« テクノロジー犯罪に遭遇して1964 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1966 »

2013年7月 2日 (火)

テクノロジー犯罪に遭遇して1965

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という51才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

7月2日(火)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、激しい腰痛)

10時44分

腰痛は続いていて、今朝は特にひどかった。時期的に、そして私の本来に暑がりもあって扇風機をオンにしたまま眠るのが夏の習慣なのだが、今朝はよりによって腰に風が正面から吹き当る姿勢で眠っていたのが災いしたらしい。痛みは血行の悪さから発生するのが普通で、この技術を使えば、瞬時に肩こり、腰痛を始めとした痛みは容易に反応させることができるわけだが、血行を悪くする操作のようなものまで可能なのか? その疑問とも被害者は対面できる。普通の人々はそんなこと考えもしないだろう。人というのは呑気なもので、私もそうだが、状況に巡り会ってから初めてその事態について思索を巡らす訳だが、「体験」は小難しい理屈や理論等一瞬にして飛び越えてしまう。被害者だからこそ体感を通して言えるのは、部位による限定的な血行の操作も可能である確率は極めて高い。そこに発生するのはコリに特有のあの痛みである。

コリ痛も弱い間はまだ笑顔の一つも出るが、激しくなると激痛である。ひどい腰痛や肩こりを経験されたことのある方なら理解できることだろう。肩こりもひどいものになると、激痛が肩に発生し、動作も止まって、顔をしかめ歯を食いしばるほどになるだろう。

それが腰になると、その影響は全身に及ぶ。要するに身動きが取れないか、あるいはひどく緩慢な行動しか取れなくなってしまう。それを数日前から強制反応させられているのが私の身体なのだ。

昨日記し忘れたが、左脚のふくらはぎにも、今にもツリそうな不気味な感触を反応させられ続けている。音声送信によれば、そのふくらはぎの被害は、この腰痛操作が人為であることを強調するためにあえて示すために、新たに加えた操作なのだそうだ。ということでさらに被害箇所が増えたことになる。今朝もずっとふくらはぎには、今にもツリそうな不気味な感触(引きつっているような)が続いている。

ということで昨晩はあれから触覚被害にまみれた苦痛の入浴となった。

気の毒なことに腰痛被害が始まってから愛犬の散歩ができない。愛犬が戸惑ったような様子を見せるが、犬という生き物は不思議で主人に何かが起きていることを勘のようなものでキャッチするのか、私を責めるような視線で眺めない。何か不安げな目でじっと凝視していたのが印象深い。とにかく明らかに運動不足にさせられている。犬種はシベリアンハスキー、適度の運動が絶対に必要な犬種である。この愛犬にまで被害が確実に及んでいる。でも普通の歩行が無理な者に散歩は不可能だ。おそらく激痛で失神してしまうだろう。

入浴後は自由時間だったが、腰痛、音声送信、触覚被害は相変わらず、それに耐えての時間となった。2時に就寝。

3時45分に覚醒の強要。連続睡眠時間1時間45分だが、今朝は案外自然覚醒かもしれない。というのは尿意が強かったからだ。これに起こされたとも考えられる。音声送信はガキの声で(仮名)サイトーと結婚をするを繰り返していた。やはり腰痛もひどい。しかし身体がまだ冷えていなかったのか、結構スムーズに起き上がることができた。

音声送信は他にも「とにかく、何と言われようとやれる間にやりまくってやる!」等の送信もあった。

5時35分に再覚醒。今度は腰痛がひどく感じた。音声送信は何だか賑やかでいろいろな声が聞こえる。そして「いよいよ終わるけど芸能人とかにも結構やられていてさー、思いがけないのまでいたりしたんだよー、でもさあ、もうすぐ終わるから」等と軽い口調で語りかけてきたりした。他、終わっても被害が終わるだけで何にも起きないし、することもできない。大金やら女とかいうのは全部ウソ。だから頑張って生きていってくれなんていうのもあった。ヘタに寝返りはうてない。何度もベッドの中で呻いていた。

7時50分に再々覚醒。ここで決定的な腰痛のひどさを自覚。腰に直接扇風機の風が当っていたせいか、かなり冷えてしまったようだ。この痛みのひどさを私同様にキャッチしている加害者は、今度は右耳に超音波のような音をひどく反応させ、「耳にもひどい攻撃をしてやるからな!」等と脅迫送信を飛ばしてきた。

かと思えば善良そうな老人声が「とにかくもうすぐ終わる、終わる前に少し痛い目に遭ってもらおうというのが沢山いて、こんなことになってしまっている、でも終わると同時に本当に何か良いことがある」等といつもと同様のデマを飛ばしてきた。

8時20分に起床を決める。ここからが大変だった。

横の姿勢から立ち上がるのに、今日という日ほど苦しんだことはなかった。恐らく立ち上がるまでに10分以上かかっていたはずである。被害範囲は左脚ふくらはぎも加わっている。ヘタをするとツリそうな引きつった感触がかなりリアルにある。そして音声送信は右耳へに激しいノイズ。何だか耳が詰まっているかのようなほど。

何とか立ち上がると、呆れ返ったような老人声が「あれっ、立ち上がれた!?」等とほざいていた。

ひたすらゆっくりと書斎まで歩行。歩幅が4分の1歩分くらいだろうか。それでナメクジのような速度で移動。いつ腰に戦慄が走るか分からない。

しかしもはや雑事片付けのことしか頭にない。だからひたすらそのための行動の一点張りで進行。着替え、洗面し、それから様々な雑事片付けである。結局10時には片づく雑事が10時半過ぎまでかかってしまう。そして腰痛被害に加えて着衣になれば普段の猥褻触覚被害もある。それにも耐えていなければならない。

そして書斎に入り、パソコンに向えばはだかにならざるを得ない。今朝もその状態でのこの記録である。

これから目白の銀行まで入金、振り込み、繰り越し等の用事があって出向くが、こんな状態にありながらも走行妨害があるだろう。バスを利用しても良いのだが、乗降時の腰痛や、もし混んでいたらただ事ではないし、座れる保障もない。だからゆっくりと自転車で人通りの少ない道で行った方が安心できるのでそうする。

17時42分

あれから昼食を調理。カレーパスタと余り物のポテサラで済ます。調理中は尻に延々と触覚被害。それとノイズとガキが付きまとい続ける。

食べている最中は相当リアルな触覚被害による食事妨害はいつものとおりである。それに耐えての昼食。普段と何ら変わりなし。

それから普通自転車で目白に。現在のような過酷な状況に於いても触覚被害による走行妨害がひどい。やはりガキの声とノイズが終始何やらやっかみとも妬みとも、憎しみともいえる感情をぶつけてくる。そして右脇の下と胸に本当にリアルな触覚被害。何だか自分の皮膚の中に加害者の手が入ってきてまさぐられているような感触ともいえるが、とにかく気持が悪い。それを目白駅に到着するまでずっとやられ続けた。

銀行に入って用事を済ませ、酒屋に寄って少し洋酒を買って帰路に着いた。昨日に引き続き、帰路は行きほど被害はひどくないものの、いつ腰痛がズキンとくるか分からない緊張の中での運転なので、どちらにしてもストレスは大したものだ。

帰宅してからはやはり触覚被害のやりたい放題。腰痛が少しでも収まれば通常の猥褻触覚被害が復活する。さらに左ふくらはぎもずっと引きつったまま。あとは何だか臓器にもおかしな圧迫感等。

音声送信は二つ目には被害終焉のデマを飛ばしてくる。もう終わる、いなくなる、元各国の首脳たちがやっていた、ここまでひどい目に遭ったのだから良いことがある、アメリカ好きの日本の美人との交際がすぐに始まる云々云々。

23時33分

業務を終えたところだ。腰痛はここ数日に比較すれば少し弱くなっているように思える。

18時半頃より夕飯の準備。かつおとマグロの刺身丼とすまし汁を作って頂いたが、やはりかなり不快な触覚被害を強要されての夕飯となった。音声送信もいちいち干渉してきてはうるさいし、加害者が近隣だの誰だのと相変わらずやっていた。

食後、今晩の「クローズアップ現代」で丁度腰痛の特集を組んでいたので鑑賞。やはり今の時代らしく、腰痛も脳の作用と関係があり、治療方法もそちらの経路を踏まえた上でのものに変化してきているということらしい。最早細胞・分子・遺伝子の領域を通らずには成り立たない時代になってきているのだ。医療も含めたあらゆる技術と、自然と称されて我々に恩恵を与え、共存してきた世界との、かなりのレベルでの合体・結合があらゆる領域で垣間見えるようになってきている。人体に反応する遠隔技術はそこのところを屈指した21世紀ながらの新しい技術である。残念ながら悪用・乱用から始まってしまったものの、画期的革新的であることは、その技術の体験者である者なら心身で十分認識しているはずだ。この技術のデビューはどうあってもそんなに先のことではないように思えてきた。

とはいえ、今現在ではその悪用・乱用の的にされていて、そのレベルがただならない状況になっている身としては、今晩も相当のストレスを覚悟していたが、それに反してここ数日に比べれば痛み等はやや遠のいていて、グラフィックワークの方も痛み抜きの通常の触覚被害とうるさい音声送信被害だけでほぼ済んだように思える。

途中あまりに気の毒だったので、思い切って愛犬を散歩に連れ出したが、多少ダメージはあったものの、何とか数十分歩かせ帰宅することができた。彼女も終始ゆっくり歩いてくれたので助かった。腰には何だかジリジリとした表現し難い感触があったり、麻酔を打たれたかのようなそんな感触もあったりした。

とはいえ、やはりくすぶるように腰痛は続いているし、左ふくらはぎに引きつり感触も延々と続いているし、とっくに完治しているはずのクロスバイク転倒時に強打した左手の平の下部がまだ何故か痛い。音声送信によればこれも操作だとよく送信される。とにかくもうすぐ終わるし、近々大きな幸福に恵まれるとになっていることが分かっているので、それが気に食わないから嫌がらせができる間にやって置こうとする者が多く、今のような状況になってしまったいるのだという。

« テクノロジー犯罪に遭遇して1964 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1966 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

健常者の被害者の方々が詐病で強制入院にされた証拠をセカンドオピニオンの別病院からお墨付き貰えないんでしょうか

まだ マニュアル通りに組織が証言のねじ曲げ 詐病認定の上 被害者無力化 マツダの元学会員引寺さんの判決は典型的な例ですが

黒田大輔さんがどの政党に属して立候補するかとか 政党のイメージの問題が出てきますが やはり 自分精神障害者がしゃしゃりでてるこのブログ 不味いですね

ポテサラとか略してサラッと言ってしまう辺り内山治樹の罪深さを感じずにはいられないのは全世界の共通認識でしょうね

ようペクチョン死ねよ

今年の夏は一緒にムキムキしようぜ!

ようバカペク
死ねな
大患虚報主義に仲間がいたからそこ行けここに来るな

反論されても疎まれても嫌がらせするカスペク死ねよ
谷洋一郎は偽名な

うるせぇ! 犯し殺すぞ!

自作自演のコメントはイメージダウンですよ

カスペク死ねよ

〜キリストの父はcoffeeが嫌い〜

クリスマス
日本の父(安倍)統一教会


公明党は北朝鮮宗教
日本(ニッポン)は酷い
集団ストーカーは創価学会


岩手の小沢氏は在日モンスター
布施AKIRAとの企画
Re:布施AKIRA市長
(全額負担+α)お見逃しなく!!


ウェルカム!佐沼高等学校
人類滅亡 電磁波 族
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=244tuyo3&guid=ON


筑波大学
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/548987/533579


話は大石敦巳
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/699146/584151


自衛隊の犯罪を斬る
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=patentcom


中学生の逆襲
稲中
前野「神はサタンだ」


http://m.youtube.com/watch?v=CXITZlEl6jA&fulldescription=1&hl=ja&gl=JP&client=mv-google&guid=


エアー盗聴器ーAIR



科学警察研究所〜思考盗聴について野口博士に聞く
http://m.youtube.com/watch?v=ICzDCQICeYw
警視庁の完全負担(額)


テレパシーVS仮面ライダー

エヴァVS大友AKIRA



サタン合宿中

思考盗聴器
装置 トラの尾をつかんだら絶対に放すな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して1965:

« テクノロジー犯罪に遭遇して1964 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1966 »