルでも反面教師にしながら、偽善的に化けた加害者に騙されないように気をつけてくれたまえ。
直感的も意外と大切だぞ。いくら被害者気取りの奴でも、実のところ加害者である場合は、どこかに必ず胡散臭さや様々な矛盾が見られ、諸君が正しい直感力を与えられた正統な人類であるなら、それを雰囲気として感じとれる筈だ。
この人もどき支配体制が蔓延る腐りきった社会において、マトモな人間が人もときサイドに与することなく人間として正しく生きたいのであれば、論理性と同じくらい直感も必要になったくると心得よ。理性と直感は、実は車の両輪のようなもので、どちらか一方しかない奴など、まさに読んで字のごとく片輪(カタワ)なのだw

アドバイス有難うございます

ペクチョン三昧

〜キリストの父はcoffeeが嫌い〜

クリスマス
日本の父(安倍)統一教会


公明党は北朝鮮宗教
日本(ニッポン)は酷い
集団ストーカーは創価学会


岩手の小沢氏は在日モンスター
布施AKIRAとの企画
Re:布施AKIRA市長
(全額負担+α)お見逃しなく!!


ウェルカム!佐沼高等学校
人類滅亡 電磁波 族
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=244tuyo3&guid=ON


筑波大学
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/548987/533579


話は大石敦巳
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/699146/584151


自衛隊の犯罪を斬る
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=patentcom


中学生の逆襲
稲中
前野「神はサタンだ」


http://m.youtube.com/watch?v=CXITZlEl6jA&fulldescription=1&hl=ja&gl=JP&client=mv-google&guid=


エアー盗聴器ーAIR



科学警察研究所〜思考盗聴について野口博士に聞く
http://m.youtube.com/watch?v=ICzDCQICeYw
警視庁の完全負担(額)


テレパシーVS仮面ライダー

エヴァVS大友AKIRA



サタン合宿中

思考盗聴器
装置 トラの尾をつかんだら絶対に放すな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して1963:

« テクノロジー犯罪に遭遇して1962 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1964 »