« テクノロジー犯罪に遭遇して1994 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1996 »

2013年8月 1日 (木)

テクノロジー犯罪に遭遇して1995

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という51才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

8月1日(水)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し● (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、腰痛、左右の手首への痛み、走行妨害)

10時12分

昨晩は天気も心配だったので普通自転車で隣町の江古田まで出向いた。行きの走行は触覚被害がメチャクチャである。クロスバイクでなくて良かった。通常の自転車は安定性もあって、歩道も車道もクロスバイクに比べれば容易に行き来できる。音声はクズガキとノイズ、他愚か声。やりたい放題の感である。制する声も聞こえるが、こちらの意識を捕まえるためのクソ芝居にしか聞こえない。

さらに店を見つけ入店してからもクズガキとノイズ、それと触覚被害がしつこく続いた。クズガキがギャアギャアとひがみややっかみを怒りの言葉でぶつけてくる。制する声もただやかましいだけだ。触覚被害も続く。

昨晩はさらに店の対応に致命的に悪いところがあって、それも不快に加算、本当はこんな店では無かったのに…。と思わせることが続き、決してまずくない料理を急いで片付ける羽目に陥った。不快な店には誰だって長居はしたくない。気分を直しに大衆的な店に移動。そこで幾分かは気分を直し、それから帰宅とした。年に数度こういうことがある。帰路は妨害はそれほどではなかった。

帰宅しすぐに愛犬の散歩。被害は普段に比べればやや遠いといった感じ。コースは愛犬に任せ、歩いたが少しバテているのか、すぐに帰宅となった。

それからは軽いカクテルをつくってゆっくりと過ごした。こうすると被害は遠のく。昔からのことだ。しかしそんなご隠居さんみたいな生活はしていられない。家の管理者とデザイナーとしてやりたいことと、やらなければいけないことが山とある。

You Tubeでライブを鑑賞していたがやはり寝入ってしまう。気付くと3時を回っていた。すぐに大急ぎでシャワーを浴び、就寝しようとすると音声送信はまたエスカレートしだす。オナニーをしろだの、そういうクズ内容である。触覚被害も右脚にひどい。しかし相手になどしていられない。3時半過ぎに就寝。

6時43分に覚醒の強要。ラジオの音だけが聞こえる。被害は両方とも感じない、すぐに寝付く。

しかし今度は射精の強要があった。これが本当の夢精なら、まとまった量の精液が一気に出るが、僅かな量の精液がグズグズと出たに過ぎないし、いかにもその瞬間のそれらしい映像と、射精直後に女の声で、「これで私はいなくなります、古くからの住人のPより」等とやっている。即ち視覚操作、射精操作、音声操作の3つによる被害である。射精や下痢の操作を頻繁にやられている男性被害者の方もいる。そのくらいにこの辺りの操作も何ら難しいことではない。

脳に技術が入り込んでいる以上、私たち被害者に覚醒状態も睡眠状態もない。この状況を私たちは身体で知っているのだ。想像つくだろうか? しかしもう少しすれば、私たちだけでなくなる世の中の到来である。

次は7時45分に覚醒の再強要。すぐに寝入れ、今度は8時55分に覚醒。これは自然覚醒。眠気と倦怠感が相当だ。これが本当なのだ。

音声送信は白々しく異性交際のデマを流してくる。9時5分に起床。すぐにシャワーを浴び、それから雑事片付けだが、途端に尻にひどい触覚被害。音声送信は善悪の問答ややり合い。いつもと全く同じ展開だ。

善側は被害終焉の送信と異性交際の送信、共にデマである(だから善とは言えない)。それに対し愚か声はいつもと同様、酩酊者のような声調と内容である。マトモではない。

それらに耐えての雑事片付け。胸への相当ひどい触覚操作もいつもと同様だ。ノイズとクズガキうるさい。

そしてパソコンの前に座れば即座にはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶挟み。何も状況に変化なし。音声送信は相変わらず被害終焉と異性交際のデマ。それと執拗な内面介入である。

24時6分

全体的に音声送信が少し遠かっただけで、それ以外は被害三昧だった。音声が遠いとは言っても特に毒にならない声が聞こえなくなっただけでクズ声の方は健在である。クズガキ、不満声、愚か声云々だ。

愚痴や不満はただでさえ腰抜け扱いされる要因だが、それをこの技術を通しやっているのを何と形容すればいいのだろう。そんなのもよく出現する。

昼は昨日と同じサンドイッチにしたが、被害は全くいつも同様にひどいまま。不快に耐えなければ食事ができないといった感じだ。

それからすぐに業務。当然はだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、右大腿への触覚被害、右肘への触覚被害に耐えてのストレスだらけの状態の中でのレイアウト業務だ。

途中スーパーまで買い出しに出たがここでも何らかの触覚被害を強要された。ノイズとクズガキもうるさい。

あとは同じ異常状況の中での業務再開。

夕方から合間を見ながらカレーをつくった。エビとイカでシーフードカレーである。

19時から食べ始めたが、今日はカレーであっても触覚被害はひどかった。とにかくどこでどんな展開になるのかがさっぱり分からない。

音声送信は今日は終日被害が終わって、すぐに私が結婚するつもりがあるのかを尋ねてくる女性が現れるが、その女性のことを内山君は嫌がるだろう。だから結局何にもならないまま、全てが終わってしまう等の送信が何度も飛んできた。しかし被害が終わるような雰囲気は全然名無しどもの方から感じ取れない。まだまだ続くような雰囲気だけがムンムンである。それでいながら、もう終わる、いなくなる、お別れに、最後に、二度と来ないを何度も何度も口走っては触覚被害はずっと続きっぱなしである。

夜も触覚被害に耐えながらはだかでの業務。音楽を流しながらの業務だが、好きな音楽をかけると途端に左耳に「サー」というノイズが貼り付き、クズガキが興奮しだす。そして触覚被害もエスカレートする。その展開は相変わらずである。あとは23時過ぎの終業までひたすら耐えに耐えての業務となった。

でいながら音声送信はもう終わる、いなくなる、お別れ、最後に一言、お別れに一言、二度と来れないから今の内に等とずっとやり続け、それに飽きると、日本の美しい若い女性と付き合える等とやっている。

愛犬の散歩も背後からの触覚被害に見舞われての苦痛と不快の中でのもの。今日も愛犬は早めに帰宅。だから立腹するほどまでは高ぶらなかった。

そこでも被害終焉と異性交際のデマを続けていた。女から申し込まれる、もう本当に終わり…云々云々。

すぐに入浴。尻への触覚被害が凄い。苦痛と屈辱と不快の散々な入浴。悪い方への気分転換になる最悪の時間である。そこでももう終わる、今のうちにやらせてくれ、死んだ親父の知り合いたちだ、近所にいる奴がやっているだの好き勝手に喋り続けている。

散々の入浴も終え、そしてこれを記している。これからやっと自由時間である。

明日も大変込み入ったページのレイアウトが待っている。また名無しどものカモにされ、相当のストレスに晒されながら、女ができるだの交際が始まるだの言われ続けバカにされ続けるのであろう。

« テクノロジー犯罪に遭遇して1994 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1996 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

受信した音声の一部です。
わかる限り全て日本語で書きます。
「今度からコンドームつけろよ」
「こいつの歯見てるとむかつく」
「シャンプー代の無駄」
「ころしてやる」
「もみもみしてやろうか」
あと
ルックスがいいかどうかの無駄話が非常に多いのが特徴です。

「アバズレ」
という音声発生。
資金源は無限なようです。

昔からあったな、こういう世界の仕組みが、と非常にわかりやすい現象です。

死ねや谷洋一郎

また谷洋一郎が被害者になりすましてやがる

キエヤガレドキチガイ

やっぱり谷洋一郎と書いたら低周波攻撃が強くなりやがらww

死ねや谷洋一郎
実際そっちのほうがラクだろバケモノ

コイツ一分もあけずに低周波攻撃してここにきて被害者ぶりやがる
売春婦の息子谷洋一郎はよ死ね

組織ストーカー・テクノロジー犯罪に関わる全てのサイトを作成しているのは同じ一つの組織によるものです。(組織ストーカー・テクノロジー犯罪のサイトに否定的な内容のサイト、賛同しているサイト、各サイトのコメントも同じです。)もちろん街宣活動をしている「被害者」を名乗る人々も同様に同一の組織の人間です。これらの自作自演を見破られないようにあらかじめ「偽被害者」の存在を仄めかしています

テメーじゃねーか谷洋一郎
こっちが既に気付いたことを繰り返すなキエヤガレドキチガイ

嫌がらせする権利意識の持ち主

加害者が他の加害者情報をチョイダシして第三者か被害者になりすますな谷洋一郎
売春婦の息子クタバレ

ふぅん
そうなんだ

キエヤガレ谷洋一郎

>ふぅん
>そうなんだ

何しに来るのこの売春婦の息子

また余裕ありげなww
自分がキチガイであることを受け止める余裕もないクセになww

超賤人なんか犬だわ

こっちが被害にあってるのにその加害者の谷洋一郎がネットストーカーで付いて来て被害者第三者になりすますのを邪魔するのを谷洋一郎は『悪意がある』と感じるらしいな
 
何もかもがキチガイ

清廉潔白ではないけど分類的には被害者ですよ

>清廉潔白ではないけど
 
テメーそれ被害者に『清廉潔白じゃねーだろ』と聞かせてるよな?
被害者が清廉潔白じゃないとしてテメーが嫌がらせする理由をキカセロヤ
 
あ?
 
清廉潔白じゃないのがテメーの嫌がらせの理由じゃあるまいに
ましてや清廉潔白な人間がいたらより一層嫌がらせしたくなるだろ
 
被害者が清廉潔白でないのを理由に嫌がらせをするならテメーら加害者の罪は重くなるだろ
わかるかカタワ
被害者が清廉潔白でないことを理由に加害者を許すべきなんか売春婦の息子

けいじさんみたく加害者から被害者になるケースや自分みたいなケース 選さ万別だから

被害者の清廉潔白でないことを理由にするならテメーら自殺しろや売春婦の息子谷洋一郎

嫌がらせせずには居られない超賤人谷洋一郎の嫌がらせの理由は『清廉潔白じゃないだろ』かww
 
本音であるわなww
 
継ぎ接ぎだらけの脳みそしてやがるわww
 
被害者が加害者を糾弾するのを『お前らだって!』と対等になろうとしやがるわけよww
 
テメーの目ん玉えぐり出した時にそう言ってやろうな谷洋一郎ww

谷洋一郎の嫌がらせに何か正当な理由があるならそれをほざけやww
『嫌がらせしたからって否定ちゅるな』しかあるまいがキチガイww
しかも本気で寄生虫として生きて行こうと考えてるよなww
その理由が『清廉潔白じゃないだろ』じゃ通用せんわなww
超賤人に真実と正義は猛毒だわなww

清廉潔白かどうかを問題にしたら谷洋一郎は死刑囚だろうww
色々考えたが谷洋一郎は全てのホラ吐かせた後、自分の死を規律正しい生活で待つ死刑囚が良いよなww

〜キリストの父はcoffeeが嫌い〜

クリスマス
日本の父(安倍)統一教会


公明党は北朝鮮宗教
日本(ニッポン)は酷い
集団ストーカーは創価学会


岩手の小沢氏は在日モンスター
布施AKIRAとの企画
Re:布施AKIRA市長
(全額負担+α)お見逃しなく!!


ウェルカム!佐沼高等学校
人類滅亡 電磁波 族
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=244tuyo3&guid=ON


筑波大学
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/548987/533579


話は大石敦巳
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/699146/584151


自衛隊の犯罪を斬る
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=patentcom


中学生の逆襲
稲中
前野「神はサタンだ」


http://m.youtube.com/watch?v=CXITZlEl6jA&fulldescription=1&hl=ja&gl=JP&client=mv-google&guid=


エアー盗聴器ーAIR



科学警察研究所〜思考盗聴について野口博士に聞く
http://m.youtube.com/watch?v=ICzDCQICeYw
警視庁の完全負担(額)


テレパシーVS仮面ライダー

エヴァVS大友AKIRA



サタン合宿中

思考盗聴器
装置 トラの尾をつかんだら絶対に放すな

理由

本物の神を造ればいい(エヴァ)


イチョウの葉っぱネルフ


アダムとイヴが神様から身を隠すときに用いたのがイチョウの葉


〈テロ〉
テロとはテロリズム及びテロリストの行う破壊や殺傷をともなう行動のことを指しています。

テロとは、思想・政治や宗教などの目的を達成するため個人や集団において行われる無差別な破壊行動や殺傷です。

テロは、目的を達成するための集団が統制のとれていない場合が多く、同じ目標の為に何度と攻撃を行うことが極めて少ない(理由としては、計画性がズサンだったり、1度きりの自爆行動に目的があったりするから)。

似たようなものでゲリラといったものがあります。

人は不老不死じゃない

エヴァンゲリオン 序 破 Q :Ⅱ

LIVE 地球46憶年 TOP


これが集団ストーカーのモビング


「骨犯罪」\(//∇//)\===卍


骨の通過 マイクロ波 新しい犯罪 悪性腫瘍の原因 プランvsブログ作戦

檻に入れられ “産業 国家犯罪”

読め!! 〒産業科学技術センター



重光犯人 昭和41年5月26生



思考盗聴器械 証拠カード 県警



逮捕 警察官が憲法変えないと





証言一流 平成26年7月23日

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して1995:

« テクノロジー犯罪に遭遇して1994 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1996 »