« テクノロジー犯罪に遭遇して1996 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1998 »

2013年8月 3日 (土)

テクノロジー犯罪に遭遇して1997

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という51才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

8月3日(金)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ★ 肌の撫で回し● (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波☆(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、腰痛、左右の手首への痛み、過激な走行妨害)

10時38分

昨日はあれからYou Tubeを鑑賞して自由時間とした。思っていたよりかは被害はひどくなかったし、就寝直前の高ぶりも無かった。しかし自由時間を取ろうと軽いカクテルをつくっている最中は音声送信はひどかった。3時15分に就寝。

7時15分に覚醒の強要。すぐに「サー」というノイズとガキの声。いつもと同じ内容のデマ。「もうすぐ終わる、女性がすぐに現れる」そんなのだ。

結構すぐに寝付け、次は8時55分に再覚醒。今度は触覚被害、音声送信ともに普段と同じ状態である。今朝は幼なじみのKが家族ぐるみでやっていて、本人がのめり込んでしまい、止めれなくなり、周囲に者たちがこれ以上はまずいと判断し、K本人にも私と同じことを始めたのだそうだ。都内のKの家には私のヒトガタがあって、それで何年も遊び続けていたのだそうだ。

因みに昨晩は近隣の誰々がやっていた等とほざいていたのが、今朝は幼なじみのKである。そしていつものようにこれを元に勝手に話しをつくり続けていた。

そしてKの仕立て上げ送信はまだ続いている。思いつきの送信を飛ばしているのなら、どうやったら音声送信とやらを信じていいのかを、まず飛ばすべきではないのか。

触覚被害もそれほど強くはないとはいえ、身体各所に。

そして書斎でははだか。今も右大腿への気色の悪い生暖かい皮膚の感触に耐えながらこれを記している。今日はこれからここ数日の屋内缶詰の状態から少し身体を解放し、週末らしく都内をクロスバイクで散策してくる。暑いが猛暑からは解放されているようだ。ついでに現在山場の会報誌に掲載する広告写真も撮ってくるつもりだ。

20時12分

被害は相当のものだ。

クロスバイクで浅草と上野に行ってきたが、行きも帰りもひたすら我慢我慢の走行となる。最近は全く被害の予測がつかない。ひどいのかと思えば拍子抜けするほどに軽かったり。しかし今日はその逆だ。まずノイズとクズガキ、それといつものチンピラ人工音声郡である。あえて知性の低いキャラクターを造り上げてはこちらのムカツキを高めたいらしい。あえて非常識、痴呆症、怠惰、無感覚、そういうキャラクターを出してくる。しかしもう音声送信についてはこちらもエキスパートのつもりだ。「またいつものあれか」で一貫している。

触覚被害も攻撃はワンパターンだ。胸と脇の下に被害が集中するが、触覚被害に慣れることは事実上不可能である。私は酒が好きだし、よく飲む方だと思うが酔っぱらうことはまずない。体質的に酒が合っている体質なのである。それは酒が身体に合っていない人や、酒に興味のない人からは理解できないことだと思うが、何事にも適不適があるように、ここにもそれはあるのだ。実際誰の周囲にもそういう人はいないだろうか。だからこのテクノロジー犯罪の被害を何らかの形で反応し続けていなければならない体質ということにもなってしまう。ただ多少鈍感になれるということはあって、防御にはなり得る。しかしその程度だ。だから相手は私が多少飲んでいても攻撃のレベルを無闇に上げない。ということで触覚被害というのは大変な効力のある攻撃ということで、これは本当に兵器に成りうるものだ。刃物や拳銃と一緒である。

そして今日も片道それぞれ1時間ほど。帰路は上野経由だったので90分ほどの走行時間。

さらに帰宅してから今度は園芸関連のことで同じクロスバイクで練馬との間を往復したが、ここでも往復時常にノイズとクズガキと触覚被害がついまとい続けた。

とにかく右胸と右脇の下と時に右脚と膝にまで被害範囲は広がる。音声送信クズガキに加えて、表向きだけの善良声と上記した、あえてムカツキを増幅させようという狙いのあるキャラクターも出してきては、脳内を人工音声だらけにしていた。

よくもまあ耐えたものだが、特に今週は業務が多忙で、書斎で独り籠りっきりだったせいもあって、とにかく外の空気を吸いたい、人を眺めたい、雑踏に入り込みたいという気持が何よりも強く、この名無しの気違いどもの被害とかいう、狭い狭い世界の中にいるのが死ぬほど嫌だったのである。付きまといの気違いストーカーと二人でいさせられているような最悪の異常状況である。

ということで浅草ではあえて有名で込み入っている天ぷら屋に寄り、それから雷門前の雑踏の中をゆっくりと走行し、それから先輩の運営している喫茶に寄り、撮影を片づけ、それから上野の不忍池にハスを眺め、帰路についたのである。とにかくどこにも人人人である。名無しの変態気違いと一緒にいるのに比べれば、それがどれだけ健全でノーマルで、安心できることか、こんな兵器ともいえる危険な技術に内面寄生されている状況に晒されなければ絶対理解できないものである。

帰路もひたすら耐え続けた。左耳に貼り付くノイズ、クズガキ、気違いキャラクター、善を装う醜悪声、これらの声に耐え、右脇の下、胸、背中、大腿、膝への触覚被害に耐えに耐えた。

道で擦れ違う人、追い抜く人、向こうを歩く人、ビルの中の人、車の中の人、人人人をできるだけ意識し、眺め、そして自分の普通を必死に守り抜いたつもりだ。それでも、この人工音声は女ができるだの、すぐ終わるだの、良いことがあるだの、ごめんなさいだのの冷たい、人工声をひたすら脳内に入り込んでくる。こちらの生命活動の源になっている電気活動を利用して外部から反応を起こし、身体が自動的に引き受けてしまうしくみに依存される以上、死なない限り、意識しない訳にはいかないという残忍さがどれだけのものか、これを読んでいつになったら多くの人々が共感してくれるのだろう。私たちテクノロジー犯罪被害者がどれだけ残忍極まりない目を強要されているのか、それが解明される日は私はすぐに到来すると信じている。

練馬からの帰路、一度意識がこの変態異常者の方に向きかけたことがあった。その時に自分の内面に発生した殺意には自分でも驚くほどの強烈さと深さがあった。この原始的な感情をいかに昇華するのか、それが自分にとっての当面の難題である。「自分だけでない」ということがどれだけ力を与えてくれるか、それを多くの被害者の方々は絶えず自覚しておいて欲しい。

それを何が何でも分かって欲しい、知って欲しいという欲求から自分のできる範囲内でこの異常犯罪の事実をメディア化し、世に残し続けている。これからも必死に続ける。

被害報告集第3巻の話しもそう遠くのことではないだろう。

帰宅してからは今度はじじい声が異常犯罪者のくせをして真っ当ぶって、私や私の将来や私の周辺の人々のこと、異性のこと、死期のこと、死因のこと等をズラズラと勝手にほざき続けていた。一応そられしく話した後に「今のは全部ウソ」と被害者をクズ扱いする展開だったことは言うまでもない。

触覚被害もひどいままで、その原因を我が家の住人のせいに仕立てあげ、固有名詞まで次々と出してくる始末である。一体てめえがどこのどいつだか全く不明なのにである。

背後からの抱きつき、皮膚の密着、覗き込み、視線認識、胸揉み、撫で回し、腕や肩をんだり、脇の下の刺激等等。

夕飯はとろろそばをつくったが、相当の触覚被害に耐えることになった。わずか3分ほどの食事の時間が触覚被害のオンパレードである。被害を何とか無視し、食べているものの味に意識を向けるのに必死になるのだ。そんな夕飯の時間がどういうものなのか等被害者でなければ絶対に分からない。ましては加害者は異常者で気違いである。だから被害者が苦しみ、屈辱にまみれても何も感じないのだ。そして音声送信とやらがやるのが、世界のどこの被害者の間でも周囲の者が加害者で、すべてそいつが悪いんだという思考の刷り込みである。犯罪者の考える事など古今東西一緒なのである。だから音声送信は音声送信で良いのだ、それを従来の人が発する言葉と同様に受け取っては絶対にいけない。これは鉄則である。

今度は被害者のための事典ともマニュアルとも事例集ともいえるものの制作に入る。ここでは以上のようなことを述べ、さらに被害者=社会に役立つ伝達物を世に出すことになっている。

そして書斎でははだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、大腿や他の部分に発生す触覚被害に耐えてこれを記している。クズが扇風機の風を利用した触覚被害に夢中になっている。左肩にそれが起きていて、相当の不快である。

« テクノロジー犯罪に遭遇して1996 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1998 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

奇怪な顔立ちを見ました

アレは怖いです

テメーの病気より奇妙かそりゃ
あ?

>奇怪な顔立ちを見ました
>アレは怖いです
 
自分以外の悪者やゲテモノをねつ造しとけよ谷洋一郎

組織ストーカー・テクノロジー犯罪に関わる全てのサイトを作成しているのは同じ一つの組織によるものです。(組織ストーカー・テクノロジー犯罪のサイトに否定的な内容のサイト、賛同しているサイト、各サイトのコメントも同じです。)もちろん街宣活動をしている「被害者」を名乗る人々も同様に同一の組織の人間です。これらの自作自演を見破られないようにあらかじめ「偽被害者」の存在を仄めかしています。

どけよ超賤売春婦のバカ息子谷洋一郎

年がら年中言い掛かり付けて責め立ててないとならない精神障害者ばっかりの民族を嫌でも自覚するわな谷洋一郎

1:04福田クラクションと暴走族バイク同時に、ここの常連谷洋一郎が寄越したな
 
超賤売春婦のバカ息子谷洋一郎
 
言いたいことがあるならチラシの裏に書けよ

Def Techも超賤人だろうな
三浦勝也あてがい工作員の1人だしな

〜キリストの父はcoffeeが嫌い〜

クリスマス
日本の父(安倍)統一教会


公明党は北朝鮮宗教
日本(ニッポン)は酷い
集団ストーカーは創価学会


岩手の小沢氏は在日モンスター
布施AKIRAとの企画
Re:布施AKIRA市長
(全額負担+α)お見逃しなく!!


ウェルカム!佐沼高等学校
人類滅亡 電磁波 族
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=244tuyo3&guid=ON


筑波大学
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/548987/533579


話は大石敦巳
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/699146/584151


自衛隊の犯罪を斬る
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=patentcom


中学生の逆襲
稲中
前野「神はサタンだ」


http://m.youtube.com/watch?v=CXITZlEl6jA&fulldescription=1&hl=ja&gl=JP&client=mv-google&guid=


エアー盗聴器ーAIR



科学警察研究所〜思考盗聴について野口博士に聞く
http://m.youtube.com/watch?v=ICzDCQICeYw
警視庁の完全負担(額)


テレパシーVS仮面ライダー

エヴァVS大友AKIRA



サタン合宿中

思考盗聴器
装置 トラの尾をつかんだら絶対に放すな

読め!! 〒産業科学技術センター



重光犯人 昭和41年5月26生



思考盗聴器械 証拠カード 県警



逮捕 警察官が憲法変えないと





証言一流 平成26年7月23日

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して1997:

« テクノロジー犯罪に遭遇して1996 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して1998 »