« テクノロジー犯罪に遭遇して1990 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1992 »

2013年7月28日 (日)

テクノロジー犯罪に遭遇して1991

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という51才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

7月28日(日)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ★ 肌の撫で回し● (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、腰痛、左右の手首への痛み、ひどい走行妨害)

10時39分

被害は早朝と就寝前にひどくなる傾向がある。早朝はベッドで横になっていて休息の状態にあるのに付け込まれている訳である。

昨晩はあれから映画を鑑賞。鑑賞に集中すればするほど被害は遠のく。しかしそれまでの間はひどい。当然週末の休息時間な訳だからビールやら洋酒などをたしなむ。そしてこの時間は私にとっても楽しみの時間でもある。当然この名無しの悪党どもが介入しないはずはない。何をされたのかといえば、いつものしゃがれ愚か声に連動して、肝臓に強い刺激である。そのクズが「あいつの肝臓をぶっ壊せ!、無くしてしまえ!」等と喚き散らしている。「酒飲みを豪語しやがって、少しくらい飲めるからっていい気になりやがって!、くそー何で肝臓を破壊できないんだくそ~」等とやっている。

しかし鑑賞を始めて30分辺りから少しずつ被害は遠のいて行った。以降は比較的穏やかに鑑賞ができ、それを終えてから書斎ででも結構静かに過ごせた。が、入浴でそれらの安泰もすべて破壊される。それも見事にだ。名無しの気違いどもは昨晩も入浴時に徹底的に尻や右膝を触覚攻撃してきた。これはもう大変なストレス・苦痛・屈辱だと思ってほしい。「許してくれ。頼む、もう少しやらせてくれ」とか、こんな類いの声が男女の声で聞こえてくる。そして尻にはおぞましい触覚被害が走り続け、直立状態での入浴は無理になる。尻を突き出し、おかしな格好でのシャワー入浴である。

そしてそれで終わりなら良いが、最近はここからがひどい。昨晩もノイズとガキの声が近寄り出し、「甘ったれやがってこのやろ~」等と勝手に向こうで怒り出し、触覚被害のエスカレートである。尻にひどかった。そんな状態での就寝である。しかし疲れも相当で眠気も半端じゃない。だから何とか寝入ることができた。2時半に就寝。

5時に覚醒の強要。今朝は間違いない。技術の力での覚醒である。ぱっちりといきなり目覚める。見事な覚醒度だ。もしこの技術を善用の側で利用できるなら、多くの人がこのぱっちり覚醒を依頼するのではないかと思うほどに見事な目覚めである。しかし慢性寝不足の者にとってはただの迷惑である。そして今朝もすぐに触覚被害が始まる。音声送信は「またやっちまった」といった感じの男の声。いい加減止めなければいけないのに、惰性でやってしまっているかのようだ。「サー」というノイズもひどい。そして何とか寝入ったと思ったら、6時半頃にまた覚醒である。今度は股間にいきなり強い触覚被害、よく聞かされるわが国の名声優であられたナヤゴロウ氏に似た声だ。声だけは立派だが、特に意志薄弱で情けない性格で、今朝も一言目に謝罪と宥めの台詞を並べながらの触覚被害のやりたい放題である。このキャラクターらしいやり口なのだ。

しかし何とかこれも乗り越え寝入った。

次は8時50分頃に覚醒。これは恐らく自然覚醒であろう。もう音声送信も触覚被害も普段とおりに平然と発生していては、とてもゆったりと横になってなどいられない。それでも少しだけコミックを読み。それから起床。9時25分である。

すぐに尻にひどい触覚被害。ベタベタと馴れ馴れしい手付きで撫で回される触覚被害である。それから音声送信は毎度のように下らない次元の低いのが出てきては好き勝手に戯言や雑言をまき散らし。

真っ当な老人声も聞こえてきて、これらは全て内山君の幼なじみのKと不動産屋がやっていて、要するにオヤジさんが存命していた頃に、不動産屋がこの場所を立ち退かないかと相談に来たところ、冷たくあしらわれ、それが原因で、亡父も私もこの技術の的にされ、苦しみ抜いたのだと言う。それがまだ続いていて、幼なじみのKが町の者の多くと私を勝手に繋げてしまって、その中にはやっとのことで中学を卒業したような輩もいて、そういうのがひどいことをやりたい放題やっていて、さらに隣のマンションにも、この技術を可能にするためにわざわざ引っ越してきている者もいる等の送信も飛んできた。

でももうヤバいので止めるとの送信だ。そしてお詫びとして、何とか金になる仕事であるとか、相性の良さそうな女性が用意されているだの、いつもと同様の送信内容である。

そしてこれを書斎ではだかで、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟んで、さらに右大謡への触覚被害に耐えながら記している。要するに普段とまったく同じということだ。

今日はこれからNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの理事会だ。さすがに理事会になると遅刻はできない。だから12時前には家を出なければならない。来月の総会のための決算理事会なので、それほど長くはならないと思うが、それにしても日曜はできるだけ在宅していたいのに、本当にこれにも困っている。特に真夏と真冬は電気系統のトラブルが起こり易いし、一度起きてしまうと、私でなければ対応できないのである。真冬にブレーカーが上がり、半日電気の無い生活を住人さんたちに耐えてもらってしまったこともある。日曜は休日で在宅している人も多い、それだけに大家として在宅していたいのだ。全てはこの技術を悪用している犯罪者どものせいだ。

それに北国の愛犬にとっても過酷な時季で、やはりそばに付いていてやりたい。

少なくとも12時から18時過ぎまでは持っていかれてしまう。


19時29分

理事会を終え、買い物を済ませ、愛犬の散歩を終えたところだ。

飯田橋との間をクロスバイクで往復。往復とも過激とはいえないまでも、十分走行妨害になるほどの触覚被害が胸や脇の下に発生し続けた。

理事会は13時過ぎから始まり、17時半過ぎに終了。この間延々と背中から何者かが抱きつき、自分の身体を密着させているかのような気色の悪い感触が続く。こちらは理事会の席で動けない。そこを散々乱用されまくる。終始うるさいのはノイズとガキの声、延々と嫌われ口、悪態、見下し、中傷、不満、デマをぶつけ続けていた。これだけのエネルギーがあるんだったら、少しは世に役立つ方に使いやがれを本気で言いたく成るほどの、徹底した無駄遣いをしまくっている堕落しきったオナニー猿如きである。

他の男女声も口先だけの謝罪、デマ、それが理事会の最中も帰宅してからも続いている。口々に口頭にお別れに、終わりに、最後に等という台詞を付けながら被害はいつものようにひどいままだ。被害終焉など有り得ないかのような雰囲気がクズ終焉デマと裏腹に漂っている。あとはやはり異性デマである。これもバカの一つ覚えなどとっくの昔に通り越したかのように続く。

散歩の最中も延々と背中からの抱きつきと、視線認識とチンピラだか売春婦だかのクス者の気配を感じさせられ、名無しの気違いのオナニーに強引に付き合わされ続けた。

どこまでのクズぶり、どこまでのゴミぶり、どこまでの廃棄物ぶりか、どんな言葉を選んでも表現しきれない。

こういう最悪のクズのでき損ないに被害者の身体は、データ作成のための材料にされ続けているのだ。長期的にこの技術に晒された場合の結果等、これを造った者にすら分かっていないのだ。それを私たちの身体が引き受け、後にこういうデータの上に特権階級だか、権力側のボンボンとかが、良い方向、得する方向で、極めて信頼性の高い状況で専用できるようになるのだろうか。

« テクノロジー犯罪に遭遇して1990 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1992 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

音声送信の不動産は真実味があると思います

動画記録は何故やめたのでしょうか
あれだけ必要性を訴えていたのにも関わらず詳細な説明が何もないまま突然やめられたのには何か裏で圧力があったのでしょうか

父親特定とかしないのかなこの売春婦の息子谷洋一郎

組織ストーカー・テクノロジー犯罪に関わる全てのサイトを作成しているのは同じ一つの組織によるものです。(組織ストーカー・テクノロジー犯罪のサイトに否定的な内容のサイト、賛同しているサイト、各サイトのコメントも同じです。)もちろん街宣活動をしている「被害者」を名乗る人々も同様に同一の組織の人間です。これらの自作自演を見破られないようにあらかじめ「偽被害者」の存在を仄めかしています。

と谷洋一郎がほざいてるな

音声送信のいちゃもんは異常としか思えない

同一組織の工作員は存在してるが

谷洋一郎は何をほざいてんの?

しつこいコピペだな!
加害組織がいくらマッチポンプが得意だからといって、加害者がすべての被害者を演じることなどできるかよ、アホくせーw
現実味のあることを極めて大袈裟に言って、被害者を混乱させようとする意図でもあるのかねえその工作員。

ただし、ついでに現実味のある部分だけをハッキリ言っておくが、
被害者を自称する者の中に、一定の割合で加害者側の工作員がいることなど当然だと思うぞ。
もし、被害者同士が完全に団結し 結束した力になれば加害者にとってこれほど面倒なものはない。
よって当然、必死で工作員くらいは入り込み、本物の被害者同士の連携を分断する分断工作くらいはやるだろうな。

おそらく加害組織にとって理想的な形は、被害者団体内の人間関係を、偽被害者が主導権を持つ各グループに小分けしておき、それぞれのグループの中にほんの少数だけ本物の被害者がいるという状態に追い込んでおくことだろう。
そうすれば、被害者団体の中にいながらも、被害者は実質的に加害者達に囲い込まれて常に監視されているのと同じ。
加害者側が被害者をコントロールしやすくなり、被害者同士が真に結束し、連携していくのを阻止できる可能性が高まる。

また、最終的には、その偽被害者の工作員と、本物の被害者をどうにかくっ付けてしまえば、加害組織としては実に好都合になる。常に傍で永続的に被害者を監視できるし、被害者の行動を圧倒的にコントロールしやすくなる。
そしてまさにこれも、奴等お得意の手口に他ならず、その中は、いつもの原型、
「正(被害者)→反(偽被害者)→合(結婚または交際)」という「邪道」が内包されているのだ。

よって、
まあ本物の被害者は、人相の悪い犯罪者臭のする感じの奴とか、胡散臭いオーラを漂わせた自称被害者等にはよく警戒した方がいいな。
自分自身の方向性を奴等のマッチポンプの中に取り込まれないように注意するべきだろう。

特に、各被害者団体の中などに、被害者であることを自称しながらも、何故かこの集団ストーカー問題の解決に向けて積極的ではない方向(つまり、なるべく社会に対して声を上げない様な方向)へと被害者達の行動を扇動する者がいた場合は、そいつはこの社会問題の方向性を加害者側に有利になるようにコントロールしようとしている様な、いわゆる「偽被害者」の可能性もあると考えた方がいいだろうな。

なぜなら、どうやら加害者どもは、こんな凄まじい人権侵害を行っておきながら、被害者達に声を上げてほしくないと思っているらしく、それは個人的な経験則やその他の被害事例から見ても、最早明らかだ。よって、その様になるべく被害者が声を上げない方向へと誘導しようとする者は、結果的に加害者側の利益を与した行動をしていることになるからだ。

以上、谷洋一郎でしたけども

〜キリストの父はcoffeeが嫌い〜

クリスマス
日本の父(安倍)統一教会


公明党は北朝鮮宗教
日本(ニッポン)は酷い
集団ストーカーは創価学会


岩手の小沢氏は在日モンスター
布施AKIRAとの企画
Re:布施AKIRA市長
(全額負担+α)お見逃しなく!!


ウェルカム!佐沼高等学校
人類滅亡 電磁波 族
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=244tuyo3&guid=ON


筑波大学
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/548987/533579


話は大石敦巳
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/699146/584151


自衛隊の犯罪を斬る
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=patentcom


中学生の逆襲
稲中
前野「神はサタンだ」


http://m.youtube.com/watch?v=CXITZlEl6jA&fulldescription=1&hl=ja&gl=JP&client=mv-google&guid=


エアー盗聴器ーAIR



科学警察研究所〜思考盗聴について野口博士に聞く
http://m.youtube.com/watch?v=ICzDCQICeYw
警視庁の完全負担(額)


テレパシーVS仮面ライダー

エヴァVS大友AKIRA



サタン合宿中

思考盗聴器
装置 トラの尾をつかんだら絶対に放すな

読め!! 〒産業科学技術センター



重光犯人 昭和41年5月26生



思考盗聴器械 証拠カード 県警



逮捕 警察官が憲法変えないと





証言一流 平成26年7月23日

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して1991:

« テクノロジー犯罪に遭遇して1990 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1992 »