« テクノロジー犯罪に遭遇して2007 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2009 »

2013年8月14日 (水)

テクノロジー犯罪に遭遇して2008

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という51才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

8月14日(水)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し● (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、腰痛、左右の手首への痛み、走行妨害)

10時14分

被害はひどい。今朝も連続睡眠時間は2時間40分である。昨晩就寝したのが2時頃、覚醒の強要が4時40分である。

まずこの睡眠妨害、それと自宅で自炊の際には確実に襲われる食事妨害、さらに入浴、散歩と急激に触覚操作を遠隔操作させられない時間が、今日明日に戻ってくるように到底思えない、私とかが思っているよりもはるかに大きく深い要因があるのだと思う。そういう洞察がこういう巨大で膨大な記録や、一人の少なくとも大学を卒業し、都内の一戸建ての家の管理者、それも多くの人をお預かりしている身の者を真剣にさせ、かけがえのない人生の貴重な時間と大金を割いて消費・消耗させている原動力になっているのだ。

この技術を乱用しているのがただの軽卒で軽薄な者であったとしても、この技術自体は大変なものだ。その周辺に存在する「者」のことなどどうでもいい、加害者が男であろうが女であろうが、自国の者か外国の者か、老人か若者か、単独か多数か、そんなことは知ったことではない。

これだけのことを実現してしまう技術そのものが凄いのだ。ひたすらそれに感動し続けている。それも受け身の者として、受け身の者にしか分からない感覚的なもの、そのほとんどが不快で苦痛で屈辱的なものであったとしても感動的ですらある。ある意味、この技術の心身で知ることができたことは大変貴重なことであるということだ。

しかし損失は事実。それも秘密裏に、不条理に、無断にである。それを許してしまって無事な社会人と言えるだろうか。これもまた真実だ。だからそういう倫理的な側面では飽くまで普通の庶民として、飽くまで認識の範囲内で、民主主義に思想の下に生きている者、生かされている者としての記録と訴えは使命であり、当然の行いだ。だからそういう根底の一人の人間の存在性に基づき、記録は続けなければならないのだ。

ということで睡眠をメチャクチャにされ続けているせいで、午後の業務の最中の睡魔、それと深夜の睡魔が当たり前のことになってしまっている。特に今の時季は猛暑があってさらに疲れがひどい。今朝も覚醒と同時に倦怠感だけでなく、胃が荒れているのを自覚できた。

そしてとりあえずははだかになり、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟めば、何とかパソコンの前で生業に従事できるとはいえ、無事ではない異常状況も当たり前のように続く。

この技術の向こうにいる「名無しであればヒトでなくても良い」者は、恐らくこの技術ならではのタイミングを提供してくれる時間に確実に狙いを済ませている。感覚的に普通では体験できない大変な贅沢を特売品を消費するように経験しているのだ。そういう解釈が無難であり、自然であると思われる。仮にデータを吸い上げているとしてもである。

例えば私の場合商業領域とはいえ、創造的な仕事をパソコンの前で行っている。経理や事務的業務ではない。発想の仕事である。系統立てた進行ルートがある業務ではない。発想性が豊かであることが「適」である領域だ。ある一つのテーマに基づき、いかなる発想が実現するかは当人にも予測がつかない。その瞬間の閃きが、それ以降の進路を決めるということだ。よく、それすら操作だと主張する被害者の方々もおられるが、それは余りに悲観的に過ぎると思う。例えこの技術があったとしても、果てしなく細分化された時間の先のことまでを正確に予測・的中させることは現時点では不可能としか私は思えない。

そうではなく、スパコンもそうだが、それが0.0000001秒でも過去になってしまったデータの集積から様々な要因をぎ合わせというような進行ならば、この技術は相当に高度なことが可能である。一般の庶民の知能レベルを上回る複雑なことや、珍奇なことすらも受信者に反応させることが可能だ。しかし0.0000001秒でも先のことに介入するのは不可能である。それはこの技術を乱用され、キャリアの持てば自ずと分かってくることだ。これは統計的な事実の集積から導き出せる客観的な分析事実としてである。

だから私の業務に執拗に付きまとうのも、その脳の働きがいかなるものなのかを、遠方で、さしてグレードの高くないチンピラ風情が共感しているのか、あるいはそれをカモフラージュとして、この技術を開発している立場が吸収しているのか知らない、とにかく私たち被害者は被験者という認識も持ち、対応していくことが仕方がない立場であるということだ。とにかく何かを吸い上げられ、無断で無料で持っていかれ、「名無しであればヒトでなくても良い」者の役に立ってしまっているということだ。

その報酬として、この謎の21世紀のこれからも生き物がそれぞれの国の言語で吐く「デマ」や「妄想」を脳内に被害者に直接バラまかれているのである。とんでもない人権の破壊と無視である。これだけ内外面から人権というものを破壊・蹂躙している行為があるとすれば、この技術の行きつく側にしかない。すなわち前代未聞だと言っているのだ。

そういう事実が本当に身近に、皆さんの周辺に転がっているのである。

この技術の根源は、世界一の軍事力を保持し、開発にいそしんでいる国が「最強の兵士」を創造しようと開発された軍事技術にあるとしか思えない。これも必然の流れに沿った解釈だ。川が高地から低地である海に流れ行くのと同様の自然な解釈である。そういう事実が一般庶民の領域に流れ込んでいるという事実があると、実体験者が継続しているのうちの一つが、このバッカス&ミューズである。

ということで今朝も4時40分の覚醒の強要からすぐに音声送信が始まる、我が家の古くからの住人のPが加害者で等と始め出す。いつものことである。そして「サー」というノイズ。老人と思われる数名の声による問答なども聞こえる。

小用に立つ。毎度のように全身への触覚被害が凄い。排尿の感触を別の場所で私を通して体感しているのが一人なのか、数名なのかは知らないが、この技術を介在させているようだ。考えてみて欲しい。確かに大変な経験だとは思わないか?? こういうのを飽きもせずに7年近く人の身体に勝手に寄生し、占領し、行っているのと、行わせているのを、被害者である私は「名無しであればヒトでなくても良い」者と称しているのであり、21世紀に新たに現れる新しい人種である。それがテクノロジー犯罪者と称しても良いのかは知らないが、とにかく今日も早朝からやりたい放題に近い状態。この新生物に毎度のように健全な睡眠の持ち去られ、覚せい剤作用のある技術を脳に無断で強引に反応させられ、従来の半分の睡眠時間で普通に生活をさせられているのだ。その実、確実に本来の寿命を短縮されているのだ。これを犯罪と呼ばずに何と呼ぶのだろう。

そして音声送信はまた続ける。Gという女と交際できる。するとそれを打ち消す一見真面目そうな老人声。しかしそれもこの技術を私に意識させる登場人物に過ぎない。要するにこの技術に意識を向けさせるための音声芝居を脳内に反応させられているということだ。繋がりが強ければ強いほど鮮明な触覚被害を反応させることが可能だ。

そのためならば被害者の周囲に実在する固有名詞は全て血の通った人間のそれではなく、単なる材料としてのそれなのだ。

こういう現実を強制的に直面させらているのが私たち被害者であり、それを熟知したうえで行い続けているのが「名無しであればヒトでなくても良い」者なのだ。21世紀のこれからも新生物である。果たして世の中がこの新生物の存在をすんなり受け入れるか? とんでもない。途端に極刑である。だから全ては秘密裏に行われるのだ。簡単な理屈ではないか。9時5分に起床。

以降は触覚被害と音声送信に晒されながらの猛暑の中での雑事片付けである。

そして書斎に入りパソコンの前に座れば、いつものように着衣を断念。そして右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み触覚被害を軽減。それでも扇風機の風を乱用した触覚被害を乳首等に反応させられ、相当のストレスである。音声送信は途切れ途切れに中傷や謝罪を飛ばしてきている。

今日も世間の流れと逆行するように終日書斎でグラフィック業務。昨日には秋のレギュラー仕事が開始され、その表紙案も制作することが決まった。2本のレギュラーが同時進行だ。 

16時14分

通常の被害日である。しかし無軌道な高ぶりは無い。

昼食はイワシの唐揚げとざるそばをつくっていただいた。後半にややひどい触覚操作あり。

午後は一貫してはだか、右脇の下にインスタントコーヒーを挟んでの業務となる。扇風機の風を悪用した触覚被害も普通にあり。音声送信は今日もこちらの状態に反映して、静かになったりうるさくなったりする。しかし機嫌が穏やかになったり、良くなると危険である。

そういう状況でのグラフィック業務だった。

今日はこれから高校の先輩が経営するレストランが国立市にあって、その外観写真を撮影に出る。広告に利用する写真である。それを撮影後そのまま外食としようと思う。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2007 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2009 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

多分、先天性脳梗塞だ。年取ってくると血管が硬くなっていつ発病してもおかしくない状況になる訳だ。ブログ主みたいに酒飲んでると本来ならばモハメドアリみたいになってご飯を自分で食べれない状況になる可能性もリアルに高い訳だ。

リアルに癌告知を受けて結婚を考えるかどうかがまず疑問だ。遺伝に関与するから子孫にも脳梗塞が遺伝する確立が高い。将来、発病すれば障害者になり経済的なリスクもつきまとう。本来ならば結婚願望すら持てない状況にあると考えられる。

やるかやらないかで平均寿命が20〜30年違ってくる。死に怯えるリスクや麻痺したりするリスクから逃れられて酒やタバコもやれる。本来、麻痺してしまって言葉すら喋る事が出来ない状況に陥っているかもしれない。
死に怯えたり、麻痺したりしなくて良い実は夢が叶っている状況なんだよ。

俺は被害者で絶望の状況にいて死にたいぐらいだが、理論的に説明がつくとこの方法が合理的で正しいと思える。
人口削減計画とかじゃないんだよ。

本来発病してしまって障害者になり、アゥィィとかしか発音出来ずに車椅子で生活している生活がリアルにあるかも知れないんだ。
結婚してーとか慰謝料よこせとかわめいて生活出来る今の方がマシって事さ。

アゥィィとか言ってたら人権も主張出来ないだろ?

ここの管理人は完全に”ミスリード”していますね。
まず、可能ですか?”テクノロジー”で?
万人が受け入れやすい”意見”なのは事実ですが。。。。

 
ナンダコレww
 

矢野さんの黒い手帖 恐ろしい組織を率いてきたことを 後悔されてるみたいですが

 
ダメダコリャww
 

世界中がダメだこりゃになっています

日本中の人たちが犯罪行為を認知したらどういうことになるんでしょうか

>世界中がダメだこりゃになっています
 
自分個人を嫌う人間は、人類全てを嫌ってる
 
そうほざきたいか谷洋一郎

>日本中の人たちが犯罪行為を認知したらどういうことになるんでしょうか
 
単純マインドレイプ行為と集団ストーカー指揮は別だからな

8200黒セルシオの騒音を矮小化して通報させる気を削ぐために3周もやかましいバギーで走ったけど責任は創価学会員、谷洋一郎が責任を取るよな?

瀧本美織さん


検索ランキング


1位  宮崎駿 熱風立ちぬ   
http://kokurikozaka.jp/index.html  http://kazetachinu.jp/
青い紅玉の巻 中止 海底の財宝の巻 中止 ドーバー海峡の大空中戦の巻 中止

2 位  青い紅玉の巻 中止 海底の財宝の巻 中止 ドーバー海峡の大空中戦の巻 中止
http://kokurikozaka.jp/index.html  http://kazetachinu.jp/
熱風 宮崎駿  熱風 宮崎朱美  熱風 宮崎吾朗  熱風 宮﨑敬介

3 位  4634億円をだましとったとして マンマーユート容疑者 横領 逮捕
http://www.evangelion.co.jp/  http://kazetachinu.jp/ マンマーユート 崩壊

4位  1442億円をだましとったとして アシタカ容疑者 横領 逮捕
http://www.evangelion.co.jp/  http://kazetachinu.jp/ アシタカ 崩壊

5 位  崖の下 宮崎 喜ぶ 田舎者 http://www.ghibli.jp/ged/
http://www.evangelion.co.jp/  http://kazetachinu.jp/ コクリコ坂から

6 位 コクリコ坂から 風立ちぬ  
http://www.evangelion.co.jp/  http://kazetachinu.jp/ ホモ売春 暴行

7 位 もののけ姫  崩壊
http://www.evangelion.co.jp/  http://kazetachinu.jp/ ホモ売春 暴行 サン逮捕

8 位 宮崎吾朗 ゲド戦記 崩壊http://www.evangelion.co.jp/http://kazetachinu.jp/ http://kokurikozaka.jp/index.html  コクリコ坂から 崩壊

9 位 コクリコ坂から 崩壊http://www.evangelion.co.jp/  http://kazetachinu.jp/ http://kokurikozaka.jp/index.html 平成狸合戦ぽんぽこ 崩壊

10 位 風立ちぬ  なぜリピーター続出
http://www.evangelion.co.jp/http://kazetachinu.jp/ 風立ちぬ  崩壊

11 位 天空の城 ラピュタ 崩壊
http://www.evangelion.co.jp/ http://kazetachinu.jp/
                  飛行石 容疑者 横領 逮捕

12 位 高畑勲 かぐや姫の物語 破壊
http://kazetachinu.jp/ http://kokurikozaka.jp/index.html 飛行石 崩壊

13 位  シリア内戦 5000人被害 イラク同時テロ 150人超死傷
http://www.ghibli.jp/ged/http://www.evangelion.co.jp/http://kazetachinu.jp/
                           スタジオジブリ 崩壊

14 位 天空の城 ラピュタ 崩壊 http://www.ghibli.jp/ged/
http://www.evangelion.co.jp/  http://kazetachinu.jp/ 宮崎駿 高畑勲


15 位 天空の城 ラピュタ 崩壊 http://www.ghibli.jp/ged/
http://www.evangelion.co.jp/ http://kazetachinu.jp/  熱風 鈴木敏夫

16 位 天空の城 ラピュタ 崩壊 http://www.ghibli.jp/ged/
http://www.evangelion.co.jp/  http://kazetachinu.jp/ 熱風 星野康二

17 位 シリア内戦 5000人 被害
http://www.evangelion.co.jp/  http://kazetachinu.jp/ 異臭 宮崎駿

18 位 ホーホケキョ となりの山田くん 崩壊 http://kokurikozaka.jp/index.html
http://www.evangelion.co.jp/  http://kazetachinu.jp/ 平成狸合戦ぽんぽこ 崩壊

19 位 いのちの名前 崩壊 http://www.ghibli.jp/ged/
http://www.evangelion.co.jp/ http://kazetachinu.jp/ スタジオジブリの坂道 崩壊

20 位 火垂るの墓 崩壊 http://www.ghibli.jp/ged/
http://www.evangelion.co.jp/ http://kazetachinu.jp/ 高畑勲 崩壊

21 位 34兆円をだましとったとして キキ容疑者 横領 逮捕
http://www.evangelion.co.jp/  http://kazetachinu.jp/ 魔女の宅急便 崩壊


22 位 4634億円をだましとったとして ジジ容疑者 横領 逮捕
http://www.evangelion.co.jp/  http://kazetachinu.jp/ 白い坂道 崩壊

23 位 駿をのせて 宮崎はまわる 横領をかくして
http://www.evangelion.co.jp/ http://kazetachinu.jp/ 崖の下 宮崎 喜ぶ 田舎者

24 位 崖の下 宮崎 喜ぶ 田舎者
http://www.evangelion.co.jp/  http://kazetachinu.jp/ 異臭 宮崎朱美 

25 位 青い紅玉の巻 中止 海底の財宝の巻 中止 ドーバー海峡の大空中戦の巻 中止
http://kokurikozaka.jp/index.html  http://kazetachinu.jp/ 紅の豚 崩壊

26 位 小さなマーサの大事件の巻   中止  ミセス・ハドソン人質事件の巻  中止
http://kokurikozaka.jp/index.html  http://kazetachinu.jp/ 猫の恩返し 崩壊

27 位 まさかの人の声 『 つけびして ニコチン 喜ぶ 宮崎駿 』こだわりはどこから生まれた http://www.evangelion.co.jp/ http://kazetachinu.jp/ 宮崎駿の風立ちぬ ニコチン 臭い

読め!! 〒産業科学技術センター



重光犯人 昭和41年5月26生



思考盗聴器械 証拠カード 県警



逮捕 警察官が憲法変えないと





証言一流 平成26年7月23日

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2008:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2007 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2009 »