« ワシントンタイムズ誌が、ついにこの悪行を掲載。 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2054 »

2013年9月28日 (土)

テクノロジー犯罪に遭遇して2053

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という51才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

9月28日(土)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ★ 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波☆(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、殺意ある過激な走行妨害)

10時30分

昨晩はあれからも散々である。気違いども、それも誇りもプライドも放棄した気違いの中でも最悪最低の気違いどものやりたい放題が続いた。はだかでいても、胸や腕や右肘へのジリンジリとした電気刺激を強要され続けた。

よほどアメリカでの認知が進んでいることの報告が堪えたのだろう。それらを悔しがり攻撃をひどくしたのは間違いない。いつもと同様だ。被害者側の方で何か進展があれば、それを確認した日の被害はエスカレートする。その典型が昨日だったのである。いかに人としての最低限の人間性や尊厳(最低限である)まで放棄しているかが、こういうクズのような実態からも明らかである。

ということで着服は無理、肌寒い中をはだかで過ごすことになった。たまに着服をしようものなら上半身全体に虫が這い回るような絶対的な悪寒がこれでもかと走る。戦慄物だ!

いつでもこの技術を拷問に乱用できることを、私たち被害者は毎日のように思い知らされ続けているのだ。

昨日も記したとおり、一日でも一分でも早く、この世からこの最悪の気違いを処分(処刑)すべきである。まだマスメディアで固有名詞を晒され、堂々と犯罪者として処刑されている者の方が遥かに天地の差でマシである。あの者たちはとりあえずは究極的な罰を受ければ浮かばれるのかもしれないが、このテクノロジー犯罪の気違いどもは、もし向こうで救われたとしても永遠に乞食やモノモライの道を歩み続ける以外にないほどの、最適のクズ、廃棄物としての行き方を真っ当し、そういう道の引導者にでもなる以外にない。これは頭っから断言する。よくここまで卑怯で地の底ほどの陰湿さと狡猾さと最悪さにまみれていられるものだ!!

入浴も最悪である。尻におぞましい、本当にどうしたらここまでという徹底した悪寒、最悪の悪寒を強要される。普通の姿勢での入浴は不可能だ。それこそ、これに無事に耐えていられるならば表彰状ものだ。そのくらいに拷問に匹敵する悪寒を尻に強要されてのカラスの行水であった。音声送信も情けないだけのチンピラしゃがれ声である。それがゴメンだの、止めれないだの、どうにか止めさせてくれ! だのと騒ぎまくっている。

拷問入浴を終えてからはとりあえずは自由時間。晩酌をしながらのYou Tube鑑賞でつつましく過ごす。You Tubeは本当に優れた民主的なメディアだ。出るべくして出たメディアであろう。有名人も無名人も主役になれるのが本当に面白い。

とりあえず晩酌でほろ酔いになるまでは被害に耐える。身体は冷え寒いほどになった。湯冷めだってしている(カラスの行水でもだ)。本来ならTシャツの一枚は羽織っていたい。はだかを強要されているのだ。だからといってヒーターにはまだ早い。我慢する以外にない。

結局少し夜更かしし、2時55分に就寝となった。まだノイズとクズガキの声がくすぶるようにうるさいし、触覚被害も並レベルとはいえ続いている。

6時20分に覚醒の強要。連続睡眠時間は3時間25分だけである。週末だろうと関係ない。ノイズとクズガキがすぐに聞こえる。私の内面を露骨にキャッチしては、ガキ声で聞かせる内面介入である。

それから何とか寝付けたものの、浅い睡眠が以降は続いた感じ。ラジオの音も感じ取れているが、同時に寝入ってもいる、そんな状態だ。この時間はピータ・バラカン氏の音楽番組なのだが、確かに彼の声を確認しているのだが、眠っているのだ。

次にはっきりと覚醒したのが、次の番組のオープニングテーマが流れたところだ。即ち9時ジャストに覚醒。

すぐに燃えるゴミを出す。しかしまだ休んでいたかったのでベッドに横になってコミックを読む。その間も胸に猥褻触覚被害が続いていた。

10時に起床。それから雑事を片付けるものの、やはり触覚被害に耐えながらだ。音声送信はノイズとクズガキと愚か声と、意味の無い「声だけ善」の偽善声も混ざる。

そしてパソコンの前でははだか、そろそろ寒さを感じる。右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、右肘への触覚被害にも耐えてのこのブログ記入である。被害そのもの今日も普段と全く変わりない。散々な週末の始まりである。

音声送信は朝からまた美人の女性との交際、被害終焉のデマを合間に挟んでのレベルの低いゴミクズ送信が続いている。

21時19分

あれから練馬までクロスバイクで出向く。今日は特に予定もなく、少し遠出してもよかったのだが、疲労もひどい。だからいつもの近場で済ますことにした。

しかし季節柄爽快なうえに晴天である。本来ならサイクリングには最高のコンディションであり、たとえ練馬くらいまでとはいえ、爽快な時間を味わえたはずが、実際はまったく逆。それを承知の上で叩き潰されるようなほどの触覚被害のひどさである。完璧な走行妨害だ。ここ数日の中で特にひどかったのが今日ではないかと思われた。あまりに触覚被害がひどく、事故を起こさずに運転することの方に神経が行ってしまい、サイクリングを楽しむどころじゃない。音声送信はノイズとクズガキが目立つ。他にも意志薄弱な愚か声とかが、意味皆無のクズ送信をやっている。

そして何とか練馬駅近辺の馴染みのレストランに到着、ここで少し被害は遠のくものの、ここでの食事中も背中に人体がもたれかかってくるような大変な触覚被害や、下らない本当に下らないだけの音声送信が続いている。

それからよく行く園芸店に出向く。ここで急に便意がひどくなる。それを音声送信の愚か声の側が喜び始める。「俺たちでやってるんだよ、お前に快適な時間を与えないようにと言われてるんだ」等の送信を飛ばされ、耐えることになる。

予定ではこのまま中野のホームセンターまで向かうはずだったが、一度帰宅してからにすることにした。でないと本当に危ないのだ。そして帰路も延々と触覚被害と強い便意に緊張し続けながら運転。とても秋の晴天を楽しむどころではない。メチャクチャである。完全に破壊されたといった感じだ。これらを狙いを済ませ念入りに執拗にやってくるのが、名無しのゴミどもだ。

帰宅しトイレへ直行。やはり下痢気味の便が大量に出た。とにかくここで何とかほっとし、それから中野までやはりクロスバイクで向ったが、やはりノイズとクズガキ音声と触覚被害による走行妨害が相当にエスカレート。どうやってもどうしても止めれない、止めることができない等と向こうで喚いている。

散々な走行を終え、帰宅。この秋に増やしておきたい銘柄のバラの苗があったのでそれを購入したのである。それから夕方まで触覚被害に耐えながら植物の世話。

夕方には今度は、池袋の鳥の病院までセキセイインコのかいせん治療に出向いた。こちらもクロスバイクでである。やはりどうしても触覚被害のエスカレートがひどい。相当のプレッシャーの中での運転になる。やはりノイズとクズガキの声が連動して、被害をエスカレートさせようとしている。本当の殺意がなけれなできないことである。

こうして世界で一体何万何百万の無実の人々を殺害してきたのであろうか。それでも無事に帰宅。

それから夕飯の準備。もちろん触覚被害に耐えながらだ。今日も触覚被害が途絶える時間がない。気違いどものやりたい放題である。着服が辛い。

そしててめえらもやられているデマ送信も飛んでくる。名無しのクズどもは数名いて、その中のひどい奴が私と同じ目に遭っていて、苦しんでいるというやつである。確かに声だけで、醜悪な悲鳴が聞こえ、向こうで苦しんでいる音声も飛んできたりはする。しかしそれが何だというのか。

夕飯はつぼダイの干物、納豆、味噌汁をつくった。そして苦しみと不快の中での食事である。今晩もメチャクチャだ。上半身は名無しのゴミどもに占領されたようなものだ。

そして諦め服を脱ぎ、はだかで夕飯となった。それでも大変な悪寒を胸や腕に感じていたし、着服状態にある下半身へも触覚被害の範囲が広がる。意地でも死んでも私に普通の食事の時間を与えるつもりはないらしい。メチャクチャだ。

食器を洗っている最中も全身への触覚被害がひどい。全身に小虫が這い回っているかのようだ。そしてノイズと愚か声の送信と、この期に及んで謝罪を飛ばす異常者の声やらで音声送信の方もうるさい。

書斎での自由時間の際も触覚被害がひどい。右肘にも相当の触覚被害である。右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を充てないといられない。そのくらいに徹底してひどい。そして死にかけの九官鳥の如く被害終焉のデマや、大金が入るだの、幸福になるだの、何か償いをするだののクズデマが続いている。

今日も名無しのゴミクズどものやりたい放題である。

« ワシントンタイムズ誌が、ついにこの悪行を掲載。 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2054 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

音声の中には「自立支援を打ち切れ」というのもあります。
日本政府関係者がいると確信しています。状況がここまで酷いのに役所でもともに取り合ってもらったことがないんです。
日本には無駄に生活保護をもらっている人達がいるみたいですが、政府から資金が出ていて、政府関係者が研究と攻撃に関わっているなら生活保護は難しいのではないかと。
そしてもしこの電波遊びが止められていたなら、東北地震は起きなかったんじゃないかと残念でなりません。

被害者は必ず通院歴があるはずです。特に神経がダメージを受けるので、精神を病んでしまうのは被害者の一番の特徴であるかと。
加害に関わる芸能関係、マスコミ関係の話がよく出回っていますが、政府関係、もしくは軍関係者と連絡を取り合っているはずです。
電波音のみの時はもっと軽いものと思っていましたが、使われているのは、軍事兵器です。
例えば体内の一部に3mmほどのマイクロチップが埋まっていて、普通の感覚ではそれほど問題がないと思うかもしれませんが、そこに現在使われている特殊な攻撃電波
が埋められた部分から絡まって広がるように体内全部を覆うように苦痛を起こします。
ブレインチップは特殊な人達に埋まってることがあるようなうなのですが、今の状況だと彼らの中にはもう殺された人間がでているはずです。
多分彼らのほとんどは海外にいると思います。
私には、自分のいる範囲しかわからないのですが、アメリカが一番被害が増えるのじゃないかと思います。
とにかく被害者に聞いてみるのが一番だと思います。

顔に肛門があるから谷洋一郎だな

組織ストーカー・テクノロジー犯罪に関わる全てのサイトを作成しているのは同じ一つの組織によるものです。(組織ストーカー・テクノロジー犯罪のサイトに否定的な内容のサイト、賛同しているサイト、各サイトのコメントも同じです。)もちろん街宣活動をしている「被害者」を名乗る人々も同様に同一の組織の人間です。これらの自作自演を見破られないようにあらかじめ「偽被害者」がいるということにしています。

米軍基地。今は避難所にならないです。
そこにいるときはまだいんですけど、家に帰ると余計攻撃されるので。

ひょっとしたらこの手の兵器の電波はスルーされてるんでしょうか。自衛隊の周辺にいても被害はあまり変わりません。

醜い超賤ヒガラはぶち殺される前に親に謝れよ

お母さん

無職穀潰しで、ごめんなさい

内山くんはなぜ自宅でしか大便をしないのかな?なんか前の記録でも急いで帰宅してギリギリセーフみたいな事書いてあった気がする

肉体的苦痛以外に超賤肛門を使役する手段は絶対的に存在しないな谷洋一郎

〜キリストの父はcoffeeが嫌い〜

クリスマス
日本の父(安倍)統一教会


公明党は北朝鮮宗教
日本(ニッポン)は酷い
集団ストーカーは創価学会


岩手の小沢氏は在日モンスター
布施AKIRAとの企画
Re:布施AKIRA市長
(全額負担+α)お見逃しなく!!


ウェルカム!佐沼高等学校
人類滅亡 電磁波 族
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=244tuyo3&guid=ON


筑波大学
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/548987/533579


話は大石敦巳
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/699146/584151


自衛隊の犯罪を斬る
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=patentcom


中学生の逆襲
稲中
前野「神はサタンだ」


http://m.youtube.com/watch?v=CXITZlEl6jA&fulldescription=1&hl=ja&gl=JP&client=mv-google&guid=


エアー盗聴器ーAIR



科学警察研究所〜思考盗聴について野口博士に聞く
http://m.youtube.com/watch?v=ICzDCQICeYw
警視庁の完全負担(額)


テレパシーVS仮面ライダー

エヴァVS大友AKIRA



サタン合宿中

思考盗聴器
装置 トラの尾をつかんだら絶対に放すな

読め!! 〒産業科学技術センター



重光犯人 昭和41年5月26生



思考盗聴器械 証拠カード 県警



逮捕 警察官が憲法変えないと





証言一流 平成26年7月23日

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2053:

« ワシントンタイムズ誌が、ついにこの悪行を掲載。 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2054 »