« テクノロジー犯罪に遭遇して2177 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2179 »

2014年2月 1日 (土)

テクノロジー犯罪に遭遇して2178

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という52才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

2月1日(土)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

11時10分

昨日に関してはあれ以降普通に被害はひどかった。

夕飯を調理し、20時前から食べ始めたが、いつもと同様の触覚被害による妨害は相当なものだった。

それと以降の深夜までは、ノイズとクズガキの声が何かというと、ざわついてはバカな言語の羅列の反復。好きにさせる以外にないのだ。

睡魔を堪えながら結局それ以降も起き続け昨晩も2時に就寝。そのときにもノイズとクズガキが騒いでいた。

5時15分に覚醒の強要。連続睡眠時間は3時間15分だけ。今朝はこれ以降の被害がひどかった。

まずノイズとクズガキの声に始まる。何かとバカなことを語りかけてくる。そのくらいならまだ良かったのだが、小用を済ませた後の身体攻撃はかなりの苦痛を強いられた。

痛みを発生させられたのが、臓器でいえば食道の辺り、気管へのものなのか、要するにそこを通っている神経を刺激するのであろう。そして胃の辺りまでが痛みの範囲。痛みの質としてはこむら返りの痛みに似ている、ジーンとくる胸痛である。それを延々とやられる。聞かされる音声はクズガキを始めとし、愚か声のオンパレードといった感じ。制する声はなし。ひたすら中傷、見下し、脅迫の送信が乱れ飛んでくる。しかし眠気も残っていて、痛いのに眠く、相当の苦痛の中での再就寝となった。

8時半頃に再覚醒。一度起床し、燃えるゴミを出しに行く。すぐにベッドに戻るもノイズとクズガキ、他の愚か声がうるさい。軽度ではあったが触覚被害もある。結局うまく寝付けず、以降はうとうとしたり、雑誌を流し読みして過ごし、10時に起床。

すぐに雑事を片づけ始めるが、ここで制する声も出だし、善悪の問答がいつものように始まり、触覚被害も再開される。とりあえずは起床してからは触覚被害のレベルは並。音声送信もむしろ横になっているときの方がうるさい感じ。

今日も公私共に調べることやることが山積だ。

20時51分

被害は今日も相当にひどい。

向こう、即ち固有名詞を放棄したゴミ側は、ノイズとクズガキ声と触覚被害を主に選択しての攻撃に明け暮れている。触覚被害は主に胸に集中。着衣すれば胸への様々な猥褻触覚被害がひどい。ひどいときには取り憑かれたようにクズガキ声が「胸を揉ませて!」等と喚いたりする。

そして書斎ではとにかくはだか、着衣しようものなら、背後に濃厚に人が抱きつき、体温や質感や、強力な人いきれまで感じさせられる。まるでどこかに私の全身のヒトガタがあって、それに何者かが抱きついているかのようだ。それが見事に伝送されているかのような感触を強要され続ける。生まれつき五感が敏感な私にとっては本当に耐えがたいのである。

昼はクロスバイクで初台まで出向き、12日のコンサートのチケットを購入し、それから甲州街道を新宿まで出向き、パソコンのことを調べたり、買い物をし、それから帰宅。この間にもノイズとクズガキと触覚被害による走行妨害はあった。が、以前に比べると随分ここでの被害は弱くなっている。

問題は帰宅してからだ。一気にタガがはすれたかのように音声送信、触覚被害はエスカレートする。園芸の作業が溜まっているので、着替えてから、それに従事するものの、屋外での肉体労働であろうが、堪え難いほどに触覚被害の強さとリアリティがもの凄い。ノイズは鳴り続け、クズガキはヒステリーを起こし、他の愚か声もここぞとばかり中傷や見下し送信。

それらに耐えながらの果樹の土替え作業や、害虫始末等を暗くなるまで行い、今度は江古田までジョグウォークで用事を済ませに行き、帰宅し、そして愛犬の散歩。江古田との往復の最中は結構触覚被害は遠のいたものの、散歩になると途端にひどくなった。やはりノイズとクズガキがフロントになって、触覚被害もエスカレート。やはり背後からの人の抱きついてくる猥褻触覚被害に晒され続ける。

愛犬が立ち止まると本当に大変で瞬時に背中の猥褻触覚被害が走る。それに耐えての散歩となった。

そしてそれを終えてからはやっと、読書ができるような状況になった。書斎でストーブを点火。パソコン操作だけでなく、読書も始めると身体の動きがストップする。即ち被害カモになるのだ。だから読書もはだかでなければできないといいうことなのだ。だからこの寒さの中はだかで読書である。

そして今日はことあるごとに真っ当声がここぞと登場しては被害終焉のクズデマをいかにもといった言葉使いと神妙な口ぶりで話しながら、触覚被害をエスカレートしてきた。女デマも時々混ざる。胸のデカい、美人で若い女(男なら誰もが理想にしている)と交際できるというヤツだ。これをまた性懲りも無く猿の如き繰り返していた。触覚被害は当然ひどいままだ。一向に変化なし。

ということで今日も就寝までひたすら耐え続けるのだろう。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2177 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2179 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

このサイトのコメント欄は一人の人間に毎日荒されていますが、他のサイトのコメント欄では表示してもらえない内容なので連日ここに投稿しています。

このサイトもそうですが、基本ネット上の「被害者」は全員偽物で、組織ストーカー・テクノロジー犯罪に関わる全てのサイトを作成しているのは同じ一つの組織によるものです。(組織ストーカー・テクノロジー犯罪のサイトに否定的な内容のサイト、賛同・応援しているサイト、各サイトのコメントも同じです。)もちろん街宣活動をしている「被害者」を名乗る人々も同様に同一の組織の人間です。これらの自作自演を見破られないようにあらかじめ何割かの「偽被害者」がいるということにしています。

このプロジェクトの目的は「テクノロジー」の機能を統合失調症の症例にして、「テクノロジー」の存在を逆説的に隠ぺいしようとするものです。

ターゲットにされている本物の被害者は精神科で統合失調症に仕立てられてすぐにテクノロジーで殺されます。(例え精神科に行くのを拒んでもやがて殺されます)

〈公安警察は日本全国で2万人〉


再現 アドレスとメールで会話
その1此方は駆け込み寺では有りません 良く内容をお読み下さい

救済窓口であるとは一言も書いていない筈です

勘違いなさっておられるのではないでしょうか

逆にどの様な事が可能で どの様な事をご希望だったのかお聞きしたいと思います

お急ぎの所は良く理解できますが 過去に於いて無茶苦茶な行動により措置入院や俳人自殺を強要された被害者は多く居ます

その中で被害を訴えていくしか方法は有りません

その2メッセージありがとうございました

ご存知の通りこの犯罪はそう簡単に官憲も動きません それはこの犯罪自体が公安警察が動かない状況を作り込まれています

つまりこれらの組織もしくはその中の要員が参加加担し首謀の可能性すら有ります

状況を訴えるに個人では困難が伴います

同伴可能な信頼できる被害者と所轄 県警に対して訴える行動をして行くべきです

幸い昨今この犯罪は周知が進みつつ有ります

一見冗長に見えますがやはり犯罪を社会に知らしめ同時に具体的な事案として警察に地道に訴えて行く事が最短の道だと思います

携帯電話に直接連絡はしませんが等による連絡を取らせて頂きたいと思います
導入可能か否かをお知らせ下さい

宜しくお願いします
GSTIN

日本防衛省


意見だけ記入で送信出来る
(個人情報は無回答でOK)

https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

第2次安倍内閣 閣僚名簿
防衛大臣
小野寺 五典 (おのでら いつのり)

生年月日
昭和35年5月5日生
出身地
宮城県
衆議院議員
宮城県選挙区 衆当選5回

略歴
昭和58年 3月
東京水産大学海洋環境工学科卒
昭和58年 4月
宮城県庁入庁
平成 2年 3月
宮城県庁退職
平成 2年 4月
(財)松下政経塾研究員
平成 5年 3月
東京大学大学院法学政治学研究科修了
平成10年 1月
東北福祉大学客員教授
平成12年 9月
米国ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究所客員研究員

政歴
平成 9年12月
衆議院議員当選(1期)
平成15年11月
衆議院議員当選(2期)
イラク特別委員会理事
平成16年 9月
外務大臣政務官
平成17年 9月
衆議院議員当選(3期)
11月
外務委員会理事
平成19年 8月
外務副大臣
平成20年 8月
議院運営委員会理事
外務委員会理事
平成21年 8月
衆議院議員当選(4期)
9月
外務委員会理事
平成24年10月
沖縄及び北方問題に関する特別委員会委員長
平成24年12月
防衛大臣
信  条:
国家国民のために
座右の銘:
一隅を照らす

趣  味:
テニス、スキー


ウェルカム!佐沼高等学校
日本(ニッポン)


安倍内閣 統一教会
公明党は→北朝鮮宗教←
集団ストーカーは創価学会
岩手の小沢氏は在日モンスター


布施AKIRAとの企画
Re:布施AKIRA市長
(全額負担+α)お見逃しなく!!


筑波大学
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/548987/533579


話はさらに大石敦巳
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/699146/584151


自衛隊の犯罪を斬る
http://blogs.mobile.yahoo.co.jp/p/blog/myblog/mytop?bid=patentcom


ウェルカム!佐沼高等学校 人類滅亡 電磁波 族
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=244tuyo3&guid=ON


中学生の逆襲
稲中
前野「神はサタンだ」

http://m.youtube.com/watch?v=qEN7cpgzt90&hl=ja&gl=JP&guid=&client=mv-google

少し小さい行為と共謀者

科学警察研究所〜思考盗聴について野口博士に聞く
http://m.youtube.com/watch?v=ICzDCQICeYw
警視庁の完全負担(額)


テレパシー装置VS仮面ライダー電磁波


エヴァVS大友AKIRA



装置 トラの尾を掴んだら絶対に放すな

▼\(^_^)内山 治樹様(^_^)/▼

お め で と う

「父にありがとう」

「母にさよなら」


昨日に関してはあれ以降普通に被害はひどかった。
夕飯を調理し、20時前から食べ始めたが、いつもと同様の触覚被害による妨害は相当なものだった。
それと以降の深夜までは、ノイズとクズガキの声が何かというと、ざわついてはバカな言語の羅列の反復。好きにさせる以外にないのだ。
睡魔を堪えながら結局それ以降も起き続け昨晩も2時に就寝。そのときにもノイズとクズガキが騒いでいた。
5時15分に覚醒の強要。連続睡眠時間は3時間15分だけ。今朝はこれ以降の被害がひどかった。
まずノイズとクズガキの声に始まる。何かとバカなことを語りかけてくる。そのくらいならまだ良かったのだが、小用を済ませた後の身体攻撃はかなりの苦痛を強いられた。
痛みを発生させられたのが、臓器でいえば食道の辺り、気管へのものなのか、要するにそこを通っている神経を刺激する

筑波大学
「全てのチルドレンにおめでとう」


エヴァンゲリオン

これこそ!いよいよ人類貯金計画

137憶年 40ー46オクネン思考盗聴器

警視庁のアルバム? ドラポンMAX

〈佐沼高等学校の皆さん〉


片倉邦雄-湾岸戦争時の駐イラク大使。現大東文化大学教授

石ノ森章太郎-漫画家

大友克洋-漫画家、アニメ映画制作者

佐藤史生-漫画家

サトル・サトウ-造形作家、画家

熊谷金治-シンガーソングライター、ローカルタレント

熊谷達也-小説家

及川浩治-ピアニスト

日野克美 -英語学者、宮城大学教授

佐々木信行-TBC野球解説者、元千葉ロッテマリーンズ2軍監督

佐竹友樹-競艇選手

布施孝尚-登米市長、歯科医師

佐々木徳夫- 昔話収集家

伊藤正美-日本製罐社長

阿部俊則-積水ハウス社長

木村昇- 俳優

茶坊- 漫画家、イラストレーター

長野哲- 元横浜大洋ホエールズ

三浦琢二-警視庁、園遊会


ウェルカム!佐沼高等学校

布施市長(全額負担+α)


仮面ライダーのはなし

石ノ森さんは、「蝗を見て仮面ライダーをイナゴ顏に決めた」電磁波=v2k昆虫

衛星技術

放置状態であり、「子供が泣く」との(脳干渉)苦情も寄せられていい、稲と葉っぱ食べる害虫いかにも似ている


布施AKIRAとの企画

人間狩りプラン(マイクロ波)

くだもの狩り天国


現在登録 いちご狩り、さくらんぼ狩り、もも狩り、メロン狩り、ぶどう狩り、なし狩り、みかん狩り、いも掘り、りんご狩り、日本人狩り


くだもの狩りができる観光園をエリア(Google YouTube Yahoo! Japan tuyo 知恵袋)ごとに一発で検索できました


テロ装置(思考盗聴器)アメリカ軍治兵器
狩り友達に教える


日本人の狩り検索
検索方法 エリア別(東芝金丸征太郎 思考盗聴器の技術 自衛隊の犯罪を斬るブログ 大石敦巳ブログ 筑波大学 内山治樹 野口博士に聞く 沖縄県 お・も・て・な・し越智啓子女医 集団ストーカー 電磁波に由る=V2K)


りンク集 脳干渉
春のくだもの狩り
夏のくだもの狩り
秋のくだもの狩り
冬のくだものは無い
盗聴会(器)は有り
刷り込みました


暴走族よりこわい
最高潮の因果応報
集団ストーカー の原因は

嫉 妬

東芝 「この犯罪に気づくのは世界で日本が一番最後になるでしょう」セミナー
エヴァンゲリオン誰かいませんか エンジニア助けてください
国家試験

ドラミ資本主義と社会主義と言うものがあってね、今はグローバル化が進んでいてデフレになってるのもその為なんだよ。DRが本を書いた頃は派遣切りとかが社会問題になって低賃金の非正規労働者がネットカフェ難民なんかになってた頃の話なんだ。
支配とか言ってるけど社会主義は経済を鈍化させるんだ。一生懸命頑張っても寝てる奴と給料が同じなのは嫌だろ?日本は社会主義と資本主義の中間を行って中流階級が多いから経済的に成功したんだよ。
時代の転換期で超資本主義で経済格差が拡がる時代的な背景に疑問を持てと言うメッセージなんだ。
額面通りに受けとって支配階級の奴隷になってるとか言うのは思考停止してるんだよ。
石破幹事長は日本の農業を守るとか言ってるけど、自民党はTPP進めてるだろ。言ってる事とやってる事が矛盾してるんだ。日本の小さな農家はみんな潰して大規模農家に集約しようとしてるんだ。今まで日本を支えて来た小さな農家は既得権益と呼ばれるようになったんだ。
こういう事を自分で考えて疑問を持って自分の意思で報道とかに流されないように気をつけろよって言いたいんだよ。


世界 三大 犯罪

〈LEONARDO DICAPRIO〉


『AKIRA』実写版プロジェクト、レオナルド・ディカプリオ参加で再始動

August 05, 2013(Mon) 15:30


GOSSIP
『AKIRA』実写版プロジェクト、レオナルド・ディカプリオ参加で再始動
ツイート
レオナルド・ディカプリオ

AKIRAがハリウッド映画に!|
芸能walkerの記事、「AKIRAがハリウッド映画に!」です。...芸能ニュース 2008年2月23日(土) AKIRAがハ...


ハリウッド実写版『AKIRA』の驚愕のストーリーが明ら...
レオナルド・ディカプリオの製作会社アッピアン・ウェイが手がける、ハリウッド実写版『AKIRA』のストーリーの詳細が...
gqjapan.jp/2011/12/06/..

AKIRA (漫画) - Wikipedia
また、それ以前の1992年にオールカラー国際版AKIRAが最優秀彩色部門を受賞している。 ja.wikipedia.org/wiki/..

レオナルド・ディカプリオ製作の実写版「AKIRA」が製作...
レオナルド・ディカプリオがプロデューサーを務め、彼の製作会社アッピアン・ウェイとワーナー・ブラザースが製作を進め...
eiga.com/news/20090616/1

「AKIRA」が実写映画化!レオナルド・ディカプリオも参加...
大友克洋の人気SF劇画「AKIRA」が、ハリウッドで実写映画化されることになり、「AKIRA」ファンとして...
eiga.com/news/20080222/1

CIAこちら映画中央情報局です:レオナルド・ディカプ...
まず最も注目されて、ウワサになっている、レオは実写「AKIRA/アキラ」で主役の金田を演じるのか?!と...
blog.livedoor.jp/hirob..

ディカプリオのプロデュースによる実写映画版「AKIRA」...
ワーナー・ブラザーズとレオナルド・ディカプリオによって大友克洋の人気漫画「AKIRA」が実写映画化される...
www.cinematoday.jp/pag..

大友克洋「AKIRA」の実写化 レオナルド・ディカプリオ参加で再始動...


前へ 次の10件


文部科学省 テロ アメリカ軍治兵器

大将、斎藤さん狙いなら酒止めた方が良いっすよ。脂肪がついて腹は出るし、血液ドロドロになるし、内臓に悪いし、飲み過ぎっす。普通、月に1.2回くらいのもんですよ。食前に赤ワインをちょっとくらいなら消化に良いし、ポリフェノールで健康になるらしいです。


エヴァンゲリオン

〈思考盗聴の技術〉

管理者

なもなき者
http://p208.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0727xaroeSTzPM9D/W?_jig_=http%3A%2F%2Fform1.fc2.com%2Fform%2F%3Fid%3D273651&_jig_keyword_=%8Ev%8Dl%93%90%92%AE%8A%ED%82%CC%8BZ%8Fp&_jig_xargs_=R&guid=on


≪生体情報送受信による・テレパシーシステムに対する防御装置≫
ttp://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/7115/index1.txt
特開平7-306259 ( 文献種別 A   文献番号 H07-306259 )

【目的】レーダー波を利用し、目的とする人物の会話、思考、身体的状態までも
盗聴する装置が開発されていたことが判明した。この盗聴は、はるか遠方より
あらゆる場所で盗聴が可能である。この盗聴に対し、
人々の機密及びプライバシーを守ることを目的とする装置である。

【構成】盗聴のための電波は通過する際に共振を起こし盗聴される人物の体より
生体情報が置き変わった輻射波が発振される。この人体より輻射される生体情報よりも
盗聴電波を大きく発振し警報を出力する。生体情報にはさまざまな波形があるが、
そのどれにも有効である。警報が出力された所番地を関係官庁に通報することにより、
悪質なレーダー波による盗聴の電波発振源を発見でき、その悪行を根絶することが出来る。

【特許請求の範囲】
【請求項1】人体の共振周波数に合わせた盗聴用の送信波をそのまま電波
として出力し、警報を出力することを特徴とする装置である。
【請求項2】請求項1に更にノイズを混入して電波として出力することを特徴とする装置である。
【発明の詳細な説明】

【0001】
【産業上の利用分野】盗聴防止によりプライバシー保護、機密保護を目的とする装置である。

【0002】
【従来の技術】従来の盗聴は、電話回線、移動式電話の盗聴、盗聴器を仕掛けての
無線送信による盗聴、コンクリートマイクを仕掛けるなどして行われていたので、
電話は秘話サービス、無線送信式の盗聴器にはジャミング電波などによる対策がとられていた。

【0003】
【発明が解決しようとする課題】盗聴している人物の脳波等生体情報を、
目的とする人物の人体の共振周波数に合わせレーダー波送信し、目的とする人物から輻射する、
生体情報が置き変わった微弱電波を受信することにより、その人物の会話、
思考、身体的状態までも盗聴する装置が開発されていたことが判明した。
このレーダー波による盗聴は、はるか遠方より盗聴が可能であり、
建物などの構造物を電波が透過するため、電波シールドしていない構造物は
すべて無防備である。人体の生体情報を利用しているため、波形が違っており、
通常のテレビ・ラジオなどの画像、音声出力をする機器には影響の無いまま極秘に
盗聴が可能であり、身体的悪戯も可能であった。共振周波数の個人差が大きいため、
盗聴は個人単位で行われ、その存在が分かりにくく、かりに電波の照射および
微弱の輻射に気がついても、その周辺に盗聴機材は無く、レーダー波ということで
逆探知も難しい状態で対策が立てにくい盗聴である。

【0004】
【課題を解決するための手段】盗聴の為にレーダー波によって送信されて来た
生体情報を受信した時に、その送信電波をそのまま周囲に電波として発振し、
かつ警報を発することにより盗聴を防せげることを突き止めた。

【0005】
【作用】盗聴のためにレーダー波によって送信されてきた生体情報をのせた電波は、
目的とする個人と共振する以外は通過、または反射を行い、盗聴される人物の体より、
盗聴している人物と盗聴されている人物の生体情報が置き変わった輻射波が発振される。
したがって、この輻射される人体よりの生体情報よりもレーダー波によって
送られている生体情報を大きく発振し警報を出力する。

【0006】
【実施例】この輻射される人体よりの生体情報よりもレーダー波によって
送られている生体情報を大きく発振し警報を出力する装置を常に携帯することにより
個人のプライバシー、企業、団体、国家の機密を保護することが出来る。
生体情報はさまざまな波形を有しており、そのまま打ち返すことが、パターンの決まった
ジャミング電波より盗聴防止に効果的である。かつ、電波の来ないときは出力しないし、
出力しても周波数レンジ・波形が異なるため映像信号、音声信号にそれほど影響を及ぼさない。
広帯域に渡って盗聴防止のためのジャミング電波を出す方法よりも周囲に影響を及ぼさずに効果的である。

【0007】
【発明の効果】この輻射される人体よりの生体情報よりもレーダー波によって
送られている生体情報を大きく発振し警報を出力する装置を常に携帯し、
警報が出力された所番地を関係官庁に通報することにより、悪質なレーダー波
による盗聴の電波発振源を発見でき、その悪行を根絶することが出来る。
なお、このような防衛対策に関しては新たな装置が開発されることは通常
起こりえるが、更にこの盗聴防止電波にノイズを混入させることにより、
その防止効果は完壁となり、無益な盗聴装置開発に歯止めをかける効果もある。

≪ 解説 ≫

思考盗聴の原理部分の以下の説明だが

> 盗聴のための電波は通過する際に共振を起こし盗聴される
> 人物の体より生体情報が置き変わった輻射波が発振される。

> 盗聴している人物の脳波等生体情報を
> 目的とする人物の人体の共振周波数に合わせレーダー波送信し、
> 目的とする人物から輻射する、生体情報が置き変わった微弱電波を受信することにより、
> その人物の会話、思考、身体的状態までも盗聴する装置が開発されていたことが判明した。

> 盗聴のためにレーダー波によって送信されてきた生体情報をのせた電波は、
> 目的とする個人と共振する以外は通過、または反射を行い、盗聴される人物の体より、
> 盗聴している人物と盗聴されている人物の生体情報が置き変わった輻射波が発振される。

人体の共振周波数と言えば、人体事態がアンテナの役割を果たし
その人の身長によるアンテナ長と電磁波の波長とによって、
共振が起こることが一般に知られ、300MHZやそのあたりぐらいである
それで、人体の共振周波数の電磁波を人体へ送信すれば
共振して人物から電磁波が放射するまでは
物理的に正しいことを述べているように思う

しかし、どのような原理で人物の体より生体情報がのった
電磁波が放射されるのか不明

そもそも人体から放射される電磁波に生体情報がのっているためには、
脳内を流れる思考などの電気信号と
放射される電磁波の電気信号が同じ回路上を流れていなければならない

しかし、脳内を流れる思考などの電気信号は、
脳関係のことは私はあまり詳しくないが、
活動電位などと呼ばれるようなイオン電流による電気信号であった思われる。

それで、このイオン電流による電気信号によって放射される電磁波が
遠くまで飛ぶぐらいまでにどれくらい増幅させれば良いかと考えると
現状で脳波などの電磁波は
数mぐらいしか飛ばないことを考えると数百倍まで増幅する必要がある

このイオン電流を増幅するには
イオンの数を増やすか、イオンの電荷移動を速くする以外にない。
が、このイオンは、電子と比較して桁違いの質量と体積を持っているため、
到底脳内の回路上において、イオンの数を数百倍まで大幅に増やしたり、
ましてイオンの電荷移動を数百倍まで大幅に高速化させるのは
活動電位というイオン電流が伝達する仕組み上
到底不可能であるだろう。

また、もし仮に数百倍近くまで増幅されたら脳の回路が
崩壊してしまうように思われる

以上の理由から、人物の体より
遠くまで飛ぶ思考情報などがのった電磁波が放射される
可能性は到底考えられない

> 盗聴の為にレーダー波によって送信されて来た生体情報を受信した時に、
> その送信電波をそのまま周囲に電波として発振し、
> かつ警報を発することにより盗聴を防せげる

これは、私が以前から何度も述べている
同じ周波数同士の波の干渉現象を利用した思考盗聴の妨害方法と全く同じ原理で、
この特許の説明によると、生体情報を盗むのに使用する盗聴電波と
同じ周波数を利用して妨害するとのことだ。
盗聴電波の周波数に合わせて妨害電波を出しても
当然のことながら妨害できるのは間違いない

したがって、この装置は、思考盗聴の原理説明では、
かなり怪しい説明をしているが、
もし思考盗聴に使用している電磁波の周波数と
同じ周波数が妨害電波として出力されていたのならば
思考盗聴を妨害するのに役立つだろう。

が、しかし、思考盗聴するための原理をかなり誤った認識をしているため
想定している思考盗聴電磁波が、
人体の共振周波数であり、300MHZなどあたりの電波である。

が、必ずしも300MHZであるという保証はどこにもない
300MHZ付近の周波数でない場合、この装置では対応できないと思われる
よってこの装置で必ず防げるという保証はない

大腰筋を鍛えると腰痛に良いらしいな。腰痛から慢性疲労症候群になるから鍛えた方が良いぞ。目が曲がってるから首肩腰にくるな。

〈思考盗聴の技術〉

管理者

なもなき者
http://p208.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0727xaroeSTzPM9D/W?_jig_=http%3A%2F%2Fform1.fc2.com%2Fform%2F%3Fid%3D273651&_jig_keyword_=%8Ev%8Dl%93%90%92%AE%8A%ED%82%CC%8BZ%8Fp&_jig_xargs_=R&guid=on


盗聴の為にレーダー波によって送信されて来た
生体情報を受信した時に、その送信電波をそのまま周囲に電波として発振し、
かつ警報を発することにより盗聴を防せげることを突き止めた。

【0005】
【作用】盗聴のためにレーダー波によって送信されてきた生体情報をのせた電波は、
目的とする個人と共振する以外は通過、または反射を行い、盗聴される人物の体より、
盗聴している人物と盗聴されている人物の生体情報が置き変わった輻射波が発振される。
したがって、この輻射される人体よりの生体情報よりもレーダー波によって
送られている生体情報を大きく発振し警報を出力する。

【0006】
【実施例】この輻射される人体よりの生体情報よりもレーダー波によって
送られている生体情報を大きく発振し警報を出力する装置を常に携帯することにより
個人のプライバシー、企業、団体、国家の機密を保護することが出来る。
生体情報はさまざまな波形を有しており、そのまま打ち返すことが、パターンの決まった
ジャミング電波より盗聴防止に効果的である。かつ、電波の来ないときは出力しないし、
出力しても周波数レンジ・波形が異なるため映像信号、音声信号にそれほど影響を及ぼさない。
広帯域に渡って盗聴防止のためのジャミング電波を出す方法よりも周囲に影響を及ぼさずに効果的である。

【0007】
【発明の効果】この輻射される人体よりの生体情報よりもレーダー波によって
送られている生体情報を大きく発振し警報を出力する装置を常に携帯し、
警報が出力された所番地を関係官庁に通報することにより、悪質なレーダー波
による盗聴の電波発振源を発見でき、その悪行を根絶することが出来る。
なお、このような防衛対策に関しては新たな装置が開発されることは通常
起こりえるが、更にこの盗聴防止電波にノイズを混入させることにより、
その防止効果は完壁となり、無益な盗聴装置開発に歯止めをかける効果もある。

≪ 解説 ≫

思考盗聴の原理部分の以下の説明だが

> 盗聴のための電波は通過する際に共振を起こし盗聴される
> 人物の体より生体情報が置き変わった輻射波が発振される。

> 盗聴している人物の脳波等生体情報を
> 目的とする人物の人体の共振周波数に合わせレーダー波送信し、
> 目的とする人物から輻射する、生体情報が置き変わった微弱電波を受信することにより、
> その人物の会話、思考、身体的状態までも盗聴する装置が開発されていたことが判明した。

> 盗聴のためにレーダー波によって送信されてきた生体情報をのせた電波は、
> 目的とする個人と共振する以外は通過、または反射を行い、盗聴される人物の体より、
> 盗聴している人物と盗聴されている人物の生体情報が置き変わった輻射波が発振される。

人体の共振周波数と言えば、人体事態がアンテナの役割を果たし
その人の身長によるアンテナ長と電磁波の波長とによって、
共振が起こることが一般に知られ、300MHZやそのあたりぐらいである
それで、人体の共振周波数の電磁波を人体へ送信すれば
共振して人物から電磁波が放射するまでは
物理的に正しいことを述べているように思う

しかし、どのような原理で人物の体より生体情報がのった
電磁波が放射されるのか不明

そもそも人体から放射される電磁波に生体情報がのっているためには、
脳内を流れる思考などの電気信号と
放射される電磁波の電気信号が同じ回路上を流れていなければならない

しかし、脳内を流れる思考などの電気信号は、
脳関係のことは私はあまり詳しくないが、
活動電位などと呼ばれるようなイオン電流による電気信号であった思われる。

それで、このイオン電流による電気信号によって放射される電磁波が
遠くまで飛ぶぐらいまでにどれくらい増幅させれば良いかと考えると
現状で脳波などの電磁波は
数mぐらいしか飛ばないことを考えると数百倍まで増幅する必要がある

このイオン電流を増幅するには
イオンの数を増やすか、イオンの電荷移動を速くする以外にない。
が、このイオンは、電子と比較して桁違いの質量と体積を持っているため、
到底脳内の回路上において、イオンの数を数百倍まで大幅に増やしたり、
ましてイオンの電荷移動を数百倍まで大幅に高速化させるのは
活動電位というイオン電流が伝達する仕組み上
到底不可能であるだろう。

また、もし仮に数百倍近くまで増幅されたら脳の回路が
崩壊してしまうように思われる

以上の理由から、人物の体より
遠くまで飛ぶ思考情報などがのった電磁波が放射される
可能性は到底考えられない

> 盗聴の為にレーダー波によって送信されて来た生体情報を受信した時に、
> その送信電波をそのまま周囲に電波として発振し、
> かつ警報を発することにより盗聴を防せげる

これは、私が以前から何度も述べている
同じ周波数同士の波の干渉現象を利用した思考盗聴の妨害方法と全く同じ原理で、
この特許の説明によると、生体情報を盗むのに使用する盗聴電波と
同じ周波数を利用して妨害するとのことだ。
盗聴電波の周波数に合わせて妨害電波を出しても
当然のことながら妨害できるのは間違いない

したがって、この装置は、思考盗聴の原理説明では、
かなり怪しい説明をしているが、
もし思考盗聴に使用している電磁波の周波数と
同じ周波数が妨害電波として出力されていたのならば
思考盗聴を妨害するのに役立つだろう。

が、しかし、思考盗聴するための原理をかなり誤った認識をしているため
想定している思考盗聴電磁波が、
人体の共振周波数であり、300MHZなどあたりの電波である。

が、必ずしも300MHZであるという保証はどこにもない
300MHZ付近の周波数でない場合、この装置では対応できないと思われる
よってこの装置で必ず防げるという保証はない

〈思考盗聴の技術〉

管理者

なもなき者
http://p208.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0727xaroeSTzPM9D/W?_jig_=http%3A%2F%2Fform1.fc2.com%2Fform%2F%3Fid%3D273651&_jig_keyword_=%8Ev%8Dl%93%90%92%AE%8A%ED%82%CC%8BZ%8Fp&_jig_xargs_=R&guid=on

共振が起こることが一般に知られ、300MHZやそのあたりぐらいである
それで、人体の共振周波数の電磁波を人体へ送信すれば
共振して人物から電磁波が放射するまでは
物理的に正しいことを述べているように思う

しかし、どのような原理で人物の体より生体情報がのった
電磁波が放射されるのか不明

そもそも人体から放射される電磁波に生体情報がのっているためには、
脳内を流れる思考などの電気信号と
放射される電磁波の電気信号が同じ回路上を流れていなければならない

しかし、脳内を流れる思考などの電気信号は、
脳関係のことは私はあまり詳しくないが、
活動電位などと呼ばれるようなイオン電流による電気信号であった思われる。

それで、このイオン電流による電気信号によって放射される電磁波が
遠くまで飛ぶぐらいまでにどれくらい増幅させれば良いかと考えると
現状で脳波などの電磁波は
数mぐらいしか飛ばないことを考えると数百倍まで増幅する必要がある

このイオン電流を増幅するには
イオンの数を増やすか、イオンの電荷移動を速くする以外にない。
が、このイオンは、電子と比較して桁違いの質量と体積を持っているため、
到底脳内の回路上において、イオンの数を数百倍まで大幅に増やしたり、
ましてイオンの電荷移動を数百倍まで大幅に高速化させるのは
活動電位というイオン電流が伝達する仕組み上
到底不可能であるだろう。

また、もし仮に数百倍近くまで増幅されたら脳の回路が
崩壊してしまうように思われる

以上の理由から、人物の体より
遠くまで飛ぶ思考情報などがのった電磁波が放射される
可能性は到底考えられない

> 盗聴の為にレーダー波によって送信されて来た生体情報を受信した時に、
> その送信電波をそのまま周囲に電波として発振し、
> かつ警報を発することにより盗聴を防せげる

これは、私が以前から何度も述べている
同じ周波数同士の波の干渉現象を利用した思考盗聴の妨害方法と全く同じ原理で、
この特許の説明によると、生体情報を盗むのに使用する盗聴電波と
同じ周波数を利用して妨害するとのことだ。
盗聴電波の周波数に合わせて妨害電波を出しても
当然のことながら妨害できるのは間違いない

したがって、この装置は、思考盗聴の原理説明では、
かなり怪しい説明をしているが、
もし思考盗聴に使用している電磁波の周波数と
同じ周波数が妨害電波として出力されていたのならば
思考盗聴を妨害するのに役立つだろう。

が、しかし、思考盗聴するための原理をかなり誤った認識をしているため
想定している思考盗聴電磁波が、
人体の共振周波数であり、300MHZなどあたりの電波である。

が、必ずしも300MHZであるという保証はどこにもない
300MHZ付近の周波数でない場合、この装置では対応できないと思われる
よってこの装置で必ず防げるという保証はない


攻略する為の鍵 エンジニアの象徴

理論派のドラミならわかると思ったが地球防衛軍の幹部みたいになってるぞ。初期の頃のネットのヘビーユーザーはネトウヨの情報ばっか見てるからネトウヨ傾向が強いな。

〈思考盗聴の技術〉

管理者

なもなき者
http://p208.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0727xaroeSTzPM9D/W?_jig_=http%3A%2F%2Fform1.fc2.com%2Fform%2F%3Fid%3D273651&_jig_keyword_=%8Ev%8Dl%93%90%92%AE%8A%ED%82%CC%8BZ%8Fp&_jig_xargs_=R&guid=on

よってこの装置で必ず防げるという保証はない


攻略する為の鍵 エンジニアの象徴

〈思考盗聴の技術〉

管理者

なもなき者
http://p208.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0727xaroeSTzPM9D/W?_jig_=http%3A%2F%2Fform1.fc2.com%2Fform%2F%3Fid%3D273651&_jig_keyword_=%8Ev%8Dl%93%90%92%AE%8A%ED%82%CC%8BZ%8Fp&_jig_xargs_=R&guid=on


≪ 統合失調症 存在しない病気 ≫

1、統合失調症 存在しない病気1

『統合失調症等は思想統制等のための一種の行政ツールに過ぎず、
「本当は存在しない架空の病気」である傾向が強い
という説が最近強まっている。』

薬理学的根拠:
  1)不安・不眠等の同様の症状に対しドーパミンD2受容体への作用ベクトルが180度逆の薬剤が両方、使われている事。
  2)欝などで使われる向精神薬(リタリン等)はかくせい剤様の薬剤であり、その中毒症状と統合失調症の症状が類似している事。
  3)統合失調症治療薬の中には糖尿病誘発効果が知られているものがあるが、地域によっては糖尿病死亡率が自然発生では考えにくい傾向を示している事。

社会科学的根拠:
  1)秋葉原等で販売されている盗聴・盗さつ機器の累積販売台数は国内だけで数百万個に及んでいるだけでなく、
     従来、幻覚、妄想として処理されていた事象を
     再現可能である事を示唆する新機密技術関連資料が最近、増加している事。
  2)同じく、従来、幻覚、幻想として処理されていた
     集団ハラスメント関連資料が最近、増加している事。
  3)精神医学界による頑なな社会科学論議の拒否
    (特に薬理学矛盾および通信傍受インフラ問題には、なかなか答えようとしない事)
  4)イタリアでは精神病院が既に廃止されている事。英国も全廃を検討している事。
    (当該精神疾患が本当に従来道理で存在するなら、他国でのこのような状況は考えれない)

精神病院解体後のイタリアの精神医療
ttp://www.prj-ageing.jp/summary/no05/

  5)一卵性双生児にて遺伝性がない事が証明されているにも関わらず、遺伝子研究が行われているのは矛盾している事。
    また遺伝子研究の捏造例も新聞報告されている事。

上記以外の詳しい内容は以下のサイトからどうぞ
ttp://d.hatena.ne.jp/sosa/20060822

2、統合失調症 存在しない病気2

統合失調症
存在しない病気

精神医学の教授Thomas S. Szasz, M.D.は言う。
「要するに統合失調症といった物は存在しない」

「統合失調症のような病気分類で誰かをレッテル付けすることにおける
固有の危険に対して認識が高められつつあり、多くの人々はそのような
実体は無いということを理解し始めている」
典型的には統合失調症の定義は曖昧または互に矛盾している。
例えば私がある州立精神病院の副最高責任者である医師に、
統合失調症という用語を定義するよう頼んだとき、
彼は全く真面目な様子でこう答えた。
「分裂した人格です。それがもっとも通俗的な定義です」
これとは反対に、精神病者の国民連合
(the National Alliance for the Mentally Ill, NAMI)
により発行された「統合失調症とは何か」という題のパンフレットでは
「統合失調症というのは分裂した人格ではない」と言っている。

統合失調症の原因は未知である・・・統合失調症は神経生物学的基礎を
持っていると広く信じられている。
最も注目に値する理論はドーパミン仮説であり、
これは統合失調症が脳のドーパミン経路における過活動
に起因すると肯定的に仮定している。更に最近の研究は
統合失調症患者と対照被験者の脳映像の比較から
得られる構造的および機能的異常に焦点を当てている。
今日のどの発見や理論もこの複雑な病気の
原因や病因を正確に説明できない」

「統合失調症の原因は未だ確定されていない・・・」

「以前から多数の理論が存在しているが、
統合失調症について一般に認められた原因は無い・・・
不幸な真実は、我々は何が統合失調症を起こすか
又はその病気が何であるかさえ知らないということである」

我々は未だ統合失調症を正確に理解していない

ttp://www.ugoslink.com/original/material/jp-schizoph.htmlより

3、統合失調症 存在しない病気2

統合失調症は、存在するという証拠が全くなく、未だに原因不明で
科学的に証明されておらず、科学的には存在するとは
認められてない仮説の病気である
また原因不明なため、何をもって統合失調症であるのかを
判断する科学的根拠が全くなく、
統合失調症であるかどうかを明確に判断することは誰にもできない

(1)、統合失調症の明確な定義は誰一人知らず、
あいまいで抽象的な物言いしかできない

何故なら原因不明だからどのような症状を示すとかはっきりとわからないからだ。
それで、原因不明の症状を示す人がいて、よくわからないものだから
それが病気が原因で生じているのかも証拠がなく不明なのに
原因不明の病名を適当につけているだけというのが現状

(2)、統合失調症の原因は未だに不明

(3)、統合失調症が存在するという証拠は全くない

存在すると言いたい人の主な主張は以下のものだ

「原因不明で証拠はないが、特定の症状を訴える人が多数いて、
薬を与えたらその症状が治ったと言う人がいる。
だから、統合失調症は存在するのだ」

しかし、「症状があったという証拠」と「治ったという証拠」は、
全て本人が勝手に言ったりしてるだけで証拠が何もない

また、仮に症状があると仮定しても、
それが原因不明の統合失調症が原因であると言えるはずがない。

さらに、仮に症状があり治ったのだと仮定しても、
何が原因で生じている症状なのか不明なのだから、
薬のおかげでその原因が取り除かれたと言えないので
「薬のおかげで治ったという証拠」もない

ようするに統合失調症があると言いたいなら以下のものを示すしかない

統合失調症の原因と、その原因から特定の症状が出る
メカニズムを科学的に説明し、証拠を示すこと

これができないなら、何をどう言っても統合失調症という病気が存在することを
証明できたことにはならない。

≪ 精神病 存在しない病気 ≫

Matthyesse Ph.D.(両者ともハーバード大学医学部卒)は言った。
「最近の論文を公平に読んだところでは、カテコールアミン仮説を
明確化することは期待できない。
まして精神病の患者の脳を特徴づけるような他の生物学的相違点の
抑えがたい証拠が現れることもない」

1992年に米国議会技術評価局に召集された専門家のパネルの結論:
「精神障害の生物学について多くの疑問が残る。実際、調査をしても、
これらの障害を起こす特定の生物学的原因は特定できていない。
・・・精神障害は症状を基礎として分類される。
なぜならそれらに対して生物学的目印や研究所の試験が今のところ無いからだ」

彼の本『精神医学的ドラッグへのエッセンシャル・ガイド』で、
コロンビア大学精神医学の教授Jack M. Gorman, M.D.は言った。
「我々は精神障害のいかなる原因も本当は知っていない」

『新精神医学』で、もう一人のコロンビア大学精神医学教授、
Jerrold S. Maxmen,M.D.は言った。
「精神科医は、定義により、"原因も治療法も決定的には知られていない
障害を扱う 唯一の専門家である"、ということは一般に認識されていない・・・
診断は 精神障害の原因を指示すべきだ。しかし後に議論するように、
ほとんどの精神障害の病因は未知だから、
最近の診断システムはそれらの病因を反映できない」

殆どの精神医学のドラッグは神経毒性があり、多少なりとも一般的な
神経性の無能を生み出す。だからそれらのドラッグは、気に食わない行動
を止めさせ、精神的に無能化された人々を、それ以上怒ったり不幸に
思ったり又は"抑圧された"と感じさせないようにするかもしれない。
しかしこれを"治療"と呼ぶのは馬鹿げている。これから、
「気に食わない感情や行動を引き起こしていた生物学的異常を、
ドラッグが治したに違いない」と推定することも同様に馬鹿げている。

「・・・ 現代の精神医学は、たった一つの精神病の遺伝的/生物学的原因をも、
まだ説得力をもって証明していない」

「我々は何が精神病を引き起こすのか本当は知らない」

「しばしば主張される事とは反対に、精神病患者の脳を高い信頼度で
識別できる生化学的、解剖学的、
または機能的な特徴は一つも発見されていない」

「・・・精神医学的診断のための外部からの検証基準はない。
いかなる主要な精神障害に対しても、血液検査や特定の解剖学的外傷はない」

「・・・ (多動性のために)これらの薬を飲まされている500万人から600万人
の子供は実は正常である。わが国民は、苦痛の感情は全て精神病である
と信じるように誘惑されてきた。しかも米国精神医学会の指導者達は
精神病の存在を確認する科学的データは皆無なのに 彼ら自らがそれを
故意に病気として表現している。
神経科医フレッド・ボーマン(Fred Baughman)氏著。

「ADHDは、精神医学とドラッグ産業が結託して捏造した虚構の障害、
販売促進ツールである。その診断には科学的・医学的根拠が無く、
診断の結果貼られるレッテルから生じる烙印・汚名は有害であり、
治療と称して処方されるリタリン等のドラッグは現に多数の死亡・傷害事件を
起こしており、極めて危険である」

「・・・これらADHDのような精神病が存在する証拠は無い」

「医療においては、ある状態を病気と呼ぶためには厳密な診断基準が存在する。
諸症状の予見可能な集合に加え、症状の原因または病因の何らかの理解が
確立されなければならない。・・・精神医学は、他の医学科に比べ、
この点で独特なのである。・・・我々は精神医学的診断に対する原因や病因の証拠を、
いまだに持っていない。・・・我々はここ数十年、いわゆる精神医学的状態に
対する生化学的アンバランスの主張に事欠かなかった。これらの試みは勤勉に
行われたが、そのうちどれ一つも証明されなかった。事実は全く逆である。
そのような精神医学的状態が発見されたと思われても、毎回それは誤りである
と後になって証明された。・・・精神医学的状態に影響する遺伝子が見つかった

〈思考盗聴の技術〉

管理者

なもなき者
http://p208.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0727xaroeSTzPM9D/W?_jig_=http%3A%2F%2Fform1.fc2.com%2Fform%2F%3Fid%3D273651&_jig_keyword_=%8Ev%8Dl%93%90%92%AE%8A%ED%82%CC%8BZ%8Fp&_jig_xargs_=R&guid=on

では
「統合失調症というのは分裂した人格ではない」と言っている。

統合失調症の原因は未知である・・・統合失調症は神経生物学的基礎を
持っていると広く信じられている。
最も注目に値する理論はドーパミン仮説であり、
これは統合失調症が脳のドーパミン経路における過活動
に起因すると肯定的に仮定している。更に最近の研究は
統合失調症患者と対照被験者の脳映像の比較から
得られる構造的および機能的異常に焦点を当てている。
今日のどの発見や理論もこの複雑な病気の
原因や病因を正確に説明できない」

「統合失調症の原因は未だ確定されていない・・・」

「以前から多数の理論が存在しているが、
統合失調症について一般に認められた原因は無い・・・
不幸な真実は、我々は何が統合失調症を起こすか
又はその病気が何であるかさえ知らないということである」

我々は未だ統合失調症を正確に理解していない

ttp://www.ugoslink.com/original/material/jp-schizoph.htmlより

3、統合失調症 存在しない病気2

統合失調症は、存在するという証拠が全くなく、未だに原因不明で
科学的に証明されておらず、科学的には存在するとは
認められてない仮説の病気である
また原因不明なため、何をもって統合失調症であるのかを
判断する科学的根拠が全くなく、
統合失調症であるかどうかを明確に判断することは誰にもできない

(1)、統合失調症の明確な定義は誰一人知らず、
あいまいで抽象的な物言いしかできない

何故なら原因不明だからどのような症状を示すとかはっきりとわからないからだ。
それで、原因不明の症状を示す人がいて、よくわからないものだから
それが病気が原因で生じているのかも証拠がなく不明なのに
原因不明の病名を適当につけているだけというのが現状

(2)、統合失調症の原因は未だに不明

(3)、統合失調症が存在するという証拠は全くない

存在すると言いたい人の主な主張は以下のものだ

「原因不明で証拠はないが、特定の症状を訴える人が多数いて、
薬を与えたらその症状が治ったと言う人がいる。
だから、統合失調症は存在するのだ」

しかし、「症状があったという証拠」と「治ったという証拠」は、
全て本人が勝手に言ったりしてるだけで証拠が何もない

また、仮に症状があると仮定しても、
それが原因不明の統合失調症が原因であると言えるはずがない。

さらに、仮に症状があり治ったのだと仮定しても、
何が原因で生じている症状なのか不明なのだから、
薬のおかげでその原因が取り除かれたと言えないので
「薬のおかげで治ったという証拠」もない

ようするに統合失調症があると言いたいなら以下のものを示すしかない

統合失調症の原因と、その原因から特定の症状が出る
メカニズムを科学的に説明し、証拠を示すこと

これができないなら、何をどう言っても統合失調症という病気が存在することを
証明できたことにはならない。

≪ 精神病 存在しない病気 ≫

Matthyesse Ph.D.(両者ともハーバード大学医学部卒)は言った。
「最近の論文を公平に読んだところでは、カテコールアミン仮説を
明確化することは期待できない。
まして精神病の患者の脳を特徴づけるような他の生物学的相違点の
抑えがたい証拠が現れることもない」

1992年に米国議会技術評価局に召集された専門家のパネルの結論:
「精神障害の生物学について多くの疑問が残る。実際、調査をしても、
これらの障害を起こす特定の生物学的原因は特定できていない。
・・・精神障害は症状を基礎として分類される。
なぜならそれらに対して生物学的目印や研究所の試験が今のところ無いからだ」

彼の本『精神医学的ドラッグへのエッセンシャル・ガイド』で、
コロンビア大学精神医学の教授Jack M. Gorman, M.D.は言った。
「我々は精神障害のいかなる原因も本当は知っていない」

『新精神医学』で、もう一人のコロンビア大学精神医学教授、
Jerrold S. Maxmen,M.D.は言った。
「精神科医は、定義により、"原因も治療法も決定的には知られていない
障害を扱う 唯一の専門家である"、ということは一般に認識されていない・・・
診断は 精神障害の原因を指示すべきだ。しかし後に議論するように、
ほとんどの精神障害の病因は未知だから、
最近の診断システムはそれらの病因を反映できない」

殆どの精神医学のドラッグは神経毒性があり、多少なりとも一般的な
神経性の無能を生み出す。だからそれらのドラッグは、気に食わない行動
を止めさせ、精神的に無能化された人々を、それ以上怒ったり不幸に
思ったり又は"抑圧された"と感じさせないようにするかもしれない。
しかしこれを"治療"と呼ぶのは馬鹿げている。これから、
「気に食わない感情や行動を引き起こしていた生物学的異常を、
ドラッグが治したに違いない」と推定することも同様に馬鹿げている。

「・・・ 現代の精神医学は、たった一つの精神病の遺伝的/生物学的原因をも、
まだ説得力をもって証明していない」

「我々は何が精神病を引き起こすのか本当は知らない」

「しばしば主張される事とは反対に、精神病患者の脳を高い信頼度で
識別できる生化学的、解剖学的、
または機能的な特徴は一つも発見されていない」

「・・・精神医学的診断のための外部からの検証基準はない。
いかなる主要な精神障害に対しても、血液検査や特定の解剖学的外傷はない」

「・・・ (多動性のために)これらの薬を飲まされている500万人から600万人
の子供は実は正常である。わが国民は、苦痛の感情は全て精神病である
と信じるように誘惑されてきた。しかも米国精神医学会の指導者達は
精神病の存在を確認する科学的データは皆無なのに 彼ら自らがそれを
故意に病気として表現している。
神経科医フレッド・ボーマン(Fred Baughman)氏著。

「ADHDは、精神医学とドラッグ産業が結託して捏造した虚構の障害、
販売促進ツールである。その診断には科学的・医学的根拠が無く、
診断の結果貼られるレッテルから生じる烙印・汚名は有害であり、
治療と称して処方されるリタリン等のドラッグは現に多数の死亡・傷害事件を
起こしており、極めて危険である」

「・・・これらADHDのような精神病が存在する証拠は無い」

「医療においては、ある状態を病気と呼ぶためには厳密な診断基準が存在する。
諸症状の予見可能な集合に加え、症状の原因または病因の何らかの理解が
確立されなければならない。・・・精神医学は、他の医学科に比べ、
この点で独特なのである。・・・我々は精神医学的診断に対する原因や病因の証拠を、
いまだに持っていない。・・・我々はここ数十年、いわゆる精神医学的状態に
対する生化学的アンバランスの主張に事欠かなかった。これらの試みは勤勉に
行われたが、そのうちどれ一つも証明されなかった。事実は全く逆である。
そのような精神医学的状態が発見されたと思われても、毎回それは誤りである
と後になって証明された。・・・精神医学的状態に影響する遺伝子が見つかった

〈思考盗聴の技術〉

管理者

なもなき者
http://p208.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0727xaroeSTzPM9D/W?_jig_=http%3A%2F%2Fform1.fc2.com%2Fform%2F%3Fid%3D273651&_jig_keyword_=%8Ev%8Dl%93%90%92%AE%8A%ED%82%CC%8BZ%8Fp&_jig_xargs_=R&guid=on

メカニズムを科学的に説明し、証拠を示すこと

これができないなら、何をどう言っても統合失調症という病気が存在することを
証明できたことにはならない。

≪ 精神病 存在しない病気 ≫

Matthyesse Ph.D.(両者ともハーバード大学医学部卒)は言った。
「最近の論文を公平に読んだところでは、カテコールアミン仮説を
明確化することは期待できない。
まして精神病の患者の脳を特徴づけるような他の生物学的相違点の
抑えがたい証拠が現れることもない」

1992年に米国議会技術評価局に召集された専門家のパネルの結論:
「精神障害の生物学について多くの疑問が残る。実際、調査をしても、
これらの障害を起こす特定の生物学的原因は特定できていない。
・・・精神障害は症状を基礎として分類される。
なぜならそれらに対して生物学的目印や研究所の試験が今のところ無いからだ」

彼の本『精神医学的ドラッグへのエッセンシャル・ガイド』で、
コロンビア大学精神医学の教授Jack M. Gorman, M.D.は言った。
「我々は精神障害のいかなる原因も本当は知っていない」

『新精神医学』で、もう一人のコロンビア大学精神医学教授、
Jerrold S. Maxmen,M.D.は言った。
「精神科医は、定義により、"原因も治療法も決定的には知られていない
障害を扱う 唯一の専門家である"、ということは一般に認識されていない・・・
診断は 精神障害の原因を指示すべきだ。しかし後に議論するように、
ほとんどの精神障害の病因は未知だから、
最近の診断システムはそれらの病因を反映できない」

殆どの精神医学のドラッグは神経毒性があり、多少なりとも一般的な
神経性の無能を生み出す。だからそれらのドラッグは、気に食わない行動
を止めさせ、精神的に無能化された人々を、それ以上怒ったり不幸に
思ったり又は"抑圧された"と感じさせないようにするかもしれない。
しかしこれを"治療"と呼ぶのは馬鹿げている。これから、
「気に食わない感情や行動を引き起こしていた生物学的異常を、
ドラッグが治したに違いない」と推定することも同様に馬鹿げている。

「・・・ 現代の精神医学は、たった一つの精神病の遺伝的/生物学的原因をも、
まだ説得力をもって証明していない」

「我々は何が精神病を引き起こすのか本当は知らない」

「しばしば主張される事とは反対に、精神病患者の脳を高い信頼度で
識別できる生化学的、解剖学的、
または機能的な特徴は一つも発見されていない」

「・・・精神医学的診断のための外部からの検証基準はない。
いかなる主要な精神障害に対しても、血液検査や特定の解剖学的外傷はない」

「・・・ (多動性のために)これらの薬を飲まされている500万人から600万人
の子供は実は正常である。わが国民は、苦痛の感情は全て精神病である
と信じるように誘惑されてきた。しかも米国精神医学会の指導者達は
精神病の存在を確認する科学的データは皆無なのに 彼ら自らがそれを
故意に病気として表現している。
神経科医フレッド・ボーマン(Fred Baughman)氏著。

「ADHDは、精神医学とドラッグ産業が結託して捏造した虚構の障害、
販売促進ツールである。その診断には科学的・医学的根拠が無く、
診断の結果貼られるレッテルから生じる烙印・汚名は有害であり、
治療と称して処方されるリタリン等のドラッグは現に多数の死亡・傷害事件を
起こしており、極めて危険である」

「・・・これらADHDのような精神病が存在する証拠は無い」

「医療においては、ある状態を病気と呼ぶためには厳密な診断基準が存在する。
諸症状の予見可能な集合に加え、症状の原因または病因の何らかの理解が
確立されなければならない。・・・精神医学は、他の医学科に比べ、
この点で独特なのである。・・・我々は精神医学的診断に対する原因や病因の証拠を、
いまだに持っていない。・・・我々はここ数十年、いわゆる精神医学的状態に
対する生化学的アンバランスの主張に事欠かなかった。これらの試みは勤勉に
行われたが、そのうちどれ一つも証明されなかった。事実は全く逆である。
そのような精神医学的状態が発見されたと思われても、毎回それは誤りである
と後になって証明された。・・・精神医学的状態に影響する遺伝子が見つかった


攻略する為の鍵 エンジニアの象徴

〈思考盗聴の技術〉

管理者

なもなき者
http://p208.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0727xaroeSTzPM9D/W?_jig_=http%3A%2F%2Fform1.fc2.com%2Fform%2F%3Fid%3D273651&_jig_keyword_=%8Ev%8Dl%93%90%92%AE%8A%ED%82%CC%8BZ%8Fp&_jig_xargs_=R&guid=on


「・・・ (多動性のために)これらの薬を飲まされている500万人から600万人
の子供は実は正常である。わが国民は、苦痛の感情は全て精神病である
と信じるように誘惑されてきた。しかも米国精神医学会の指導者達は
精神病の存在を確認する科学的データは皆無なのに 彼ら自らがそれを
故意に病気として表現している。
神経科医フレッド・ボーマン(Fred Baughman)氏著。

「ADHDは、精神医学とドラッグ産業が結託して捏造した虚構の障害、
販売促進ツールである。その診断には科学的・医学的根拠が無く、
診断の結果貼られるレッテルから生じる烙印・汚名は有害であり、
治療と称して処方されるリタリン等のドラッグは現に多数の死亡・傷害事件を
起こしており、極めて危険である」

「・・・これらADHDのような精神病が存在する証拠は無い」

「医療においては、ある状態を病気と呼ぶためには厳密な診断基準が存在する。
諸症状の予見可能な集合に加え、症状の原因または病因の何らかの理解が
確立されなければならない。・・・精神医学は、他の医学科に比べ、
この点で独特なのである。・・・我々は精神医学的診断に対する原因や病因の証拠を、
いまだに持っていない。・・・我々はここ数十年、いわゆる精神医学的状態に
対する生化学的アンバランスの主張に事欠かなかった。これらの試みは勤勉に
行われたが、そのうちどれ一つも証明されなかった。事実は全く逆である。
そのような精神医学的状態が発見されたと思われても、毎回それは誤りである
と後になって証明された。・・・精神医学的状態に影響する遺伝子が見つかった


攻略する為の鍵 エンジニアの象徴

〈思考盗聴の技術〉

管理者

なもなき者
http://p208.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/0727xaroeSTzPM9D/W?_jig_=http%3A%2F%2Fform1.fc2.com%2Fform%2F%3Fid%3D273651&_jig_keyword_=%8Ev%8Dl%93%90%92%AE%8A%ED%82%CC%8BZ%8Fp&_jig_xargs_=R&guid=on


≪ 2chの近赤外線による思考盗聴説 ≫

以下の情報は、2chに書き込まれた思考盗聴方法の
かなり有力な情報です
技術的にかなり確かなものなので、信用できるかもしれません

>67 名前:設計者投稿日:2001/04/07(土) 02:24
>私が設計したのですが、少々誤解があるようですね。
>まず、超音波を使用するとありますが、超音波ではあまりに
>解像度が荒くシナプスの動きを捉えることができません。
>赤外線を直接頭皮に当てると突き抜けて脳まで達し、
>反射波がシナプスの活動の状態により変調される
>という性質を利用しております。その変調された反射波を取り込み、
>コンピューターで処理して言語に変換します。
>つぎにもうひとつ誤解があるようですが、言語野だけでは人の考えは復元できません。
>人は考えてからその考えを言葉に直すようにできています。
>私の設計した機械は脳全体の活動を取り込みます。

>原理はこんなところですが、実現は大変でした。
>赤外線を頭全体に当てるのですが、当然かなり離れたところから
>一方方向からしか当てられないし、
>また反射波を取り込むのに関してもそうです。
>さらに反射波はとたんに減衰しすぐに隣の反射波と干渉します。
>そうなった状態の赤外線を取り込むわけです。

>取り込み方、照射の仕方、その後の処理、センサー等、れらの解決法が○秘なのです。
>私の知る限りIBMからは特許はとられておりません。
>大きさはフルタワーのパソコンくらいのものです。
>壁等は問題になりません。 だいたい600m位が最長の使用距離になります。
>当然赤外線を使用している関係上、炎天下では距離が短くなります。

>この機械は一台当たり2億3千万円で売っております。
>私は営業ではないためどれくらい売れているかはわかりません。
>値段が値段なだけに一般人に使用しているとは思えません。

>89 名前:設計者投稿日:2001/04/07(土) 14:48
>本日営業と話をしました。値段間違っていました。
>2億3千万ではなくて2億3千2百万でした。
>50台を1単位で販売しているそうです。
>顧客は主に軍隊だそうです。 また個人への売買はしないそうです。


攻略する為の鍵 エンジニアの象徴

セロクエル

人類貯金計画ヲ知らずに死ねるか

エヴァンゲリオンの象徴!? =v2k


筑波大学(院生の鍵穴)国公立大


創価学会 公明党 北朝鮮 ㍼ 宗教

1995年 =18年(時間)隠ぺい

テクノロジー犯罪

神は、頑張って下さい

エヴァンゲリオン



















LIVE


これが集団ストーカーのモビング


「骨犯罪」()/===卍


骨の通過 マイクロ波 新しい犯罪 悪性腫瘍の原因

ニック・ベニーチの(本)鍵穴

JACK・THE・RIPPER

Jack the Ripper
1888年10月13日、イラストレイテド・ロンドン・ニュースによる発行の記事。「With the Vigilance Committee in the East End: A Suspicious Character」
個人情報
本名 不明
別名 ジャック・ザ・リッパー
ホワイトチャペル・マーダー
殺人詳細
犠牲者数 売春婦5人+?
犯行期間 1888年 ?
国 イギリス
切り裂きジャック(きりさきジャック、英:Jack the Ripper、ジャック・ザ・リッパー)は、1888年にイギリスで連続発生した猟奇殺人事件の犯人の通称。この事件は未解決事件である。


AKIRA


世界 三大 犯罪

エヴァンゲリオン


創価学会 集団ストーカー

世界三大犯罪を有効に攻略する為

虎の尾(とらのお)総務省外務省

日本人の狩りヲ知らずに死ねるか

東芝盗聴器は 金丸 征太郎 告発

山下 江 法律事務所

ヤマシタ コウ

♯♯♯♯ なやみよ まるく

0120―7834―09




広島最大級の法律事務所です。

「親切な相談」と「適切な解決」これが私達のモットーです。山下江法律事務所は、全力投球であなたの人生を応援します。ご自身やお知合いがお困りのときはどうぞお気軽にご相談下さい。


予約専用フリーダイヤル

TEL:0120-7834-09
相談予約受付時間:年中無休7〜24時

メールでの相談はこちら

info@law-yamashita.com

お名前、お電話番号、連絡可能な時間帯をお知らせください。 折り返しお電話させていただきます。

山下江法律事務所 所長 山下江
広島市中区上八丁堀4-27-703

広島弁護士会所属

>日本人の狩りヲ知らずに死ねるか

テメーらを殺さずに死ねるか、の間違いだろ谷洋一郎(偽名)

谷洋一郎(偽名)余裕の法律的指導ww

警視庁 警察 知らずに死ねるか

サイバー 歯車の方向にお回し下さい

エヴァンゲリオン

国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける


はじめに

集団ストーカー犯罪システムは新たな犯罪形態ではなく、少なくとも35年以上前から存在しています。 人間生活・社会生活を営む上で必要不可欠な科学技術や情報が、全国ネットワークを有する一部の悪魔達によって人を殺傷する目的に悪用されています。 その時代の最先端技術(音波・電磁波)などをたくみに悪用しながら進化を続け、現在に至っていると考えられます。 凶悪犯罪の増加と共に、世間で起こっている多くの不可思議な事件の幾つかに付いて、「集団ストーカー犯罪システム」の被害者(ターゲット)の方々は「ほのめかし」を受けたという事例が多く報告されています。 一部の被害者の方は、自分の周囲にいったい何が起こったのか理解出来ずに発狂し、自殺を試みた方もおられます。 また、集団ストーカー犯罪が作り出す異常な日常生活の現実に対し社会的に認知されていないために、周囲の人々から理解されず統合失調症(精神分裂病)などと誤認され、「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」の、第34条(医療保護入院等のための移送)の名目で措置入院ではなく強制拉致入院させられ、不当な扱いを受け苦しんでおられる被害者の方々が大勢おられます。
集団ストーカー犯罪によって作られた非日常生活は、被害者同士が同じ時間を共有することによっても実在することは証明されています。 現在、被害者の数は既に400名を越えており、年々増加の傾向にあります。 潜在的被害者の数は少なく見積もっても、この数倍、数千人はおられると予想されます。更に注目すべきことは、被害者の周辺の方々にも類似の攻撃を多く受けているという事実です。 これが市民の平穏な生活を脅かしています。
不幸が続くのは単なる偶然ではありません。工作された可能性が非常に高いと考えられます。 市民生活の安全と安心を確保するためには、まず「集団ストーカー犯罪システム」を社会に認知して頂く必要があります。 集団ストーカーは、住居侵入、サイバー犯罪、窃盗、器物破損、食料品に毒物混入、人間関係の破壊、生活妨害、強制拉致入院など多くの犯罪を複合しながら今も悪の進化を続けています。
しかしながら、35年以上も前から存在するにもかかわらず、マスメディアは、全く採り上げようとしません。それどころか、テレビ・ラジオで放送されるニュースや番組内容は、加害者に対して「ほのめかし」攻撃を行い、更には漫才のネタ、コマーシャルまでもが被害者に対して、「仄めかし」攻撃を仕掛け、これでもかと精神的ストレスを与え続けてきます。(メディア・リテラシー:media literacy) 更に、インターネットでの掲示板では、真の被害者に対して多くの現象は幻覚・幻聴・妄想などと決め付け、統合失調症(精神分裂病)に仕立て上げようとやっきになった書き込みをしています。 更に、偽装サイトや自称被害者サイトを立ち上げるだけでなく、個人情報の収集や被害者同士の分裂を図る目的で、真の被害者達の目の前に工作員や偽装被害者・自称被害者まで送り込んで来ます。
治安が悪化している原因の幾つかは「集団ストーカー犯罪システム」にあります。24時間途切れる事無く何年も継続することにより殺人と言う目的を達成する「完全殺人犯罪」を構成しています。早急に解明し撲滅することが、市民生活の安全と平穏を確保するためには必要不可欠なことです。 堕落した日本を救うために今こそ、個人の倫理感・社会秩序を見直す必要があります。そして、社会学者・心理学者・宗教家・哲学者・政治家・技術者・医療関係者などの方々が一丸となり総合的に解決しなければならない最重要課題と考えます。
一日も早く国民の方々は、私を含め多くの被害者の方々の悲惨な被害の実態調査を行い正確に理解して頂き、異常事態の日本を救って頂きたいと願います。より良い明日を作るのはあなた自身の行動・発言だということを自覚し、世界に誇れる「品格のある国、美しい国、日本」をつくるために一人一人が責任と自覚を持って頂きたいと願います。 この犯罪を放置し続ければ次に狙われるのは確実にあなたの番なのです。いや、あなたは今、そして過去に既に狙われていた可能性が十分考えられます。 過去の不可思議な事件・事故・出来事を思い出して下さい。必ずや、思い当たるふしが有るはずです。 あればそれは、「集団ストーカー犯罪システム」によるものです。
世界に誇れる日本の文化までもが破壊されようとしています。 日本国政府は、関連分野の専門家を早急に集め、日本社会と国民生活の安全と安心の現在の状況を幅広く分析し議論を重ね、全容究明を進めることで国民がこの集団ストーカーに対し早急に理解すると共に法整備を進めることを強く望みます。 「品格のある、美しい国、日本」をつくるためには、集団ストーカー犯罪システムを撲滅する以外に方法はありません。
集団ストーカー認知・撲滅のために皆様のご理解とご協力を是非ともお願い致します。
1 加害者の目的
各階層により目的が異なっているため最終目的は一般の殆んどの方々は理解されておられないと思われます。 ただし、被害者の方々はおおよそ同じ理解をされていると推測します。
その最終目的は、「日本を弱体化させコントロールする」ことです。→この目的の元、あなたならこの集団ストーカー犯罪システムを何に使っていると思いますか? 恐らく考えられたこと全てが正しいのかもしれません。 ここで日本の弱体化とは、少子高齢化、フリーターやニートの増加、外交問題、教育関係、海外食料依存、医療関係、科学技術関係などなどです。
大多数の一般の方々には、取るに足らないイタズラ(マインドゲーム)や遊び(伝言ゲーム)、少し疑問の残るアルバイト(目的レベル1)などによる行動・発言の積み重ねやメディアリテラシーを介した情報操作を悪用することで、一部の悪魔達により日本をコントロールされています。

国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける


 日本国政府は、関連分野の専門家を早急に集め、日本社会と国民生活の安全と安心の現在の状況を幅広く分析し議論を重ね、全容究明を進めることで国民がこの集団ストーカーに対し早急に理解すると共に法整備を進めることを強く望みます。 「品格のある、美しい国、日本」をつくるためには、集団ストーカー犯罪システムを撲滅する以外に方法はありません。
集団ストーカー認知・撲滅のために皆様のご理解とご協力を是非ともお願い致します。
1 加害者の目的
各階層により目的が異なっているため最終目的は一般の殆んどの方々は理解されておられないと思われます。 ただし、被害者の方々はおおよそ同じ理解をされていると推測します。
その最終目的は、「日本を弱体化させコントロールする」ことです。→この目的の元、あなたならこの集団ストーカー犯罪システムを何に使っていると思いますか? 恐らく考えられたこと全てが正しいのかもしれません。 ここで日本の弱体化とは、少子高齢化、フリーターやニートの増加、外交問題、教育関係、海外食料依存、医療関係、科学技術関係などなどです。
大多数の一般の方々には、取るに足らないイタズラ(マインドゲーム)や遊び(伝言ゲーム)、少し疑問の残るアルバイト(目的レベル1)などによる行動・発言の積み重ねやメディアリテラシーを介した情報操作を悪用することで、一部の悪魔達により日本をコントロールされています。

国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける


1−1 目的別の分類(仮説)
目的レベル8:日本を弱体化させコントロールすること。 (中国・韓国・北朝鮮、常任理事国で高みの見物をしている国がある)
目的レベル7:実行組織の一つは在日関係者の一部であり、外国と日本を繋いでいる。 この組織と同和関係、国内で弱者と言われる組織の一部やカルト宗教団体関係者の一部が深い関係にある。 これら全体の組織がレベル7を構成している。 目的レベル8とは直接的繋がりはないが、目的として全部又は一部が一致している。
目的レベル6:引き受けた要求を達成するため、あらゆる手段を使用し各組織の一部(在日、カルト集団犯罪組織、国内の弱者と言われる人や組織がすり替えられた目的のために利用されている)へ依頼する。
各組織は、引受けた黒幕の要求を満足させるため集団ストーカー犯罪システム(探偵社・興信所)を使う。→集団ストーカー犯罪システムは要求を満足できるように常にアイドリング状態にある。 アイドリング状態を続けるためには真・偽のターゲットを問わない。合わせてターゲットに対する効果の確認も必要になる。
目的レベル5:集団ストーカー犯罪システムの一部に組み込まれた企業・団体は、「企業風土の改革・全社改革運動」が進められます。自社社員のリストラ目的 社員の結束力強化の目的 重役の身代わりに一般社員を狙う目的など →この目的を達成するためアイドリング状態の集団ストーカー犯罪システムを使う。
目的レベル4:企業・団体などの下請け業者に、この集団ストーカー犯罪が金になると悪徳業者(一部の探偵社・興信所、この手法を知っているOB)・個人探偵・カルト集団が群がり急増します。 この悪徳業者の全国連合が犯罪加担者を増員させる。
 特定の犯罪組織は、全国で不可思議な事件事故を発生させる。 安全・安心が脅かされ不安産業が儲かる。警察の天下り先も確保できる。
目的レベル3:犯罪加担者は、すり替えられた名目により、被害者を攻撃することにより病気にさせ報酬を受け取る。 医療関係が儲かる。
個人を攻撃しているため,立法・行政・司法のコントロールが可能になる。
カルト集団構成員達は指令を受けてボランティアを行うことで「広宣流布」をしたと自己満足する。
目的レベル2:個人に対しての最終目的:自殺に追い込む、社会的抹殺を図る。行方不明にさせる。キレさせて犯罪者にさせる。 病人(うつ病・自律神経失調症)・廃人にさせる。 統合失調症(精神分裂病)に仕立て上げる。強制拉致入院させられる。すり替えにより被害者を加害者側に仕立て上げる。 他人を口汚く罵り、他人の不幸をあざ笑い、法華経を捻じ曲げ正当化し、実践する。
他人に攻撃を仕掛け自分達さえよければそれでいいという不道徳な人間集団の野望の一部をなす。
目的レベル1:単なるいたずら目的。 単なる嫌がらせの目的。単なるアルバイト。 単なる遊び(ゲーム感覚・マインドゲーム・ノイズキャンペーン・ものまねキャンペーン・伝言ゲーム) すり替えられた目的(単に注意を引くのみなど)による、出会い頭攻撃、視覚的攻撃、同一攻撃)を行う。 レベル2以上の目的を知っている者も中にはいる。
1−2 参考サイト
「集団ストーカー」レポートその8 〜集団ストーカーの目的について〜 ( 管理人:戸崎 貴裕様のHPです。)
http://antigangstalking.join-us.jp/HtmlReport/AGSASReport08.htm
2 犯罪に関与する組織
 加害者は、創価学会・在日・同和関係・民間企業・医療関係者・警察・探偵社・興信所・マスメディア・記者クラブなどと言われています。  しかしそれだけではありません。 利用できる「全ての組織、全てのグループ」と考えて間違いないと考えられます。 ただし、利用されている組織の中には、意識のある組織と別目的にすり替えられ無意識のうちに利用されている組織があると考えられます。
そして主に攻撃を仕掛けてくる組織は、請負った復讐屋などが、幾らかの1次下請けに依頼することによって決まると思われます。 1次下請けの範疇には、幾つかの2次下請けがあり、ここが3次下請けに依頼した段階で、主なストーカー加害者による嫌がらせなどが決まるのではないかと推測されます。 
国内にはカルト集団を含む犯罪組織連合が既に完成しており、この組織連合が、全国からのターゲット(被害者)情報を管理し、ターゲットに関する多くの共通項を抽出し、芸能人やニュース番組などを利用し仄めかしを行うことで、多くの被害者の方々に不安を感じさせられていると考えられます(メディアリテラシー)。 更に専門の犯罪組織連合により住居侵入・窃盗・盗聴・盗撮・サイバー犯罪・超音波・電波・赤外線レーザー攻撃などのテクノロジー犯罪が行われていると考えられます。 
  最終末端の犯罪加担者・個人探偵・犯罪加担バイト・カルト組織集団構成員達は、携帯電話を片手に持ちながら、幾つかの依頼主からの別レベルの内容の仕事・アルバイトの指示を待つと共に、個人情報の売買の目的で24時間町の中でターゲットを求めて徘徊しています。このネットワークが、何処へ行っても付きまとわれる原因の一つと考えます。 加害者側の1名に見つけられると、携帯電話やメールで仲間に連絡し、数分後には数十名に増員されると同時に、目的地の途中(停車駅など)に先回りされ待ち伏せされます。
3 海外での状況
同じ手口の集団ストーカー犯罪は世界的に同時進行していることが確認されています。
アメリカ、 カナダ、 ロシア、 イギリス、 スウェーデン、中国、 等・・・ 
4 ターゲットの選定方法
 被害を受ける発端は、企業のリストラ、ある団体の構成員からの逆恨み、異性関係のトラブル、2chへの書き込みなどですが、原因が解らない被害者の方々も大勢おられます。
あなたが、この集団ストーカー犯罪という悪魔の力を手に入れたなら何に使用しますか? それが、加害者が被害者に、また被害者が加害者になりうる悪の循環を構成する集団ストーカー犯罪システムのターゲット選定方法の答えと考えます。
4−1 企業におけるターゲットの選定方法(推論)
集団ストーカー犯罪システムの一部に組み込まれた企業・団体は、以前から購読料などの名目で裏金を支払っている被害者です。 恐らく、以前から企業はこの集団ストーカー犯罪システムの一部に組み込まれた加害者達から、同じような脅しをされていたと思われます。 さらに、企業は内部・外部・周辺の工作員・通勤途上での集団ストーカーによる仄めかしなどにより危機感をあおり立てられ「企業風土の改革」にせまられます。そこで、既に共生システムの一部に組み込まれた加害者側のコンサルタント会社(フロント企業)の指導の下に「企業風土の改革」が進められます。つまりこの改革を推し進めれば自動的に共生システムに組み込まれる仕組みです。
手に入れた集団ストーカー犯罪システムを使った結果、社内に自殺者や病人が急増し、周辺には、爆音を響かせるバイクやカラスが大量発生し通勤電車・バス関係では事件・事故が多発し遅延が急増します。  しかし大丈夫です。 近所の警察署から天下りの元警察官を雇っているおかげで建前上は安全です。 勿論この天下りに関しても、システムの一部を構成していることは言うまでもありません。 同時に組織変更が頻繁に行われるようになり、これに併せてオフィスの改修工事が増加し、廃棄物が急増します。 この段階でコンサルタント会社は、「企業風土の改革」や「全社改革運動」の計画が予定通りに実行されていることを確認しています。しかしこのシステムを、両者が自覚しているかどうかは分かりません。
企業改革が進められるある段階では、企業防衛やリストラ目的として、社内に盗聴器や防犯カメラと言う名目の盗撮用監視カメラの設置工事が行われます。また専門のソフト会社や探偵社などの子会社を作る場合もあります。この子会社に正社員・派遣社員として侵入した工作員やカルト集団構成員・犯罪バイト・犯罪加担バイトを行う社員達は、仕事の名目で正式に本社に出入りが出来ます。 
この企業改革の結果、被害者が加害者側に変化する準備が完了したことになります。これにより企業や団体の創った子会社(探偵社)は、既に存在する多くの善良な探偵社・興信所の有するネットワークを利用できるようになります。探偵社などは、このように増加し、全国のネットワークが強化されます。 更に、このネットワークは、外国とも繋がっています。
 企業や企業の社員は、通勤途上での集団ストーカーによる仄めかしなどと合わせてコンサルタント会社から社内の危機感をあおられるプログラムに乗っ取られているため、改革と言う名のもとにリストラ対象の人物を探し求め、トップの身代わりに一般社員を集団ストーカーのターゲットに選定します。 結局、購読料の名目で支払っていた裏金が、探偵社などの企業へビジネスとして合法的に黒幕に流れる仕組みの出来上がりです。 企業としての表向きの目的は、企業風土の改革ですがその裏には、自社社員のリストラ目的、社員の結束力強化の目的、媚び諂うゴ○社員に対しターゲットの選別権限と効果確認の闇業務をやらせる目的などがあります。

国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける


けに依頼することによって決まると思われます。1次下請けの範疇には、幾つかの2次下請けがあり、ここが3次下請けに依頼した段階で、主なストーカー加害者による嫌がらせなどが決まるのではないかと推測されます。 
国内にはカルト集団を含む犯罪組織連合が既に完成しており、この組織連合が、全国からのターゲット(被害者)情報を管理し、ターゲットに関する多くの共通項を抽出し、芸能人やニュース番組などを利用し仄めかしを行うことで、多くの被害者の方々に不安を感じさせられていると考えられます(メディアリテラシー)。 更に専門の犯罪組織連合により住居侵入・窃盗・盗聴・盗撮・サイバー犯罪・超音波・電波・赤外線レーザー攻撃などのテクノロジー犯罪が行われていると考えられます。 
  最終末端の犯罪加担者・個人探偵・犯罪加担バイト・カルト組織集団構成員達は、携帯電話を片手に持ちながら、幾つかの依頼主からの別レベルの内容の仕事・アルバイトの指示を待つと共に、個人情報の売買の目的で24時間町の中でターゲットを求めて徘徊しています。このネットワークが、何処へ行っても付きまとわれる原因の一つと考えます。 加害者側の1名に見つけられると、携帯電話やメールで仲間に連絡し、数分後には数十名に増員されると同時に、目的地の途中(停車駅など)に先回りされ待ち伏せされます。
3 海外での状況
同じ手口の集団ストーカー犯罪は世界的に同時進行していることが確認されています。
アメリカ、 カナダ、 ロシア、 イギリス、 スウェーデン、中国、 等・・・ 
4 ターゲットの選定方法
 被害を受ける発端は、企業のリストラ、ある団体の構成員からの逆恨み、異性関係のトラブル、2chへの書き込みなどですが、原因が解らない被害者の方々も大勢おられます。
あなたが、この集団ストーカー犯罪という悪魔の力を手に入れたなら何に使用しますか? それが、加害者が被害者に、また被害者が加害者になりうる悪の循環を構成する集団ストーカー犯罪システムのターゲット選定方法の答えと考えます。
4−1 企業におけるターゲットの選定方法(推論)
集団ストーカー犯罪システムの一部に組み込まれた企業・団体は、以前から購読料などの名目で裏金を支払っている被害者です。 恐らく、以前から企業はこの集団ストーカー犯罪システムの一部に組み込まれた加害者達から、同じような脅しをされていたと思われます。 さらに、企業は内部・外部・周辺の工作員・通勤途上での集団ストーカーによる仄めかしなどにより危機感をあおり立てられ「企業風土の改革」にせまられます。そこで、既に共生システムの一部に組み込まれた加害者側のコンサルタント会社(フロント企業)の指導の下に「企業風土の改革」が進められます。つまりこの改革を推し進めれば自動的に共生システムに組み込まれる仕組みです。
手に入れた集団ストーカー犯罪システムを使った結果、社内に自殺者や病人が急増し、周辺には、爆音を響かせるバイクやカラスが大量発生し通勤電車・バス関係では事件・事故が多発し遅延が急増します。  しかし大丈夫です。 近所の警察署から天下りの元警察官を雇っているおかげで建前上は安全です。 勿論この天下りに関しても、システムの一部を構成していることは言うまでもありません。 同時に組織変更が頻繁に行われるようになり、これに併せてオフィスの改修工事が増加し、廃棄物が急増します。 この段階でコンサルタント会社は、「企業風土の改革」や「全社改革運動」の計画が予定通りに実行されていることを確認しています。しかしこのシステムを、両者が自覚しているかどうかは分かりません。
企業改革が進められるある段階では、企業防衛やリストラ目的として、社内に盗聴器や防犯カメラと言う名目の盗撮用監視カメラの設置工事が行われます。また専門のソフト会社や探偵社などの子会社を作る場合もあります。この子会社に正社員・派遣社員として侵入した工作員やカルト集団構成員・犯罪バイト・犯罪加担バイトを行う社員達は、仕事の名目で正式に本社に出入りが出来ます。 
この企業改革の結果、被害者が加害者側に変化する準備が完了したことになります。これにより企業や団体の創った子会社(探偵社)は、既に存在する多くの善良な探偵社・興信所の有するネットワークを利用できるようになります。探偵社などは、このように増加し、全国のネットワークが強化されます。 更に、このネットワークは、外国とも繋がっています。
 企業や企業の社員は、通勤途上での集団ストーカーによる仄めかしなどと合わせてコンサルタント会社から社内の危機感をあおられるプログラムに乗っ取られているため、改革と言う名のもとにリストラ対象の人物を探し求め、トップの身代わりに一般社員を集団ストーカーのターゲットに選定します。 結局、購読料の名目で支払っていた裏金が、探偵社などの企業へビジネスとして合法的に黒幕に流れる仕組みの出来上がりです。 企業としての表向きの目的は、企業風土の改革ですがその裏には、自社社員のリストラ目的、社員の結束力強化の目的、媚び諂うゴ○社員に対しターゲットの選別権限と効果確認の闇業務をやらせる目的などがあります。

ウェルカムUSL谷洋一郎!

発狂ロングコピペで週末夜更かしウェル

カム谷陽一郎!

宮城県 古川警察署 通報 19:00







小野小町の墓は 「古川(大崎市)」 宮城県 関係

知恵袋
世界三大美人といえばクレオパトラ、楊貴妃、小野小町

ベストアンサー

そもそも世界三大美女という言い方をしているのが日本だけということはあまり知られていません。

それから「クレオパトラ、楊貴妃、ヘレネー」が並び称されるのは単に美しさではなく、歴史上で政治的な争いごとの原因となった美女という意味です。
そういう意図でも小野小町はここに入りません。

2009/3/26 09:26 1〜1件/1件中

エヴァンゲリオン

国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける


、このように増加し、全国のネットワークが強化されます。 更に、このネットワークは、外国とも繋がっています。
 企業や企業の社員は、通勤途上での集団ストーカーによる仄めかしなどと合わせてコンサルタント会社から社内の危機感をあおられるプログラムに乗っ取られているため、改革と言う名のもとにリストラ対象の人物を探し求め、トップの身代わりに一般社員を集団ストーカーのターゲットに選定します。 結局、購読料の名目で支払っていた裏金が、探偵社などの企業へビジネスとして合法的に黒幕に流れる仕組みの出来上がりです。 企業としての表向きの目的は、企業風土の改革ですがその裏には、自社社員のリストラ目的、社員の結束力強化の目的、媚び諂うゴ○社員に対しターゲットの選別権限と効果確認の闇業務をやらせる目的などがあります。
企業にとって、この媚び諂うゴ○社員は、断わると能力的に次の職はないと自覚していることや、本人はこの犯罪システムが腐った性格に合っていると自覚していること。さらに、絶対ばれないとの思い込みから必ず引き受けることまで計算済みです。 またこのゴ○社員にとっては、社内の危機感をあおり立て、ターゲットをでっち上げてでも作ってさえすれば自分自身は首にならず安全です。(もしもこの○脳ゴ○社員がいなければ、このような危ない橋は渡らなかったとも思われますが社内的にも恨んでいる社員が大勢おられますから犯罪は明るみになった場合でも、この人物一人の責任に押し付ければ事件を終結させることまで想定内です。まさに一石3鳥4鳥のおいしい改革です。ただし、永遠にバレなければの話ですが・・・。
このような社会的構造ですから、「6−2−1 職場内犯罪モビングの内容」・「6−3−1 通勤途上モビングの内容」など警察に相談を持ち掛け捜査して頂くためには十分な証拠が必要となります。 この犯罪は証拠を残すことが非常に困難ですので警察に相談を持ちかけた際には担当者、日時、内容など事実はしっかりと記録しておき被害事実を蓄積しておきましょう。 また、デジカメ・ICレコーダーによる情報収集を心掛け事実を残すように努力しましよう。 この情報の蓄積が後に有効に作用する可能性があると信じます。
4−2 集団ストーカー被害レベル(推論)
被害レベルには1〜5MAXまでが考えられます。
完全犯罪により抹殺される可能性のある真の被害者(被害レベル5)の周辺には被害レベル1〜4の方々がおられます。 被害レベル1,2の場合は、被害者でありながら加害者側でもあります。
表4−1 集団ストーカー 被害レベル
被害レベル
症状レベル
被害状況
被害結果
周辺被害状況
レベル5
MAX
レベル1の攻撃が約5年以上続く
症状レベル1以上を24時間数ヶ月連続させることにより自殺・発狂させることも可能
(表8−1 集団ストーカー症状レベル参照)
24時間連続攻撃・監視される
当該HPに記載の全ての攻撃 「表7−2 攻撃手段とその症状の分類」参照
但し、被害者によりメインの被害内容が異なる
表18−1 国内のサイト参照
被害者数:小数
(H19年現在レベル3〜5で300名以上、無意識被害者を含めると数千人以上と推定される)
被害意識:有り
社会的抹殺:
・自殺させる
・犯罪者に仕立て上げられる
・廃人
・病人
・発狂
・入院
・無職
・引きこもり
・自殺する・自殺未遂・入院・強制拉致入院・統合失調症に仕立て上げられる・無職にさせられる
・家族周辺の変死者・病人が続出(脳卒中・心臓病・すい臓ガン・肺ガン・肝臓ガン・血液病が多い)
レベル4
・症状レベル1以上の攻撃が数年間続く
・レベル5に至るまでの数年間の状態
24時間連続攻撃・監視
レベル5に至るまでの途中の攻撃
被害者数:中小数
被害意識:有り
同上
同上
レベル3
症状レベル1以上の攻撃が数ヶ月以上続く
・レベル5に至るまでの数年間の状態の場合もある
・外出時のみ又は自宅のみの被害
・ターゲット周辺の真の被害者や偽被害者・自称被害者が含まれる
・レベル4、5に至るまでの途中の攻撃の場合もある
被害者数:中数
被害意識:有り・無し
レベル5,4の被害者を疑心暗鬼にさせるために「仄めかし要員的」に真の被害に遭っているとも考えられる。
被害は長く続くが、体調不良があまり認められない。
周辺に大きな問題が無い場合がある
レベル2
レベル1の攻撃を数日間〜数ヶ月間以上受ける
数ヶ月間、単発的に疲れる程度
ターゲット周辺に居るため巻き込まれた人・偽被害者・自称被害者も含まれる
通勤途上で事件・事故が多発する。不審人物を多く見掛けるようになるなど
被害者数:多数
被害意識:有り・無し
被害に遭いながらレベル3、4、5の被害状況を情報提供する加害者側でもある
レベル1・2・3の周辺に居るため色々な事件・事故・不幸が連続して発生する
(通勤途上・職場・病人・PCの不具合)
加害者行為
・ マインドゲーム・イタズラをするようになる (物の移動、意味のあるゴミを床・路上に捨てる、指定された見える位置に指定物を置く)
・ 悪口を言うようになる   ・指定された服装・靴で外出するようになる  ・知り合いから服・靴をもらう
・ 特定のキーワードで会話の「聞かせ」を行う、又は会話を仕掛けるようになる。 ・会話の途中で急に内容を変えるようになる。
・ 人を疑いだす   ・イタズラ、病気、怪我、幽霊、精神異常、うつ病、組織変更、リストラ、転職、の話が多くなる   ・友人からのメールや誘いが多くなる(キーワードを挿入される)
・ グループ行動が多くなる  ・人からのもらい物(食品・服など)が多くなる ・ポケットに手を突っ込みながら会話する人が多くなる
・ ノイズキャンペーン・アンカリング・コリジョンキャンペーンを行うようになる
・ 加害者に対し美味しい話を持ってくる人物(工作員)が現れ、まず真の情報で信用させ、その後偽情報で誘導・マインドコントロールされる
・ 楽なアルバイトをするようになる。  ・無料または格安の食事・研修に誘われ参加する、この時、キーワードを吹き込まれる。 また工作員と接触し関連情報の仄めかしを受ける。
・ カルト集団構成員達がターゲットのカバン・ロッカーから物を盗み出し、他人に引き渡す。(ガスライティングの目的で盗み出し、数日後。別の場所へ戻す)犯罪者自らが「犯罪」と口に多くするようになる。(聞かせを行う腐った加害者達)
・ 犯罪を見ておきながら知らぬ振りをする共犯者が増える  などなど
9.犯罪加担者の基本構成(推論) 参照
レベル1
MIN
単なるセキや頭痛、体調不良により病人にされる。単発的に疲れる程度。
1,2日で健康状態に戻る場合もある(100円ライターのブタンガス・毒オイルなどによる)
ターゲットの周辺や偽被害者・自称被害者の周辺に居る
被害者数:大多数
被害意識:無し
レベル3〜レベル5の周辺に居るため被害を受ける
同上
加害者行為
同上
5 年間の自殺者の推移
2002年8月24日から29日にかけて横浜市で開かれた、第12回世界精神医学会(WPA)の推計によると、世界で日本が実質自殺率1位だそうです。年次別自殺者の推移を見てみると、1978年(昭和53年)から1997(平成9年)までの自殺者数は年2万人台でした。しかしその後 1998年は約3万3000人に急増し以後この傾向に変化はなく、自殺者が3万人台に定着した「自殺境界年」にあたります。 1997年からの増加率は50歳代男性が54%、同40歳代男性が33%です。同年以降、同一グラフ上に完全失業率曲線と自殺率曲線を描くと、両曲線の推移は見事に一致します。また、東京都立衛生研究所は「日本における自殺の精密分析」において、「自殺の増減は景気の動向と密接に関連しているといえよう」と記しています。以上から、自殺誘引の大きい要因の1つに、失業者の増加があることが分かります。
しかし、人は、辞職だけの1原因で自殺するでしょうか?本当にそれだけが原因でしょうか?  「6−3 通勤途上モビング」をご参照下さい。

国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける


・レベル5に至るまでの数年間の状態の場合もある
・外出時のみ又は自宅のみの被害
・ターゲット周辺の真の被害者や偽被害者・自称被害者が含まれる
・レベル4、5に至るまでの途中の攻撃の場合もある
被害者数:中数
被害意識:有り・無し
レベル5,4の被害者を疑心暗鬼にさせるために「仄めかし要員的」に真の被害に遭っているとも考えられる。
被害は長く続くが、体調不良があまり認められない。
周辺に大きな問題が無い場合がある
レベル2
レベル1の攻撃を数日間〜数ヶ月間以上受ける
数ヶ月間、単発的に疲れる程度
ターゲット周辺に居るため巻き込まれた人・偽被害者・自称被害者も含まれる
通勤途上で事件・事故が多発する。不審人物を多く見掛けるようになるなど
被害者数:多数
被害意識:有り・無し
被害に遭いながらレベル3、4、5の被害状況を情報提供する加害者側でもある
レベル1・2・3の周辺に居るため色々な事件・事故・不幸が連続して発生する
(通勤途上・職場・病人・PCの不具合)
加害者行為
・ マインドゲーム・イタズラをするようになる (物の移動、意味のあるゴミを床・路上に捨てる、指定された見える位置に指定物を置く)
・ 悪口を言うようになる   ・指定された服装・靴で外出するようになる  ・知り合いから服・靴をもらう
・ 特定のキーワードで会話の「聞かせ」を行う、又は会話を仕掛けるようになる。 ・会話の途中で急に内容を変えるようになる。
・ 人を疑いだす   ・イタズラ、病気、怪我、幽霊、精神異常、うつ病、組織変更、リストラ、転職、の話が多くなる   ・友人からのメールや誘いが多くなる(キーワードを挿入される)
・ グループ行動が多くなる  ・人からのもらい物(食品・服など)が多くなる ・ポケットに手を突っ込みながら会話する人が多くなる
・ ノイズキャンペーン・アンカリング・コリジョンキャンペーンを行うようになる
・ 加害者に対し美味しい話を持ってくる人物(工作員)が現れ、まず真の情報で信用させ、その後偽情報で誘導・マインドコントロールされる
・ 楽なアルバイトをするようになる。  ・無料または格安の食事・研修に誘われ参加する、この時、キーワードを吹き込まれる。 また工作員と接触し関連情報の仄めかしを受ける。
・ カルト集団構成員達がターゲットのカバン・ロッカーから物を盗み出し、他人に引き渡す。(ガスライティングの目的で盗み出し、数日後。別の場所へ戻す)犯罪者自らが「犯罪」と口に多くするようになる。(聞かせを行う腐った加害者達)
・ 犯罪を見ておきながら知らぬ振りをする共犯者が増える  などなど
9.犯罪加担者の基本構成(推論) 参照
レベル1
MIN
単なるセキや頭痛、体調不良により病人にされる。単発的に疲れる程度。
1,2日で健康状態に戻る場合もある(100円ライターのブタンガス・毒オイルなどによる)
ターゲットの周辺や偽被害者・自称被害者の周辺に居る
被害者数:大多数
被害意識:無し
レベル3〜レベル5の周辺に居るため被害を受ける
同上
加害者行為
同上
5 年間の自殺者の推移
2002年8月24日から29日にかけて横浜市で開かれた、第12回世界精神医学会(WPA)の推計によると、世界で日本が実質自殺率1位だそうです。年次別自殺者の推移を見てみると、1978年(昭和53年)から1997(平成9年)までの自殺者数は年2万人台でした。しかしその後 1998年は約3万3000人に急増し以後この傾向に変化はなく、自殺者が3万人台に定着した「自殺境界年」にあたります。 1997年からの増加率は50歳代男性が54%、同40歳代男性が33%です。同年以降、同一グラフ上に完全失業率曲線と自殺率曲線を描くと、両曲線の推移は見事に一致します。また、東京都立衛生研究所は「日本における自殺の精密分析」において、「自殺の増減は景気の動向と密接に関連しているといえよう」と記しています。以上から、自殺誘引の大きい要因の1つに、失業者の増加があることが分かります。
しかし、人は、辞職だけの1原因で自殺するでしょうか?本当にそれだけが原因でしょうか?  「6−3 通勤途上モビング」をご参照下さい。


国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける


と密接に関連しているといえよう」と記しています。以上から、自殺誘引の大きい要因の1つに、失業者の増加があることが分かります。
しかし、人は、辞職だけの1原因で自殺するでしょうか?本当にそれだけが原因でしょうか?  「6−3 通勤途上モビング」をご参照下さい。

集団ストーカーの攻撃は退職後も行われ、就職活動の前・中・後においては総攻撃を浴びせ掛けられます。
[参考サイト]
自殺率の国際比較 http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/2770.html
社会実情データ図録 職業別自殺者数(及び警察庁データと人口動態統計データとの比較)
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/2740-2.html
http://park10.wakwak.com/~ooki/sub34.html
5−1 1998年の出来事
1997年までは年間2万人台、しかし1998年には約3万3000人に急増と言うのは多過ぎる数ですので、失業者の増加による自殺者の増加は要因の一つでしかないと考えました。
そこで更に、1998年に社会的構造変化に何があったかを調査してみると、NPO法が、1998年12月1日に施行(1998年3月成立)されていました。→この結果は、監視管理社会にピッタリ一致する結果となりました。ここで「NPO法」とは、Non-Profit Organizationの略称で「非営利組織」、「非営利団体」のことを言います。正式には、特定非営利活動促進法といいます。
その目的は、さまざまな分野で社会貢献活動を行っているNPOが法人格を得ることで、その活動を発展させ、新しい社会の仕組みを日本に作ろうとするものです。つまり、市民活動において法人化を促進するための法律です。
http://www.town.oguchi.aichi.jp/office/tiiki/sin/npo-b2.htm
1997年から1998年にかけてはインターネットの創業期と言われています。この頃に、Webの掲示板を立ち上げ個人がホームページを持てるようになりました。そして2005年頃からの光通信による常時接続などではなく、パソコンにモデムを介して電話回線へ接続し、アクセスポイントに電話をかけてやっと通信が出来ました。 しかも通話料金が非常に高かったと記憶しています。この頃にインターネットで「ネットサーフィン」という言葉が出来ました。 この頃のテレビ局は時間を気にせずにインターネットを使うことが出来たという情報があります。
NPO法人は全国で162件、延べ520活動 (申請受理533件)--各都道府県調べ(1999年4月28日現在)
4/01この日から、テレビ・ラジオでのタバコCMが全面的に禁止となります。 →タバコを口にくわえる人を多く見受ける。(「同一攻撃」 条件付け攻撃=アンカリング(Anchoring)、販売促進キャンペーン?)
5/02 元X JAPANのhideが自宅にて急逝。
5/19 ナンバープレートの希望番号制が実施される→番号を意識させる方法に使用可能
6/03 ドイツで超高速列車ICEが脱線。100人以上が死亡。
7/25 和歌県毒物カレー事件発生
カメラブーム。女子高生がいつもレンズ付きフィルムを持ち歩くようになる。中古カメラも人気に。→「監視」を意識させる方法にピッタリ一致
厚底靴→ 靴を意識させるのにピッタリ一致
参考サイト: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia) http://ja.wikipedia.org/wiki/1998%E5%B9%B4
[携帯電話]
携帯電話は、1979年12月、東京23区内で開始された 「自動車電話サービス」 がその始まりです。
当時の自動車電話は、新規加入料 80,300円 の他に保証金 20万円 が必要で、 基本使用料は月額 3万円、通話料金は平日昼間 6.5秒 10円 だったそうです。
しかし、保証金制度は 1993年 に廃止され、新規加入料も順次値下げされ、1995年12月 には 6,000円 まで下がった後、 1996年12月 に廃止されたそうです。
出始めの頃、携帯電話機自体の重さは、7kg もあったものが、次第に小型・軽量化され、1985年 にはショルダーホン(約 3kg)、1990年には 200g、1996年 には 100g をきるものが商品化されました。
ショルダーフォン
こうして携帯電話は、1996年から、約 1,000万台/年 というペースで普及を続け現在に至っています。
5−2 自殺者20%以上削減を閣議決定
2007年6月8日の閣議で自殺者数の減少を図るため2016年までに自殺率(人口10万人あたりの自殺者数)20%以上減少の総合施策「自殺総合対策大綱」を閣議決定した。 削減目標は2005年の24・2人から20%減の19・4人とした。
警察庁によると、2006年の自殺者は3万2155人(前年比1・2%減)。同年の交通事故死者6352人の約5倍に上る。自殺死亡率は米国の約2倍、英国の約3倍に達している。 (毎日新聞 2007年6月8日 東京夕刊)
5−3失踪者数の推移
親族が警察に捜索願を出している数は約10万人と言われています。
外務省の統計によると海外での邦人行方不明者数は321名、及び精神障害者の数は182名となっています( I.事件・事故等援護件数の特徴と推移 参照 H19.12.31現在)
6 被害の実例
個人に対するマイクロ波などの電磁波攻撃、100円ライターなどの毒ガス攻撃、超音波攻撃による被害が多く報告されています。 実は現在加害者側と考えられている組織やグループは過去に攻撃を受けた被害者側でありその後、集団ストーカー犯罪システムの一部に組み込まれ、共生関係を構成するに至ったと思われます。 そして企業にとっては、社内いじめ(モビング)・リストラなどの脅しを行い、この状態が正常な状態と考えており、前記しました上層レベルの目的である「目的レベル8:日本をコントロールする」ことまでは考えておらず、結果的にコントロールされていると考えられます。 まさに「本人よければ全てよし」、「赤信号、皆で渡れば怖くない」という状態が、社会的責任のある企業と言う立場でありながら、その大勢の環境の中で犯罪行為が続けれています。企業の行う集団ストーカー
この状況は、数十年前から子供達のいる学校にも広がっていると考えられます。学校いじめ(校内いじめ)です。 最近(H18年11月)いじめによる自殺が多発しています。これを食い止めるにはどのようにすればいいのでしょうか? 『子は親を映す鏡』といいます。 それは、まず集団ストーカー犯罪システムを認知・撲滅することです。 この事実を認知しない限りどのような対策を講じても小手先の一時しのぎの対策にしか過ぎません。 人間の心の影の部分を利用した「完全犯罪システム」を早急に撲滅しない限り、大人だけでなく子供達までもが今後も犠牲者となり続け最終的に日本が腐敗・崩壊し、悪魔にコントロールされることでしょう。 そして警察が「自殺」の定義を変更しない限り、今後も自殺者は増え続けると予想されます。日本の将来が心配です。
6−1 被害内容
被害者の被害内容は、過去情報・現在情報に基づいた身体的・精神的・経済的被害であり、考えられる全てに対して加害者側から攻撃を仕掛けられると考えて間違いありません。 更に現在・過去の情報に基づいて未来を予測し攻撃の準備までされています(未来攻撃)。 この攻撃に対する防御策としては、時間・場所・思考の変更が必要になります。 その結果自ら時間を浪費し、習慣性を捨てざるを得えなくなります。この精神的破壊攻撃からは逃れられませんが、結果的に人は時間の経過とともに慣れが生じてきます。 そこで加害者側が次に仕掛ける攻撃が、身体的攻撃である100円ライター毒ガスを含む空気汚染攻撃や超音波攻撃、電磁波攻撃へと複合する集団ストーカーシグマ攻撃を仕掛けて来ると考えられます。(ここでシグマ(Σ)とは、足し算の意味です)
言い替えれば、「習慣性の破壊攻撃」を24時間続けながら、被害者を症状レベル1以上(:閾値を越え発症する。不快感が常にある症状、「第8項 症状レベル(集ストレベル)」参照)に維持させ、集団によりターゲットを自殺へ追い込むためストレスを何時でも、何処でも最大限までコントロールすることで人間破壊や自殺誘導を続けることが可能な、「完全犯罪システム」です。
6−1−1 身体的破壊 
空気過敏症・音過敏症・電磁波過敏症などをベースに体調不良の状態を長期に渡り起こされた結果、うつ病・自律神経失調症などの病気にさせられ、通院・入院・廃人・病死・自殺させられます。(表8−1 集団ストーカー症状レベル 参照)

国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia) http://ja.wikipedia.org/wiki/1998%E5%B9%B4
[携帯電話]
携帯電話は、1979年12月、東京23区内で開始された 「自動車電話サービス」 がその始まりです。
当時の自動車電話は、新規加入料 80,300円 の他に保証金 20万円 が必要で、 基本使用料は月額 3万円、通話料金は平日昼間 6.5秒 10円 だったそうです。
しかし、保証金制度は 1993年 に廃止され、新規加入料も順次値下げされ、1995年12月 には 6,000円 まで下がった後、 1996年12月 に廃止されたそうです。
出始めの頃、携帯電話機自体の重さは、7kg もあったものが、次第に小型・軽量化され、1985年 にはショルダーホン(約 3kg)、1990年には 200g、1996年 には 100g をきるものが商品化されました。
ショルダーフォン
こうして携帯電話は、1996年から、約 1,000万台/年 というペースで普及を続け現在に至っています。
5−2 自殺者20%以上削減を閣議決定
2007年6月8日の閣議で自殺者数の減少を図るため2016年までに自殺率(人口10万人あたりの自殺者数)20%以上減少の総合施策「自殺総合対策大綱」を閣議決定した。 削減目標は2005年の24・2人から20%減の19・4人とした。
警察庁によると、2006年の自殺者は3万2155人(前年比1・2%減)。同年の交通事故死者6352人の約5倍に上る。自殺死亡率は米国の約2倍、英国の約3倍に達している。 (毎日新聞 2007年6月8日 東京夕刊)
5−3失踪者数の推移
親族が警察に捜索願を出している数は約10万人と言われています。
外務省の統計によると海外での邦人行方不明者数は321名、及び精神障害者の数は182名となっています( I.事件・事故等援護件数の特徴と推移 参照 H19.12.31現在)
6 被害の実例
個人に対するマイクロ波などの電磁波攻撃、100円ライターなどの毒ガス攻撃、超音波攻撃による被害が多く報告されています。 実は現在加害者側と考えられている組織やグループは過去に攻撃を受けた被害者側でありその後、集団ストーカー犯罪システムの一部に組み込まれ、共生関係を構成するに至ったと思われます。 そして企業にとっては、社内いじめ(モビング)・リストラなどの脅しを行い、この状態が正常な状態と考えており、前記しました上層レベルの目的である「目的レベル8:日本をコントロールする」ことまでは考えておらず、結果的にコントロールされていると考えられます。 まさに「本人よければ全てよし」、「赤信号、皆で渡れば怖くない」という状態が、社会的責任のある企業と言う立場でありながら、その大勢の環境の中で犯罪行為が続けれています。企業の行う集団ストーカー
この状況は、数十年前から子供達のいる学校にも広がっていると考えられます。学校いじめ(校内いじめ)です。 最近(H18年11月)いじめによる自殺が多発しています。これを食い止めるにはどのようにすればいいのでしょうか? 『子は親を映す鏡』といいます。 それは、まず集団ストーカー犯罪システムを認知・撲滅することです。 この事実を認知しない限りどのような対策を講じても小手先の一時しのぎの対策にしか過ぎません。 人間の心の影の部分を利用した「完全犯罪システム」を早急に撲滅しない限り、大人だけでなく子供達までもが今後も犠牲者となり続け最終的に日本が腐敗・崩壊し、悪魔にコントロールされることでしょう。 そして警察が「自殺」の定義を変更しない限り、今後も自殺者は増え続けると予想されます。日本の将来が心配です。
6−1 被害内容
被害者の被害内容は、過去情報・現在情報に基づいた身体的・精神的・経済的被害であり、考えられる全てに対して加害者側から攻撃を仕掛けられると考えて間違いありません。 更に現在・過去の情報に基づいて未来を予測し攻撃の準備までされています(未来攻撃)。 この攻撃に対する防御策としては、時間・場所・思考の変更が必要になります。 その結果自ら時間を浪費し、習慣性を捨てざるを得えなくなります。この精神的破壊攻撃からは逃れられませんが、結果的に人は時間の経過とともに慣れが生じてきます。 そこで加害者側が次に仕掛ける攻撃が、身体的攻撃である100円ライター毒ガスを含む空気汚染攻撃や超音波攻撃、電磁波攻撃へと複合する集団ストーカーシグマ攻撃を仕掛けて来ると考えられます。(ここでシグマ(Σ)とは、足し算の意味です)
言い替えれば、「習慣性の破壊攻撃」を24時間続けながら、被害者を症状レベル1以上(:閾値を越え発症する。不快感が常にある症状、「第8項 症状レベル(集ストレベル)」参照)に維持させ、集団によりターゲットを自殺へ追い込むためストレスを何時でも、何処でも最大限までコントロールすることで人間破壊や自殺誘導を続けることが可能な、「完全犯罪システム」です。
6−1−1 身体的破壊 
空気過敏症・音過敏症・電磁波過敏症などをベースに体調不良の状態を長期に渡り起こされた結果、うつ病・自律神経失調症などの病気にさせられ、通院・入院・廃人・病死・自殺させられます。(表8−1 集団ストーカー症状レベル 参照)

に対する防御策としては、時間・場所・思考の変更が必要になります。 その結果自ら時間を浪費し、習慣性を捨てざるを得えなくなります。この精神的破壊攻撃からは逃れられませんが、結果的に人は時間の経過とともに慣れが生じてきます。 そこで加害者側が次に仕掛ける攻撃が、身体的攻撃である100円ライター毒ガスを含む空気汚染攻撃や超音波攻撃、電磁波攻撃へと複合する集団ストーカーシグマ攻撃を仕掛けて来ると考えられます。(ここでシグマ(Σ)とは、足し算の意味です)
言い替えれば、「習慣性の破壊攻撃」を24時間続けながら、被害者を症状レベル1以上(:閾値を越え発症する。不快感が常にある症状、「第8項 症状レベル(集ストレベル)」参照)に維持させ、集団によりターゲットを自殺へ追い込むためストレスを何時でも、何処でも最大限までコントロールすることで人間破壊や自殺誘導を続けることが可能な、「完全犯罪システム」です。
6−1−1 身体的破壊 
空気過敏症・音過敏症・電磁波過敏症などをベースに体調不良の状態を長期に渡り起こされた結果、うつ病・自律神経失調症などの病気にさせられ、通院・入院・廃人・病死・自殺させられます。(表8−1 集団ストーカー症状レベル 参照)

6−1−2 精神的破壊 
●統合失調症に仕立て上げられます。(統合失調症は、2002年(平成14年8月)の日本精神神経学会総会で「精神分裂症」を「統合失調症」へと改められています。)
●強制拉致入院させられます。(近い内に集団ストーカー被害者の一人の方により証明されます)
●人間関係の破壊工作(インターネットで多くの探偵社が検索できます) 
●風評工作 (インターネットで多くの探偵社が検索できます) 
●生活妨害工作 (インターネットで多くの探偵社が検索できます) 
(1)ガスライティングと擬似共時性体験攻撃
ターゲットを自殺に追い込んだり、社会的抹殺・精神病者に仕立て上ることを目的として、考え出された一つの方法として「ガスライティング」と言う手法が有ります。アメリカでは書籍も販売させていますが日本語版では販売されていません。 このガスライティング手法の一部に、時間・場所・クセ・持ち物・色・数字などを同じにする同一攻撃、及びこれを変化させた類似攻撃を仕掛けることで、心理学者ユングの言うところの「シンクロニシティー(共時性)」を実現していると考えられます。
共時性を意図的・作為的に作り出す方法として、日本各地の一定場所・一定範囲内、一定時間・一定期間において、複数の工作員達(犯罪者・犯罪加担バイト・カルト集団)やマスメディア・宗教団体・探偵社などさまざまな組織がお互いに利用し合い連合的に絡み合ったりしながら、凶悪犯罪・怪事件などを意図的に作り出したり、叉はそうであるかの如くマスメディア・記者クラブが情報を取り扱うことで、ターゲットに対し仄めかし・脅しを行っていると思われます。(メディア・リテラシー:media literacy) ただし、この中にもユングの言うところの真の共時性が含まれているのかもしれません。
この共時性の原理に基づく「擬似共時性体験攻撃」による被害をターゲットが何度も体験することで、次に脳内でサブリミナル効果と言う現象が起こり、ストリートシアターやノイズキャンペーンが実際に行われていなくても、一つのアンカリングを体験することにより周辺の出来事全てが加害者側による攻撃だと自らが関連付けてしまうようになり、生活全てが加害者側の攻撃であるかのように信じ込まされてしまい結果的にトラウマにさせられてしまいます。 ターゲットが内面的に不安な心理状態の時に、周囲で体験する出来事が、テレビ・ラジオ放送などのマスメディアからの情報により日本中(広範囲:世界的に?)に一致する、叉は一致するかのような状況を作り出す情報操作を意図的に作り出していると考えられます。 そしてこの共時性現象が、被害者の間で特に「名前」・「被害状況」・「周囲の出来事」「数字」「色」などが、脅迫的な仄めかしとして間接的に攻撃されていると感じさせる効果が大きいと思われます。 これが、被害者同士を分離させる有効な脅し攻撃の手段にもなっていると考えられます。 これは、被害者以外の一般の方々がテレビ・ラジオなどで報道される内容に疑問を抱かれた幾つかについて関係している可能性が非常に高いと思われます。(メディアリテラシー)
被害者が、この擬似共時性体験を受けることで何か得体の知れない大きな組織に狙われていると恐怖心や危機感を抱かされます。 それでもターゲットがあまり気付かなかった場合には、非開示型から開示型へと変化させ無理やり気付かせようとしてきます。 更に、希薄な毒ガスの蓄積効果や超音波・電波などにより頭痛を誘発させることで、被害者の周囲の人に対して、よりリアルに精神異常者の如く誘導することが可能です。 この作為的に作られた頭痛などの体調不良や現実社会で見聞きした出来事を、家族・友人・知人・周囲の人に説明すればするほど「気にし過ぎ」「病院へ行けば」と否定され、全ての出来事が妄想・幻覚・幻聴などと精神を疑われ、統合失調症(精神分裂病)に仕立て上るように綿密に計画された実に巧妙な犯罪手口です。 実際に、H17年度にネット上では、 『妄想だ』・『統合失調だ』・『病院へ行け』などの書き込みが多く見受けられました。 このガスライティングの効果を最大限に発揮させられた被害者の方の場合、発狂し自殺を試みられたケースも報告されております。 またこの攻撃を知らずに長期間受け続けると、うつ病による自殺、統合失調症による通院・入院・強制措置入院させられるケースも報告されております。そして、この犯罪計画が上手く成果を上げない場合には、強制拉致入院も行われているという情報もあります。
(2)攻撃方法
この集団ストーカーシステム犯罪は、言い替えれば、「習慣性の破壊攻撃」を24時間続けながら、被害者を「症状レベル1以上」(「第8項 症状レベル(集ストレベル)」参照)に維持させ、集団によりターゲットを自殺へ追い込むためにストレスを何時でも、何処でも最大限までコントロールすることができます。 またこの攻撃方法の時間関係は、一斉に攻撃を仕掛けられるのではなく、半殺し状態を長年に渡り作り続け、外部からの攻撃による不幸の出来事ではなく、あくまでも習慣生活の中で偶然に発生した不幸の結果としてターゲット周囲の人から客観的に判断でき、工作活動が第三者に疑われない偶然の連続という確率の中で、攻撃が1日24時間1年365日途切れることなく連続攻撃され続けます。
従って、ターゲットに対しては、表だった明らかな事件・事故は起こさず、あくまでも自然発生的原因を複合することで事件・事故を誘発する攻撃方法により被害を受け続けます。
その理由は、今後もこの完成された「完全犯罪システム」を世間に明るみに出ないように犯行を続けることで、利益を得たいと考えている多くの犯罪者や犯罪加担バイト・カルト集団がいるからだと思われます。 人を自殺させ、社会的に抹殺することで利益を得たいと考えている多くの犯罪者や犯罪加担バイト・カルト集団がいる限り、今後も一般人をターゲットに選定し、同様の手口を基本にしながら最新技術を悪用しながら進化を続け攻撃を仕掛けて来るのでしょうか? 
このガスライティングによる攻撃は、集団ストーカー犯罪システムの一部を構成していることからも分かるように、社会に認知されていない現状において、被害者の方々は、一般の方々に合理的な説明が直ぐには出来ず、統合失調症(精神分裂病)に仕立て上げられる可能性があると直感的に感じたり、見えない未知の大きな力から狙われていると不安を増大させ発狂させ、人間を破壊し、最悪の場合は衝動的に自殺を誘発させることが可能な完全犯罪システムです。
6−1−3 習慣性の破壊
身体的破壊・精神的破壊攻撃の防御方法として、自ら習慣性を捨てざるを得ません。その結果から生じる精神的ダメージからは逃れることが出来ません。しかし身体的攻撃により病気にさせられるよりかはまだましです。 
(1)具体例
習慣性の破壊とは、例えば、普段利用している1本道を進んで行くとすると、その先が二又に分かれています。普通なら習慣により右側の道へ進みますが、ここへ行くと今までの経験により身体的攻撃(空気汚染攻撃・超音波攻撃・電磁波攻撃)や精神的攻撃(視覚的攻撃・同一攻撃・雑音攻撃・連想攻撃)などの集団ストーカーΣ攻撃が用意されており、習慣的に行っている行為を続ければ確実に体調不良と精神的不快感を受け、閾値を超えた症状レベル1以上にされ発症させられてしまいます。これは、今まだに何度も経験させられ痛いほど分かっています。
そこで、この集ストΣ攻撃を避けるため仕方なく右側ではなく左側の道を選び進みます。 ところが、左側の道を選んだにも関わらず同様の集ストΣ攻撃を受け始めることに気付きます。 更に仕方なく攻撃を避けるために、左側の狭い路地を探しその路地に進むことにします。 この行動により毒ガス攻撃などの集ストΣ攻撃からある程度逃れることができ肉体的には閾値を超えない集ストレベル1未満に抑えることが出来ます。 しかし、習慣的に右側の道へ進んでいたのが予想外のとんでもない道を進まされたのと同時に時間浪費させられたことになります。 この精神ストレス増大行動を採らされたことにより習慣生活を破壊されたことによる精神的ダメージが残る事になります。 結局、集団ストーカーにより精神的攻撃の一部である「時間浪費攻撃」を自らが選ぶことにより間接的にダメージを受けたことになります。
このような攻撃が、24時間連続でしかも数年間継続するのです。 これは、病人、廃人に成りたくなければ自ら習慣性のある生活を捨てなければならない苦渋の選択をさせられたことになります。つまり、「習慣性の破壊攻撃」ということになります。 結局、物理的攻撃から逃れられても、「習慣性の破壊攻撃」という精神的攻撃からは逃れることが出来ないのです。このように、多くの攻撃を回避しても何がしかの攻撃を受けることになります。(「どちらを選択しても駄目攻撃」による「八方塞がり状態」、「四面楚歌状態」です。)
ここで習慣の定義を「習慣とは、人間生活・社会生活を営む上において、経験から得られた情報に基づいて脳が合理的に処理した結果、意志が自然に至る所の微分的連続の行動・心である。」とすれば、集団ストーカー犯罪は、確実に習慣性を破壊し、ストレスを何時でも、何処でも最大限までコントロールすることが可能な犯罪システムであると言えます。
人間はある状況下において初めは意識的な努力行為が、反復して行うと、やがて努力しなくても容易にそれを行えたり、心で思えるようになりますが、被害者(ターゲット)は、習慣性のある生活を続けると極度の精神的ストレスと肉体的損傷を受け続けることになります。 これを避けるためには、意識的な努力行為・思考により行動・発言をしなければ成らなくなります。 その結果、精神的・肉体的に非常に苦しい状況を長期に渡って耐え続ける生活を送らなければならない状態におかれます。  外部からの攻撃による不幸の出来事ではなく、あくまでも習慣生活を営む中で被害者が自ら作り出した自然的な原因により起こった結果として客観的に判断できる状態での攻撃に終始してくることから、この集団ストーカー犯罪を一言で表わせば、「習慣性の破壊により目的を達成する」ということになると考えます。 これが完全殺人犯罪のベースになっていると考えます。 さらに、口封じの方法として、周囲の人に説明すればするほど精神を疑わせるガスライティングの手法を用いて精神的ダメージを与え続けてきます。
6−1−4 経済的破壊
(1)辞職工作
お金を絶つ工作として、①残業を極端に削減させられます。 ②ロッカーに鍵を掛けて入れておいた服の端をすり減らされたり、靴の底をすり減らされたりされ、お金を使わせる工作をされます。 最終的に職場では、体調不良が原因で自己都合による退職に追い込まれます。

「習慣性の破壊攻撃」を24時間続けながら、被害者を「症状レベル1以上」(「第8項 症状レベル(集ストレベル)」参照)に維持させ、集団によりターゲットを自殺へ追い込むためにストレスを何時でも、何処でも最大限までコントロールすることができます。 またこの攻撃方法の時間関係は、一斉に攻撃を仕掛けられるのではなく、半殺し状態を長年に渡り作り続け、外部からの攻撃による不幸の出来事ではなく、あくまでも習慣生活の中で偶然に発生した不幸の結果としてターゲット周囲の人から客観的に判断でき、工作活動が第三者に疑われない偶然の連続という確率の中で、攻撃が1日24時間1年365日途切れることなく連続攻撃され続けます。
従って、ターゲットに対しては、表だった明らかな事件・事故は起こさず、あくまでも自然発生的原因を複合することで事件・事故を誘発する攻撃方法により被害を受け続けます。
その理由は、今後もこの完成された「完全犯罪システム」を世間に明るみに出ないように犯行を続けることで、利益を得たいと考えている多くの犯罪者や犯罪加担バイト・カルト集団がいるからだと思われます。 人を自殺させ、社会的に抹殺することで利益を得たいと考えている多くの犯罪者や犯罪加担バイト・カルト集団がいる限り、今後も一般人をターゲットに選定し、同様の手口を基本にしながら最新技術を悪用しながら進化を続け攻撃を仕掛けて来るのでしょうか? 
このガスライティングによる攻撃は、集団ストーカー犯罪システムの一部を構成していることからも分かるように、社会に認知されていない現状において、被害者の方々は、一般の方々に合理的な説明が直ぐには出来ず、統合失調症(精神分裂病)に仕立て上げられる可能性があると直感的に感じたり、見えない未知の大きな力から狙われていると不安を増大させ発狂させ、人間を破壊し、最悪の場合は衝動的に自殺を誘発させることが可能な完全犯罪システムです。
6−1−3 習慣性の破壊
身体的破壊・精神的破壊攻撃の防御方法として、自ら習慣性を捨てざるを得ません。その結果から生じる精神的ダメージからは逃れることが出来ません。しかし身体的攻撃により病気にさせられるよりかはまだましです。 
(1)具体例
習慣性の破壊とは、例えば、普段利用している1本道を進んで行くとすると、その先が二又に分かれています。普通なら習慣により右側の道へ進みますが、ここへ行くと今までの経験により身体的攻撃(空気汚染攻撃・超音波攻撃・電磁波攻撃)や精神的攻撃(視覚的攻撃・同一攻撃・雑音攻撃・連想攻撃)などの集団ストーカーΣ攻撃が用意されており、習慣的に行っている行為を続ければ確実に体調不良と精神的不快感を受け、閾値を超えた症状レベル1以上にされ発症させられてしまいます。これは、今まだに何度も経験させられ痛いほど分かっています。
そこで、この集ストΣ攻撃を避けるため仕方なく右側ではなく左側の道を選び進みます。 ところが、左側の道を選んだにも関わらず同様の集ストΣ攻撃を受け始めることに気付きます。 更に仕方なく攻撃を避けるために、左側の狭い路地を探しその路地に進むことにします。 この行動により毒ガス攻撃などの集ストΣ攻撃からある程度逃れることができ肉体的には閾値を超えない集ストレベル1未満に抑えることが出来ます。 しかし、習慣的に右側の道へ進んでいたのが予想外のとんでもない道を進まされたのと同時に時間浪費させられたことになります。 この精神ストレス増大行動を採らされたことにより習慣生活を破壊されたことによる精神的ダメージが残る事になります。 結局、集団ストーカーにより精神的攻撃の一部である「時間浪費攻撃」を自らが選ぶことにより間接的にダメージを受けたことになります。
このような攻撃が、24時間連続でしかも数年間継続するのです。 これは、病人、廃人に成りたくなければ自ら習慣性のある生活を捨てなければならない苦渋の選択をさせられたことになります。つまり、「習慣性の破壊攻撃」ということになります。 結局、物理的攻撃から逃れられても、「習慣性の破壊攻撃」という精神的攻撃からは逃れることが出来ないのです。このように、多くの攻撃を回避しても何がしかの攻撃を受けることになります。(「どちらを選択しても駄目攻撃」による「八方塞がり状態」、「四面楚歌状態」です。)
ここで習慣の定義を「習慣とは、人間生活・社会生活を営む上において、経験から得られた情報に基づいて脳が合理的に処理した結果、意志が自然に至る所の微分的連続の行動・心である。」とすれば、集団ストーカー犯罪は、確実に習慣性を破壊し、ストレスを何時でも、何処でも最大限までコントロールすることが可能な犯罪システムであると言えます。
人間はある状況下において初めは意識的な努力行為が、反復して行うと、やがて努力しなくても容易にそれを行えたり、心で思えるようになりますが、被害者(ターゲット)は、習慣性のある生活を続けると極度の精神的ストレスと肉体的損傷を受け続けることになります。 これを避けるためには、意識的な努力行為・思考により行動・発言をしなければ成らなくなります。 その結果、精神的・肉体的に非常に苦しい状況を長期に渡って耐え続ける生活を送らなければならない状態におかれます。  外部からの攻撃による不幸の出来事ではなく、あくまでも習慣生活を営む中で被害者が自ら作り出した自然的な原因により起こった結果として客観的に判断できる状態での攻撃に終始してくることから、この集団ストーカー犯罪を一言で表わせば、「習慣性の破壊により目的を達成する」ということになると考えます。 これが完全殺人犯罪のベースになっていると考えます。 さらに、口封じの方法として、周囲の人に説明すればするほど精神を疑わせるガスライティングの手法を用いて精神的ダメージを与え続けてきます。
6−1−4 経済的破壊
(1)辞職工作
お金を絶つ工作として、①残業を極端に削減させられます。 ②ロッカーに鍵を掛けて入れておいた服の端をすり減らされたり、靴の底をすり減らされたりされ、お金を使わせる工作をされます。 最終的に職場では、体調不良が原因で自己都合による退職に追い込まれます。

コントロールすることが可能な犯罪システムであると言えます。
人間はある状況下において初めは意識的な努力行為が、反復して行うと、やがて努力しなくても容易にそれを行えたり、心で思えるようになりますが、被害者(ターゲット)は、習慣性のある生活を続けると極度の精神的ストレスと肉体的損傷を受け続けることになります。 これを避けるためには、意識的な努力行為・思考により行動・発言をしなければ成らなくなります。 その結果、精神的・肉体的に非常に苦しい状況を長期に渡って耐え続ける生活を送らなければならない状態におかれます。  外部からの攻撃による不幸の出来事ではなく、あくまでも習慣生活を営む中で被害者が自ら作り出した自然的な原因により起こった結果として客観的に判断できる状態での攻撃に終始してくることから、この集団ストーカー犯罪を一言で表わせば、「習慣性の破壊により目的を達成する」ということになると考えます。 これが完全殺人犯罪のベースになっていると考えます。 さらに、口封じの方法として、周囲の人に説明すればするほど精神を疑わせるガスライティングの手法を用いて精神的ダメージを与え続けてきます。
6−1−4 経済的破壊
(1)辞職工作
お金を絶つ工作として、①残業を極端に削減させられます。 ②ロッカーに鍵を掛けて入れておいた服の端をすり減らされたり、靴の底をすり減らされたりされ、お金を使わせる工作をされます。 最終的に職場では、体調不良が原因で自己都合による退職に追い込まれます。

(2)物品破壊工作
住居侵入により 物を破壊されます。特に電化製品の多くは誤動作を起こすように仕組まれます。 
例えば、①強酸(酸性の強いゲル状のもの)を機器の一部に塗られると、時間経過とともに数日後に部品が溶けだし動作不良を起こします。またこの強酸は、頭痛や化学性肺炎も誘発します。 ②外部から電化製品にマイクロ波(電波レンズで指向性を鋭くする)やレーザー光線を照射され器物破壊・誤動作させられます。 ③モーターを含む電気器具を磁化又は消磁され異音を発生させられます。 ④取付けネジの片方の1本を緩める又は抜き取られます。
(キーワード:強酸のゲル、頭痛、化学性肺炎、モーターの異音、ネジ)
6−2 職場でのモビング(社内集団犯罪)
職場いじめ(社内いじめ:モビング、集団いじめ)は、人事部、各所属部署の責任者、産業医、子会社を含め会社関係の全ての人が関わっています。 集団ストーカー犯罪を「職場を飛び出したモビング」と表現される方もおられます。しかし、下記の「第7項.攻撃の手口」に示しますように、人間を破壊する考え尽くされた全ての攻撃手段は既に数十年前から存在しており、マニュアル化されていたと思われます。 このベースになっている攻撃マニュアルは、その時代の最新技術を共生関係になった企業から悪徳業者へ流出し、武器として悪用されながら進化を続けていると思われます。
恐らく、悪徳業者や共生関係になった企業にとっては、「職場における抹殺」を行うことは「社会的抹殺」を行うことの一部にしか過ぎず、金になると目をつけた悪徳業者(目的レベル6)が、当時は企業の経営者に対して「職場でのモビン」だけでなく「社会的抹殺」攻撃まで行っていたのではないでしょうか。 その後に、経営者が闇金を支払う代わりに、一般社員を自社が作った探偵社などに狙わせ、正常なビジネスとして金を支払っているのではないでしょうか?
(1)退職後も同じターゲットを狙い続ける理由
①別人をターゲットにするよりも同一人物をターゲットにしている方が被害者数を少なくなることで犯罪がばれにくくなると考えられます。 これは、集団ストーカーをベースにして、主な攻撃である100円ライター毒ガス攻撃・毒オイル攻撃・超音波攻撃・電磁波攻撃などをターゲットにより使い分けていることで犯罪を隠蔽していることからも容易に想像できます。
②ターゲット個人やその周囲の人の情報収集に時間とコストがかかるため、同一人物をターゲットにする方が加害者側にとって効率的で利益が大きいと思われます。
③継続していることで得られた情報や工作活動の結果が、次へのビジネスに繋がり次の犯罪依頼主からの要望をスムーズに実効できるためと思われます。
(2)ストーカー行為が停止できない理由
集団ストーカー犯罪は、過剰生産と分かりながら生産ラインをストップ出来ずに物を作り続ける生産工場に似ています。 工場の生産ラインは一度生産を停止すると再開するのに困難が伴いコストが掛かります。そのため、生産を停止するよりも過剰生産を継続するほうが最終的にコスト削減につながります。
集団ストーカー犯罪システムも、ビジネスとして数十年前から稼動しているため、停止できずにターゲットを追い求めて過剰生産(過剰な被害者数)し続けていると思われます。また継続(アイドリング状態)していることが、次へのビジネスに繋がる、と同時にコスト削減につながります。なぜなら、ターゲット周辺の人々も同様の手法で、情報収集や攻撃を仕掛けられているため、関係・関連する人物を次のターゲットに選定する方が加害者側にとってみれば効率的だからです。  つまりターゲットの方々に何か関係する人物を次ぎのターゲットに選定すれば、仄めかし効果やユングの共時性の効果を発揮しガスライティングの手法の一部となり一石二鳥でうつ病から自殺者を増産できます。このように多数の一般人を追い続け、追い求め、うつ病・自律神経失調症・統合失調症などの患者を増産し、最終的に自殺者が先進国で1位になっていると思われます。 この方法により国内の幾らかの組織や団体・企業が利益を生む社会構造になっていると思われます。 NPO法人「自殺対策支援センターライフリンク」の方々はこの事実を早急にご理解して頂きたいと思います。 集団ストーカーの手法により尊い命を絶たれた方々が大勢おられると思われます。 
6−2−1 職場内犯罪(モビング)・・・企業コントロールの方法
加害者側は以下に示す毒ガス・毒オイルなどによる身体的攻撃を仕掛けておき、ターゲットに対して体調不良や周囲に対する不信感を作り出し、ターゲットのその後の行動・態度・発言を観察しながら特徴を見つけ出し、取るに足らない発言・行動を周囲に誇張し全てを悪評に摺りかえる風説の流布攻撃を仕掛けてきます。 この身体攻撃を見破ることが出来なければ確実に病気にさせられます。 身体攻撃を見破る前段階では、普段とは違う行動をとらざるを得ません。 加害者側はこの時のターゲットの行動を見逃しません。不審行動として周囲に誇張し言いふらします。
    ある日ターゲットが部署内の加害者と思われる者に「何か知らないか?」と尋ねただけで、「頭がおかしい・妄想だ」などとわざと話しを大きくし部署内や周囲にトラブルが発生したと誇張・誘導・悪評を流します。この時、以前から行われていたガスライティングの効果が大きく発揮されます。 話しを大きくしておいた後、この加害者は部署責任者に話しを持ち掛けます。部署責任者は、部下達を管理することが仕事ですから無視する訳にはいきません。 この時、加害者側は周囲の人も悪評を言っていたと話を更に大きくします。 実はこの周囲の人物も、毒ガス・毒オイルを撒く共犯者であり、仄めかしや指定された服装で出勤するカルト組織犯罪集団の構成員です。 
このように加害者側は業務妨害や犯罪行為を続けながらターゲットがこのことに気付くとわざと話しを大きくし、大きなトラブルが発生したと周囲に言いふらし人間関係を破壊し孤立させます。 もしこの犯罪に気付かなければ確実に病人にさせられます。 このようにして部署全体をカルト組織犯罪集団構成員などが都合の良いように支配しコントロールするのです。 被害者の方々の情報によると、このカルト組織犯罪集団は日本全国の企業などで同じ手口を数十年前から大きく展開しているとの報告があります。
6−2−2 職場内犯罪(モビング)の具体例
(1)100円ライター毒ガス攻撃により、身体の疲れ・痛みなどの体調不良が長期間続きます。(→うつ病、自律神経失調症)
(2)毒オイルを机の引き出しの内外部、受話器の取っ手や耳に当たるスピーカー部分、ファイル、A4用紙、椅子に塗られます。
  ①朝の出勤が早くなる者や朝早く別の部署から来る者、昼休みに課内のカルト組織犯罪集団構成員が毒オイルを塗りに来る者、殺虫スプレーを撒きに来る者がいます。(業務妨害) この場合ターゲットだけではなく、課内全体に被害が及びます。 恐らく、同じ攻撃をターゲットの周辺の人物に行うと、毒の濃度を確認することが出来たり、課内を混乱、疑心暗鬼、被害者であるターゲットを風説の流布により加害者にすり替えたりすることができます。 この場合カルト組織犯罪集団のメンバーは怪しまれないために、日々の態度が丁寧でやけに真面目であるかのように装い、管理職や周辺の人物の目をごまかします。(業務妨害)
(3)無臭殺虫スプレーを机の下などに撒かれます。 その手順を以下に示します。
①通勤途上で、ゴキブリの死骸を見せられます。
②ゴキブリやハエなどの虫を広い室内に持ち込みます。 同時にターゲットの机・椅子周辺、ロッカーの中にダニを撒かれます。
③ゴキブリなどを駆除する目的として無臭殺虫スプレーを持ち込みます。
④その後、無臭殺虫スプレーを机の下・椅子・コピー機の内部や周辺の床・書類(A4用紙)へ撒かれます。 (化学性肺炎の誘発)
⑤更に、社内放送で、「○○さん、△△さんがお呼びですので、至急お席にお戻り下さい。」と「席」を印象付ける工作放送がされます。
(4)コピー機にエラー表示が頻繁に表示され動作不能になります。外部からLANを通じて侵入されたり、 内部の人間がコピー機の設定を変更しています。(業務妨害)
(5)社内や社外からいたずら電話が頻繁にかかります。(業務妨害)
  ①交換手は、外線からの電話をワザと別の人物の席に繋げます。(業務妨害)
  ②個人名を名乗り物品販売する電話が多くなります。
  ③課内の個人名を名乗り女性の声で「○○と申します。何時もお世話になっております。○○をお願いしたいのですけど、いますか?」と、かなり小さな声で依頼してくる。その日に限り本人が休暇の日です。 ここでの電話の対応の仕方を加害者側は楽しんでいるようです。答え方のパターンは「いません」・「今はいません」「席を外しております」・「本日は休みの日となっております」などです。 休暇で出勤していない本人への不信感や家庭内不和を話題に課内をざわつかせる工作と考えられます。
(6)職場のパソコンが誤動作・クラッシュします。
①磁石で磁化され集ストレベル0.5近辺に保たれている可能性が高いと思われます。「第9項 集ストレベル(症状レベル)」参照 ) 
②赤外線(熱線)でパソコンを熱暴走させられます。
③職場のパソコンにいたずらソフトがインストールされます。 (業務妨害)
④パソコンに直接ウィルスを入れられます。 (業務妨害)
⑤パソコンは外部通信を介してコントロールされます。(業務妨害)
⑥AC100Vラインに特定のノイズを重畳させパソコンをクラッシュさせていると考えられます。
⑦屋外からパソコン内部のクロック周波数に同期した特定の周波数を含むマイクロ波を、パソコンに照射させクラッシュさせていると考えられます。
(7)鍵の掛かったロッカーを開けられます。(プライバシーの侵害)

そのため、生産を停止するよりも過剰生産を継続するほうが最終的にコスト削減につながります。
集団ストーカー犯罪システムも、ビジネスとして数十年前から稼動しているため、停止できずにターゲットを追い求めて過剰生産(過剰な被害者数)し続けていると思われます。また継続(アイドリング状態)していることが、次へのビジネスに繋がる、と同時にコスト削減につながります。なぜなら、ターゲット周辺の人々も同様の手法で、情報収集や攻撃を仕掛けられているため、関係・関連する人物を次のターゲットに選定する方が加害者側にとってみれば効率的だからです。  つまりターゲットの方々に何か関係する人物を次ぎのターゲットに選定すれば、仄めかし効果やユングの共時性の効果を発揮しガスライティングの手法の一部となり一石二鳥でうつ病から自殺者を増産できます。このように多数の一般人を追い続け、追い求め、うつ病・自律神経失調症・統合失調症などの患者を増産し、最終的に自殺者が先進国で1位になっていると思われます。 この方法により国内の幾らかの組織や団体・企業が利益を生む社会構造になっていると思われます。 NPO法人「自殺対策支援センターライフリンク」の方々はこの事実を早急にご理解して頂きたいと思います。 集団ストーカーの手法により尊い命を絶たれた方々が大勢おられると思われます。 
6−2−1 職場内犯罪(モビング)・・・企業コントロールの方法
加害者側は以下に示す毒ガス・毒オイルなどによる身体的攻撃を仕掛けておき、ターゲットに対して体調不良や周囲に対する不信感を作り出し、ターゲットのその後の行動・態度・発言を観察しながら特徴を見つけ出し、取るに足らない発言・行動を周囲に誇張し全てを悪評に摺りかえる風説の流布攻撃を仕掛けてきます。 この身体攻撃を見破ることが出来なければ確実に病気にさせられます。 身体攻撃を見破る前段階では、普段とは違う行動をとらざるを得ません。 加害者側はこの時のターゲットの行動を見逃しません。不審行動として周囲に誇張し言いふらします。
    ある日ターゲットが部署内の加害者と思われる者に「何か知らないか?」と尋ねただけで、「頭がおかしい・妄想だ」などとわざと話しを大きくし部署内や周囲にトラブルが発生したと誇張・誘導・悪評を流します。この時、以前から行われていたガスライティングの効果が大きく発揮されます。 話しを大きくしておいた後、この加害者は部署責任者に話しを持ち掛けます。部署責任者は、部下達を管理することが仕事ですから無視する訳にはいきません。 この時、加害者側は周囲の人も悪評を言っていたと話を更に大きくします。 実はこの周囲の人物も、毒ガス・毒オイルを撒く共犯者であり、仄めかしや指定された服装で出勤するカルト組織犯罪集団の構成員です。 
このように加害者側は業務妨害や犯罪行為を続けながらターゲットがこのことに気付くとわざと話しを大きくし、大きなトラブルが発生したと周囲に言いふらし人間関係を破壊し孤立させます。 もしこの犯罪に気付かなければ確実に病人にさせられます。 このようにして部署全体をカルト組織犯罪集団構成員などが都合の良いように支配しコントロールするのです。 被害者の方々の情報によると、このカルト組織犯罪集団は日本全国の企業などで同じ手口を数十年前から大きく展開しているとの報告があります。
6−2−2 職場内犯罪(モビング)の具体例
(1)100円ライター毒ガス攻撃により、身体の疲れ・痛みなどの体調不良が長期間続きます。(→うつ病、自律神経失調症)
(2)毒オイルを机の引き出しの内外部、受話器の取っ手や耳に当たるスピーカー部分、ファイル、A4用紙、椅子に塗られます。
  ①朝の出勤が早くなる者や朝早く別の部署から来る者、昼休みに課内のカルト組織犯罪集団構成員が毒オイルを塗りに来る者、殺虫スプレーを撒きに来る者がいます。(業務妨害) この場合ターゲットだけではなく、課内全体に被害が及びます。 恐らく、同じ攻撃をターゲットの周辺の人物に行うと、毒の濃度を確認することが出来たり、課内を混乱、疑心暗鬼、被害者であるターゲットを風説の流布により加害者にすり替えたりすることができます。 この場合カルト組織犯罪集団のメンバーは怪しまれないために、日々の態度が丁寧でやけに真面目であるかのように装い、管理職や周辺の人物の目をごまかします。(業務妨害)
(3)無臭殺虫スプレーを机の下などに撒かれます。 その手順を以下に示します。
①通勤途上で、ゴキブリの死骸を見せられます。
②ゴキブリやハエなどの虫を広い室内に持ち込みます。 同時にターゲットの机・椅子周辺、ロッカーの中にダニを撒かれます。
③ゴキブリなどを駆除する目的として無臭殺虫スプレーを持ち込みます。
④その後、無臭殺虫スプレーを机の下・椅子・コピー機の内部や周辺の床・書類(A4用紙)へ撒かれます。 (化学性肺炎の誘発)
⑤更に、社内放送で、「○○さん、△△さんがお呼びですので、至急お席にお戻り下さい。」と「席」を印象付ける工作放送がされます。
(4)コピー機にエラー表示が頻繁に表示され動作不能になります。外部からLANを通じて侵入されたり、 内部の人間がコピー機の設定を変更しています。(業務妨害)
(5)社内や社外からいたずら電話が頻繁にかかります。(業務妨害)
  ①交換手は、外線からの電話をワザと別の人物の席に繋げます。(業務妨害)
  ②個人名を名乗り物品販売する電話が多くなります。
  ③課内の個人名を名乗り女性の声で「○○と申します。何時もお世話になっております。○○をお願いしたいのですけど、いますか?」と、かなり小さな声で依頼してくる。その日に限り本人が休暇の日です。 ここでの電話の対応の仕方を加害者側は楽しんでいるようです。答え方のパターンは「いません」・「今はいません」「席を外しております」・「本日は休みの日となっております」などです。 休暇で出勤していない本人への不信感や家庭内不和を話題に課内をざわつかせる工作と考えられます。
(6)職場のパソコンが誤動作・クラッシュします。
①磁石で磁化され集ストレベル0.5近辺に保たれている可能性が高いと思われます。「第9項 集ストレベル(症状レベル)」参照 ) 
②赤外線(熱線)でパソコンを熱暴走させられます。
③職場のパソコンにいたずらソフトがインストールされます。 (業務妨害)
④パソコンに直接ウィルスを入れられます。 (業務妨害)
⑤パソコンは外部通信を介してコントロールされます。(業務妨害)
⑥AC100Vラインに特定のノイズを重畳させパソコンをクラッシュさせていると考えられます。
⑦屋外からパソコン内部のクロック周波数に同期した特定の周波数を含むマイクロ波を、パソコンに照射させクラッシュさせていると考えられます。
(7)鍵の掛かったロッカーを開けられます。(プライバシーの侵害)

日本の薬品の審査は厳しいんだ。厚労省の認可はなかなかおりない。薬品の認可を待ってる人も脳死移植みたいに大勢いるんだ。アメリカに比べて審査する所が少ないんだ。予算が少ないから医療水準が低くなって遅れをとってるって訳だ。
医療機関を民営化して利益が出ない所を予算削って閉鎖してるのは社会福祉費を削りたいからに他ならないんだ。
薬品審査を緩和して民間に委託したりすると子宮ワクチンみたいな問題になった時に国が補償してくれるか疑問になってくる。政治家が患者を救いたいから早く薬を認可してくれって熱意だけあっても駄目って事だ。結局金がかかるって話。
薬に副作用が出たからこれは人口削減ですって言われても、何の根拠もない妄言としか言いようがない。多分今言った知識すら持ち合わせてない。自分に都合の良い情報を利用してハッタリ拡げてるだけ。

お前の 女か!?


お前は 女か!


ネットストーカー ↓ サイバー犯罪

日本人の狩り =V2K

エヴァンゲリオン

国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける


 同時にターゲットの机・椅子周辺、ロッカーの中にダニを撒かれます。
③ゴキブリなどを駆除する目的として無臭殺虫スプレーを持ち込みます。
④その後、無臭殺虫スプレーを机の下・椅子・コピー機の内部や周辺の床・書類(A4用紙)へ撒かれます。 (化学性肺炎の誘発)
⑤更に、社内放送で、「○○さん、△△さんがお呼びですので、至急お席にお戻り下さい。」と「席」を印象付ける工作放送がされます。
(4)コピー機にエラー表示が頻繁に表示され動作不能になります。外部からLANを通じて侵入されたり、 内部の人間がコピー機の設定を変更しています。(業務妨害)
(5)社内や社外からいたずら電話が頻繁にかかります。(業務妨害)
  ①交換手は、外線からの電話をワザと別の人物の席に繋げます。(業務妨害)
  ②個人名を名乗り物品販売する電話が多くなります。
  ③課内の個人名を名乗り女性の声で「○○と申します。何時もお世話になっております。○○をお願いしたいのですけど、いますか?」と、かなり小さな声で依頼してくる。その日に限り本人が休暇の日です。 ここでの電話の対応の仕方を加害者側は楽しんでいるようです。答え方のパターンは「いません」・「今はいません」「席を外しております」・「本日は休みの日となっております」などです。 休暇で出勤していない本人への不信感や家庭内不和を話題に課内をざわつかせる工作と考えられます。
(6)職場のパソコンが誤動作・クラッシュします。
①磁石で磁化され集ストレベル0.5近辺に保たれている可能性が高いと思われます。「第9項 集ストレベル(症状レベル)」参照 ) 
②赤外線(熱線)でパソコンを熱暴走させられます。
③職場のパソコンにいたずらソフトがインストールされます。 (業務妨害)
④パソコンに直接ウィルスを入れられます。 (業務妨害)
⑤パソコンは外部通信を介してコントロールされます。(業務妨害)
⑥AC100Vラインに特定のノイズを重畳させパソコンをクラッシュさせていると考えられます。
⑦屋外からパソコン内部のクロック周波数に同期した特定の周波数を含むマイクロ波を、パソコンに照射させクラッシュさせていると考えられます。
(7)鍵の掛かったロッカーを開けられます。(プライバシーの侵害)

100円ライターに毒ガスか。凄まじい技術だな。馬鹿か。危険過ぎて持ち歩けねーよ。

国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける


最初は、鍵の掛け忘れと思います。(ガスライティング)
②鍵をかけたロッカー内の背広に毒オイルを塗られます。背広は数ヶ月後にオイルが乾燥し白い粉になって現れます。 この時、100円ライター毒ガスではなく初めて毒オイルを背広に塗られたと確信します。(頭痛の誘発) 更に、ロッカーの内部・スリッパ・作業服の前・背広の前に毒オイルを塗られます。
③机の引き出しに入れて置いたシャーペンが無くなります。 数日後にロッカーの中で見つかります。(ガスライティング)
(8)消しゴム・シャーペンがなくなります。 数日後、少しずつ現われ、その後まとめて現れる場合もあります。(ガスライティング)
(9)コピーをとりに行く時など前や横から頻繁に出会い頭に衝突しそうになります。(出会い頭攻撃=(コリジョンキャンペーン))
(10)「健康が一番大事だから病院で診察を受けたら」と100円ライター毒ガスを撒き散らす腐った性格の上司から何度も勧められます。(マインドコントロール)この上司も他の社員(別の部署の人物Bを含む)から陰湿な出会い頭攻撃を受けていたことを覚えています。(周辺攻撃)
(11)最近色々な事が頻繁に起こると上司に相談を持ち掛けると、「気にせず胸を張って堂々としていれば・・・」と言われ、毒ガスを多く吸込む姿勢を勧められます。(被害者であり犯罪加担者でもある)
(12)別の部署の人物Aから「気分はどうじゃ」と聞かれます。(犯罪加担者)
(13)別の部署の人物Bから2メートルほど離れた位置からこちらに向かって「肺ガンになるわ。」と独り言を言われます。(仄めかし)
(14)一定の時間が来ると、一斉に人がいなくなります。 おかしいと思い時間を見ることで、数字と時間に意味を持たせていると思われます。
(15)昼休みが終わり座席に戻るとイスの高さが変更されていることに気付きます。(ガスライティング)
6−2−3 モビングを行う加害者へ
あなたのライター毒ガス噴射行為は、残業する社員を早く帰らせる手段や単なる嫌がらせのためだけではありません。数十年前からある完全犯罪の一部を構成している一手法です。 この行為を止めない限りあなたを含めあなたの身内や周囲の人々もこの犯罪の被害者であり続けることでしょう。そして、今後も自殺者の数が年間30000人を超え続けることでしょう。テレビ放送は、交通事故の悲惨な映像を流し印象付けますが、自殺者の数は交通事故による死亡者の約4倍に相当します。 放送される時間は、亡くなられた人数に比例しているとは言えません。(メディア・リテラシー) 
6−3 通勤途上モビング
職場内だけのモビングだけではありません。通勤途上でも被害に遭い続けます。
6−3−1 通勤途上モビングの内容
(1)事例
①職場付近の路上で、出会い頭に車・自転車・人に衝突しそうになったり、尾行されたりします。(出会い頭攻撃 < 同一攻撃)
②通勤途上で倒れた人の周りに人が集まっている光景を何度か見かけます。(視覚的ダメージ攻撃)
③ある日から突然不自然なサイレン音・音声・物音・カラスの鳴き声・が頻繁に聞こえるようになります。(ノイズキャンペーン)
④電車内で、突然大きな声でケンカが始まります。(ノイズキャンペーン)
⑤電車が人身事故・車両故障・車両点検によりダイヤが乱れ、ホームが人で埋め尽くされる場面に遭遇します。(5月前後に多い)
⑥電車内で、不審な人にニラマレたり、車両内をウロツク不審行動者に良く出会ったり、車椅子の方に毎日遭遇するようになります。(犯罪加担バイト・カルト集団構成員) これは、ターゲットの周辺にいる方々にも行われています。
⑦終着駅に到着したにも拘らず、多くの人が車両から降りずにそのままUターンし、来た方へ戻っていきます。(隠れ蓑的人員の大量発生)
⑧電車内で、座席の隅に手でつかまっていると、女性がその手の上に間違ったように乗せ触れてきます。 周囲で工作員が、こちらの顔色をうかがっています。 数年後に、ある場所にストーカーの一人としてアベックで再度現れます。(女性攻撃)
⑨電車内で、座席に6人ほどが一列に並び、同じ新聞を開けている異常な光景を見かけます。場所を移動すると「逃げよった」という言葉を浴びせられます。(視覚的攻撃)
⑩電車内の乗客の数が100人〜300以上増えます。(社内では咳きをする乗客が増え、空気が悪いという人が増えます。(100円ライター毒ガス攻撃)
⑫電車の乗り換え途中で咳き込む音を多く聞ききます。一方、息を極力押さえていたせいか、乗り換えを済ませると深呼吸をしているサラリーマンを見掛けます。 (犯罪加担バイト・カルト集団構成員)
⑬下りの電車では、犯罪加担バイト達は、いつも乗車してくる駅にも関われず、降りずに行き過しこちらが降車するまで乗車を続けます。 例えば、こちらが降車する前に犯罪加担バイト達が降車すると、早足で改札口へ去って行きます。(付きまとい)
⑭雨の日の電車内では、カーブに差し掛かると、5本以上の傘が、同時に床に倒れる音がします。 よく観察するとアルバイト達がワザと傘が倒れるように立て掛け方を調整していることが観察できます。その様子を斜め前方からプロが監視していることが確認できます。(ノイズキャンペーン)  この音攻撃は、音に対して敏感にさせるため、詰め替え用のガスライターによる毒ガスを多く吸わされた後に攻撃を受けます。
⑮雨の日のプラットホームで列の後ろに並ぶと前の犯罪加担バイトが足元に傘で線を描いています。よく見ると私の持っている傘と全く同じ種類の傘を持ちながらの行為であることに気付きます。周囲でこちらの顔色を観察している一般人がいます。 (同一攻撃、監視)
⑯通勤途上で前方からアベックが会話をしながらすれ違いざまに「箱・・・」と「聞かせ」を行います。その数十分後、途中の停車駅で箱を持った女性が乗車し目の前の床に起きます。 女性が降車際に「詰める」という会話が車内の遠くの場所から聞こえてきます。(関連付け攻撃<連想攻撃)
⑰社内や住居の周辺に病人が増えます。 社内では自殺者・事故死が数名発生します。 出張先の海外や退職後も発生します。ターゲットは本人1名ではなく、周辺の方へも同一の攻撃が同時に多数行われています。(擬似共時性体験攻撃、周辺攻撃)
⑱被害者への攻撃は、退職後も続きます。→これが、失業者の自殺件数の多い要因と考えます。
(2)ターゲット周辺の方々
2005年〜2006年の約10ヶ月の間にターゲットの周辺の方に通勤途上で各種の電車事故が発生しました。 恐らく、これらが、約1年間で1セットに成っていると思われます。
①鉄橋に人が歩いていたので安全確認のために停車する。 ②従業員の急病。 ③お客の急病。 ④お客同士のケンカ。 ⑤乗務員とお客のケンカ。 ⑥車両故障による遅延。 ⑦車両整備による遅延。 ⑧踏切事故。 ⑨踏切立ち往生。 ⑩負傷者救護。 ⑪人身事故。 ⑫沿線の火事。  ⑬沿線の化学工場の爆発。  ⑭先頭車両が空き缶を跳ねる。 ⑮線路に置石。
キーワード:病人、事故、電車、爆発、火災、石
6−4 企業の被害
競合する企業に対し、その分野でキーになる社員を個人攻撃していると思われます。 この集団ストーカー犯罪システムを使えば企業防衛は簡単に出来ます。経営者にとってはこのシステムを利用できることは企業存続のために安心出来るシステムです。ただし、この企業の社員も別名目で、別の組織から狙われていることを忘れてはいけません。 その狙っている加害者側の末端の犯罪加担バイト・カルト組織構成員達は、企業防衛のために働いている者達と同一人物です。結局、このシステムを利用しながらこのシステムにより被害に遭うという潰し合い構造になっています。そもそもこれが本来の目的ですから当然です。 また社内に派閥を作り派閥同士が潰し合う構造は、居酒屋などから企業内情報を収集するのに適しているのと同時に本来の目的にも一致します。
6−5 社会全体の被害
社会全体が工作被害を受けていると思われます。放送関係、インターネットで検索できるプロの探偵社・興信所だけでなく、普通の一般企業も加害者側に参加しています。
[目的]
①情報の操作による統制  (警察と記者クラブの関係、メディアリテラシー)

国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける


な光景を見かけます。場所を移動すると「逃げよった」という言葉を浴びせられます。(視覚的攻撃)
⑩電車内の乗客の数が100人〜300以上増えます。(社内では咳きをする乗客が増え、空気が悪いという人が増えます。(100円ライター毒ガス攻撃)
⑫電車の乗り換え途中で咳き込む音を多く聞ききます。一方、息を極力押さえていたせいか、乗り換えを済ませると深呼吸をしているサラリーマンを見掛けます。 (犯罪加担バイト・カルト集団構成員)
⑬下りの電車では、犯罪加担バイト達は、いつも乗車してくる駅にも関われず、降りずに行き過しこちらが降車するまで乗車を続けます。 例えば、こちらが降車する前に犯罪加担バイト達が降車すると、早足で改札口へ去って行きます。(付きまとい)
⑭雨の日の電車内では、カーブに差し掛かると、5本以上の傘が、同時に床に倒れる音がします。 よく観察するとアルバイト達がワザと傘が倒れるように立て掛け方を調整していることが観察できます。その様子を斜め前方からプロが監視していることが確認できます。(ノイズキャンペーン)  この音攻撃は、音に対して敏感にさせるため、詰め替え用のガスライターによる毒ガスを多く吸わされた後に攻撃を受けます。
⑮雨の日のプラットホームで列の後ろに並ぶと前の犯罪加担バイトが足元に傘で線を描いています。よく見ると私の持っている傘と全く同じ種類の傘を持ちながらの行為であることに気付きます。周囲でこちらの顔色を観察している一般人がいます。 (同一攻撃、監視)
⑯通勤途上で前方からアベックが会話をしながらすれ違いざまに「箱・・・」と「聞かせ」を行います。その数十分後、途中の停車駅で箱を持った女性が乗車し目の前の床に起きます。 女性が降車際に「詰める」という会話が車内の遠くの場所から聞こえてきます。(関連付け攻撃<連想攻撃)
⑰社内や住居の周辺に病人が増えます。 社内では自殺者・事故死が数名発生します。 出張先の海外や退職後も発生します。ターゲットは本人1名ではなく、周辺の方へも同一の攻撃が同時に多数行われています。(擬似共時性体験攻撃、周辺攻撃)
⑱被害者への攻撃は、退職後も続きます。→これが、失業者の自殺件数の多い要因と考えます。
(2)ターゲット周辺の方々
2005年〜2006年の約10ヶ月の間にターゲットの周辺の方に通勤途上で各種の電車事故が発生しました。 恐らく、これらが、約1年間で1セットに成っていると思われます。
①鉄橋に人が歩いていたので安全確認のために停車する。 ②従業員の急病。 ③お客の急病。 ④お客同士のケンカ。 ⑤乗務員とお客のケンカ。 ⑥車両故障による遅延。 ⑦車両整備による遅延。 ⑧踏切事故。 ⑨踏切立ち往生。 ⑩負傷者救護。 ⑪人身事故。 ⑫沿線の火事。  ⑬沿線の化学工場の爆発。  ⑭先頭車両が空き缶を跳ねる。 ⑮線路に置石。
キーワード:病人、事故、電車、爆発、火災、石
6−4 企業の被害
競合する企業に対し、その分野でキーになる社員を個人攻撃していると思われます。 この集団ストーカー犯罪システムを使えば企業防衛は簡単に出来ます。経営者にとってはこのシステムを利用できることは企業存続のために安心出来るシステムです。ただし、この企業の社員も別名目で、別の組織から狙われていることを忘れてはいけません。 その狙っている加害者側の末端の犯罪加担バイト・カルト組織構成員達は、企業防衛のために働いている者達と同一人物です。結局、このシステムを利用しながらこのシステムにより被害に遭うという潰し合い構造になっています。そもそもこれが本来の目的ですから当然です。 また社内に派閥を作り派閥同士が潰し合う構造は、居酒屋などから企業内情報を収集するのに適しているのと同時に本来の目的にも一致します。
6−5 社会全体の被害
社会全体が工作被害を受けていると思われます。放送関係、インターネットで検索できるプロの探偵社・興信所だけでなく、普通の一般企業も加害者側に参加しています。
[目的]
①情報の操作による統制  (警察と記者クラブの関係、メディアリテラシー)

国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける


②流行の誘導   (アパレル関係者、放送関係者に対し、指定された服装で外出していると思われます。(仄めかし))
③交通量の増減制御  (交通量調査時期になると減少することを確認、この逆の制御も可能です)
④探偵会社、興信所の増加 (天下り先の確保)
軍需産業の替わりに、「不安産業」・「工作産業」を繁栄させ監視・管理社会への誘導を行っていると思われます。
⑤言語の操作  (・・・ヤシー と 語尾に「ヤシー」を付ける。「死」を意味付けていると思われます) 地域周辺からこのような言葉を多く聞くようになります。
6−6 加害者による攻撃の実例
小さな悪の一つである探偵社に勤務された方によると思われる書き込みを1つご紹介させて頂きます。
[ 攻撃の具体例 ]
以前、2ちゃんねる掲示板に「自殺促す仕事に関与した私の懺悔」という加害者の方と思われる書き込みがありました。 原文は既に削除されていますが、孫引きが「善意の防犯活動を隠れ蓑にした集団ストーカーを徹底的に糾弾する」にありました。 この内容の真偽は不明ですが、過去の被害経験から推測すると十分真実と考えられます。 集団ストーカーの手口が分かり易いので要約させて頂きました。
要約すると、「ターゲットは、情報収集の結果、スイカが好きと分かります。また生活習慣を監視していると、毎朝ポストをチェックしていることも分かります。 そこで、この2つの情報から以下の工作を行いました。 それは、その日の朝に宛先の書いてない葉書に「スイカ」とだけ油性ペンで文字を書き投函しておきます。ターゲットは必ずこのはがきを確認します。その日の昼にターゲットが歩いて移動している時に、すれ違いざまに別の工作員が大声で「スイカ!!」と叫びます。 ターゲットはすでに何か得体の知れない団体に狙われていると気付いているので、危険を感じ、悲痛な面持ちで足早でその場を立ち去ります。しかし加害者側のグループはターゲットの行動を先読みしているので、その先の二手に分かれていている両方の道ばたに不自然にスイカ5個を配置する工作を仕掛けていたのです。ターゲットは、その後ビルの屋上から飛び降り自ら命を絶ったそうです。運悪く最後にターゲットに不幸を働きかけたのはこの私だったのです。 この人を殺したという罪の意識にさいなまれてここへ書き込みました。多くの人達、特に若者達にこの事実を記憶の片隅にでも置いて頂いて、殺人などの不幸を助長する仕事に手を染める悲劇を未然に防ぐ事だと気付いたので生硬ではありますがこの文章を書きました。そしてこの文章が官僚の目に留まり国に働きかけてこのような悲惨極まりない仕事を日本から追放してくれる事を心から願っています。」というものです。
[ 手口の整理 ]
この自殺誘導攻撃のパターンは、(集団ストーカー(探偵20名)による個人情報の収集でターゲットが興味のあるものを調査する。毎日の行動を監視・盗撮する。葉書による予告の仄めかし(スイカ)を行う。道路でスイカという聞かせを行う。道路にスイカを5つ配置するアンカリングを行うというものです。
7 攻撃の手口
攻撃を仕掛ける前にまずターゲットの個人情報・身辺情報を過去・現在に渡り全て収集されています。 その後、精神的攻撃と共に五感(目・耳・鼻・舌・皮膚)の機能全てに対して身体的攻撃が行われます。(表7−2 攻撃手段とその症状の分類 参照) 平行して経済的攻撃・住居への攻撃も仕掛けられます。 これらの加算・複合攻撃を「Σ(シグマ)攻撃」と呼ぶことにします。
7−1 過敏症による完全犯罪 
金がもうかると安易に群がる人達には最新兵器は高価で手が届きません。そこでやはり従来からの方法を使用していると考えられます。私はあえて最新兵器ではなく、従来からある物、バレても全く怪しまれない物による犯行が、今もなお多くの一般の人々を攻撃し続けていると考えています。
過敏症による犯罪システムを可能にするのは「時間・場所・集団」を応用していると考えられます。全てが少しずつ長期間に渡り攻撃を受け続けることで、空気過敏症・音過敏症・電磁波過敏症にされ、周囲の方々には認識できない低レベルでの被害の蓄積により病気を引き起こすことが可能です。この犯罪は習慣性を利用した完全犯罪を一部に含んでいます。
[空気汚染攻撃]
100円ライター毒ガス攻撃 (参考サイト:反集団ストーカー活動サイトAGSAS 「集団ストーカー」レポート その4 〜 100円ライター(税込み105円)  〜
車両による排気ガス攻撃  
殺虫スプレー攻撃
薬品攻撃 (薬局で入手できるもの)
毒オイル攻撃
[音攻撃]
ねずみ・猫駆除装置による超音波攻撃
雑音攻撃(ノイズキャンペーン)
喫茶店での超音波・電波攻撃と思われる撮影に成功しました。 画像をご参照下さい。
超音波・電波攻撃の画像
画像1
画像2
画像3
大阪の喫茶店2Fにて、こちらの方向へ手さげカバンを向けて置いている。頭痛がするので周囲を探し見つけました。
手さげカバンの拡大写真です。
装置の赤色ランプを確認できたので撮影しました。超音波発信器と思われます。
2Fから1Fへ降りる際に不自然な旅行用カバンを見つけた。 1Fから2Fへ向かって送信していると思われたので撮影しました。電波叉は超音波発信器内臓と思われます。
[電波攻撃]
周囲の家からのマイクロ波
AC100Vラインからの高レベルのパルスノイズ
体調の悪い被害者の方々は、一日も早くこれらの攻撃に気付かれることをお祈りします。
7−2 プライバシーの侵害(個人情報の漏洩)
現在・過去の個人情報の全てを収集するため同窓会を利用し、盗聴機器・盗撮機器・盗品・ゴミなども利用してきます。 更に現在・過去の情報に基づいて未来を予測していると考えられます。
7−2−1 ゴミからの情報漏洩 
住居から出される全てのゴミの内容物を収集・調査されています。 恐らく、最初に部屋の整理整頓をすることで、過去・現在の情報をゴミから収集し、更にその後の住居侵入の際に、整理整頓された住居から個人情報の収集を容易にする目的があると思われます。更には、自殺させるための連想的準備作業かもしれません。
l 部屋の整理整頓を勧められる。
l 被害者の身近な人物が、整理・整頓を手伝うと言って部屋まで上がり込み整理させられます。その結果、不要な物を大量に処分させられます。 なお、本人は全く集団ストーカー犯罪の一部の行動とは意識していないようです。
(1)目的
個人情報の詰まった大量のゴミを、後に回収していると考えられます。
大量のゴミを廃棄させておくことで、後に行う家宅侵入の際に個人情報の収集が容易になると思われます。
近い内に代替品を購入する可能性があるので店員に工作をし易くなります。(未来情報の予測→未来攻撃)
(2)生活ゴミ
日常生活で発生するゴミの内容物を毎日調べられています。(2006年ごろ、生活ゴミを調査するアルバイトをする人がテレビの報道番組で放送されていました) これは、仄めかされる内容により、個人情報が漏洩していることの確認ができました。 この方法により、私生活のほとんどの状況が、盗聴・盗撮された情報と重なって明確に加害者側に把握されることになり、未来攻撃が可能になります。
l 粗大ゴミ
粗大ゴミを捨てると、近い内に代替品を購入する可能性があるので、加害者側は販売店の店員に先回りし工作を仕掛けています。
l 廃品回収車

国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける

[空気汚染攻撃]
100円ライター毒ガス攻撃 (参考サイト:反集団ストーカー活動サイトAGSAS 「集団ストーカー」レポート その4 〜 100円ライター(税込み105円)  〜
車両による排気ガス攻撃  
殺虫スプレー攻撃
薬品攻撃 (薬局で入手できるもの)
毒オイル攻撃
[音攻撃]
ねずみ・猫駆除装置による超音波攻撃
雑音攻撃(ノイズキャンペーン)
喫茶店での超音波・電波攻撃と思われる撮影に成功しました。 画像をご参照下さい。
超音波・電波攻撃の画像
画像1
画像2
画像3
大阪の喫茶店2Fにて、こちらの方向へ手さげカバンを向けて置いている。頭痛がするので周囲を探し見つけました。
手さげカバンの拡大写真です。
装置の赤色ランプを確認できたので撮影しました。超音波発信器と思われます。
2Fから1Fへ降りる際に不自然な旅行用カバンを見つけた。 1Fから2Fへ向かって送信していると思われたので撮影しました。電波叉は超音波発信器内臓と思われます。
[電波攻撃]
周囲の家からのマイクロ波
AC100Vラインからの高レベルのパルスノイズ
体調の悪い被害者の方々は、一日も早くこれらの攻撃に気付かれることをお祈りします。
7−2 プライバシーの侵害(個人情報の漏洩)
現在・過去の個人情報の全てを収集するため同窓会を利用し、盗聴機器・盗撮機器・盗品・ゴミなども利用してきます。 更に現在・過去の情報に基づいて未来を予測していると考えられます。
7−2−1 ゴミからの情報漏洩 
住居から出される全てのゴミの内容物を収集・調査されています。 恐らく、最初に部屋の整理整頓をすることで、過去・現在の情報をゴミから収集し、更にその後の住居侵入の際に、整理整頓された住居から個人情報の収集を容易にする目的があると思われます。更には、自殺させるための連想的準備作業かもしれません。
l 部屋の整理整頓を勧められる。
l 被害者の身近な人物が、整理・整頓を手伝うと言って部屋まで上がり込み整理させられます。その結果、不要な物を大量に処分させられます。 なお、本人は全く集団ストーカー犯罪の一部の行動とは意識していないようです。
(1)目的
個人情報の詰まった大量のゴミを、後に回収していると考えられます。
大量のゴミを廃棄させておくことで、後に行う家宅侵入の際に個人情報の収集が容易になると思われます。
近い内に代替品を購入する可能性があるので店員に工作をし易くなります。(未来情報の予測→未来攻撃)
(2)生活ゴミ
日常生活で発生するゴミの内容物を毎日調べられています。(2006年ごろ、生活ゴミを調査するアルバイトをする人がテレビの報道番組で放送されていました) これは、仄めかされる内容により、個人情報が漏洩していることの確認ができました。 この方法により、私生活のほとんどの状況が、盗聴・盗撮された情報と重なって明確に加害者側に把握されることになり、未来攻撃が可能になります。
l 粗大ゴミ
粗大ゴミを捨てると、近い内に代替品を購入する可能性があるので、加害者側は販売店の店員に先回りし工作を仕掛けています。
l 廃品回収車

国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける


バイク・自転車・電化製品などの廃品回収車により情報漏えいしています。後日外出時に同じ種類(形・色)のものが何度も視覚に入ってきます。また、廃品回収車による拡声器放送はノイズキャンペーンの効果も含まれています。 
7−2−2 外出先での情報漏洩
室内盗聴や尾行により、外出先(外食・旅行先)などへ先回りし、行き先にいる人達を使い聞かせ・仄めかしを行ったり、情報収集要員(犯罪加担F)に利用することで情報が漏えいしています。
7−2−3 盗聴による情報漏洩
電波盗聴(テンペスト):パソコン本体・周辺機器・ACケーブル・周辺ケーブルから漏洩する微弱電波を受信しパソコンに表示された画面をそのまま盗撮したように表示する電波盗聴技術(この技術を盗聴と取り扱うか又は盗撮とするかは難しい)
(1)盗聴器
・屋外の電話線から並列接続により近隣の家の電話回線に接続
・インターフォンにあるスピーカーをマイク代わりに利用し別回路を仕掛け、電波若しくは有線で外部に送信する
・隣室からのコンクリートマイクによる(マンション・宿泊先のホテル)
・録音機ICレコーダーのVOR機能による録音
・会話により窓ガラスの表面が微小振動するので、このガラス表面にレーザー光線を当て、反射光線を受信して音声に変換する盗聴器があります。 プロショップの店員さんから約800万円と聞いたことがあります。このレーザー光線をガラスではなく、人体の耳の後ろなどに当てられるとどうなるのでしょうか?(H19.03.05に右耳の後ろを攻撃され数箇所内部から腫れました。)
(2)盗聴場所
自宅・職場・車両内・飲食店・電車内・歩行中
(3)盗聴方法
人からの情報、電話器、携帯電話、インターネット回線、ホストコンピューター、AC100Vラインをアンテナ及び有線の代わりとして使用し近隣の家へ送信している可能性があります。(第1段目の受信場所である近隣は、無意識の内に盗聴器の中継局にされている可能性も考えられます。)
(4)盗聴機器の設置予想場所
壁の中、天井裏、テレビの中、インターフォンの中 (盗聴器の電源は、①AC100ラインから ②マイクロ波から電力を供給しているかもしれない) 
7−2−4 盗撮による情報漏えい
盗撮の方法として考えられることは、
①人による目視
②機器を利用した赤外線盗撮装置(黒色の服は赤外線を通過させないため有効です)
③更にターゲットの視線を画像認識とターゲットロック機能で追跡する
④パソコンの表示内容をテンペストの方法で盗み撮る
⑤町中に設置されている防犯カメラ・監視カメラから管理者により直接的に、または正常な配線工事を装った別ケーブルにより映像信号をそのまま有線に乗せて目的外へ送信したり、カメラ機器やケーブルから漏洩する映像電波を何も知らずに中継局代わりにされた一般の民家で受信した後、暗号化し微弱電波を送信し幾つかの民家などを経由して犯罪者宅や車両内で盗撮している、などの方法が考えられます。
(1)赤外線盗撮装置
① 赤外線カメラ+望遠レンズ
② カーテンを突き抜けて室内を盗撮されます。連続する被害の中で実験し仄めかし・聞かせによる被害から確認しました。 漏れた個人情報は、その日の内に仄めかしに遭います。
(2)赤外線撮影方法
CCDカメラは、フイルム式カメラと違い目に見えない波長領域の赤外線・紫外線まで撮影できるそうです。 例えば、赤外線は白っぽく、紫外線は桃色っぽく写るそうです。
http://contest2002.sthinkquest.jp/tqj2002/50205/light/kashikou.html
デジカメで赤外写真 http://www.jafta.or.jp/news/shinrinkosoku/194/
フジ・赤外フィルタIR-84(約1000円)を使用しています。 弓場氏作成の『赤外写真が出来るンです for Yahoo Camera』をダウンロードできます。
(3)視覚盗撮
視覚盗撮装置は、赤外線望遠カメラ+画像認識+ターゲットロック機能により構成されていると考えられます。ターゲットの視線から対象物・対象文字を特定していると考えられます。この方法が、思考盗聴と言われるのに一致します。更に別の思考盗聴方法が存在するかもしれません。さらにこの装置にレーザー光線などを発射する機器を追加すればレーザー光線攻撃も可能です。
場所:自宅周辺・職場・通勤途中
方法:近所の家屋・人の肉眼
機器:赤外線カメラ
(4)テンペスト技術
パソコン本体からの微弱漏洩電波が、周辺機器、ACケーブル、接続ケーブルに誘導し空中へ送信される微弱電波を受信することでパソコンに表示された画面そのままを盗撮する電波盗聴技術です。
加害者側は、被害者と同一の画面を観察しています。 漏えい電波は、微弱なため数十mの近距離でしか届きません。 ただし、受信した微弱電波を再度送信するリレー方式を使えば幾らでも距離を伸ばすことは可能です。この技術は、数十年前からあります。
このサイトの文字が小さいのは、テンペスト防止のためです。 現在のところこの文字の大きさは、ノイズに埋もれて解読不能と思われます。 (

国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける

デジカメで赤外写真 http://www.jafta.or.jp/news/shinrinkosoku/194/
フジ・赤外フィルタIR-84(約1000円)を使用しています。 弓場氏作成の『赤外写真が出来るンです for Yahoo Camera』をダウンロードできます。
(3)視覚盗撮
視覚盗撮装置は、赤外線望遠カメラ+画像認識+ターゲットロック機能により構成されていると考えられます。ターゲットの視線から対象物・対象文字を特定していると考えられます。この方法が、思考盗聴と言われるのに一致します。更に別の思考盗聴方法が存在するかもしれません。さらにこの装置にレーザー光線などを発射する機器を追加すればレーザー光線攻撃も可能です。
場所:自宅周辺・職場・通勤途中
方法:近所の家屋・人の肉眼
機器:赤外線カメラ
(4)テンペスト技術
パソコン本体からの微弱漏洩電波が、周辺機器、ACケーブル、接続ケーブルに誘導し空中へ送信される微弱電波を受信することでパソコンに表示された画面そのままを盗撮する電波盗聴技術です。
加害者側は、被害者と同一の画面を観察しています。 漏えい電波は、微弱なため数十mの近距離でしか届きません。 ただし、受信した微弱電波を再度送信するリレー方式を使えば幾らでも距離を伸ばすことは可能です。この技術は、数十年前からあります。
このサイトの文字が小さいのは、テンペスト防止のためです。 現在のところこの文字の大きさは、ノイズに埋もれて解読不能と思われます。 (

H18.07.16より フォントサイズを8→10に拡大し実験中です。)
l テンペスト(電磁波盗聴)
http://www.jp-security.net/01touchou-taisaku/tenpesuto.html
l 無線LANと電磁波盗聴(テンペスト/TEMPEST)
http://www9.plala.or.jp/rescue/tempest.html
(5)テンペスト防止の方法
防止方法は、ノイズフィルター、EMI対策用のフェライトコア、アモルファステープでパソコンから漏れている微弱電波を低減させることが出来ます。
7−2−5 過去・現在・未来の情報
現在・過去の情報に基づいて未来を予測し先回り攻撃や未来攻撃に使用していると考えられます。
表7−1 個人情報の収集範囲
過去情報
現在情報
未来の予測
約1週間以内
数ヶ月、数年以上
似た者攻撃
毒ガス攻撃・出会い頭攻撃・雑音攻撃・ストリートシアター・時間浪費攻撃・アンカリング・片目ライト攻撃など
先回り攻撃・ガスライティング
未来攻撃
過去の写真
貯金通帳
同窓会メンバー
友人・知人・身内
盗聴機器(住居・車両・会社)
現在・過去の情報に基づいて未来を予測しています。
心理学の応用
長期間ターゲット1名を24時間監視するには最低5名(休日を含めると6名)必要です。
盗撮機器(家の周辺・道路・会社)
住居侵入により盗品・盗撮(手帳・ノート・写真)
ゴミ収集(生活ゴミ・廃品)
周辺の人からの情報
探偵社・興信所の社員による直接情報
犯罪加担バイト・カルト集団構成員からの情報(配達員・店員を含む)
個人探偵による直接情報
注:単純な出来事については、1週間以上経過するとはあまりダメージを受けないので、心理的効果として2つに分けました。
(1)過去情報
①家宅侵入
家宅侵入により写真・貯金通帳などから個人情報を収集されます。
②過去に接した全ての人
友人・知人・所属サークルなどから、個人情報の収集を行っています。 同窓会を企画させターゲットの情報収集と仄めかしを行うことで精神的ストレスを与えてきます。もちろん、これらの方々も攻撃の対象にされています。
(2)現在情報
職場、飲食店、取引先、など予想される行動範囲の全ての人に対し工作と共に情報収集を行っています。
(3)未来の予測
ターゲットが将来購入すると思われる商品を販売している店員に対し、犯罪加担バイトをさせています。主に開示型ストーカーは、近所の店員などの顔を覚えさせるのに利用されています。 数年後に物品を購入するために店に行くと、見覚えのある顔に出会います。 逆に非開示型ストーカーは、犯罪加担プロ達が多いように思えます。 
[効果]:最初は錯覚と思いますが、その後、驚きと共にここまでするかというストレス増加の効果があります。(→未来攻撃)開示型ストーカーは、精神的嫌がらせ攻撃の他に未来攻撃のための準備も含んでいます。十分注意しましょう。
7−3 身辺情報の漏えい
ターゲットの生活パターンは、被害者本人だけでなくその周辺の人々に対しても時間を含めて情報が把握されています。これにより周囲の人々に対しても工作がし易くなり仄めかしのための役割もはたします。 これは間接的にターゲットに対して攻撃しているのと同じ効果があります。 また、周囲の人々がターゲットを監視しているだけでなく、周囲の人々同士が監視し合う構造になっています。
7−4 身体的攻撃の武器
攻撃目標は、個人情報・身辺情報を完全に収集した後、ターゲットの五感(視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚)全てを攻撃対象としています。 更には、人間の第六感をも利用し攻撃を仕掛けられた被害者の方もおられます。
皆さん電磁波・超音波と言われていますが、それだけではありません。空気を汚染する「100円ライター毒ガス攻撃」・「レーザー光線」による目や顔面への照射、光と電波の中間的性質のある電磁波(テラヘルツ波?赤外線)による集団ストーカーΣ(シグマ)攻撃が存在します。
「理研 パテント情報」より
http://www.riken.jp/r-world/info/release/patent/2004/no.28/index.html#st1
http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/press/2001/010501/index.html

何今の?(すっとぼけ)

警察はなぜ、集団ストーカーを放置してるのか。


480:幹部 10/22(土) 23:14
我々が東芝の機械を使っている事がばれてきている



公安やってんよ 大島栄城

915:08/15(月) 20:50
公安その他協力者による人格崩壊、矯正殺人事業の3月収支決算書めちゃくちゃ。多額の税金無駄使い。防犯名目で都合が悪い正義感の強い人を痛めつけ、没殺してる事業。
数字も嘘だらけ、合わせただけ。大量の失業者元犯罪、障害者、就職できない方をやといましたと喜んで勘違いしてる。テロ対策がテロを行なっていれば世話無い。
研修名目で遊びにいき、車無駄に乗り回してる。福利厚生めちゃくちゃ。ピンはねやり放題。そんなめちゃくちゃな報告書通りません。検査し直して下さい。捕まらないと勘違いして喜んでる。バカですか?

916:大島栄城◆n3rBZgRz6w 08/15(月) 21:13
予想通りの展開ですな、公安も中国人に占拠されている

917:08/15(月) 22:11
今年もやって、来年もまたやるなんていいませんよね?

エヴァンゲリオン

エヴァンゲリオン

国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける


もおられます。
皆さん電磁波・超音波と言われていますが、それだけではありません。空気を汚染する「100円ライター毒ガス攻撃」・「レーザー光線」による目や顔面への照射、光と電波の中間的性質のある電磁波(テラヘルツ波?赤外線)による集団ストーカーΣ(シグマ)攻撃が存在します。
「理研 パテント情報」より

http://www.riken.jp/r-world/info/release/patent/2004/no.28/index.html#st1

http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/press/2001/010501/index.html

国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける


7−4−1 空気汚染攻撃  
被害者の方のほとんどが電磁波攻撃と言われておられますが、私に対する初期の基本攻撃は、100円ライター毒ガスです。その後、2005年秋頃から電磁波・超音波攻撃も開始されました。 (もっと初期から被害に遭っていたのかもしれません。認識できるのうになったのがこの頃からです。) 各種毒ガス+各種毒オイル+ねずみ猫駆除用超音波装置+電磁波(電波(電界+磁界)+レーザー光線+テラヘルツ波?赤外線)と集ストΣ攻撃が今も続いています。
2006年初頭に某テレビ番組において、探偵社による浮気調査が紹介されていました。ここで、浮気がばれた夫に対し妻は「お灸をすることもできるそうです。方法は教えて頂けませんでした。」と紹介されていました。 その時まさに、100円ライター毒ガス攻撃による2日間の体調不良をつくる犯罪だと思いました。
(1)100円ライター毒ガス攻撃 
① 武器判明まで1年
精神病に仕立て上げられそうになった後、100円ライター毒ガス被害+毒オイル被害に気付くのに約1年、超音波、電磁波被害に気付くまで8年間の月日が経過しています。 職場・外出先・自宅周辺で(盗聴・盗撮により外出が分かります。)ポケットに忍ばせた市販の100円ライターから毒ガスを噴射されます。
② 5種類以上の100円ライター
体調不良の主な原因の一つは、数年に渡り被害を受け続けた人体実験の結果、100円ライターに使用されている主成分のブタンガスと判りました。 そして、製造メーカーの違いにより、微量混合成分が異なり5種類以上の100円ライターがあることが判りました。
③ 毒ガス濃度
100円ライターの容器内は、気化飽和状態にありこれを1点の噴射口から発射すると、いっきに空気中へ放出されます。この時の毒ガス拡散濃度は、距離の3剰に半比例します。つまり、噴射した後、数秒間でその場から数メートル移動するだけで、犯罪者は被害者の毒ガスを吸い込む量の数十分の1に軽減されます。この犯罪行為を数回繰り返すと被害者は数百倍もの毒ガス濃度を吸わされることになります。
毒ガスにより「音」・「光」に対して過敏症にさせられた処で、周囲では不自然に物音を立て続けられます。普段日常生活で発生すると思われる「音」の全てを発生させて来ます(ノイズキャンペーン)。 例えば、車のクラクション、カラスの鳴声です。人による餌まきにより集められたカラスをカラス駆除専用の超音波発信装置で退治すると鳴きながら飛び立ちます。 ポケット内から小銭を混ぜる音、物が「落下」(キーワード)し衝撃で発する音、等々です。 その他は、他の被害者方々のサイトを御参照下さい。
さらに室内(家宅侵入)電車内・職場では毒オイル(〇〇油)や市販の殺虫剤(室内に有る物ならバレ難い)がまかれています。 揮発性が低い分、長時間に渡って毒性のある気体を吸わされ続けます(→肝臓病、科学性肺炎)
④ 毒ガスの効果
「表7−2 攻撃手段とその症状の分類」をご参照下さい。
一部のガスは、1.頭痛を引き起こします。また別の市販のライターでは、2.咳を起こさせる。3.息苦しくなる。 4.急に体がだるくなり疲労感が現れる。5.口の中の舌先がピリピリする等です。この場合、味覚が一時的に麻痺(まひ)し、食品への異物混入と錯角する場合もあります。 またこれらの毒ガスが体内に複合的に蓄積されると、本や新聞等の印刷物から発生するごく僅かなガスでも頭痛や耳鳴りを引き起こすだけでなく、「音」や「光」に敏感になり、心臓が痛んだり、胸が痛み息苦しくなります。 
最近気付きましたが、この「音」や「光」に敏感にさせられると、他の被害者の言われる電磁波による音声送信攻撃の効果を高めているのかもしれません。
⑤ 加害者の数
私の周辺だけで100円ライター毒ガスを発射した犯罪者達は約500人以上います。これを全国的に考えると約10000人以上いると考えられます。この方法は、物的証拠が見付けられたとしても言い訳一つで有罪になり難い優れた犯罪方法の一つです。
⑥ 被害の場所
通勤電車の中、駅のホーム、歩行中には人・車・自転車から、職場内、 昼休みの公園では植え込みに潰れたライターが捨てられている。 喫茶店では、潰れたライターを置物の隅に捨てられている。外出先の屋内では、空調機からの噴霧や、その部屋の管理者・関係者により毒ガスを噴霧されます。自宅近辺では、近隣の人が玄関を出た道路上で撒き散らしています。
⑥ 攻撃方法
ポケットに忍ばせた市販の100円ライターから毒ガスを噴射します。 夏にも拘らず手をポケットに突っ込んだまま歩き回る人を多く見掛けます。ただし、手をポケットに入れずにポケットの上からライターのノブを押下し噴射されても被害効果は同じです。
(2)車両による排気ガス被害
人からの100円ライター毒ガス攻撃だけでなく移動する車からも毒ガスを噴射してきます。 例えば、車のマフラー内に毒オイルや噴射口を壊してガス漏れさせた100円ライターを入れておくと熱気散し易い。また攻撃手段を特定するのが難しい。 加害者は、100円ライターの液化ブタンが100%放出したところで帰宅していくと思われます。 また、毒オイルに関しては、犯罪プロが外出先の駐車場で犯罪加担バイト達の車両のマフラーに塗ると、加害者は罪意識が全く無く、ターゲットの周囲を空気汚染しながら走行することになります。 この攻撃を確認出来たのは、特定車両が通過した後に100円ライター毒ガス攻撃を受けた時と同じ症状が何度も起こったことから確認出来ました。
(3)殺虫スプレー・毒オイル被害
殺虫スプレーを撒く前段階として、ダニを職場の机・椅子、ロッカーの中へ撒かれます。 また自宅でも撒かれます。 このダニがいるという事実に対して、殺虫スプレーを撒き散らすと特に怪しまれません。 更に、職場では、専門のダニ駆除業者に依頼し、ロッカーや室内全体に撒き散らされます。 この業者によると効果は約1ヶ月あるそうです。
工作(マインドコントロール)された犯罪加担Fクラスの社員は、殺虫スプレーやシールはがしの液を机の下・椅子・コピー機の内部や周辺・書類(A4用紙)へ撒きます。
毒オイルを机の引き出しに塗られる。同時に通行する車両や停車中の車両のナンバープレートに、64−

国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける


ーを置物の隅に捨てられている。外出先の屋内では、空調機からの噴霧や、その部屋の管理者・関係者により毒ガスを噴霧されます。自宅近辺では、近隣の人が玄関を出た道路上で撒き散らしています。
⑥ 攻撃方法
ポケットに忍ばせた市販の100円ライターから毒ガスを噴射します。 夏にも拘らず手をポケットに突っ込んだまま歩き回る人を多く見掛けます。ただし、手をポケットに入れずにポケットの上からライターのノブを押下し噴射されても被害効果は同じです。
(2)車両による排気ガス被害
人からの100円ライター毒ガス攻撃だけでなく移動する車からも毒ガスを噴射してきます。 例えば、車のマフラー内に毒オイルや噴射口を壊してガス漏れさせた100円ライターを入れておくと熱気散し易い。また攻撃手段を特定するのが難しい。 加害者は、100円ライターの液化ブタンが100%放出したところで帰宅していくと思われます。 また、毒オイルに関しては、犯罪プロが外出先の駐車場で犯罪加担バイト達の車両のマフラーに塗ると、加害者は罪意識が全く無く、ターゲットの周囲を空気汚染しながら走行することになります。 この攻撃を確認出来たのは、特定車両が通過した後に100円ライター毒ガス攻撃を受けた時と同じ症状が何度も起こったことから確認出来ました。
(3)殺虫スプレー・毒オイル被害
殺虫スプレーを撒く前段階として、ダニを職場の机・椅子、ロッカーの中へ撒かれます。 また自宅でも撒かれます。 このダニがいるという事実に対して、殺虫スプレーを撒き散らすと特に怪しまれません。 更に、職場では、専門のダニ駆除業者に依頼し、ロッカーや室内全体に撒き散らされます。 この業者によると効果は約1ヶ月あるそうです。
工作(マインドコントロール)された犯罪加担Fクラスの社員は、殺虫スプレーやシールはがしの液を机の下・椅子・コピー機の内部や周辺・書類(A4用紙)へ撒きます。
毒オイルを机の引き出しに塗られる。同時に通行する車両や停車中の車両のナンバープレートに、64−
XX 、 XX−64(虫)が多く現れます。(数字攻撃)
7−4−2 超音波被害
ねずみ・猫駆除装置による超音波攻撃
①共振型超音波発生装置
http://www.cic-net.co.jp/ho/nezumi/dame.html
1. 高音圧の発生(136dB)
2. 音圧がランダムに変化するので、慣れを防止できる
3. 発信時間の間隔設定が自由である
4. 忌避性の特に強い19kHzをピークに発生
5. 強い指向性
6. その他の販売されている装置です
http://www.shinyei-jp.com/sub3cat.htm
http://www.ginzado.ne.jp/~shibuya/index3f.htm   (低周波300Hz)
7−4−3 超音波の効果 
「表7−2 攻撃手段とその症状の分類」 をご参照下さい。 
頭痛、耳鳴り、心臓が痛くなる、ベランダ等からの「奇怪な物音」は、超音波(約20KHz以上)によるものと思われます。超音波の発射は近隣の2箇所以上から発射されています。2つの違った波を共振させる必要があるからです。 共振現象により効果を数十倍に増加させることが出来ます。 家宅侵入の際に毒オイルの塗布と共にこの超音波による空気振動(音圧)を測定し、「奇怪な物音」を発するように超音波の強度・発射方向を調整したと考えられます。 この超音波による空気振動により室内の毒オイルの気散量が増加します。 これが複合すると電磁波攻撃と思わせるのに一致します。
しかし、2005年11月頃から電磁波攻撃が開始されました。 住居に仕組まれ始めたのはH17年3月頃からと思われます。「毒ガス」・「毒オイル」・「超音波」・「光」・「電波」攻撃を、「頭痛」の誘発、「光」過敏症、ほのめかし、囁きや2名以上の会話による「聞かせ」等で「電磁波攻撃」のみと思われている方々が、被害者の方々の99.6%ですが、実は、この5つ以上の集ストΣ攻撃の複合作用により、精神病(統合失調症)に仕立て上げる実に巧妙なテクノロジー犯罪です。
テレビ画面・ラジオ受信音にノイズをかぶせるのは微弱な電波強度で容易に出来ます。
「偽装被害者」や「ほのめかし」の情報操作により全ての攻撃が電磁波関係と思い込ませる「すり替え」を行っています。(超音波犯罪被害 http://www12.ocn.ne.jp/~sonreav/  を参考にされて下さい。)
ここに、盗聴・盗撮で得られた時間と場所の情報に基づいて、隠れみの的に多数の人員を一定地域に集結させ方法として「別の名目」で集められた人々、例えば、「単に行列目的の○○屋」・「お得情報満載の情報発信もと」・「スタート時間厳守の交通量調査」等をダミーとして使用していると考えられます。 更に時間と場所で人々を集める別目的の団体等を利用したり、見かけ上恒久的な会社やNPO法人などを作ったりしていると考えられます。
7−4−4 自動車に超音波発信器
2006年頃から車両内に超音波発信器を仕掛けられました。 GPS受信器付き送信機は車買い替え後、数週間で違法設置されました。
7−4−5 電磁波被害
電磁波を身体に浴びるとさまざまな症状を引き起こす原因になります。「表7−2 攻撃手段とその症状の分類」 をご参照下さい。
なお、光などは電磁波の一種ですが、性質が違いますのでここでは分けて考えます。(症状により分けた方が理解し易いと考えます。)
(1)攻撃手段
今までの被害者の方の被害報告と管理人の被害経験を考慮すると、自宅や外出先の喫茶店等にいる際、空中から直接マイクロ波を送信してきます。この電波は室内に入り壁や金属類に反射・屈折・透過・吸収・回折します。一部は室内に張り巡らされたAC100Vラインに誘導し部屋全体が電磁界の渦に包まれます。と同時に、100VのACラインに高周波を重畳させている可能性が非常に大きいと考えられます。 証拠となるHPを確認出来ましたので報告致します。このACラインに信号を重畳させる技術的は、私の過去の記憶では、約30年以上前から考えられていました。
「電力線インターネット=電力線搬送通信について考えるページ」
「電力線搬送通信に関する公開実験報告」
静電界 静磁界 永久磁石 電波(電界・磁界) マイクロ波 テラヘルツ波? 赤外線、 光  
http://www.geocities.jp/hiroyuki0620785/k3dennjiha/30denjiha.htm
(2)簡易電磁波測定方法の提案
電磁波は電界と磁界から成り立っています。その内電界が人体に当たると人体がアンテナの働きをし、体の表面に電圧が発生します。その人体表面に発生した電圧を測定することで、電磁波強度の相対値を測定する簡易人体誘導起電力測定法を提案します。
(3)測定の方法
デジタルテスターを使用します。アナログテスターでは、入力インピーダンスが低いため無理かもしれません。 デジタルテスターの測定レンジをAC交流の測定モードに設定します。マイナス側端子(黒色)をACコンセントのグラウンドに接続します。もう一方の端子(赤色)を右手または左手の指でつまみます。するとAC交流電圧が身体に発生していることが確認できます。ただし、ACコンセントにグラウンド端子がない場合は、ACプラグの差込口の2つの内片方が、グラウンドにつながっていますので、低い値が測定できた方がグラウンド側と考え測定して下さい。実際よりかは少し大きな値を示しますが、相対値は測定できます。
被害者2名の住居で実際に測定した電圧値を下表に示します。参考にされて下さい。
約0.01V以下が理想的な値と思われますが、周囲の電化製品などの影響により室内では約0.数V以下が正常な値と思われます。
表7

AKIRA \見逃し厳禁/ POLICE

ヤクザの60%は同和(エッタ)


ヤクザの20%は朝鮮人


ヤクザの20%は日本人

見えない人々: 在日朝鮮人
(工作員=名字を調べなければならない)集団ストーカーの原因

85:01/14(火) 02:42
>>84
暴力団の構成員の宗教でぶっちぎりで多いのが創価。
その12%と言われている。
もちろん88%は創価じゃないわけだが、これを少ないとは言えないだろう。

AKIRA \見逃し厳禁/ POLICE

国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける


月頃から電磁波攻撃が開始されました。 住居に仕組まれ始めたのはH17年3月頃からと思われます。「毒ガス」・「毒オイル」・「超音波」・「光」・「電波」攻撃を、「頭痛」の誘発、「光」過敏症、ほのめかし、囁きや2名以上の会話による「聞かせ」等で「電磁波攻撃」のみと思われている方々が、被害者の方々の99.6%ですが、実は、この5つ以上の集ストΣ攻撃の複合作用により、精神病(統合失調症)に仕立て上げる実に巧妙なテクノロジー犯罪です。
テレビ画面・ラジオ受信音にノイズをかぶせるのは微弱な電波強度で容易に出来ます。
「偽装被害者」や「ほのめかし」の情報操作により全ての攻撃が電磁波関係と思い込ませる「すり替え」を行っています。(超音波犯罪被害 http://www12.ocn.ne.jp/~sonreav/  を参考にされて下さい。)
ここに、盗聴・盗撮で得られた時間と場所の情報に基づいて、隠れみの的に多数の人員を一定地域に集結させ方法として「別の名目」で集められた人々、例えば、「単に行列目的の○○屋」・「お得情報満載の情報発信もと」・「スタート時間厳守の交通量調査」等をダミーとして使用していると考えられます。 更に時間と場所で人々を集める別目的の団体等を利用したり、見かけ上恒久的な会社やNPO法人などを作ったりしていると考えられます。
7−4−4 自動車に超音波発信器
2006年頃から車両内に超音波発信器を仕掛けられました。 GPS受信器付き送信機は車買い替え後、数週間で違法設置されました。
7−4−5 電磁波被害
電磁波を身体に浴びるとさまざまな症状を引き起こす原因になります。「表7−2 攻撃手段とその症状の分類」 をご参照下さい。
なお、光などは電磁波の一種ですが、性質が違いますのでここでは分けて考えます。(症状により分けた方が理解し易いと考えます。)
(1)攻撃手段
今までの被害者の方の被害報告と管理人の被害経験を考慮すると、自宅や外出先の喫茶店等にいる際、空中から直接マイクロ波を送信してきます。この電波は室内に入り壁や金属類に反射・屈折・透過・吸収・回折します。一部は室内に張り巡らされたAC100Vラインに誘導し部屋全体が電磁界の渦に包まれます。と同時に、100VのACラインに高周波を重畳させている可能性が非常に大きいと考えられます。 証拠となるHPを確認出来ましたので報告致します。このACラインに信号を重畳させる技術的は、私の過去の記憶では、約30年以上前から考えられていました。
「電力線インターネット=電力線搬送通信について考えるページ」
「電力線搬送通信に関する公開実験報告」
静電界 静磁界 永久磁石 電波(電界・磁界) マイクロ波 テラヘルツ波? 赤外線、 光  
http://www.geocities.jp/hiroyuki0620785/k3dennjiha/30denjiha.htm
(2)簡易電磁波測定方法の提案
電磁波は電界と磁界から成り立っています。その内電界が人体に当たると人体がアンテナの働きをし、体の表面に電圧が発生します。その人体表面に発生した電圧を測定することで、電磁波強度の相対値を測定する簡易人体誘導起電力測定法を提案します。
(3)測定の方法
デジタルテスターを使用します。アナログテスターでは、入力インピーダンスが低いため無理かもしれません。 デジタルテスターの測定レンジをAC交流の測定モードに設定します。マイナス側端子(黒色)をACコンセントのグラウンドに接続します。もう一方の端子(赤色)を右手または左手の指でつまみます。するとAC交流電圧が身体に発生していることが確認できます。ただし、ACコンセントにグラウンド端子がない場合は、ACプラグの差込口の2つの内片方が、グラウンドにつながっていますので、低い値が測定できた方がグラウンド側と考え測定して下さい。実際よりかは少し大きな値を示しますが、相対値は測定できます。
被害者2名の住居で実際に測定した電圧値を下表に示します。参考にされて下さい。
約0.01V以下が理想的な値と思われますが、周囲の電化製品などの影響により室内では約0.数V以下が正常な値と思われます。
表7

国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける


と考え測定して下さい。実際よりかは少し大きな値を示しますが、相対値は測定できます。
被害者2名の住居で実際に測定した電圧値を下表に示します。参考にされて下さい。
約0.01V以下が理想的な値と思われますが、周囲の電化製品などの影響により室内では約0.数V以下が正常な値と思われます。
表7-3 簡易人体誘導起電力測定法による 測定結果
本人A宅
被害者B宅
C宅
D宅
場所
住居①
住居②
住居①
住居②
①台所



電圧(V)
7.3V
3.5V
15.3V
9.6V
2.5V

7−4−6 レーザー光線被害
「レーザー光線」による目や顔面への照射により目に違和感を与えられます。顔をレーザー光線で焼かれ特定の場所にシミを作られます。 これによりターゲットの周囲にいる数名に対しても顔の同じ場所にシミを作られました。(周辺攻撃) この攻撃によりターゲットに対し視覚的・精神的ダメージを与えられます。
(1)レーザー光線照射装置
この装置の考えられる構成は、赤外線望遠カメラ+画像認識の機能+ターゲットロック機能+レーザー光線です。まず望遠レンズカメラで大きく人物の全体像を捕らえ後、顔の輪郭や目などの位置で画像認識し、この特徴を追尾する機能(ターゲットロック機能)を動作させ、さらに、ターゲットロックがかかった状態で、目などの位置からシミの位置を決めレーザー光線を照射していると考えられます。 これを数日間にわたり何度も繰り返すことにより、顔に出来たシミが徐々に濃くなるとともに、大きく目立つように広がっていくと考えられます。
送信レベルを調整しながら、この攻撃を足や腰にされると片方の足を引きずるほどの痛みや、腰痛を作ることが可能と考えます。そして、物に当たると大きなエネルギーにより衝撃波が発生すると同時に金属を変形させたり、ガラスを割ることも可能です。
画像はこちら→ 表7−4 レーザー光線被害
[設置場所]:周辺の家屋・商業用ビル・停車中の車両内
[方法]   :徒歩の場合は、待ち伏せている
車両の場合は、後方の車両から照射されたレーザー光線はミラーに一度反射させ、ターゲットの目を狙っていると考えられます。
7−4−7 食品被害
5重構造以上により被害を受けます。見極めるのが困難で時間を要します。しかし正常な食品と食べ比べるのと、場所の移動、経過した時間などを考慮しながら原因を特定することが出来ます。
(1)食品に異物を混入されます。(ペットボトル・缶ジュース) 
①外食時に店員から注がれる水。 同じ水を注がれたお客さんは、全て飲み干した後に手を腹に当てがい変な顔をしていました。 →なぜ見破れたのか!その理由は、犯罪者の顔を覚えていたからです。 過去に車内にいた多くの加害者の内の一人だったからです。  この人物は、派遣、若しくはアルバイトでこの店に侵入し、悪事を働き、数ヶ月後には店から姿を消しました。
②職場でコップの中に使用前から毒オイルを塗られる。
③職場でコップの口元に席を離れたのを確認し毒オイルを塗られる。
④職場でコーヒーの粉に異物を入れられる。
⑤職場で紙コップの製造過程で毒オイルを使用したと思われる紙コップが使われる。
⑥コーヒーの粉自体が袋を開封せずに変質させている。
(2)異物混入と錯覚させる方法
①100円ライター毒ガスによる味覚麻痺。
②殺虫スプレーによるによる味覚麻痺。
③超音波による味覚麻痺。
④電波でも舌に対して類似の症状を起こすことが可能です。
(3)特定食品
    特定食品へのイメージ攻撃を受けます。 加害者の好きな食べ物は、「肉」です。肉うどん・肉そば などです。 これは、肉=29となり数字攻撃と関連付けられます。
7−5 精神的被害
盗聴・盗撮・ゴミ収集などのあらゆる手段を使い情報収集された後に、この収集された情報に基づいて「情報攻撃」されます。
加害者側は、嫌がられ行為や情報操作をターゲットの周辺の人々に仕掛けておいて、あたかも被害者が全て行ったようにすり替えられ濡れ衣を着せ、被害者に暴言を吐きます。
攻撃の手順は、住居から遠い職場からスタートし、徐除に住居に近付くことで恐怖心をあおり、まさか住居は侵入しないと思っていたら既に何度も侵入されています。
7−5−1情報被害(集団情報リンチ)
(1)外出先での風説被害
外食・外出先・旅行先などに尾行し、行き先をすべて調査され、行き先にいる人物に対し風評工作を仕掛けて来ます。風説の流布攻撃には、「聞かせ」や「仄めかし」が利用されています。

国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける


された後に、この収集された情報に基づいて「情報攻撃」されます。
加害者側は、嫌がられ行為や情報操作をターゲットの周辺の人々に仕掛けておいて、あたかも被害者が全て行ったようにすり替えられ濡れ衣を着せ、被害者に暴言を吐きます。
攻撃の手順は、住居から遠い職場からスタートし、徐除に住居に近付くことで恐怖心をあおり、まさか住居は侵入しないと思っていたら既に何度も侵入されています。
7−5−1情報被害(集団情報リンチ)
(1)外出先での風説被害
外食・外出先・旅行先などに尾行し、行き先をすべて調査され、行き先にいる人物に対し風評工作を仕掛けて来ます。風説の流布攻撃には、「聞かせ」や「仄めかし」が利用されています。
7−5−2 視覚的被害
5感の一つの「視覚」につて攻撃されます。 ターゲットに対して行く先に偶然を装い「待ち伏せ」や「付きまとい」を行い、注意を向けさせ、監視行為によるストレスを与えます。(開示型ストーカーによる視覚的攻撃)数年にわたる長期観察の結果、同じ人物が服装や髪型を変え下記に示す幾つかの行為に参加していることに気付きました。
(1)タバコを口にくわえる人を多く見掛ける。(「同一攻撃」 条件付け攻撃=パブロフの犬攻撃=アンカリング(Anchoring)、販売促進キャンペーン? 対象者:ドライバー、歩行者、店先・玄関先に立つ人物、職場内、車両内)
(2)パトカー・道路管理会社・病院関係の車両を毎日見かける。
(3)交通事故をよく見かける(6ヶ月以上続く)
(4)道路の中央に全長数Kmにおよびオイルがまかれている。(数ヶ月は跡が残っている空気汚染攻撃)
(5)ビデオテープ・カセットテープのテープを引っ張り出して道路に散乱している。(ゴミ攻撃)
(6)犬・猫などの死体をよく見かける。(死体攻撃)
(7)靴・長靴・スリッパの片方が道路に落ちている。(ゴミ攻撃)
(8)足を意識させるように靴に入った小石を取るような動作を多く見かける。(靴の販売促進キャンペーン? ストリートシアター(Street Theater)) 
(9)アクビ、セキ払いを多く見かける。(ドライバー、歩行者、玄関先 店先、店内)
(10)ケンカしている場面を見かける。(場所:駅の改札口を出た所、路上で車同士のもめごとが起こる。)
(11)大声で文句を言われひたすら謝っている光景見かける。(場所:駅の改札口を出た人通りの多い場所)
(12)親が無理やり子供を泣かせる光景(場所:公園・イベント会場内 方法:置き去り・たたく・しかる) →金のためなら何でもする親→腐った社会現象
(13)クセをまねて来る(場所:歩行中、玄関前)  (モノマネ攻撃⇒同一攻撃)    
(14)女性・男性が顔にホクロを描いている。(場所:飲食店 電車内 別目的:化粧品の販売促進キャンペーンで、顔に幸運を呼ぶホクロの場所を指定し描かせている。) 
(15)車のベンツを多く見受ける。1台前によく現れる(別目的:ベンツの販売促進キャンペーン?)
(16)袈裟(けさ)を着た坊主が、家から出で来る・単車に乗って道路を横切る・停車した車の中にいる光景を見掛ける(数ヶ月の内に数回、タイミングを合わせている。)(連想攻撃の一部)
(17)過去を含め、似た人によく出会う。記憶違いの誘発を図る。 (学生時代に、1枚の写真を持ち歩いてこの人物に似た人物を知らないかと各クラスを聞き回っている者がいた。「同一人物(本人)を探しているのか」と尋ねると、「よく似た人物を探している」と言っていたことを記憶しています。)
(18)外出時に、歩道、駅のホームなどで車椅子に乗る障害者の方を必ず見かける。(身体障害者の方の加担バイト・カルト集団構成員)
(19)車のヘッドライトを上向きに微調整する。対向車線からターゲットめがけて眩しい光を浴びせる。(ブライティング)
(20) ロープ→輪ゴム→イス→首のコリをホグス仕草 (自殺イメージ攻撃 < 関連付け攻撃 < 連想攻撃)
(21)自転車に多くの空き缶を積みながら空き缶集めをしている人。(辞職イメージ攻撃< 連想攻撃)
(22)人が中央分離帯のサクを乗り越え横断する光景を見かける。(事故の誘発)
(23)低速走行していると、高速度で周囲に近寄られ、取り囲まれます。(付きまとい)
(24)高速走行していると、前方に白バイがスピード違反の車を取り調べている光景を頻繁に見かける。→結局、安全運転に心掛けて、法定速度以内で走行するようになる。するとレーザー光線攻撃・ブライティング攻撃・時間浪費攻撃に遭います。(低速走行は、加害者にとって都合が良いと考えられます。)→(どちらを選んでも駄目攻撃)
(25)信号で停車中に前方の車からドアを開けてツバやタンを吐くドライバーを毎日見かける。
7−5−3 不幸のメール
http://peachfizz.com/cleanup/readme.htm
昔は「不幸の手紙」、最近は「不幸のメール」です。よく考えてみると昔から学生の間で流行する「不幸の手紙」の方法は、集団ストーカー犯罪システムにピッタリマッチすることに最近(H18年)気付きました。  このチェーンメールと言われる出所や件数を調査すれば何か分かるかもしれません。
被害者の方々は、学生時代に「不幸の手紙」を聞いた当時のことを思い出して下さい。その数年間前後の内に、救急車・ヘリコプター・飛行機、ハトやカラスの大群による鳴き声などによる音を頻繁に聞かれなかったでしょうか? また空気が悪く、咳き込む人やツバやタンを吐く人を多く見掛けなかったでしょうか?窃盗、幼児虐待事件の多発や、同時に体が疲れる人などがいなかったでしょうか? 近所に不幸が続く方がおられなかったでしょうか? 恐らくこれらの現象は、集団ストーカーのターゲットの周辺にいた可能性が高いと考えられます。
7−5−4 雑音被害(ノイズキャンペーン)
100円ライター毒ガスなどの空気汚染攻撃により頭痛および「音」・「光」に対して過敏症にさせられたところで、5感の一つである「聴覚」につて攻撃されます。 毒ガスによる音過敏と雑音による複合で集ストΣ攻撃を仕掛けられます。 離れた見えない位置からの精神的ストレスを与える方法として音を使い攻撃を仕掛けられます。 ヘリコプターによる威嚇攻撃が被害者の方々から多く報告されています。 これは、被害者の周辺地域全体がストーカー行為をしている、又は加害者に利用されていると思わせる効果があります。
(1)AMラジオ
ある特定の場所に来るとAMラジオの放送に「ザー、ザー、ザー」と周期的な音が聞こえてきます。また別の場所では、他の放送局の音声が混信して聞こえてきます。 これはAM方式だから可能でありFM方式では、これと同一の効果は発生させることは出来ません。 例えば、同じ効果をFMで発生させるには、ラジオ本体の改造が必要です。 FM方式では、感度が抑圧されるだけであまり混信効果が期待できません。したがって、FM放送よりもAM放送に対して混信攻撃を仕掛けてくる方が多いと思われます。 またGPSによる測位精度(約±15m)をこの音を盗聴することで、向上させているとも考えられます。
(2)天井に設置されたスピーカ
職場では、天井に設置されているスピーカから常時高いレベルの広域ノイズが聞こえてきます。また、ある日突然1秒ほど「ピー」という音が鳴ったり、小さな音でラジオ放送が聞こえたり、火災報知器の音をテスト放送と称して鳴らしてきます。 スピーカーは、逆に盗聴器用のマイクにもなります。このようなスピーカーをマイク代わりに使用した機器としては普段インターフォンで確認する事が出来ます。 スピーカーは要注意です。
(3)掃除機をかける音
      外出時に周囲の家からタイミングを合わせ掃除機の音が聞こえてきます。


国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける


(22)人が中央分離帯のサクを乗り越え横断する光景を見かける。(事故の誘発)
(23)低速走行していると、高速度で周囲に近寄られ、取り囲まれます。(付きまとい)
(24)高速走行していると、前方に白バイがスピード違反の車を取り調べている光景を頻繁に見かける。→結局、安全運転に心掛けて、法定速度以内で走行するようになる。するとレーザー光線攻撃・ブライティング攻撃・時間浪費攻撃に遭います。(低速走行は、加害者にとって都合が良いと考えられます。)→(どちらを選んでも駄目攻撃)
(25)信号で停車中に前方の車からドアを開けてツバやタンを吐くドライバーを毎日見かける。
7−5−3 不幸のメール
http://peachfizz.com/cleanup/readme.htm
昔は「不幸の手紙」、最近は「不幸のメール」です。よく考えてみると昔から学生の間で流行する「不幸の手紙」の方法は、集団ストーカー犯罪システムにピッタリマッチすることに最近(H18年)気付きました。  このチェーンメールと言われる出所や件数を調査すれば何か分かるかもしれません。
被害者の方々は、学生時代に「不幸の手紙」を聞いた当時のことを思い出して下さい。その数年間前後の内に、救急車・ヘリコプター・飛行機、ハトやカラスの大群による鳴き声などによる音を頻繁に聞かれなかったでしょうか? また空気が悪く、咳き込む人やツバやタンを吐く人を多く見掛けなかったでしょうか?窃盗、幼児虐待事件の多発や、同時に体が疲れる人などがいなかったでしょうか? 近所に不幸が続く方がおられなかったでしょうか? 恐らくこれらの現象は、集団ストーカーのターゲットの周辺にいた可能性が高いと考えられます。
7−5−4 雑音被害(ノイズキャンペーン)
100円ライター毒ガスなどの空気汚染攻撃により頭痛および「音」・「光」に対して過敏症にさせられたところで、5感の一つである「聴覚」につて攻撃されます。 毒ガスによる音過敏と雑音による複合で集ストΣ攻撃を仕掛けられます。 離れた見えない位置からの精神的ストレスを与える方法として音を使い攻撃を仕掛けられます。 ヘリコプターによる威嚇攻撃が被害者の方々から多く報告されています。 これは、被害者の周辺地域全体がストーカー行為をしている、又は加害者に利用されていると思わせる効果があります。
(1)AMラジオ
ある特定の場所に来るとAMラジオの放送に「ザー、ザー、ザー」と周期的な音が聞こえてきます。また別の場所では、他の放送局の音声が混信して聞こえてきます。 これはAM方式だから可能でありFM方式では、これと同一の効果は発生させることは出来ません。 例えば、同じ効果をFMで発生させるには、ラジオ本体の改造が必要です。 FM方式では、感度が抑圧されるだけであまり混信効果が期待できません。したがって、FM放送よりもAM放送に対して混信攻撃を仕掛けてくる方が多いと思われます。 またGPSによる測位精度(約±15m)をこの音を盗聴することで、向上させているとも考えられます。
(2)天井に設置されたスピーカ
職場では、天井に設置されているスピーカから常時高いレベルの広域ノイズが聞こえてきます。また、ある日突然1秒ほど「ピー」という音が鳴ったり、小さな音でラジオ放送が聞こえたり、火災報知器の音をテスト放送と称して鳴らしてきます。 スピーカーは、逆に盗聴器用のマイクにもなります。このようなスピーカーをマイク代わりに使用した機器としては普段インターフォンで確認する事が出来ます。 スピーカーは要注意です。
(3)掃除機をかける音
      外出時に周囲の家からタイミングを合わせ掃除機の音が聞こえてきます。

国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける


(4)廃品回収車による拡声器による放送
  古新聞・古雑誌・ぼろ布、中古バイク、家電製品の回収業者
ノイズキャンペーン: 廃品回収車14:46→ 電話セールス14:49→ 布団たたき14:51
(5)電話セールス
   廃品回収車が通り過ぎるとタイミング良く電話がかかってきます。電話に出ると何時も商品の売り込みです。
(6)布団たたき
 住居周辺の民家から、時間を合わせて(電話を置くなどすると)同時に布団たたきを開始する音が聞こえて来ます。
(7)車のクラクションの音
(8)カラス・ハトの鳴き声
 餌を与えて手なずけている場合や人による餌まきにより集められたカラスを、カラス駆除専用の超音波発信装置で退治すると鳴きながら飛び去ります。
(9)泣き声(子供・赤ちゃん)
 観察の結果、子供を泣かせる方法は、置き去り・たたく・しかるです。母親が「ココまでおいで」と言いながら泣き出す距離まで離れて行く。→金のためなら我が子も泣かし、犯罪加担バイトをしている親たち。→腐ってしまった日本です。 恐らく別の名目があるのでしょう!親離れの度合いを距離で測定しているとか?(車のコマーシャルをヒントに)
(10)物が落下し衝突する音
手に持っていた物をワザと落す。
例えば、自動販売機からのつり銭を取る際、ワザと小銭を落し、音を立てる。(「ワザとか?」と子供に尋ねると、子供は「うん」。こちらが「お父さんはアルバイトしてるの?」と尋ねると「でもあんまりさせてもらわれへんねん」)との返事 → この意味は、恐らくアルバイトでない場合でも犯罪加担F行為をしていると思われます。
(11)ポケットに入れた小銭をチャラチャラと鳴らす音
(12)指で物をたたく音
買い物でのレジで並んでいると、指で買い物した物などをたたく音
(13)救急車・パトカーのサイレン音
  被害者の方とお会いし別れた後に偶然立ち寄った本屋へ入店するや否や、救急車のサイレンが聞えその音が段々大きくなり、最後に到着した場所がこの本屋の隣です。救急患者の方がおられるのか確認しました。確かにおられました。会話から想像すると、何時救急者を呼んでもおかしくない方のようでした。
[推測]
①いつ救急者を呼んでもおかしくない方のリストを加害者はすでに持っており、犯罪加担バイトとしてタイミングを計り救急車を呼ばさせている。
②いつ救急者を呼んでもおかしくない方のリストをすでに持っており、タイミングを計り電磁波・超音波で症状を悪化させ救急車を呼ばざるを得ないほどの体調不良攻撃を仕掛けられている。  
(14)電話のベル
帰宅と同時に電話のベルが鳴ります。受話器を取ると既に切れています。 休日にPCを操作している時も同様です。
(15)パルス的な音が聞こえる
室内で耳をふさぐと「ドドド・・・ドドド」とパルス的な音が聞こえます。(被害開始から8年後)
(16)真冬に風鈴の音
夏でもないのに12月頃から風鈴の音を聞かされます。
(17)ヘリコプター・セスナ機などの飛行音
毎年ほぼ一定の時期に行われる自衛隊の飛行訓練計画に合わせてノイズキャンペーンを行うことで安上がりに効果を大きくしていると思われます。 (毎年5、6、7月頃)
ヘリコプターハラスメント: 画像1 画像2
7−5−5 時間浪費攻撃
買い物時の行列屋・・・よく観察すると店員さんに、たわいも無いことを質問したり、料金支払い時に1円玉5円玉を多く含む小銭を使って、店員さんに金額を数える時間を長くさせます。 その結果、買い物客の列が長くなり、列に並ぶ被害者の時間を浪費させられます。 (数年後に全く別の場所で、同じ人物による同じ行為を見掛けます。) 更に、レジの付近に長くいると100円ライター毒ガス攻撃により体内の毒ガス濃度が増し、集ストレベル1を超えることにもなります。 (表8−1集団ストーカー症状レベル 参照)

国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける


7−5−6 同一攻撃 
(長年の被害経験からこの攻撃パターンを導きだしました。まだまだ有るのかもしれませんが、被害者の方々は、何を「同一」にされても動揺されないように十分ご注意下さい。 又この攻撃はキーワードですので、この犯罪を解決する鍵を握っているかも知れません。)
「同一攻撃」とは、移動先である場所、出発の時間や到着時間、持ち物、服装、クセ、セキ、アクビ、色、数字、名前、周囲の人や過去に会った人などを同一にして、ターゲットに対し精神的圧力を加える攻撃です。 さらに、同一攻撃を応用し類似攻撃も行われます。この類似攻撃は、錯覚を誘発させた後、主な攻撃が錯覚攻撃へと推移します。 この攻撃を事前に予想していると気付きますが、予想外の初期の頃や、全く関係のない方がこの攻撃に遭うとガスライティングの効果が最大限に発揮されると思われます。 恐らくこの効果を確認するために、現在までの数十年間、一般の多くの方々が実験材料にされて来たと考えられます。
(1)移動先を同一
移動先を同一にします。 外出先へ「ストーカー」することになるのと同時に「行列屋」という名の別名目のアルバイトにもなります。
(2)時間を同一
時間を同一にします。出発時間を同時にすることで、車両同士では、出会い頭に衝突する確率が高くなります。(「出会い頭攻撃 」=コリジョンキャンペーン)出会い頭攻撃により、交通事故が多発します。 また、一箇所で交通事故を見掛けると、その数キロ先でも事故を見せられます。2回以上事故現場に遭遇した場合は、1度目又は2度目に目撃した事故のどちらかが計画的に作られた事故である可能性が非常に高いと思われます。 保険会社や警察はこの事実を確認できているのでしょうか?
職場では、席を立つ時間や、昼食へ行く時間、トイレへ行く時間を同一にする出会い頭攻撃を受けます。
(3)クセを同一
クセ(仕草・言葉・発音・イントネーション)を同一にします。 これは「ものまね攻撃」になります。
「おはよう御座います」の言い方を少し特徴のあるイントネーションを毎日使っていると、周囲の人がまねをすることを確認できます。
(4)持ち物・服装を同一
周囲にいる人が、同じ持ち物や同じ服装をするようになります。 黒色の服や迷彩服が好きです。 (日用品キャンペーン)
(5)セキ・アクビ
被害者が毒ガスにより咳き込むと、周辺の人達も同じように咳き込みます。 毒ガスにより本当に咳き込む人や、単なる嫌がらせで行う犯罪加担者や犯罪加担バイト達が混合しています。H18年に気付きましたが、このセキ・眠気は、超音波や電波でも誘発することが可能です。
(6)似た者
①過去にあった久しい顔の良く似た人物が、同窓会をイメージさせるように、ストリートシアターとして次から次へと現れます。
 この同一攻撃の内の一つである「似た者」を使えば、被害者ではない別の似た人物をターゲットにすり替えることが出来ます。このすり替えられた似た者(顔・持ちも物・服装の類似と時間指定)をターゲットとして真の被害者の近くに配置することで、犯罪加担者側は、偽ターゲットと真のターゲットの両方を攻撃(ノイズキャンペーン・アンカリングなど)するようになります。この方法を使えば、被害者の周辺にいる別人に対して攻撃を行っているため、犯罪加担バイト達は、誰に対して行っている行為(攻撃)なのかが常に一定しないため被害者を特定で出来なくなります。 真の被害者が、直接犯罪加担バイトに対して抗議しても加害者側にしてみれば意味不明なことになり、被害者がおかしな人物に映るだけです。 この方法は、犯罪加担バイト達から漏れる犯罪関係の情報や秘密保持には有効な方法と思います。
似た者を使えば、真の被害者に対し間接的に同一攻撃を仕掛けることが可能になり、大量に犯罪加担者を増員できます。カモフラージュの方法としては完璧と思われます。 さらに双子の兄弟も利用していると思われます。(H19年、このHPでこのように書くと芸能人に双子が現れました。 過敏症患者をつくる方法のギャグを連発しています)
(7)同色
同じ色の服や同じ色のゴミを見せられます。例えば、喪服の黒色、カラスの黒色、ゴミ袋の黒色です。 
ホームページ、ブログのバック色を赤紫色(≒紫・ピンク)にします。(H19.03)
(8)同じ数字
テレビ・ラジオのニュースや、漫才のネタ、車のナンバープレートなどにより、特定の数字を意識させるように強調してきます。
(9)同じ名前
以前、真の被害者と思いコンタクトとを取り始めると、突然今まで使用していたハンドルネーム「○○」を「名前」という妙なハンドルネームに変更しました。 最初は、特に気に留めていなかったハンドルネーム「名前」が、被害者の周辺でよく耳にする身内などの人物名に「同一の名前」の人物による事件・事故が頻繁に、テレビ・ラジオ・新聞のニュースで採り上げられていることに気付かされます。 更に同一・類似の名前が、テレビ・ラジオのバラエティー番組、コマーシャル、芸能人の名前、などで頻繁に聞くようになります。 
このことなどにより真の被害者と思っていた人物が、自称被害者であることを確信しました。 但し、この当人の受けている被害は事実のようですが、被害を受けている本人には、問題を解決する意思が全く見受けられない所が自称被害者と言われる特徴です。
(10)被害者の「なりすまし」
被害者になりすまし、インターネット掲示板に書き込を行っていることが報告されています。全く同一や呼称類似・観念類似のハンドルネームの別人が現れています。  この人物は、捏造した風評の流布を行います。
7−5−7 私を見てね攻撃(監視)
第3者が「ターゲットを見ている」・「監視している」という意識にさせる攻撃です。 この攻撃と「同一攻撃」をセットにすると、普段の生活の中で何の気なしに見ている全ての物・色・文字・名前・人物などが、無理やり意識させられるようになります。
人を介しての視覚的攻撃や雑音攻撃(=ノイズキャンペーン)の幾らかはこれに当たります。

国公立大学

(ブラザーフッド:brotherhood)


=V2K
「オイ、オレは神だ」「私は天使よ」と身体から呼び付ける


ージ、ブログのバック色を赤紫色(≒紫・ピンク)にします。(H19.03)
(8)同じ数字
テレビ・ラジオのニュースや、漫才のネタ、車のナンバープレートなどにより、特定の数字を意識させるように強調してきます。
(9)同じ名前
以前、真の被害者と思いコンタクトとを取り始めると、突然今まで使用していたハンドルネーム「○○」を「名前」という妙なハンドルネームに変更しました。 最初は、特に気に留めていなかったハンドルネーム「名前」が、被害者の周辺でよく耳にする身内などの人物名に「同一の名前」の人物による事件・事故が頻繁に、テレビ・ラジオ・新聞のニュースで採り上げられていることに気付かされます。 更に同一・類似の名前が、テレビ・ラジオのバラエティー番組、コマーシャル、芸能人の名前、などで頻繁に聞くようになります。 
このことなどにより真の被害者と思っていた人物が、自称被害者であることを確信しました。 但し、この当人の受けている被害は事実のようですが、被害を受けている本人には、問題を解決する意思が全く見受けられない所が自称被害者と言われる特徴です。
(10)被害者の「なりすまし」
被害者になりすまし、インターネット掲示板に書き込を行っていることが報告されています。全く同一や呼称類似・観念類似のハンドルネームの別人が現れています。  この人物は、捏造した風評の流布を行います。
7−5−7 私を見てね攻撃(監視)
第3者が「ターゲットを見ている」・「監視している」という意識にさせる攻撃です。 この攻撃と「同一攻撃」をセットにすると、普段の生活の中で何の気なしに見ている全ての物・色・文字・名前・人物などが、無理やり意識させられるようになります。
人を介しての視覚的攻撃や雑音攻撃(=ノイズキャンペーン)の幾らかはこれに当たります。


16 / 32 頁

朝鮮人差別は合理的

分かるよな?

ピクピクペクポン邪魔

ヤキモチ神道を忘れさせる工夫、接待↓

東北大学と『根本的に合わない』

ブラックゲイはどうした

ん?

名言集 「○○○○」大分県警さん

2ちゃんねる:団塊が老人になったら、老人犯罪が激増(372)

警察は集団ストーカーを取り締まれ!

721:電磁波犯罪と"phase looked loop system" 01/31(金) 19:16
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■タイにおけるシューマン共振と太陽黒点のヒト健康影響との関連性
Schumann Resonance and sunspot relations to human health effects in Thailand
Dr.Neil Cherry
http://www.neilcherry.com/documents/90_n2_EMR_Schumann_Resonance_paper2.pdf

概要

太陽活動から人間の生物学的および健康への影響との関連の痕跡を確立する道理にかなった科学的な証拠があり
ます。この説明は、発表された研究の大部分においてなぜ、太陽黒点の数と地磁気活動の指標が重大な人間の健
康影響と相関関係があるのかということです。鍵となる要素は、人間の脳で発見され、日周期性と極低周波の脳
リズムの同調性に使われているシューマン共振信号の役割です。シューマン共振信号強度は調整され、電離層の
最も低い層の中の太陽活動と電子濃度に高い関連性があります。増強あるいは弱められた太陽活動は、ふだんの
恒常性水準の範囲外にシューマン共振信号の水準を動かし、メラトニンメカニズムを通じ健康問題を引き起こし
莫大な住民人口の死亡率を増加させました。


仮面ライダー =V2K

キリスト(基督) 見ているダケ同罪

AKIRA \見逃し厳禁/ POLICE

警察以上のストーカーなんて日本に存在するの?

23:01/08(水) 00:02 [sage]
国家権力とは無関係なストーカーが個人。
国家権力に甘やかされたストーカーが警察。


24:01/08(水) 22:14 [sage]
警察がやりたい放題の日本の方が中国より腐敗している。法治国家ではない。
警察が集ストしてるのに、人権?プライバシー?
警察主権だろう。国民は奴隷。


AKIRA

>警察以上のストーカーなんて日本に存在するの?

朝鮮人ストーカーな

新しい犯罪 ネットストーカー ↓

1996年 ー 2014


新世紀エヴァンゲリオン
Neon Genesis EVANGELION
監督
庵野秀明
キャラクターデザイン
貞本義行

放送期間
1995年10月4日-
1996年3月27日 全26話
碇シンジ 葛城ミサト 綾波レイ 惣流・アスカ・ラングレー


人間だけいない
http://p213.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/1216r8pGm8ixxpGo/1l?_jig_=http%3A%2F%2Fwww.asyura2.com%2F12%2Fcult10%2Fmsg%2F722.html&guid=on&_jig_xargs_=R&_jig_pj_=0

私は、
東京江東区亀戸2丁目に住む1996年1月からの集団ストーカー被害者です。
同じく1998年12月からの、ほぼ毎日の電磁波嫌がらせ被害者です。
それらにより健康なのに統合失調症の誤診をさせられた健常者です。
その誤診から繰り広げられた迫害はもの凄い残虐なものであり、その17年間の迫害の詳細は、以下(↓)のごとくです。
http://www.asyura2.com/10/nametoroku6/msg/2803.html (11月12日投稿)
最近でも毎日毎日の電磁波の嫌がらせが、私に対しては凄いのです。ここ3か月であらたな電磁波攻撃もされるようになりましたし、その内容は、●電磁波で胃袋をキリキリ痛めつける嫌がらせ●電磁波で床をブルブル震わせてフライパンの上状態にする嫌がらせ→足の裏などはすぐくすぐったくなるほどの敏感部分ですからちょっとの振動でそうなるのです。●電磁波で洋服の上からでも背中をブルブルブルブル震わせる嫌がらせ●電磁波で便意を発生させる嫌がらせ→最近3か月でこの嫌がらせが頻繁になりました。→特定タイミングで便意を引き起こすという嫌がらせです。●電磁波で肛門にツンツンツンツンといった刺激を与える嫌がらせ→便がたまっていない状態だと排便にはならないですが、刺激は続きます。●寝っころがると床やベッドなどにウィーンといったモーター音を発生させて、その耳障りな騒音で寝させない嫌がらせ→深夜の安眠妨害攻撃です


エヴァンゲリオン

エヴァンゲリオン 序、破、Q、:||

AKIRA \見逃し厳禁/ POLICE

LIVE 地球46憶年 TOP


これが集団ストーカーのモビング


「骨犯罪」\(//∇//)\===卍


骨の通過 マイクロ波 新しい犯罪 悪性腫瘍の原因 プランvsブログ作戦

身体から声 盗聴会 2006年〜

2008年



三が日の新聞

長崎教会

「猟銃を持った男が 教会に入り弾を撃った事件」



左り隣の方が 「これ見ろ」と
新聞を叩いた




教会に猟銃か…で あり得ない




4年前から これでは日本
「頭が正しい」



裁判は どうなるのだろう




2060年 メシア これを見ろ★

青柳雄二、三浦勝也、谷洋一郎、その他集団ストーカーの向こうに巨悪あり

読め!! 〒産業科学技術センター



重光犯人 昭和41年5月26生



思考盗聴器械 証拠カード 県警



逮捕 警察官が憲法変えないと





証言一流 平成26年7月23日

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2178:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2177 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2179 »