« テクノロジー犯罪に遭遇して1993 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1995 »

2013年7月31日 (水)

テクノロジー犯罪に遭遇して1994

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という51才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

7月31日(水)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し● (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、腰痛、左右の手首への痛み、ひどい走行妨害)

9時49分

被害はいつもとおりである。早朝の音声送信によるデマがリアルなだけでそ以外は何も変わりはない。触覚被害は相変わらずだし、音声送信もそれに見合ったひどいものばかりが飛んでくる。チンピラ、認知症、痴呆症、酔っぱらい、ヤク中云々だ。アメリカ合衆国の名が頻繁に出てくる。アメリカの田舎の方の庶民と結んで、この技術の力を試しているのだそうだ。だから細かい個人情報である、各暗証番号やID、パスワードが知れたところが大丈夫なのだというバカなアナクロな戯言も飛んでくる。とにかく朝から音声送信の乱れ方は大したものだ。

昨晩はあれからそれほど記すことはない。書斎でYou Tubeを鑑賞しながら晩酌。門限の時間まで起きていて、少々夜更かしし2時50分に就寝。触覚被害は並レベル。

5時50分に覚醒の強要。連続睡眠時間は3時間ほど。やはりいつもの状態に戻る。きちんと眠れる日が2日とは続かないのだ。はっきりと覚醒。そしてすぐに寝付けてしまうのだ。信じられるだろうか。この時点では遠くにノイズを確認しただけ。

そして今度は7時50分に覚醒の再強要。ここで一見真っ当そうな数名の男の声でアメリカからやっていて、すぐに終わる、そしてすぐに日本の若い美しい、スタイル抜群の女性と君が飲みに行く店で会い、その場で意気投合し、交際が始まり、一生の伴侶となる。仕事も沢山入ってくる。それだけ沢山の貢献をしてくれた、絶対にそれに見合ったことをアメリカ合衆国からさせてもらう。すぐに普通に戻れる。本当に有難う等と起床の時間までやっている。

もちろん完全なデマである。そんなのは起床すれば即座に分かる。ということで8時40分に起床。同時に尻に触覚被害の始まりだ。音声送信は見せかけだけは善の側が強い。いつもと同様の展開。しかししっかりと触覚被害は始まっている。鳥のエサを取り替える頃には尻への触覚被害は相当のものになる。音声送信も上記した乱れた気違いどもが出始める。

今日も被害三昧の一日の始まりだ。アメリカだかロシアだか中国だか知らないが、思い付くままに言いたい放題のやりたい放題である。

その中で雑事を片づけ、書斎で着衣を諦めはだかで、これを記す、扇風機は当然オンにする。そして両肩や胸に風を利用した猥褻触覚被害。仕方なくオフにし防御。これが我々の被害というものだ。これは21世紀後半に日常化するであろう遠隔技術悪用の犯罪の一例である。

クズの自尊心無しのクズガキがすぐに登場する。このクズは私がこの犯罪をブログやらで批判するのを待っている。そしてそれをしたら、それを口実に現れギャアギャアと騒ぎ立て犯行の口実に利用する、ハイエナに劣る最低ぶりだ。今朝もいつもと全く同じ流れ。やはりノイズとクズガキの騒音と扇風機の風の悪用。そして何故かインスタントコーヒーの空き瓶は右脇の下に挟まっている。

今日も会報誌のレイアウト業務だ。原稿の出方によっては夜は外食とするかもしれない。まだ分からない。

19時9分

被害は触覚被害に関しては普段とおりだ。書斎での業務は一貫してはだか。着服は無理。屋外では常々触覚被害に耐えての状態。服を着るととにかく何らかの悪寒がある。

音声送信はやや遠い。ノイズもガキもそれ以外も、それほどはうるさくはない。時々近寄ってきてはうるさくなる程度である。内容は被害終焉、異性交際のデマが多いのもいつもと一緒だ。

昼はベーコンと野菜のサンドイッチとミネストローネをつくったが、これみよがしに食事中の被害はひどかった。結局はひどくなるといった感じだ。

とりあえずノルマは達成したので、今日は終業として、外食に出る。

« テクノロジー犯罪に遭遇して1993 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1995 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

酷いテクノロジー犯罪被害者の中に、ベジタリアン、ヴィーガンの方もいるかどうか、知りたいのですが、内山様はご存知ですか?

良心とそれを守護する因果律の法によって自分を守る方法のひとつとして、そうした良心的な生き方をすることで、完璧ではないとしても、体験的に、かなりの程度、自分を守れると感じています。

組織ストーカー・テクノロジー犯罪に関わる全てのサイトを作成しているのは同じ一つの組織によるものです。(組織ストーカー・テクノロジー犯罪のサイトに否定的な内容のサイト、賛同しているサイト、各サイトのコメントも同じです。)もちろん街宣活動をしている「被害者」を名乗る人々も同様に同一の組織の人間です。これらの自作自演を見破られないようにあらかじめ「偽被害者」の存在を仄めかしています。

内山治樹=CAGEだという証拠はあるのですか?

けいじさんは広島です 写真も自分のブログで掲載してます 内山さんとは東京でお会いしてます けいじさんは元加害者ですが今は被害者です

かつて矢野さんの書籍を書店で買い占めた隠蔽体質 何も変わってません

どうぞラクになさって

>組織ストーカー・テクノロジー犯罪に関わる全てのサイトを作成しているのは同じ一つの組織によるものです。

といういつものコピペを繰り返す人は、

このブログの記事
http://tanago381.blog137.fc2.com/blog-entry-68.html

のコメント欄の一番上に、
宮下というネームで2012.01/11 18:58分
に投稿してある人と同一人物の宮下さんでしょうかね?

貴方が

>「被害者」の99%は偽物です。これを見破られてもいいように予め「偽被害者」という話題が流布されています。

という結論に至った根拠は、どういったものでしょうか?
自分は本物被害者なので参考までに是非ともご教授願います。

しかし、仮に99%が偽者だとすると、既存の被害者団体は信用できないということになり、本物の被害者が偽被害者に騙されたくないのなら団体に加入しない方が身の為だということになると思うが、
では、本物の被害者は、どうすればよいとお考えでしょうか?

>しかし、仮に99%が偽者だとすると、既存の被害者団体は信用できないということになり、本物の被害者が偽被害者に騙されたくないのなら団体に加入しない方が身の為だということになると思うが、
では、本物の被害者は、どうすればよいとお考えでしょうか?
=宮下さんだとしたら解答されないと思います
被害者の分断が目的ですので
社会的認知が急務ですので個人でも団体でも被害を社会に訴えていくことが必要だと思います

死ねや谷洋一郎

ふぅん、そういうことか

谷洋一郎の新キャラ入りました

〜キリストの父はcoffeeが嫌い〜

クリスマス
日本の父(安倍)統一教会


公明党は北朝鮮宗教
日本(ニッポン)は酷い
集団ストーカーは創価学会


岩手の小沢氏は在日モンスター
布施AKIRAとの企画
Re:布施AKIRA市長
(全額負担+α)お見逃しなく!!


ウェルカム!佐沼高等学校
人類滅亡 電磁波 族
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=244tuyo3&guid=ON


筑波大学
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/548987/533579


話は大石敦巳
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/699146/584151


自衛隊の犯罪を斬る
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=patentcom


中学生の逆襲
稲中
前野「神はサタンだ」


http://m.youtube.com/watch?v=CXITZlEl6jA&fulldescription=1&hl=ja&gl=JP&client=mv-google&guid=


エアー盗聴器ーAIR



科学警察研究所〜思考盗聴について野口博士に聞く
http://m.youtube.com/watch?v=ICzDCQICeYw
警視庁の完全負担(額)


テレパシーVS仮面ライダー

エヴァVS大友AKIRA



サタン合宿中

思考盗聴器
装置 トラの尾をつかんだら絶対に放すな

読め!! 〒産業科学技術センター



重光犯人 昭和41年5月26生



思考盗聴器械 証拠カード 県警



逮捕 警察官が憲法変えないと





証言一流 平成26年7月23日

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して1994:

« テクノロジー犯罪に遭遇して1993 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1995 »