« テクノロジー犯罪に遭遇して2277 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2279 »

2014年5月12日 (月)

テクノロジー犯罪に遭遇して2278

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という52才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

5月12日(月)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

10時45分

被害は今日もひどい。人工音声も開き直ったり、ヤケクソ気味なのが目立ちやかましい。重犯罪人のゴミのくせをしてイッパシにてめえに立場を表明しように至っては異常者とけなされても当然である。おまけにこのバカには固有名詞が無いのである。

触覚被害は起床と同時にひどい。胸が特に的にされている。

昨晩はあれから予想とおり触覚被害に耐えながらの調理の時間。餃子やら、生揚げやら、海鮮サラダとかをつくったが、延々と続く激しい触覚被害に耐えながらの危なっかしい調理である。

食事中も胸や脚等の散々な触覚被害である。クズが私の幼なじみや大学の後輩の固有名詞を無断乱用し、妄想クズ話しを始め出したり、とにかくうるさい。

そしてその渦中での夕飯や以降の自由時間である。結局昨晩も途中からうたた寝、気づくと3時を回ってしまっている。4時になってやっとベッドでの就寝。睡眠妨害攻撃による寝不足のせいである。

8時半頃に覚醒。被害は感じられない。それでも無事に眠れていたのはたったの4時間だけである。

すぐに触覚被害が始まり出し、クズが被害終焉のデマも流し始め、女との交際が始まって…等といつもの侮辱をぶつけてきている。今朝は大金ではなく女デマが続いている。あとはクズが被害終焉のデマの垂れ流しである。触覚被害があまりにひどく身体は硬直しっぱなしである。

いかにも向こうにどうしようもならないクズがいて等との設定まで垂れ流してはやりたい放題の状態が今日もだ。

もちろんパソコンの前でははだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶が挟まっている。

19時35分

被害に何ら変化はなし。

今日は業務というより、片付けなければいけない雑事が沢山あって、それに振り回されていた。昼には練馬までMTBで用事を済ませる。走行妨害が普通にひどい。やはりクズガキ声が目立ち、ノイズもうるさい。右脇の下には相当の触覚被害があった。帰路もひどく、昼は江古田のチャンポン屋が開店していたのでそこで済ませた。

今度はすぐに池袋まで仕事に必要な電気製品の修理出しに出向く。ここでも無事な走行はできなかった。

帰宅後予想とおりに意味も理由もなく触覚被害はエスカレートし、人工音声はノイズとクズガキと頭の悪いチンピラ等、そしてそれを制しても口先だけも偽善声、それらが今日も好き勝手に騒いでいる。

触覚被害が本当にひどく。尻と言い胸と言い、脚と言い本当にひどい静電気刺激のようなのが走り続けた。着服が本当に辛い。その根拠について知恵おくれのチンピラ声が好き勝手に妄想話しをつくっては、言語冒のやりたい放題である。私の知りあいの固有名詞の乱用や、我家の住人や近隣の人達を犯罪者に仕立て上げての言いたい放題の固有名詞を放棄したゴミ。

あとは二つ目には被害終焉のデマ。これもクズ送信の常連の一つだ。クズガキ声を悪の温床にするマインドコントロールにならないマインドコントロールごっこも今日も続く。固有名詞を放棄したゴミの言うことを何で信じられるのだろう。固有名詞を放棄している訳だから誰と特定できないのである。そんなのの言うことに誰が耳を傾けるか。単に向こうが好きでやっているだけなのだ。

そんなことより触覚被害の無軌道である。被害傾向や内容はいつもと一緒。だから取り立てて記す必要もないのだが、これこそ徹底的なダメージを呼ぶ大変な武器なのである。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2277 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2279 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

30代40代になって改めて、陰に陽にインテリ嫌いを表明するバカは、無責任で、自分の立場もない奴だろう
 
自分の立場に責任感があるなら専門家を求める
 
責任感が無く、乳幼児期に得られなかった感覚を社会全体に強要することが、あたかも人類普遍のメッセージであるかのように信じてやまない残り滓だ
 
お前が得られなかったから他人も得ていないと考えるのは同化病患者である



大分県 重光 アンパン買って来い



お前ノミ買ってこい

―JIN―   仁



1963年


筑波大学 春日先生 医学部博士号

宮城県 佐沼高等学校 卒業

登米市 南方出身
坂本 龍馬 =V2K(南方 仁)


バッカス&ミューズ 筑波大学


筑波大学 内山 治樹理事 絆兵器

紙 重光和夫 アンパン買って来い



大分県 重光 アンパン買って来い



ヒーローヒロシ 稲葉浩(浩志)

浩志は死ね

ヒロシは死ね


神は 金丸征太郎氏 が生まれた


ヒロシは死ね

ヒロシは死ね

ヒロシは死ね

ヒロシは寝て待てば、考える?





日本人に唾 アルマゲドン 恥の底








どう、考える? 国家沈没

県警さん 好条件


警視庁は県警と同等

日本では警視庁が 一番偉いと 思っておりましたが(東京都=県)

警視庁の他に警察庁


知りませんでした

被害届に電話通報は対策出来て(遊びではない)犯罪の種類も分かりました


殺人現場+コピー印刷ください

+++++++++++++++

県警さん 好条件 紙事件


警視庁は県警と同等

日本では警視庁が 一番偉いと 思っておりましたが(東京都=県)

警視庁の他に警察庁


知りませんでした

被害届に電話通報は対策出来て(遊びではない)犯罪の種類も分かりました


殺人現場+コピー印刷ください
+++++++++++++++

県警さん 好条件 紙事件
印刷

警視庁は県警と同等

日本では警視庁が 一番偉いと 思っておりましたが(東京都=県)

警視庁の他に警察庁


知りませんでした

被害届に電話通報は対策出来て(遊びではない)犯罪の種類も分かりました


殺人現場+コピー印刷ください
+++++++++++++++

バカ国家









第三次世界大戦 祝い事 三次元

第三次世界大戦



盗聴被害と対策 03-3-16,6-14追加
盗聴の原理と対策
 思考盗聴とは、遠くから人の考えていることを電波で盗聴することである。同様の方法で会話の盗聴も行われて入る。それが97年10月から始まった(私の被害の始まり日)。考える行為は脳の中で行うものだからと、思考盗聴は脳波を読み取る類だと考えている人が多いが、実際には、思考時に振動する筋肉を電波で読み取る類である。理由は、思考盗聴の電波が当たると耳の前の筋肉が熱くなるからだ。脳波を読み取る類のものもないことはないが、それは複雑なプロセスを必要とするから、高度な機器を用いなくてはならず、あまり行われていない。
 参考
高度な電波機器
 一辺20×16センチのコンピューター小型モニターのついたものである。私はガラス越しに見たことがある。コンピューターで電波を自由にプログラムする機能がある。高価で犯罪組織から買取しなくては持てない。98年か99年頃の頃に近所のMに送られてきたときは、それは現在より古いタイプのものだが、三重県の運送屋のトラックでダンボールには「精密機械 注意」と記されていた。その荷物の到着日から、Mの家からは重たい感覚の新しい機械のようにまだきれいな無誘導コイルを用いたスカラー波が富んできた。コンピューター電波機器は三重・名古屋方面で製造しているのだろう。
脳波の読み取り
 これは言語や概念に対応する脳波パターンは、一般的なものもあるが、個人ごとにかなり異なる場合もあり、それを入力しなければならず、その脳波の言語と脳波との対応表を完了しなければならず、かなり手間がかかる。言葉の「あ」「い」などすべての音に対応する脳波の測定もかなり面倒な作業になる。よって、いつでもどこでも気軽に思考盗聴を行う連中の使っているものは、まったく別の技術である。
内耳の読み取り
 これを受けると、耳の中がつーんと痛くなったり、耳の中が響く感じとなる。が、思考盗聴されている期間、それはほとんどなかった。よって、内耳の振動読み取りの類ではない。
思考盗聴被害
 私は約5年半も思考盗聴被害にあっている。ふつうの盗聴被害は、会話したことが外部にもれることである。だから、うっかりしゃべらなければ、情報は漏れることもなく、会話内容にさえ注意していれば、情報や機密保持は可能だった。が、思考盗聴されると、うっかり大事なことを考えてしまうので、情報がなんでも盗まれるようになった。なにしろ、パスワードなどは番号を考えただけで、それでもう漏れるのである。これは怖い。人間は考えなしに行動することは難しいから、自分の行動の予定がばれてしまうのである。私は、かなりひどい迷惑を被った。噂を立てられること。それを消すのに一番苦労した。というのは夜寝る前に、うっかり寝言で、女性の名前を意識すると、明日にはそれを聞きつけた人々が、「風評がどうのこうの」と非難してくる。間接的な方法でそれを伝えてくるので、反論もしようがない。ただ平謝りするだけである。「私の意識管理のミスです。今後は意識に割り込まれないように注意します。」と。そんなことを何度もしていた。
盗聴の開発の歴史
 最初、盗聴は、窓ガラスの振動を読み取るとか、空気の振動を読み取るとか、いろいろ試みられたようだがが、アメをしゃぶると骨振動で音楽を伝えるというバンダイの製品「サイレントボイス」が97年の9月に開発されると、頭骨振動を読み取ることが私の近辺で、始まった。が、一ヶ月後、耳の斜め前の筋肉の振動の盗聴に変わる。それから、考える内容が漏れるようになった。日本では以後、この筋肉振動を読み取るのが主流である。というのは、思考するときに、こうとう筋が振動する、とどこかの書物(書物名を知っている人がいたら教えてほしい。)で呼んだことがある。それが盗聴に悪用されたのである。
 参考 骨伝導(テムコジャパン)
原理
 スカラー波を耳の斜め前の筋肉に当てて、その振動を読み取る。
秘密たれこみサイトとは? 03-3-18
 犯罪組織は盗聴で得た情報などを、犯罪組織に不利益をもたらす人の活動を妨害する目的で、2001年の4月頃から、一部マスコミ向けに流し始めた。マスコミは情報提供者を秘匿するから、それは告発されず安全だという理由からである。はじめは匿名メールによるものが中心だったが、その年の10月ころにはインターネットの匿名サイトに変わる。そのたれこみサイトは私生活を暴露するものだが、その対象はマスコミの関心のある人物に限定された。一般の被害者のために、わざわざその日常生活のすべてを監視したものをインターネットで発表することはない。しだいに電波犯罪の告発など活動の妨害ではなく、マスコミを情報操作することに目的が変わった。マスコミの関心のある人物に対して、犯罪組織がその私生活の情報を送った。対象はマスコミが関心のある有名人だった。そしてやがて、盗聴がそのままラジオで聞けるようなものもできる。
 一般の被害者の秘密サイトに記されているだろうこと。
 1、住所電話番号・写真・家族構成など基礎的な情報
2、生活記録(恋愛、性生活、1日の行動)
3、特定の問題に対する本人の考え(犯罪者ならばその事件に関する思いなど)
目的は本人を怪しげな人物にみせかけることである。もう一つは情報提供者として地位を確立するために、通常ならば知り得ない私生活を伝えることである。プライバシーで得た情報に基づき、正体を暴くという類である。もちろん犯罪組織に不利な内容はけっして掲載されない。
 一般の人の生活を監視して、それをサイトに発表しても意味がないから、正確な監視は行われていないものである。ふつうの被害者は心配しなくていい。
 私も電波犯罪をニュース23に告発してから犯罪者にマークされ、秘密サイトで私の日常の記録が公開されているらしい。さらに、私の声は秘密のラジオでも聞けるようだ。
 が、全部まだ秘密サイトを読んだことがないから、推測の段階である。実際にどんなことが書かれてあるのか興味深い。が、マスコミなどはそれらを告発しないが、個人のプライバシーを侵害するものであることは明らかだ。すぐにみつけしだいやめさせなくてはならない。マスコミがこんな個人のプライバシーの侵害を「情報源の秘匿」を理由に見過ごしているのは、私には信じられないものがあるが。
 盗聴の反対を叫ぶ者が盗聴を行い、真実を報道しようとする者が真実を隠す。いやな世の中になったものである。
もしそのサイトを知ったら、私にアドレス等を教えてほしい。すぐに警察に訴えたいので。
 盗聴・思考盗聴の対策
 考えたことが盗聴される。それは恐ろしい世界である。プライバシーも何もあったものではない。情報漏れを心配するならば、何も考えなければよい。そしたら何も情報が犯罪者に知られることはない。が、ずっと何も考えないわけにはいかない。防衛策が必要である。
1、電波をカットする。
 盗聴のレーダー波(スカラー波

金丸征太郎




盗聴被害と対策 03-3-16,6-14追加
盗聴の原理と対策
 思考盗聴とは、遠くから人の考えていることを電波で盗聴することである。同様の方法で会話の盗聴も行われて入る。それが97年10月から始まった(私の被害の始まり日)。考える行為は脳の中で行うものだからと、思考盗聴は脳波を読み取る類だと考えている人が多いが、実際には、思考時に振動する筋肉を電波で読み取る類である。理由は、思考盗聴の電波が当たると耳の前の筋肉が熱くなるからだ。脳波を読み取る類のものもないことはないが、それは複雑なプロセスを必要とするから、高度な機器を用いなくてはならず、あまり行われていない。
 参考
高度な電波機器
 一辺20×16センチのコンピューター小型モニターのついたものである。私はガラス越しに見たことがある。コンピューターで電波を自由にプログラムする機能がある。高価で犯罪組織から買取しなくては持てない。98年か99年頃の頃に近所のMに送られてきたときは、それは現在より古いタイプのものだが、三重県の運送屋のトラックでダンボールには「精密機械 注意」と記されていた。その荷物の到着日から、Mの家からは重たい感覚の新しい機械のようにまだきれいな無誘導コイルを用いたスカラー波が富んできた。コンピューター電波機器は三重・名古屋方面で製造しているのだろう。
脳波の読み取り
 これは言語や概念に対応する脳波パターンは、一般的なものもあるが、個人ごとにかなり異なる場合もあり、それを入力しなければならず、その脳波の言語と脳波との対応表を完了しなければならず、かなり手間がかかる。言葉の「あ」「い」などすべての音に対応する脳波の測定もかなり面倒な作業になる。よって、いつでもどこでも気軽に思考盗聴を行う連中の使っているものは、まったく別の技術である。
内耳の読み取り
 これを受けると、耳の中がつーんと痛くなったり、耳の中が響く感じとなる。が、思考盗聴されている期間、それはほとんどなかった。よって、内耳の振動読み取りの類ではない。
思考盗聴被害
 私は約5年半も思考盗聴被害にあっている。ふつうの盗聴被害は、会話したことが外部にもれることである。だから、うっかりしゃべらなければ、情報は漏れることもなく、会話内容にさえ注意していれば、情報や機密保持は可能だった。が、思考盗聴されると、うっかり大事なことを考えてしまうので、情報がなんでも盗まれるようになった。なにしろ、パスワードなどは番号を考えただけで、それでもう漏れるのである。これは怖い。人間は考えなしに行動することは難しいから、自分の行動の予定がばれてしまうのである。私は、かなりひどい迷惑を被った。噂を立てられること。それを消すのに一番苦労した。というのは夜寝る前に、うっかり寝言で、女性の名前を意識すると、明日にはそれを聞きつけた人々が、「風評がどうのこうの」と非難してくる。間接的な方法でそれを伝えてくるので、反論もしようがない。ただ平謝りするだけである。「私の意識管理のミスです。今後は意識に割り込まれないように注意します。」と。そんなことを何度もしていた。
盗聴の開発の歴史
 最初、盗聴は、窓ガラスの振動を読み取るとか、空気の振動を読み取るとか、いろいろ試みられたようだがが、アメをしゃぶると骨振動で音楽を伝えるというバンダイの製品「サイレントボイス」が97年の9月に開発されると、頭骨振動を読み取ることが私の近辺で、始まった。が、一ヶ月後、耳の斜め前の筋肉の振動の盗聴に変わる。それから、考える内容が漏れるようになった。日本では以後、この筋肉振動を読み取るのが主流である。というのは、思考するときに、こうとう筋が振動する、とどこかの書物(書物名を知っている人がいたら教えてほしい。)で呼んだことがある。それが盗聴に悪用されたのである。
 参考 骨伝導(テムコジャパン)
原理
 スカラー波を耳の斜め前の筋肉に当てて、その振動を読み取る。
秘密たれこみサイトとは? 03-3-18
 犯罪組織は盗聴で得た情報などを、犯罪組織に不利益をもたらす人の活動を妨害する目的で、2001年の4月頃から、一部マスコミ向けに流し始めた。マスコミは情報提供者を秘匿するから、それは告発されず安全だという理由からである。はじめは匿名メールによるものが中心だったが、その年の10月ころにはインターネットの匿名サイトに変わる。そのたれこみサイトは私生活を暴露するものだが、その対象はマスコミの関心のある人物に限定された。一般の被害者のために、わざわざその日常生活のすべてを監視したものをインターネットで発表することはない。しだいに電波犯罪の告発など活動の妨害ではなく、マスコミを情報操作することに目的が変わった。マスコミの関心のある人物に対して、犯罪組織がその私生活の情報を送った。対象はマスコミが関心のある有名人だった。そしてやがて、盗聴がそのままラジオで聞けるようなものもできる。
 一般の被害者の秘密サイトに記されているだろうこと。
 1、住所電話番号・写真・家族構成など基礎的な情報
2、生活記録(恋愛、性生活、1日の行動)
3、特定の問題に対する本人の考え(犯罪者ならばその事件に関する思いなど)
目的は本人を怪しげな人物にみせかけることである。もう一つは情報提供者として地位を確立するために、通常ならば知り得ない私生活を伝えることである。プライバシーで得た情報に基づき、正体を暴くという類である。もちろん犯罪組織に不利な内容はけっして掲載されない。
 一般の人の生活を監視して、それをサイトに発表しても意味がないから、正確な監視は行われていないものである。ふつうの被害者は心配しなくていい。
 私も電波犯罪をニュース23に告発してから犯罪者にマークされ、秘密サイトで私の日常の記録が公開されているらしい。さらに、私の声は秘密のラジオでも聞けるようだ。
 が、全部まだ秘密サイトを読んだことがないから、推測の段階である。実際にどんなことが書かれてあるのか興味深い。が、マスコミなどはそれらを告発しないが、個人のプライバシーを侵害するものであることは明らかだ。すぐにみつけしだいやめさせなくてはならない。マスコミがこんな個人のプライバシーの侵害を「情報源の秘匿」を理由に見過ごしているのは、私には信じられないものがあるが。
 盗聴の反対を叫ぶ者が盗聴を行い、真実を報道しようとする者が真実を隠す。いやな世の中になったものである。
もしそのサイトを知ったら、私にアドレス等を教えてほしい。すぐに警察に訴えたいので。
 盗聴・思考盗聴の対策
 考えたことが盗聴される。それは恐ろしい世界である。プライバシーも何もあったものではない。情報漏れを心配するならば、何も考えなければよい。そしたら何も情報が犯罪者に知られることはない。が、ずっと何も考えないわけにはいかない。防衛策が必要である。
1、電波をカットする。
 盗聴のレーダー波(スカラー波

神は、考える? 紙がない 日本人


盗聴被害と対策 03-3-16,6-14追加
盗聴の原理と対策
 思考盗聴とは、遠くから人の考えていることを電波で盗聴することである。同様の方法で会話の盗聴も行われて入る。それが97年10月から始まった(私の被害の始まり日)。考える行為は脳の中で行うものだからと、思考盗聴は脳波を読み取る類だと考えている人が多いが、実際には、思考時に振動する筋肉を電波で読み取る類である。理由は、思考盗聴の電波が当たると耳の前の筋肉が熱くなるからだ。脳波を読み取る類のものもないことはないが、それは複雑なプロセスを必要とするから、高度な機器を用いなくてはならず、あまり行われていない。
 参考
高度な電波機器
 一辺20×16センチのコンピューター小型モニターのついたものである。私はガラス越しに見たことがある。コンピューターで電波を自由にプログラムする機能がある。高価で犯罪組織から買取しなくては持てない。98年か99年頃の頃に近所のMに送られてきたときは、それは現在より古いタイプのものだが、三重県の運送屋のトラックでダンボールには「精密機械 注意」と記されていた。その荷物の到着日から、Mの家からは重たい感覚の新しい機械のようにまだきれいな無誘導コイルを用いたスカラー波が富んできた。コンピューター電波機器は三重・名古屋方面で製造しているのだろう。
脳波の読み取り
 これは言語や概念に対応する脳波パターンは、一般的なものもあるが、個人ごとにかなり異なる場合もあり、それを入力しなければならず、その脳波の言語と脳波との対応表を完了しなければならず、かなり手間がかかる。言葉の「あ」「い」などすべての音に対応する脳波の測定もかなり面倒な作業になる。よって、いつでもどこでも気軽に思考盗聴を行う連中の使っているものは、まったく別の技術である。
内耳の読み取り
 これを受けると、耳の中がつーんと痛くなったり、耳の中が響く感じとなる。が、思考盗聴されている期間、それはほとんどなかった。よって、内耳の振動読み取りの類ではない。
思考盗聴被害
 私は約5年半も思考盗聴被害にあっている。ふつうの盗聴被害は、会話したことが外部にもれることである。だから、うっかりしゃべらなければ、情報は漏れることもなく、会話内容にさえ注意していれば、情報や機密保持は可能だった。が、思考盗聴されると、うっかり大事なことを考えてしまうので、情報がなんでも盗まれるようになった。なにしろ、パスワードなどは番号を考えただけで、それでもう漏れるのである。これは怖い。人間は考えなしに行動することは難しいから、自分の行動の予定がばれてしまうのである。私は、かなりひどい迷惑を被った。噂を立てられること。それを消すのに一番苦労した。というのは夜寝る前に、うっかり寝言で、女性の名前を意識すると、明日にはそれを聞きつけた人々が、「風評がどうのこうの」と非難してくる。間接的な方法でそれを伝えてくるので、反論もしようがない。ただ平謝りするだけである。「私の意識管理のミスです。今後は意識に割り込まれないように注意します。」と。そんなことを何度もしていた。
盗聴の開発の歴史
 最初、盗聴は、窓ガラスの振動を読み取るとか、空気の振動を読み取るとか、いろいろ試みられたようだがが、アメをしゃぶると骨振動で音楽を伝えるというバンダイの製品「サイレントボイス」が97年の9月に開発されると、頭骨振動を読み取ることが私の近辺で、始まった。が、一ヶ月後、耳の斜め前の筋肉の振動の盗聴に変わる。それから、考える内容が漏れるようになった。日本では以後、この筋肉振動を読み取るのが主流である。というのは、思考するときに、こうとう筋が振動する、とどこかの書物(書物名を知っている人がいたら教えてほしい。)で呼んだことがある。それが盗聴に悪用されたのである。
 参考 骨伝導(テムコジャパン)
原理
 スカラー波を耳の斜め前の筋肉に当てて、その振動を読み取る。
秘密たれこみサイトとは? 03-3-18
 犯罪組織は盗聴で得た情報などを、犯罪組織に不利益をもたらす人の活動を妨害する目的で、2001年の4月頃から、一部マスコミ向けに流し始めた。マスコミは情報提供者を秘匿するから、それは告発されず安全だという理由からである。はじめは匿名メールによるものが中心だったが、その年の10月ころにはインターネットの匿名サイトに変わる。そのたれこみサイトは私生活を暴露するものだが、その対象はマスコミの関心のある人物に限定された。一般の被害者のために、わざわざその日常生活のすべてを監視したものをインターネットで発表することはない。しだいに電波犯罪の告発など活動の妨害ではなく、マスコミを情報操作することに目的が変わった。マスコミの関心のある人物に対して、犯罪組織がその私生活の情報を送った。対象はマスコミが関心のある有名人だった。そしてやがて、盗聴がそのままラジオで聞けるようなものもできる。
 一般の被害者の秘密サイトに記されているだろうこと。
 1、住所電話番号・写真・家族構成など基礎的な情報
2、生活記録(恋愛、性生活、1日の行動)
3、特定の問題に対する本人の考え(犯罪者ならばその事件に関する思いなど)
目的は本人を怪しげな人物にみせかけることである。もう一つは情報提供者として地位を確立するために、通常ならば知り得ない私生活を伝えることである。プライバシーで得た情報に基づき、正体を暴くという類である。もちろん犯罪組織に不利な内容はけっして掲載されない。
 一般の人の生活を監視して、それをサイトに発表しても意味がないから、正確な監視は行われていないものである。ふつうの被害者は心配しなくていい。
 私も電波犯罪をニュース23に告発してから犯罪者にマークされ、秘密サイトで私の日常の記録が公開されているらしい。さらに、私の声は秘密のラジオでも聞けるようだ。
 が、全部まだ秘密サイトを読んだことがないから、推測の段階である。実際にどんなことが書かれてあるのか興味深い。が、マスコミなどはそれらを告発しないが、個人のプライバシーを侵害するものであることは明らかだ。すぐにみつけしだいやめさせなくてはならない。マスコミがこんな個人のプライバシーの侵害を「情報源の秘匿」を理由に見過ごしているのは、私には信じられないものがあるが。
 盗聴の反対を叫ぶ者が盗聴を行い、真実を報道しようとする者が真実を隠す。いやな世の中になったものである。
もしそのサイトを知ったら、私にアドレス等を教えてほしい。すぐに警察に訴えたいので。
 盗聴・思考盗聴の対策
 考えたことが盗聴される。それは恐ろしい世界である。プライバシーも何もあったものではない。情報漏れを心配するならば、何も考えなければよい。そしたら何も情報が犯罪者に知られることはない。が、ずっと何も考えないわけにはいかない。防衛策が必要である。
1、電波をカットする。
 盗聴のレーダー波(スカラー波

タバコ買ってこい



盗聴被害と対策 03-3-16,6-14追加
盗聴の原理と対策
 思考盗聴とは、遠くから人の考えていることを電波で盗聴することである。同様の方法で会話の盗聴も行われて入る。それが97年10月から始まった(私の被害の始まり日)。考える行為は脳の中で行うものだからと、思考盗聴は脳波を読み取る類だと考えている人が多いが、実際には、思考時に振動する筋肉を電波で読み取る類である。理由は、思考盗聴の電波が当たると耳の前の筋肉が熱くなるからだ。脳波を読み取る類のものもないことはないが、それは複雑なプロセスを必要とするから、高度な機器を用いなくてはならず、あまり行われていない。
 参考
高度な電波機器
 一辺20×16センチのコンピューター小型モニターのついたものである。私はガラス越しに見たことがある。コンピューターで電波を自由にプログラムする機能がある。高価で犯罪組織から買取しなくては持てない。98年か99年頃の頃に近所のMに送られてきたときは、それは現在より古いタイプのものだが、三重県の運送屋のトラックでダンボールには「精密機械 注意」と記されていた。その荷物の到着日から、Mの家からは重たい感覚の新しい機械のようにまだきれいな無誘導コイルを用いたスカラー波が富んできた。コンピューター電波機器は三重・名古屋方面で製造しているのだろう。
脳波の読み取り
 これは言語や概念に対応する脳波パターンは、一般的なものもあるが、個人ごとにかなり異なる場合もあり、それを入力しなければならず、その脳波の言語と脳波との対応表を完了しなければならず、かなり手間がかかる。言葉の「あ」「い」などすべての音に対応する脳波の測定もかなり面倒な作業になる。よって、いつでもどこでも気軽に思考盗聴を行う連中の使っているものは、まったく別の技術である。
内耳の読み取り
 これを受けると、耳の中がつーんと痛くなったり、耳の中が響く感じとなる。が、思考盗聴されている期間、それはほとんどなかった。よって、内耳の振動読み取りの類ではない。
思考盗聴被害
 私は約5年半も思考盗聴被害にあっている。ふつうの盗聴被害は、会話したことが外部にもれることである。だから、うっかりしゃべらなければ、情報は漏れることもなく、会話内容にさえ注意していれば、情報や機密保持は可能だった。が、思考盗聴されると、うっかり大事なことを考えてしまうので、情報がなんでも盗まれるようになった。なにしろ、パスワードなどは番号を考えただけで、それでもう漏れるのである。これは怖い。人間は考えなしに行動することは難しいから、自分の行動の予定がばれてしまうのである。私は、かなりひどい迷惑を被った。噂を立てられること。それを消すのに一番苦労した。というのは夜寝る前に、うっかり寝言で、女性の名前を意識すると、明日にはそれを聞きつけた人々が、「風評がどうのこうの」と非難してくる。間接的な方法でそれを伝えてくるので、反論もしようがない。ただ平謝りするだけである。「私の意識管理のミスです。今後は意識に割り込まれないように注意します。」と。そんなことを何度もしていた。
盗聴の開発の歴史
 最初、盗聴は、窓ガラスの振動を読み取るとか、空気の振動を読み取るとか、いろいろ試みられたようだがが、アメをしゃぶると骨振動で音楽を伝えるというバンダイの製品「サイレントボイス」が97年の9月に開発されると、頭骨振動を読み取ることが私の近辺で、始まった。が、一ヶ月後、耳の斜め前の筋肉の振動の盗聴に変わる。それから、考える内容が漏れるようになった。日本では以後、この筋肉振動を読み取るのが主流である。というのは、思考するときに、こうとう筋が振動する、とどこかの書物(書物名を知っている人がいたら教えてほしい。)で呼んだことがある。それが盗聴に悪用されたのである。
 参考 骨伝導(テムコジャパン)
原理
 スカラー波を耳の斜め前の筋肉に当てて、その振動を読み取る。
秘密たれこみサイトとは? 03-3-18
 犯罪組織は盗聴で得た情報などを、犯罪組織に不利益をもたらす人の活動を妨害する目的で、2001年の4月頃から、一部マスコミ向けに流し始めた。マスコミは情報提供者を秘匿するから、それは告発されず安全だという理由からである。はじめは匿名メールによるものが中心だったが、その年の10月ころにはインターネットの匿名サイトに変わる。そのたれこみサイトは私生活を暴露するものだが、その対象はマスコミの関心のある人物に限定された。一般の被害者のために、わざわざその日常生活のすべてを監視したものをインターネットで発表することはない。しだいに電波犯罪の告発など活動の妨害ではなく、マスコミを情報操作することに目的が変わった。マスコミの関心のある人物に対して、犯罪組織がその私生活の情報を送った。対象はマスコミが関心のある有名人だった。そしてやがて、盗聴がそのままラジオで聞けるようなものもできる。
 一般の被害者の秘密サイトに記されているだろうこと。
 1、住所電話番号・写真・家族構成など基礎的な情報
2、生活記録(恋愛、性生活、1日の行動)
3、特定の問題に対する本人の考え(犯罪者ならばその事件に関する思いなど)
目的は本人を怪しげな人物にみせかけることである。もう一つは情報提供者として地位を確立するために、通常ならば知り得ない私生活を伝えることである。プライバシーで得た情報に基づき、正体を暴くという類である。もちろん犯罪組織に不利な内容はけっして掲載されない。
 一般の人の生活を監視して、それをサイトに発表しても意味がないから、正確な監視は行われていないものである。ふつうの被害者は心配しなくていい。
 私も電波犯罪をニュース23に告発してから犯罪者にマークされ、秘密サイトで私の日常の記録が公開されているらしい。さらに、私の声は秘密のラジオでも聞けるようだ。
 が、全部まだ秘密サイトを読んだことがないから、推測の段階である。実際にどんなことが書かれてあるのか興味深い。が、マスコミなどはそれらを告発しないが、個人のプライバシーを侵害するものであることは明らかだ。すぐにみつけしだいやめさせなくてはならない。マスコミがこんな個人のプライバシーの侵害を「情報源の秘匿」を理由に見過ごしているのは、私には信じられないものがあるが。
 盗聴の反対を叫ぶ者が盗聴を行い、真実を報道しようとする者が真実を隠す。いやな世の中になったものである。
もしそのサイトを知ったら、私にアドレス等を教えてほしい。すぐに警察に訴えたいので。
 盗聴・思考盗聴の対策
 考えたことが盗聴される。それは恐ろしい世界である。プライバシーも何もあったものではない。情報漏れを心配するならば、何も考えなければよい。そしたら何も情報が犯罪者に知られることはない。が、ずっと何も考えないわけにはいかない。防衛策が必要である。
1、電波をカットする。
 盗聴のレーダー波(スカラー波

この世はAKIRA



盗聴被害と対策 03-3-16,6-14追加
盗聴の原理と対策
 思考盗聴とは、遠くから人の考えていることを電波で盗聴することである。同様の方法で会話の盗聴も行われて入る。それが97年10月から始まった(私の被害の始まり日)。考える行為は脳の中で行うものだからと、思考盗聴は脳波を読み取る類だと考えている人が多いが、実際には、思考時に振動する筋肉を電波で読み取る類である。理由は、思考盗聴の電波が当たると耳の前の筋肉が熱くなるからだ。脳波を読み取る類のものもないことはないが、それは複雑なプロセスを必要とするから、高度な機器を用いなくてはならず、あまり行われていない。
 参考
高度な電波機器
 一辺20×16センチのコンピューター小型モニターのついたものである。私はガラス越しに見たことがある。コンピューターで電波を自由にプログラムする機能がある。高価で犯罪組織から買取しなくては持てない。98年か99年頃の頃に近所のMに送られてきたときは、それは現在より古いタイプのものだが、三重県の運送屋のトラックでダンボールには「精密機械 注意」と記されていた。その荷物の到着日から、Mの家からは重たい感覚の新しい機械のようにまだきれいな無誘導コイルを用いたスカラー波が富んできた。コンピューター電波機器は三重・名古屋方面で製造しているのだろう。
脳波の読み取り
 これは言語や概念に対応する脳波パターンは、一般的なものもあるが、個人ごとにかなり異なる場合もあり、それを入力しなければならず、その脳波の言語と脳波との対応表を完了しなければならず、かなり手間がかかる。言葉の「あ」「い」などすべての音に対応する脳波の測定もかなり面倒な作業になる。よって、いつでもどこでも気軽に思考盗聴を行う連中の使っているものは、まったく別の技術である。
内耳の読み取り
 これを受けると、耳の中がつーんと痛くなったり、耳の中が響く感じとなる。が、思考盗聴されている期間、それはほとんどなかった。よって、内耳の振動読み取りの類ではない。
思考盗聴被害
 私は約5年半も思考盗聴被害にあっている。ふつうの盗聴被害は、会話したことが外部にもれることである。だから、うっかりしゃべらなければ、情報は漏れることもなく、会話内容にさえ注意していれば、情報や機密保持は可能だった。が、思考盗聴されると、うっかり大事なことを考えてしまうので、情報がなんでも盗まれるようになった。なにしろ、パスワードなどは番号を考えただけで、それでもう漏れるのである。これは怖い。人間は考えなしに行動することは難しいから、自分の行動の予定がばれてしまうのである。私は、かなりひどい迷惑を被った。噂を立てられること。それを消すのに一番苦労した。というのは夜寝る前に、うっかり寝言で、女性の名前を意識すると、明日にはそれを聞きつけた人々が、「風評がどうのこうの」と非難してくる。間接的な方法でそれを伝えてくるので、反論もしようがない。ただ平謝りするだけである。「私の意識管理のミスです。今後は意識に割り込まれないように注意します。」と。そんなことを何度もしていた。
盗聴の開発の歴史
 最初、盗聴は、窓ガラスの振動を読み取るとか、空気の振動を読み取るとか、いろいろ試みられたようだがが、アメをしゃぶると骨振動で音楽を伝えるというバンダイの製品「サイレントボイス」が97年の9月に開発されると、頭骨振動を読み取ることが私の近辺で、始まった。が、一ヶ月後、耳の斜め前の筋肉の振動の盗聴に変わる。それから、考える内容が漏れるようになった。日本では以後、この筋肉振動を読み取るのが主流である。というのは、思考するときに、こうとう筋が振動する、とどこかの書物(書物名を知っている人がいたら教えてほしい。)で呼んだことがある。それが盗聴に悪用されたのである。
 参考 骨伝導(テムコジャパン)
原理
 スカラー波を耳の斜め前の筋肉に当てて、その振動を読み取る。
秘密たれこみサイトとは? 03-3-18
 犯罪組織は盗聴で得た情報などを、犯罪組織に不利益をもたらす人の活動を妨害する目的で、2001年の4月頃から、一部マスコミ向けに流し始めた。マスコミは情報提供者を秘匿するから、それは告発されず安全だという理由からである。はじめは匿名メールによるものが中心だったが、その年の10月ころにはインターネットの匿名サイトに変わる。そのたれこみサイトは私生活を暴露するものだが、その対象はマスコミの関心のある人物に限定された。一般の被害者のために、わざわざその日常生活のすべてを監視したものをインターネットで発表することはない。しだいに電波犯罪の告発など活動の妨害ではなく、マスコミを情報操作することに目的が変わった。マスコミの関心のある人物に対して、犯罪組織がその私生活の情報を送った。対象はマスコミが関心のある有名人だった。そしてやがて、盗聴がそのままラジオで聞けるようなものもできる。
 一般の被害者の秘密サイトに記されているだろうこと。
 1、住所電話番号・写真・家族構成など基礎的な情報
2、生活記録(恋愛、性生活、1日の行動)
3、特定の問題に対する本人の考え(犯罪者ならばその事件に関する思いなど)
目的は本人を怪しげな人物にみせかけることである。もう一つは情報提供者として地位を確立するために、通常ならば知り得ない私生活を伝えることである。プライバシーで得た情報に基づき、正体を暴くという類である。もちろん犯罪組織に不利な内容はけっして掲載されない。
 一般の人の生活を監視して、それをサイトに発表しても意味がないから、正確な監視は行われていないものである。ふつうの被害者は心配しなくていい。
 私も電波犯罪をニュース23に告発してから犯罪者にマークされ、秘密サイトで私の日常の記録が公開されているらしい。さらに、私の声は秘密のラジオでも聞けるようだ。
 が、全部まだ秘密サイトを読んだことがないから、推測の段階である。実際にどんなことが書かれてあるのか興味深い。が、マスコミなどはそれらを告発しないが、個人のプライバシーを侵害するものであることは明らかだ。すぐにみつけしだいやめさせなくてはならない。マスコミがこんな個人のプライバシーの侵害を「情報源の秘匿」を理由に見過ごしているのは、私には信じられないものがあるが。
 盗聴の反対を叫ぶ者が盗聴を行い、真実を報道しようとする者が真実を隠す。いやな世の中になったものである。
もしそのサイトを知ったら、私にアドレス等を教えてほしい。すぐに警察に訴えたいので。
 盗聴・思考盗聴の対策
 考えたことが盗聴される。それは恐ろしい世界である。プライバシーも何もあったものではない。情報漏れを心配するならば、何も考えなければよい。そしたら何も情報が犯罪者に知られることはない。が、ずっと何も考えないわけにはいかない。防衛策が必要である。
1、電波をカットする。
 盗聴のレーダー波(スカラー波

バカ国家



盗聴被害と対策 03-3-16,6-14追加
盗聴の原理と対策
 思考盗聴とは、遠くから人の考えていることを電波で盗聴することである。同様の方法で会話の盗聴も行われて入る。それが97年10月から始まった(私の被害の始まり日)。考える行為は脳の中で行うものだからと、思考盗聴は脳波を読み取る類だと考えている人が多いが、実際には、思考時に振動する筋肉を電波で読み取る類である。理由は、思考盗聴の電波が当たると耳の前の筋肉が熱くなるからだ。脳波を読み取る類のものもないことはないが、それは複雑なプロセスを必要とするから、高度な機器を用いなくてはならず、あまり行われていない。
 参考
高度な電波機器
 一辺20×16センチのコンピューター小型モニターのついたものである。私はガラス越しに見たことがある。コンピューターで電波を自由にプログラムする機能がある。高価で犯罪組織から買取しなくては持てない。98年か99年頃の頃に近所のMに送られてきたときは、それは現在より古いタイプのものだが、三重県の運送屋のトラックでダンボールには「精密機械 注意」と記されていた。その荷物の到着日から、Mの家からは重たい感覚の新しい機械のようにまだきれいな無誘導コイルを用いたスカラー波が富んできた。コンピューター電波機器は三重・名古屋方面で製造しているのだろう。
脳波の読み取り
 これは言語や概念に対応する脳波パターンは、一般的なものもあるが、個人ごとにかなり異なる場合もあり、それを入力しなければならず、その脳波の言語と脳波との対応表を完了しなければならず、かなり手間がかかる。言葉の「あ」「い」などすべての音に対応する脳波の測定もかなり面倒な作業になる。よって、いつでもどこでも気軽に思考盗聴を行う連中の使っているものは、まったく別の技術である。
内耳の読み取り
 これを受けると、耳の中がつーんと痛くなったり、耳の中が響く感じとなる。が、思考盗聴されている期間、それはほとんどなかった。よって、内耳の振動読み取りの類ではない。
思考盗聴被害
 私は約5年半も思考盗聴被害にあっている。ふつうの盗聴被害は、会話したことが外部にもれることである。だから、うっかりしゃべらなければ、情報は漏れることもなく、会話内容にさえ注意していれば、情報や機密保持は可能だった。が、思考盗聴されると、うっかり大事なことを考えてしまうので、情報がなんでも盗まれるようになった。なにしろ、パスワードなどは番号を考えただけで、それでもう漏れるのである。これは怖い。人間は考えなしに行動することは難しいから、自分の行動の予定がばれてしまうのである。私は、かなりひどい迷惑を被った。噂を立てられること。それを消すのに一番苦労した。というのは夜寝る前に、うっかり寝言で、女性の名前を意識すると、明日にはそれを聞きつけた人々が、「風評がどうのこうの」と非難してくる。間接的な方法でそれを伝えてくるので、反論もしようがない。ただ平謝りするだけである。「私の意識管理のミスです。今後は意識に割り込まれないように注意します。」と。そんなことを何度もしていた。
盗聴の開発の歴史
 最初、盗聴は、窓ガラスの振動を読み取るとか、空気の振動を読み取るとか、いろいろ試みられたようだがが、アメをしゃぶると骨振動で音楽を伝えるというバンダイの製品「サイレントボイス」が97年の9月に開発されると、頭骨振動を読み取ることが私の近辺で、始まった。が、一ヶ月後、耳の斜め前の筋肉の振動の盗聴に変わる。それから、考える内容が漏れるようになった。日本では以後、この筋肉振動を読み取るのが主流である。というのは、思考するときに、こうとう筋が振動する、とどこかの書物(書物名を知っている人がいたら教えてほしい。)で呼んだことがある。それが盗聴に悪用されたのである。
 参考 骨伝導(テムコジャパン)
原理
 スカラー波を耳の斜め前の筋肉に当てて、その振動を読み取る。
秘密たれこみサイトとは? 03-3-18
 犯罪組織は盗聴で得た情報などを、犯罪組織に不利益をもたらす人の活動を妨害する目的で、2001年の4月頃から、一部マスコミ向けに流し始めた。マスコミは情報提供者を秘匿するから、それは告発されず安全だという理由からである。はじめは匿名メールによるものが中心だったが、その年の10月ころにはインターネットの匿名サイトに変わる。そのたれこみサイトは私生活を暴露するものだが、その対象はマスコミの関心のある人物に限定された。一般の被害者のために、わざわざその日常生活のすべてを監視したものをインターネットで発表することはない。しだいに電波犯罪の告発など活動の妨害ではなく、マスコミを情報操作することに目的が変わった。マスコミの関心のある人物に対して、犯罪組織がその私生活の情報を送った。対象はマスコミが関心のある有名人だった。そしてやがて、盗聴がそのままラジオで聞けるようなものもできる。
 一般の被害者の秘密サイトに記されているだろうこと。
 1、住所電話番号・写真・家族構成など基礎的な情報
2、生活記録(恋愛、性生活、1日の行動)
3、特定の問題に対する本人の考え(犯罪者ならばその事件に関する思いなど)
目的は本人を怪しげな人物にみせかけることである。もう一つは情報提供者として地位を確立するために、通常ならば知り得ない私生活を伝えることである。プライバシーで得た情報に基づき、正体を暴くという類である。もちろん犯罪組織に不利な内容はけっして掲載されない。
 一般の人の生活を監視して、それをサイトに発表しても意味がないから、正確な監視は行われていないものである。ふつうの被害者は心配しなくていい。
 私も電波犯罪をニュース23に告発してから犯罪者にマークされ、秘密サイトで私の日常の記録が公開されているらしい。さらに、私の声は秘密のラジオでも聞けるようだ。
 が、全部まだ秘密サイトを読んだことがないから、推測の段階である。実際にどんなことが書かれてあるのか興味深い。が、マスコミなどはそれらを告発しないが、個人のプライバシーを侵害するものであることは明らかだ。すぐにみつけしだいやめさせなくてはならない。マスコミがこんな個人のプライバシーの侵害を「情報源の秘匿」を理由に見過ごしているのは、私には信じられないものがあるが。
 盗聴の反対を叫ぶ者が盗聴を行い、真実を報道しようとする者が真実を隠す。いやな世の中になったものである。
もしそのサイトを知ったら、私にアドレス等を教えてほしい。すぐに警察に訴えたいので。
 盗聴・思考盗聴の対策
 考えたことが盗聴される。それは恐ろしい世界である。プライバシーも何もあったものではない。情報漏れを心配するならば、何も考えなければよい。そしたら何も情報が犯罪者に知られることはない。が、ずっと何も考えないわけにはいかない。防衛策が必要である。
1、電波をカットする。
 盗聴のレーダー波(スカラー波

総務省 犯罪




盗聴被害と対策 03-3-16,6-14追加
盗聴の原理と対策
 思考盗聴とは、遠くから人の考えていることを電波で盗聴することである。同様の方法で会話の盗聴も行われて入る。それが97年10月から始まった(私の被害の始まり日)。考える行為は脳の中で行うものだからと、思考盗聴は脳波を読み取る類だと考えている人が多いが、実際には、思考時に振動する筋肉を電波で読み取る類である。理由は、思考盗聴の電波が当たると耳の前の筋肉が熱くなるからだ。脳波を読み取る類のものもないことはないが、それは複雑なプロセスを必要とするから、高度な機器を用いなくてはならず、あまり行われていない。
 参考
高度な電波機器
 一辺20×16センチのコンピューター小型モニターのついたものである。私はガラス越しに見たことがある。コンピューターで電波を自由にプログラムする機能がある。高価で犯罪組織から買取しなくては持てない。98年か99年頃の頃に近所のMに送られてきたときは、それは現在より古いタイプのものだが、三重県の運送屋のトラックでダンボールには「精密機械 注意」と記されていた。その荷物の到着日から、Mの家からは重たい感覚の新しい機械のようにまだきれいな無誘導コイルを用いたスカラー波が富んできた。コンピューター電波機器は三重・名古屋方面で製造しているのだろう。
脳波の読み取り
 これは言語や概念に対応する脳波パターンは、一般的なものもあるが、個人ごとにかなり異なる場合もあり、それを入力しなければならず、その脳波の言語と脳波との対応表を完了しなければならず、かなり手間がかかる。言葉の「あ」「い」などすべての音に対応する脳波の測定もかなり面倒な作業になる。よって、いつでもどこでも気軽に思考盗聴を行う連中の使っているものは、まったく別の技術である。
内耳の読み取り
 これを受けると、耳の中がつーんと痛くなったり、耳の中が響く感じとなる。が、思考盗聴されている期間、それはほとんどなかった。よって、内耳の振動読み取りの類ではない。
思考盗聴被害
 私は約5年半も思考盗聴被害にあっている。ふつうの盗聴被害は、会話したことが外部にもれることである。だから、うっかりしゃべらなければ、情報は漏れることもなく、会話内容にさえ注意していれば、情報や機密保持は可能だった。が、思考盗聴されると、うっかり大事なことを考えてしまうので、情報がなんでも盗まれるようになった。なにしろ、パスワードなどは番号を考えただけで、それでもう漏れるのである。これは怖い。人間は考えなしに行動することは難しいから、自分の行動の予定がばれてしまうのである。私は、かなりひどい迷惑を被った。噂を立てられること。それを消すのに一番苦労した。というのは夜寝る前に、うっかり寝言で、女性の名前を意識すると、明日にはそれを聞きつけた人々が、「風評がどうのこうの」と非難してくる。間接的な方法でそれを伝えてくるので、反論もしようがない。ただ平謝りするだけである。「私の意識管理のミスです。今後は意識に割り込まれないように注意します。」と。そんなことを何度もしていた。
盗聴の開発の歴史
 最初、盗聴は、窓ガラスの振動を読み取るとか、空気の振動を読み取るとか、いろいろ試みられたようだがが、アメをしゃぶると骨振動で音楽を伝えるというバンダイの製品「サイレントボイス」が97年の9月に開発されると、頭骨振動を読み取ることが私の近辺で、始まった。が、一ヶ月後、耳の斜め前の筋肉の振動の盗聴に変わる。それから、考える内容が漏れるようになった。日本では以後、この筋肉振動を読み取るのが主流である。というのは、思考するときに、こうとう筋が振動する、とどこかの書物(書物名を知っている人がいたら教えてほしい。)で呼んだことがある。それが盗聴に悪用されたのである。
 参考 骨伝導(テムコジャパン)
原理
 スカラー波を耳の斜め前の筋肉に当てて、その振動を読み取る。
秘密たれこみサイトとは? 03-3-18
 犯罪組織は盗聴で得た情報などを、犯罪組織に不利益をもたらす人の活動を妨害する目的で、2001年の4月頃から、一部マスコミ向けに流し始めた。マスコミは情報提供者を秘匿するから、それは告発されず安全だという理由からである。はじめは匿名メールによるものが中心だったが、その年の10月ころにはインターネットの匿名サイトに変わる。そのたれこみサイトは私生活を暴露するものだが、その対象はマスコミの関心のある人物に限定された。一般の被害者のために、わざわざその日常生活のすべてを監視したものをインターネットで発表することはない。しだいに電波犯罪の告発など活動の妨害ではなく、マスコミを情報操作することに目的が変わった。マスコミの関心のある人物に対して、犯罪組織がその私生活の情報を送った。対象はマスコミが関心のある有名人だった。そしてやがて、盗聴がそのままラジオで聞けるようなものもできる。
 一般の被害者の秘密サイトに記されているだろうこと。
 1、住所電話番号・写真・家族構成など基礎的な情報
2、生活記録(恋愛、性生活、1日の行動)
3、特定の問題に対する本人の考え(犯罪者ならばその事件に関する思いなど)
目的は本人を怪しげな人物にみせかけることである。もう一つは情報提供者として地位を確立するために、通常ならば知り得ない私生活を伝えることである。プライバシーで得た情報に基づき、正体を暴くという類である。もちろん犯罪組織に不利な内容はけっして掲載されない。
 一般の人の生活を監視して、それをサイトに発表しても意味がないから、正確な監視は行われていないものである。ふつうの被害者は心配しなくていい。
 私も電波犯罪をニュース23に告発してから犯罪者にマークされ、秘密サイトで私の日常の記録が公開されているらしい。さらに、私の声は秘密のラジオでも聞けるようだ。
 が、全部まだ秘密サイトを読んだことがないから、推測の段階である。実際にどんなことが書かれてあるのか興味深い。が、マスコミなどはそれらを告発しないが、個人のプライバシーを侵害するものであることは明らかだ。すぐにみつけしだいやめさせなくてはならない。マスコミがこんな個人のプライバシーの侵害を「情報源の秘匿」を理由に見過ごしているのは、私には信じられないものがあるが。
 盗聴の反対を叫ぶ者が盗聴を行い、真実を報道しようとする者が真実を隠す。いやな世の中になったものである。
もしそのサイトを知ったら、私にアドレス等を教えてほしい。すぐに警察に訴えたいので。
 盗聴・思考盗聴の対策
 考えたことが盗聴される。それは恐ろしい世界である。プライバシーも何もあったものではない。情報漏れを心配するならば、何も考えなければよい。そしたら何も情報が犯罪者に知られることはない。が、ずっと何も考えないわけにはいかない。防衛策が必要である。
1、電波をカットする。
 盗聴のレーダー波(スカラー波

神は人喰い




盗聴被害と対策 03-3-16,6-14追加
盗聴の原理と対策
 思考盗聴とは、遠くから人の考えていることを電波で盗聴することである。同様の方法で会話の盗聴も行われて入る。それが97年10月から始まった(私の被害の始まり日)。考える行為は脳の中で行うものだからと、思考盗聴は脳波を読み取る類だと考えている人が多いが、実際には、思考時に振動する筋肉を電波で読み取る類である。理由は、思考盗聴の電波が当たると耳の前の筋肉が熱くなるからだ。脳波を読み取る類のものもないことはないが、それは複雑なプロセスを必要とするから、高度な機器を用いなくてはならず、あまり行われていない。
 参考
高度な電波機器
 一辺20×16センチのコンピューター小型モニターのついたものである。私はガラス越しに見たことがある。コンピューターで電波を自由にプログラムする機能がある。高価で犯罪組織から買取しなくては持てない。98年か99年頃の頃に近所のMに送られてきたときは、それは現在より古いタイプのものだが、三重県の運送屋のトラックでダンボールには「精密機械 注意」と記されていた。その荷物の到着日から、Mの家からは重たい感覚の新しい機械のようにまだきれいな無誘導コイルを用いたスカラー波が富んできた。コンピューター電波機器は三重・名古屋方面で製造しているのだろう。
脳波の読み取り
 これは言語や概念に対応する脳波パターンは、一般的なものもあるが、個人ごとにかなり異なる場合もあり、それを入力しなければならず、その脳波の言語と脳波との対応表を完了しなければならず、かなり手間がかかる。言葉の「あ」「い」などすべての音に対応する脳波の測定もかなり面倒な作業になる。よって、いつでもどこでも気軽に思考盗聴を行う連中の使っているものは、まったく別の技術である。
内耳の読み取り
 これを受けると、耳の中がつーんと痛くなったり、耳の中が響く感じとなる。が、思考盗聴されている期間、それはほとんどなかった。よって、内耳の振動読み取りの類ではない。
思考盗聴被害
 私は約5年半も思考盗聴被害にあっている。ふつうの盗聴被害は、会話したことが外部にもれることである。だから、うっかりしゃべらなければ、情報は漏れることもなく、会話内容にさえ注意していれば、情報や機密保持は可能だった。が、思考盗聴されると、うっかり大事なことを考えてしまうので、情報がなんでも盗まれるようになった。なにしろ、パスワードなどは番号を考えただけで、それでもう漏れるのである。これは怖い。人間は考えなしに行動することは難しいから、自分の行動の予定がばれてしまうのである。私は、かなりひどい迷惑を被った。噂を立てられること。それを消すのに一番苦労した。というのは夜寝る前に、うっかり寝言で、女性の名前を意識すると、明日にはそれを聞きつけた人々が、「風評がどうのこうの」と非難してくる。間接的な方法でそれを伝えてくるので、反論もしようがない。ただ平謝りするだけである。「私の意識管理のミスです。今後は意識に割り込まれないように注意します。」と。そんなことを何度もしていた。
盗聴の開発の歴史
 最初、盗聴は、窓ガラスの振動を読み取るとか、空気の振動を読み取るとか、いろいろ試みられたようだがが、アメをしゃぶると骨振動で音楽を伝えるというバンダイの製品「サイレントボイス」が97年の9月に開発されると、頭骨振動を読み取ることが私の近辺で、始まった。が、一ヶ月後、耳の斜め前の筋肉の振動の盗聴に変わる。それから、考える内容が漏れるようになった。日本では以後、この筋肉振動を読み取るのが主流である。というのは、思考するときに、こうとう筋が振動する、とどこかの書物(書物名を知っている人がいたら教えてほしい。)で呼んだことがある。それが盗聴に悪用されたのである。
 参考 骨伝導(テムコジャパン)
原理
 スカラー波を耳の斜め前の筋肉に当てて、その振動を読み取る。
秘密たれこみサイトとは? 03-3-18
 犯罪組織は盗聴で得た情報などを、犯罪組織に不利益をもたらす人の活動を妨害する目的で、2001年の4月頃から、一部マスコミ向けに流し始めた。マスコミは情報提供者を秘匿するから、それは告発されず安全だという理由からである。はじめは匿名メールによるものが中心だったが、その年の10月ころにはインターネットの匿名サイトに変わる。そのたれこみサイトは私生活を暴露するものだが、その対象はマスコミの関心のある人物に限定された。一般の被害者のために、わざわざその日常生活のすべてを監視したものをインターネットで発表することはない。しだいに電波犯罪の告発など活動の妨害ではなく、マスコミを情報操作することに目的が変わった。マスコミの関心のある人物に対して、犯罪組織がその私生活の情報を送った。対象はマスコミが関心のある有名人だった。そしてやがて、盗聴がそのままラジオで聞けるようなものもできる。
 一般の被害者の秘密サイトに記されているだろうこと。
 1、住所電話番号・写真・家族構成など基礎的な情報
2、生活記録(恋愛、性生活、1日の行動)
3、特定の問題に対する本人の考え(犯罪者ならばその事件に関する思いなど)
目的は本人を怪しげな人物にみせかけることである。もう一つは情報提供者として地位を確立するために、通常ならば知り得ない私生活を伝えることである。プライバシーで得た情報に基づき、正体を暴くという類である。もちろん犯罪組織に不利な内容はけっして掲載されない。
 一般の人の生活を監視して、それをサイトに発表しても意味がないから、正確な監視は行われていないものである。ふつうの被害者は心配しなくていい。
 私も電波犯罪をニュース23に告発してから犯罪者にマークされ、秘密サイトで私の日常の記録が公開されているらしい。さらに、私の声は秘密のラジオでも聞けるようだ。
 が、全部まだ秘密サイトを読んだことがないから、推測の段階である。実際にどんなことが書かれてあるのか興味深い。が、マスコミなどはそれらを告発しないが、個人のプライバシーを侵害するものであることは明らかだ。すぐにみつけしだいやめさせなくてはならない。マスコミがこんな個人のプライバシーの侵害を「情報源の秘匿」を理由に見過ごしているのは、私には信じられないものがあるが。
 盗聴の反対を叫ぶ者が盗聴を行い、真実を報道しようとする者が真実を隠す。いやな世の中になったものである。
もしそのサイトを知ったら、私にアドレス等を教えてほしい。すぐに警察に訴えたいので。
 盗聴・思考盗聴の対策
 考えたことが盗聴される。それは恐ろしい世界である。プライバシーも何もあったものではない。情報漏れを心配するならば、何も考えなければよい。そしたら何も情報が犯罪者に知られることはない。が、ずっと何も考えないわけにはいかない。防衛策が必要である。
1、電波をカットする。
 盗聴のレーダー波(スカラー波

それから AKIRA 10年


盗聴被害と対策 03-3-16,6-14追加
盗聴の原理と対策
 思考盗聴とは、遠くから人の考えていることを電波で盗聴することである。同様の方法で会話の盗聴も行われて入る。それが97年10月から始まった(私の被害の始まり日)。考える行為は脳の中で行うものだからと、思考盗聴は脳波を読み取る類だと考えている人が多いが、実際には、思考時に振動する筋肉を電波で読み取る類である。理由は、思考盗聴の電波が当たると耳の前の筋肉が熱くなるからだ。脳波を読み取る類のものもないことはないが、それは複雑なプロセスを必要とするから、高度な機器を用いなくてはならず、あまり行われていない。
 参考
高度な電波機器
 一辺20×16センチのコンピューター小型モニターのついたものである。私はガラス越しに見たことがある。コンピューターで電波を自由にプログラムする機能がある。高価で犯罪組織から買取しなくては持てない。98年か99年頃の頃に近所のMに送られてきたときは、それは現在より古いタイプのものだが、三重県の運送屋のトラックでダンボールには「精密機械 注意」と記されていた。その荷物の到着日から、Mの家からは重たい感覚の新しい機械のようにまだきれいな無誘導コイルを用いたスカラー波が富んできた。コンピューター電波機器は三重・名古屋方面で製造しているのだろう。
脳波の読み取り
 これは言語や概念に対応する脳波パターンは、一般的なものもあるが、個人ごとにかなり異なる場合もあり、それを入力しなければならず、その脳波の言語と脳波との対応表を完了しなければならず、かなり手間がかかる。言葉の「あ」「い」などすべての音に対応する脳波の測定もかなり面倒な作業になる。よって、いつでもどこでも気軽に思考盗聴を行う連中の使っているものは、まったく別の技術である。
内耳の読み取り
 これを受けると、耳の中がつーんと痛くなったり、耳の中が響く感じとなる。が、思考盗聴されている期間、それはほとんどなかった。よって、内耳の振動読み取りの類ではない。
思考盗聴被害
 私は約5年半も思考盗聴被害にあっている。ふつうの盗聴被害は、会話したことが外部にもれることである。だから、うっかりしゃべらなければ、情報は漏れることもなく、会話内容にさえ注意していれば、情報や機密保持は可能だった。が、思考盗聴されると、うっかり大事なことを考えてしまうので、情報がなんでも盗まれるようになった。なにしろ、パスワードなどは番号を考えただけで、それでもう漏れるのである。これは怖い。人間は考えなしに行動することは難しいから、自分の行動の予定がばれてしまうのである。私は、かなりひどい迷惑を被った。噂を立てられること。それを消すのに一番苦労した。というのは夜寝る前に、うっかり寝言で、女性の名前を意識すると、明日にはそれを聞きつけた人々が、「風評がどうのこうの」と非難してくる。間接的な方法でそれを伝えてくるので、反論もしようがない。ただ平謝りするだけである。「私の意識管理のミスです。今後は意識に割り込まれないように注意します。」と。そんなことを何度もしていた。
盗聴の開発の歴史
 最初、盗聴は、窓ガラスの振動を読み取るとか、空気の振動を読み取るとか、いろいろ試みられたようだがが、アメをしゃぶると骨振動で音楽を伝えるというバンダイの製品「サイレントボイス」が97年の9月に開発されると、頭骨振動を読み取ることが私の近辺で、始まった。が、一ヶ月後、耳の斜め前の筋肉の振動の盗聴に変わる。それから、考える内容が漏れるようになった。日本では以後、この筋肉振動を読み取るのが主流である。というのは、思考するときに、こうとう筋が振動する、とどこかの書物(書物名を知っている人がいたら教えてほしい。)で呼んだことがある。それが盗聴に悪用されたのである。
 参考 骨伝導(テムコジャパン)
原理
 スカラー波を耳の斜め前の筋肉に当てて、その振動を読み取る。
秘密たれこみサイトとは? 03-3-18
 犯罪組織は盗聴で得た情報などを、犯罪組織に不利益をもたらす人の活動を妨害する目的で、2001年の4月頃から、一部マスコミ向けに流し始めた。マスコミは情報提供者を秘匿するから、それは告発されず安全だという理由からである。はじめは匿名メールによるものが中心だったが、その年の10月ころにはインターネットの匿名サイトに変わる。そのたれこみサイトは私生活を暴露するものだが、その対象はマスコミの関心のある人物に限定された。一般の被害者のために、わざわざその日常生活のすべてを監視したものをインターネットで発表することはない。しだいに電波犯罪の告発など活動の妨害ではなく、マスコミを情報操作することに目的が変わった。マスコミの関心のある人物に対して、犯罪組織がその私生活の情報を送った。対象はマスコミが関心のある有名人だった。そしてやがて、盗聴がそのままラジオで聞けるようなものもできる。
 一般の被害者の秘密サイトに記されているだろうこと。
 1、住所電話番号・写真・家族構成など基礎的な情報
2、生活記録(恋愛、性生活、1日の行動)
3、特定の問題に対する本人の考え(犯罪者ならばその事件に関する思いなど)
目的は本人を怪しげな人物にみせかけることである。もう一つは情報提供者として地位を確立するために、通常ならば知り得ない私生活を伝えることである。プライバシーで得た情報に基づき、正体を暴くという類である。もちろん犯罪組織に不利な内容はけっして掲載されない。
 一般の人の生活を監視して、それをサイトに発表しても意味がないから、正確な監視は行われていないものである。ふつうの被害者は心配しなくていい。
 私も電波犯罪をニュース23に告発してから犯罪者にマークされ、秘密サイトで私の日常の記録が公開されているらしい。さらに、私の声は秘密のラジオでも聞けるようだ。
 が、全部まだ秘密サイトを読んだことがないから、推測の段階である。実際にどんなことが書かれてあるのか興味深い。が、マスコミなどはそれらを告発しないが、個人のプライバシーを侵害するものであることは明らかだ。すぐにみつけしだいやめさせなくてはならない。マスコミがこんな個人のプライバシーの侵害を「情報源の秘匿」を理由に見過ごしているのは、私には信じられないものがあるが。
 盗聴の反対を叫ぶ者が盗聴を行い、真実を報道しようとする者が真実を隠す。いやな世の中になったものである。
もしそのサイトを知ったら、私にアドレス等を教えてほしい。すぐに警察に訴えたいので。
 盗聴・思考盗聴の対策
 考えたことが盗聴される。それは恐ろしい世界である。プライバシーも何もあったものではない。情報漏れを心配するならば、何も考えなければよい。そしたら何も情報が犯罪者に知られることはない。が、ずっと何も考えないわけにはいかない。防衛策が必要である。
1、電波をカットする。
 盗聴のレーダー波(スカラー波

これを知らずして死ねるか




盗聴被害と対策 03-3-16,6-14追加
盗聴の原理と対策
 思考盗聴とは、遠くから人の考えていることを電波で盗聴することである。同様の方法で会話の盗聴も行われて入る。それが97年10月から始まった(私の被害の始まり日)。考える行為は脳の中で行うものだからと、思考盗聴は脳波を読み取る類だと考えている人が多いが、実際には、思考時に振動する筋肉を電波で読み取る類である。理由は、思考盗聴の電波が当たると耳の前の筋肉が熱くなるからだ。脳波を読み取る類のものもないことはないが、それは複雑なプロセスを必要とするから、高度な機器を用いなくてはならず、あまり行われていない。
 参考
高度な電波機器
 一辺20×16センチのコンピューター小型モニターのついたものである。私はガラス越しに見たことがある。コンピューターで電波を自由にプログラムする機能がある。高価で犯罪組織から買取しなくては持てない。98年か99年頃の頃に近所のMに送られてきたときは、それは現在より古いタイプのものだが、三重県の運送屋のトラックでダンボールには「精密機械 注意」と記されていた。その荷物の到着日から、Mの家からは重たい感覚の新しい機械のようにまだきれいな無誘導コイルを用いたスカラー波が富んできた。コンピューター電波機器は三重・名古屋方面で製造しているのだろう。
脳波の読み取り
 これは言語や概念に対応する脳波パターンは、一般的なものもあるが、個人ごとにかなり異なる場合もあり、それを入力しなければならず、その脳波の言語と脳波との対応表を完了しなければならず、かなり手間がかかる。言葉の「あ」「い」などすべての音に対応する脳波の測定もかなり面倒な作業になる。よって、いつでもどこでも気軽に思考盗聴を行う連中の使っているものは、まったく別の技術である。
内耳の読み取り
 これを受けると、耳の中がつーんと痛くなったり、耳の中が響く感じとなる。が、思考盗聴されている期間、それはほとんどなかった。よって、内耳の振動読み取りの類ではない。
思考盗聴被害
 私は約5年半も思考盗聴被害にあっている。ふつうの盗聴被害は、会話したことが外部にもれることである。だから、うっかりしゃべらなければ、情報は漏れることもなく、会話内容にさえ注意していれば、情報や機密保持は可能だった。が、思考盗聴されると、うっかり大事なことを考えてしまうので、情報がなんでも盗まれるようになった。なにしろ、パスワードなどは番号を考えただけで、それでもう漏れるのである。これは怖い。人間は考えなしに行動することは難しいから、自分の行動の予定がばれてしまうのである。私は、かなりひどい迷惑を被った。噂を立てられること。それを消すのに一番苦労した。というのは夜寝る前に、うっかり寝言で、女性の名前を意識すると、明日にはそれを聞きつけた人々が、「風評がどうのこうの」と非難してくる。間接的な方法でそれを伝えてくるので、反論もしようがない。ただ平謝りするだけである。「私の意識管理のミスです。今後は意識に割り込まれないように注意します。」と。そんなことを何度もしていた。
盗聴の開発の歴史
 最初、盗聴は、窓ガラスの振動を読み取るとか、空気の振動を読み取るとか、いろいろ試みられたようだがが、アメをしゃぶると骨振動で音楽を伝えるというバンダイの製品「サイレントボイス」が97年の9月に開発されると、頭骨振動を読み取ることが私の近辺で、始まった。が、一ヶ月後、耳の斜め前の筋肉の振動の盗聴に変わる。それから、考える内容が漏れるようになった。日本では以後、この筋肉振動を読み取るのが主流である。というのは、思考するときに、こうとう筋が振動する、とどこかの書物(書物名を知っている人がいたら教えてほしい。)で呼んだことがある。それが盗聴に悪用されたのである。
 参考 骨伝導(テムコジャパン)
原理
 スカラー波を耳の斜め前の筋肉に当てて、その振動を読み取る。
秘密たれこみサイトとは? 03-3-18
 犯罪組織は盗聴で得た情報などを、犯罪組織に不利益をもたらす人の活動を妨害する目的で、2001年の4月頃から、一部マスコミ向けに流し始めた。マスコミは情報提供者を秘匿するから、それは告発されず安全だという理由からである。はじめは匿名メールによるものが中心だったが、その年の10月ころにはインターネットの匿名サイトに変わる。そのたれこみサイトは私生活を暴露するものだが、その対象はマスコミの関心のある人物に限定された。一般の被害者のために、わざわざその日常生活のすべてを監視したものをインターネットで発表することはない。しだいに電波犯罪の告発など活動の妨害ではなく、マスコミを情報操作することに目的が変わった。マスコミの関心のある人物に対して、犯罪組織がその私生活の情報を送った。対象はマスコミが関心のある有名人だった。そしてやがて、盗聴がそのままラジオで聞けるようなものもできる。
 一般の被害者の秘密サイトに記されているだろうこと。
 1、住所電話番号・写真・家族構成など基礎的な情報
2、生活記録(恋愛、性生活、1日の行動)
3、特定の問題に対する本人の考え(犯罪者ならばその事件に関する思いなど)
目的は本人を怪しげな人物にみせかけることである。もう一つは情報提供者として地位を確立するために、通常ならば知り得ない私生活を伝えることである。プライバシーで得た情報に基づき、正体を暴くという類である。もちろん犯罪組織に不利な内容はけっして掲載されない。
 一般の人の生活を監視して、それをサイトに発表しても意味がないから、正確な監視は行われていないものである。ふつうの被害者は心配しなくていい。
 私も電波犯罪をニュース23に告発してから犯罪者にマークされ、秘密サイトで私の日常の記録が公開されているらしい。さらに、私の声は秘密のラジオでも聞けるようだ。
 が、全部まだ秘密サイトを読んだことがないから、推測の段階である。実際にどんなことが書かれてあるのか興味深い。が、マスコミなどはそれらを告発しないが、個人のプライバシーを侵害するものであることは明らかだ。すぐにみつけしだいやめさせなくてはならない。マスコミがこんな個人のプライバシーの侵害を「情報源の秘匿」を理由に見過ごしているのは、私には信じられないものがあるが。
 盗聴の反対を叫ぶ者が盗聴を行い、真実を報道しようとする者が真実を隠す。いやな世の中になったものである。
もしそのサイトを知ったら、私にアドレス等を教えてほしい。すぐに警察に訴えたいので。
 盗聴・思考盗聴の対策
 考えたことが盗聴される。それは恐ろしい世界である。プライバシーも何もあったものではない。情報漏れを心配するならば、何も考えなければよい。そしたら何も情報が犯罪者に知られることはない。が、ずっと何も考えないわけにはいかない。防衛策が必要である。
1、電波をカットする。
 盗聴のレーダー波(スカラー波

祝い事 コピー印刷 早すぎるお話


盗聴被害と対策 03-3-16,6-14追加
盗聴の原理と対策
 思考盗聴とは、遠くから人の考えていることを電波で盗聴することである。同様の方法で会話の盗聴も行われて入る。それが97年10月から始まった(私の被害の始まり日)。考える行為は脳の中で行うものだからと、思考盗聴は脳波を読み取る類だと考えている人が多いが、実際には、思考時に振動する筋肉を電波で読み取る類である。理由は、思考盗聴の電波が当たると耳の前の筋肉が熱くなるからだ。脳波を読み取る類のものもないことはないが、それは複雑なプロセスを必要とするから、高度な機器を用いなくてはならず、あまり行われていない。
 参考
高度な電波機器
 一辺20×16センチのコンピューター小型モニターのついたものである。私はガラス越しに見たことがある。コンピューターで電波を自由にプログラムする機能がある。高価で犯罪組織から買取しなくては持てない。98年か99年頃の頃に近所のMに送られてきたときは、それは現在より古いタイプのものだが、三重県の運送屋のトラックでダンボールには「精密機械 注意」と記されていた。その荷物の到着日から、Mの家からは重たい感覚の新しい機械のようにまだきれいな無誘導コイルを用いたスカラー波が富んできた。コンピューター電波機器は三重・名古屋方面で製造しているのだろう。
脳波の読み取り
 これは言語や概念に対応する脳波パターンは、一般的なものもあるが、個人ごとにかなり異なる場合もあり、それを入力しなければならず、その脳波の言語と脳波との対応表を完了しなければならず、かなり手間がかかる。言葉の「あ」「い」などすべての音に対応する脳波の測定もかなり面倒な作業になる。よって、いつでもどこでも気軽に思考盗聴を行う連中の使っているものは、まったく別の技術である。
内耳の読み取り
 これを受けると、耳の中がつーんと痛くなったり、耳の中が響く感じとなる。が、思考盗聴されている期間、それはほとんどなかった。よって、内耳の振動読み取りの類ではない。
思考盗聴被害
 私は約5年半も思考盗聴被害にあっている。ふつうの盗聴被害は、会話したことが外部にもれることである。だから、うっかりしゃべらなければ、情報は漏れることもなく、会話内容にさえ注意していれば、情報や機密保持は可能だった。が、思考盗聴されると、うっかり大事なことを考えてしまうので、情報がなんでも盗まれるようになった。なにしろ、パスワードなどは番号を考えただけで、それでもう漏れるのである。これは怖い。人間は考えなしに行動することは難しいから、自分の行動の予定がばれてしまうのである。私は、かなりひどい迷惑を被った。噂を立てられること。それを消すのに一番苦労した。というのは夜寝る前に、うっかり寝言で、女性の名前を意識すると、明日にはそれを聞きつけた人々が、「風評がどうのこうの」と非難してくる。間接的な方法でそれを伝えてくるので、反論もしようがない。ただ平謝りするだけである。「私の意識管理のミスです。今後は意識に割り込まれないように注意します。」と。そんなことを何度もしていた。
盗聴の開発の歴史
 最初、盗聴は、窓ガラスの振動を読み取るとか、空気の振動を読み取るとか、いろいろ試みられたようだがが、アメをしゃぶると骨振動で音楽を伝えるというバンダイの製品「サイレントボイス」が97年の9月に開発されると、頭骨振動を読み取ることが私の近辺で、始まった。が、一ヶ月後、耳の斜め前の筋肉の振動の盗聴に変わる。それから、考える内容が漏れるようになった。日本では以後、この筋肉振動を読み取るのが主流である。というのは、思考するときに、こうとう筋が振動する、とどこかの書物(書物名を知っている人がいたら教えてほしい。)で呼んだことがある。それが盗聴に悪用されたのである。
 参考 骨伝導(テムコジャパン)
原理
 スカラー波を耳の斜め前の筋肉に当てて、その振動を読み取る。
秘密たれこみサイトとは? 03-3-18
 犯罪組織は盗聴で得た情報などを、犯罪組織に不利益をもたらす人の活動を妨害する目的で、2001年の4月頃から、一部マスコミ向けに流し始めた。マスコミは情報提供者を秘匿するから、それは告発されず安全だという理由からである。はじめは匿名メールによるものが中心だったが、その年の10月ころにはインターネットの匿名サイトに変わる。そのたれこみサイトは私生活を暴露するものだが、その対象はマスコミの関心のある人物に限定された。一般の被害者のために、わざわざその日常生活のすべてを監視したものをインターネットで発表することはない。しだいに電波犯罪の告発など活動の妨害ではなく、マスコミを情報操作することに目的が変わった。マスコミの関心のある人物に対して、犯罪組織がその私生活の情報を送った。対象はマスコミが関心のある有名人だった。そしてやがて、盗聴がそのままラジオで聞けるようなものもできる。
 一般の被害者の秘密サイトに記されているだろうこと。
 1、住所電話番号・写真・家族構成など基礎的な情報
2、生活記録(恋愛、性生活、1日の行動)
3、特定の問題に対する本人の考え(犯罪者ならばその事件に関する思いなど)
目的は本人を怪しげな人物にみせかけることである。もう一つは情報提供者として地位を確立するために、通常ならば知り得ない私生活を伝えることである。プライバシーで得た情報に基づき、正体を暴くという類である。もちろん犯罪組織に不利な内容はけっして掲載されない。
 一般の人の生活を監視して、それをサイトに発表しても意味がないから、正確な監視は行われていないものである。ふつうの被害者は心配しなくていい。
 私も電波犯罪をニュース23に告発してから犯罪者にマークされ、秘密サイトで私の日常の記録が公開されているらしい。さらに、私の声は秘密のラジオでも聞けるようだ。
 が、全部まだ秘密サイトを読んだことがないから、推測の段階である。実際にどんなことが書かれてあるのか興味深い。が、マスコミなどはそれらを告発しないが、個人のプライバシーを侵害するものであることは明らかだ。すぐにみつけしだいやめさせなくてはならない。マスコミがこんな個人のプライバシーの侵害を「情報源の秘匿」を理由に見過ごしているのは、私には信じられないものがあるが。
 盗聴の反対を叫ぶ者が盗聴を行い、真実を報道しようとする者が真実を隠す。いやな世の中になったものである。
もしそのサイトを知ったら、私にアドレス等を教えてほしい。すぐに警察に訴えたいので。
 盗聴・思考盗聴の対策
 考えたことが盗聴される。それは恐ろしい世界である。プライバシーも何もあったものではない。情報漏れを心配するならば、何も考えなければよい。そしたら何も情報が犯罪者に知られることはない。が、ずっと何も考えないわけにはいかない。防衛策が必要である。
1、電波をカットする。
 盗聴のレーダー波(スカラー波

A ヱヴァンゲリオン 電磁波




盗聴被害と対策 03-3-16,6-14追加
盗聴の原理と対策
 思考盗聴とは、遠くから人の考えていることを電波で盗聴することである。同様の方法で会話の盗聴も行われて入る。それが97年10月から始まった(私の被害の始まり日)。考える行為は脳の中で行うものだからと、思考盗聴は脳波を読み取る類だと考えている人が多いが、実際には、思考時に振動する筋肉を電波で読み取る類である。理由は、思考盗聴の電波が当たると耳の前の筋肉が熱くなるからだ。脳波を読み取る類のものもないことはないが、それは複雑なプロセスを必要とするから、高度な機器を用いなくてはならず、あまり行われていない。
 参考
高度な電波機器
 一辺20×16センチのコンピューター小型モニターのついたものである。私はガラス越しに見たことがある。コンピューターで電波を自由にプログラムする機能がある。高価で犯罪組織から買取しなくては持てない。98年か99年頃の頃に近所のMに送られてきたときは、それは現在より古いタイプのものだが、三重県の運送屋のトラックでダンボールには「精密機械 注意」と記されていた。その荷物の到着日から、Mの家からは重たい感覚の新しい機械のようにまだきれいな無誘導コイルを用いたスカラー波が富んできた。コンピューター電波機器は三重・名古屋方面で製造しているのだろう。
脳波の読み取り
 これは言語や概念に対応する脳波パターンは、一般的なものもあるが、個人ごとにかなり異なる場合もあり、それを入力しなければならず、その脳波の言語と脳波との対応表を完了しなければならず、かなり手間がかかる。言葉の「あ」「い」などすべての音に対応する脳波の測定もかなり面倒な作業になる。よって、いつでもどこでも気軽に思考盗聴を行う連中の使っているものは、まったく別の技術である。
内耳の読み取り
 これを受けると、耳の中がつーんと痛くなったり、耳の中が響く感じとなる。が、思考盗聴されている期間、それはほとんどなかった。よって、内耳の振動読み取りの類ではない。
思考盗聴被害
 私は約5年半も思考盗聴被害にあっている。ふつうの盗聴被害は、会話したことが外部にもれることである。だから、うっかりしゃべらなければ、情報は漏れることもなく、会話内容にさえ注意していれば、情報や機密保持は可能だった。が、思考盗聴されると、うっかり大事なことを考えてしまうので、情報がなんでも盗まれるようになった。なにしろ、パスワードなどは番号を考えただけで、それでもう漏れるのである。これは怖い。人間は考えなしに行動することは難しいから、自分の行動の予定がばれてしまうのである。私は、かなりひどい迷惑を被った。噂を立てられること。それを消すのに一番苦労した。というのは夜寝る前に、うっかり寝言で、女性の名前を意識すると、明日にはそれを聞きつけた人々が、「風評がどうのこうの」と非難してくる。間接的な方法でそれを伝えてくるので、反論もしようがない。ただ平謝りするだけである。「私の意識管理のミスです。今後は意識に割り込まれないように注意します。」と。そんなことを何度もしていた。
盗聴の開発の歴史
 最初、盗聴は、窓ガラスの振動を読み取るとか、空気の振動を読み取るとか、いろいろ試みられたようだがが、アメをしゃぶると骨振動で音楽を伝えるというバンダイの製品「サイレントボイス」が97年の9月に開発されると、頭骨振動を読み取ることが私の近辺で、始まった。が、一ヶ月後、耳の斜め前の筋肉の振動の盗聴に変わる。それから、考える内容が漏れるようになった。日本では以後、この筋肉振動を読み取るのが主流である。というのは、思考するときに、こうとう筋が振動する、とどこかの書物(書物名を知っている人がいたら教えてほしい。)で呼んだことがある。それが盗聴に悪用されたのである。
 参考 骨伝導(テムコジャパン)
原理
 スカラー波を耳の斜め前の筋肉に当てて、その振動を読み取る。
秘密たれこみサイトとは? 03-3-18
 犯罪組織は盗聴で得た情報などを、犯罪組織に不利益をもたらす人の活動を妨害する目的で、2001年の4月頃から、一部マスコミ向けに流し始めた。マスコミは情報提供者を秘匿するから、それは告発されず安全だという理由からである。はじめは匿名メールによるものが中心だったが、その年の10月ころにはインターネットの匿名サイトに変わる。そのたれこみサイトは私生活を暴露するものだが、その対象はマスコミの関心のある人物に限定された。一般の被害者のために、わざわざその日常生活のすべてを監視したものをインターネットで発表することはない。しだいに電波犯罪の告発など活動の妨害ではなく、マスコミを情報操作することに目的が変わった。マスコミの関心のある人物に対して、犯罪組織がその私生活の情報を送った。対象はマスコミが関心のある有名人だった。そしてやがて、盗聴がそのままラジオで聞けるようなものもできる。
 一般の被害者の秘密サイトに記されているだろうこと。
 1、住所電話番号・写真・家族構成など基礎的な情報
2、生活記録(恋愛、性生活、1日の行動)
3、特定の問題に対する本人の考え(犯罪者ならばその事件に関する思いなど)
目的は本人を怪しげな人物にみせかけることである。もう一つは情報提供者として地位を確立するために、通常ならば知り得ない私生活を伝えることである。プライバシーで得た情報に基づき、正体を暴くという類である。もちろん犯罪組織に不利な内容はけっして掲載されない。
 一般の人の生活を監視して、それをサイトに発表しても意味がないから、正確な監視は行われていないものである。ふつうの被害者は心配しなくていい。
 私も電波犯罪をニュース23に告発してから犯罪者にマークされ、秘密サイトで私の日常の記録が公開されているらしい。さらに、私の声は秘密のラジオでも聞けるようだ。
 が、全部まだ秘密サイトを読んだことがないから、推測の段階である。実際にどんなことが書かれてあるのか興味深い。が、マスコミなどはそれらを告発しないが、個人のプライバシーを侵害するものであることは明らかだ。すぐにみつけしだいやめさせなくてはならない。マスコミがこんな個人のプライバシーの侵害を「情報源の秘匿」を理由に見過ごしているのは、私には信じられないものがあるが。
 盗聴の反対を叫ぶ者が盗聴を行い、真実を報道しようとする者が真実を隠す。いやな世の中になったものである。
もしそのサイトを知ったら、私にアドレス等を教えてほしい。すぐに警察に訴えたいので。
 盗聴・思考盗聴の対策
 考えたことが盗聴される。それは恐ろしい世界である。プライバシーも何もあったものではない。情報漏れを心配するならば、何も考えなければよい。そしたら何も情報が犯罪者に知られることはない。が、ずっと何も考えないわけにはいかない。防衛策が必要である。
1、電波をカットする。
 盗聴のレーダー波(スカラー波

考えるカマロ?

日本 朝鮮 人類滅亡 RPG

総務省 犯罪






盗聴被害と対策 03-3-16,6-14追加
盗聴の原理と対策
 思考盗聴とは、遠くから人の考えていることを電波で盗聴することである。同様の方法で会話の盗聴も行われて入る。それが97年10月から始まった(私の被害の始まり日)。考える行為は脳の中で行うものだからと、思考盗聴は脳波を読み取る類だと考えている人が多いが、実際には、思考時に振動する筋肉を電波で読み取る類である。理由は、思考盗聴の電波が当たると耳の前の筋肉が熱くなるからだ。脳波を読み取る類のものもないことはないが、それは複雑なプロセスを必要とするから、高度な機器を用いなくてはならず、あまり行われていない。
 参考
高度な電波機器
 一辺20×16センチのコンピューター小型モニターのついたものである。私はガラス越しに見たことがある。コンピューターで電波を自由にプログラムする機能がある。高価で犯罪組織から買取しなくては持てない。98年か99年頃の頃に近所のMに送られてきたときは、それは現在より古いタイプのものだが、三重県の運送屋のトラックでダンボールには「精密機械 注意」と記されていた。その荷物の到着日から、Mの家からは重たい感覚の新しい機械のようにまだきれいな無誘導コイルを用いたスカラー波が富んできた。コンピューター電波機器は三重・名古屋方面で製造しているのだろう。
脳波の読み取り
 これは言語や概念に対応する脳波パターンは、一般的なものもあるが、個人ごとにかなり異なる場合もあり、それを入力しなければならず、その脳波の言語と脳波との対応表を完了しなければならず、かなり手間がかかる。言葉の「あ」「い」などすべての音に対応する脳波の測定もかなり面倒な作業になる。よって、いつでもどこでも気軽に思考盗聴を行う連中の使っているものは、まったく別の技術である。
内耳の読み取り
 これを受けると、耳の中がつーんと痛くなったり、耳の中が響く感じとなる。が、思考盗聴されている期間、それはほとんどなかった。よって、内耳の振動読み取りの類ではない。
思考盗聴被害
 私は約5年半も思考盗聴被害にあっている。ふつうの盗聴被害は、会話したことが外部にもれることである。だから、うっかりしゃべらなければ、情報は漏れることもなく、会話内容にさえ注意していれば、情報や機密保持は可能だった。が、思考盗聴されると、うっかり大事なことを考えてしまうので、情報がなんでも盗まれるようになった。なにしろ、パスワードなどは番号を考えただけで、それでもう漏れるのである。これは怖い。人間は考えなしに行動することは難しいから、自分の行動の予定がばれてしまうのである。私は、かなりひどい迷惑を被った。噂を立てられること。それを消すのに一番苦労した。というのは夜寝る前に、うっかり寝言で、女性の名前を意識すると、明日にはそれを聞きつけた人々が、「風評がどうのこうの」と非難してくる。間接的な方法でそれを伝えてくるので、反論もしようがない。ただ平謝りするだけである。「私の意識管理のミスです。今後は意識に割り込まれないように注意します。」と。そんなことを何度もしていた。
盗聴の開発の歴史
 最初、盗聴は、窓ガラスの振動を読み取るとか、空気の振動を読み取るとか、いろいろ試みられたようだがが、アメをしゃぶると骨振動で音楽を伝えるというバンダイの製品「サイレントボイス」が97年の9月に開発されると、頭骨振動を読み取ることが私の近辺で、始まった。が、一ヶ月後、耳の斜め前の筋肉の振動の盗聴に変わる。それから、考える内容が漏れるようになった。日本では以後、この筋肉振動を読み取るのが主流である。というのは、思考するときに、こうとう筋が振動する、とどこかの書物(書物名を知っている人がいたら教えてほしい。)で呼んだことがある。それが盗聴に悪用されたのである。
 参考 骨伝導(テムコジャパン)
原理
 スカラー波を耳の斜め前の筋肉に当てて、その振動を読み取る。
秘密たれこみサイトとは? 03-3-18
 犯罪組織は盗聴で得た情報などを、犯罪組織に不利益をもたらす人の活動を妨害する目的で、2001年の4月頃から、一部マスコミ向けに流し始めた。マスコミは情報提供者を秘匿するから、それは告発されず安全だという理由からである。はじめは匿名メールによるものが中心だったが、その年の10月ころにはインターネットの匿名サイトに変わる。そのたれこみサイトは私生活を暴露するものだが、その対象はマスコミの関心のある人物に限定された。一般の被害者のために、わざわざその日常生活のすべてを監視したものをインターネットで発表することはない。しだいに電波犯罪の告発など活動の妨害ではなく、マスコミを情報操作することに目的が変わった。マスコミの関心のある人物に対して、犯罪組織がその私生活の情報を送った。対象はマスコミが関心のある有名人だった。そしてやがて、盗聴がそのままラジオで聞けるようなものもできる。
 一般の被害者の秘密サイトに記されているだろうこと。
 1、住所電話番号・写真・家族構成など基礎的な情報
2、生活記録(恋愛、性生活、1日の行動)
3、特定の問題に対する本人の考え(犯罪者ならばその事件に関する思いなど)
目的は本人を怪しげな人物にみせかけることである。もう一つは情報提供者として地位を確立するために、通常ならば知り得ない私生活を伝えることである。プライバシーで得た情報に基づき、正体を暴くという類である。もちろん犯罪組織に不利な内容はけっして掲載されない。
 一般の人の生活を監視して、それをサイトに発表しても意味がないから、正確な監視は行われていないものである。ふつうの被害者は心配しなくていい。
 私も電波犯罪をニュース23に告発してから犯罪者にマークされ、秘密サイトで私の日常の記録が公開されているらしい。さらに、私の声は秘密のラジオでも聞けるようだ。
 が、全部まだ秘密サイトを読んだことがないから、推測の段階である。実際にどんなことが書かれてあるのか興味深い。が、マスコミなどはそれらを告発しないが、個人のプライバシーを侵害するものであることは明らかだ。すぐにみつけしだいやめさせなくてはならない。マスコミがこんな個人のプライバシーの侵害を「情報源の秘匿」を理由に見過ごしているのは、私には信じられないものがあるが。
 盗聴の反対を叫ぶ者が盗聴を行い、真実を報道しようとする者が真実を隠す。いやな世の中になったものである。
もしそのサイトを知ったら、私にアドレス等を教えてほしい。すぐに警察に訴えたいので。
 盗聴・思考盗聴の対策
 考えたことが盗聴される。それは恐ろしい世界である。プライバシーも何もあったものではない。情報漏れを心配するならば、何も考えなければよい。そしたら何も情報が犯罪者に知られることはない。が、ずっと何も考えないわけにはいかない。防衛策が必要である。
1、電波をカットする。
 盗聴のレーダー波(スカラー波

総務省 犯罪



考える



盗聴被害と対策 03-3-16,6-14追加
盗聴の原理と対策
 思考盗聴とは、遠くから人の考えていることを電波で盗聴することである。同様の方法で会話の盗聴も行われて入る。それが97年10月から始まった(私の被害の始まり日)。考える行為は脳の中で行うものだからと、思考盗聴は脳波を読み取る類だと考えている人が多いが、実際には、思考時に振動する筋肉を電波で読み取る類である。理由は、思考盗聴の電波が当たると耳の前の筋肉が熱くなるからだ。脳波を読み取る類のものもないことはないが、それは複雑なプロセスを必要とするから、高度な機器を用いなくてはならず、あまり行われていない。
 参考
高度な電波機器
 一辺20×16センチのコンピューター小型モニターのついたものである。私はガラス越しに見たことがある。コンピューターで電波を自由にプログラムする機能がある。高価で犯罪組織から買取しなくては持てない。98年か99年頃の頃に近所のMに送られてきたときは、それは現在より古いタイプのものだが、三重県の運送屋のトラックでダンボールには「精密機械 注意」と記されていた。その荷物の到着日から、Mの家からは重たい感覚の新しい機械のようにまだきれいな無誘導コイルを用いたスカラー波が富んできた。コンピューター電波機器は三重・名古屋方面で製造しているのだろう。
脳波の読み取り
 これは言語や概念に対応する脳波パターンは、一般的なものもあるが、個人ごとにかなり異なる場合もあり、それを入力しなければならず、その脳波の言語と脳波との対応表を完了しなければならず、かなり手間がかかる。言葉の「あ」「い」などすべての音に対応する脳波の測定もかなり面倒な作業になる。よって、いつでもどこでも気軽に思考盗聴を行う連中の使っているものは、まったく別の技術である。
内耳の読み取り
 これを受けると、耳の中がつーんと痛くなったり、耳の中が響く感じとなる。が、思考盗聴されている期間、それはほとんどなかった。よって、内耳の振動読み取りの類ではない。
思考盗聴被害
 私は約5年半も思考盗聴被害にあっている。ふつうの盗聴被害は、会話したことが外部にもれることである。だから、うっかりしゃべらなければ、情報は漏れることもなく、会話内容にさえ注意していれば、情報や機密保持は可能だった。が、思考盗聴されると、うっかり大事なことを考えてしまうので、情報がなんでも盗まれるようになった。なにしろ、パスワードなどは番号を考えただけで、それでもう漏れるのである。これは怖い。人間は考えなしに行動することは難しいから、自分の行動の予定がばれてしまうのである。私は、かなりひどい迷惑を被った。噂を立てられること。それを消すのに一番苦労した。というのは夜寝る前に、うっかり寝言で、女性の名前を意識すると、明日にはそれを聞きつけた人々が、「風評がどうのこうの」と非難してくる。間接的な方法でそれを伝えてくるので、反論もしようがない。ただ平謝りするだけである。「私の意識管理のミスです。今後は意識に割り込まれないように注意します。」と。そんなことを何度もしていた。
盗聴の開発の歴史
 最初、盗聴は、窓ガラスの振動を読み取るとか、空気の振動を読み取るとか、いろいろ試みられたようだがが、アメをしゃぶると骨振動で音楽を伝えるというバンダイの製品「サイレントボイス」が97年の9月に開発されると、頭骨振動を読み取ることが私の近辺で、始まった。が、一ヶ月後、耳の斜め前の筋肉の振動の盗聴に変わる。それから、考える内容が漏れるようになった。日本では以後、この筋肉振動を読み取るのが主流である。というのは、思考するときに、こうとう筋が振動する、とどこかの書物(書物名を知っている人がいたら教えてほしい。)で呼んだことがある。それが盗聴に悪用されたのである。
 参考 骨伝導(テムコジャパン)
原理
 スカラー波を耳の斜め前の筋肉に当てて、その振動を読み取る。
秘密たれこみサイトとは? 03-3-18
 犯罪組織は盗聴で得た情報などを、犯罪組織に不利益をもたらす人の活動を妨害する目的で、2001年の4月頃から、一部マスコミ向けに流し始めた。マスコミは情報提供者を秘匿するから、それは告発されず安全だという理由からである。はじめは匿名メールによるものが中心だったが、その年の10月ころにはインターネットの匿名サイトに変わる。そのたれこみサイトは私生活を暴露するものだが、その対象はマスコミの関心のある人物に限定された。一般の被害者のために、わざわざその日常生活のすべてを監視したものをインターネットで発表することはない。しだいに電波犯罪の告発など活動の妨害ではなく、マスコミを情報操作することに目的が変わった。マスコミの関心のある人物に対して、犯罪組織がその私生活の情報を送った。対象はマスコミが関心のある有名人だった。そしてやがて、盗聴がそのままラジオで聞けるようなものもできる。
 一般の被害者の秘密サイトに記されているだろうこと。
 1、住所電話番号・写真・家族構成など基礎的な情報
2、生活記録(恋愛、性生活、1日の行動)
3、特定の問題に対する本人の考え(犯罪者ならばその事件に関する思いなど)
目的は本人を怪しげな人物にみせかけることである。もう一つは情報提供者として地位を確立するために、通常ならば知り得ない私生活を伝えることである。プライバシーで得た情報に基づき、正体を暴くという類である。もちろん犯罪組織に不利な内容はけっして掲載されない。
 一般の人の生活を監視して、それをサイトに発表しても意味がないから、正確な監視は行われていないものである。ふつうの被害者は心配しなくていい。
 私も電波犯罪をニュース23に告発してから犯罪者にマークされ、秘密サイトで私の日常の記録が公開されているらしい。さらに、私の声は秘密のラジオでも聞けるようだ。
 が、全部まだ秘密サイトを読んだことがないから、推測の段階である。実際にどんなことが書かれてあるのか興味深い。が、マスコミなどはそれらを告発しないが、個人のプライバシーを侵害するものであることは明らかだ。すぐにみつけしだいやめさせなくてはならない。マスコミがこんな個人のプライバシーの侵害を「情報源の秘匿」を理由に見過ごしているのは、私には信じられないものがあるが。
 盗聴の反対を叫ぶ者が盗聴を行い、真実を報道しようとする者が真実を隠す。いやな世の中になったものである。
もしそのサイトを知ったら、私にアドレス等を教えてほしい。すぐに警察に訴えたいので。
 盗聴・思考盗聴の対策
 考えたことが盗聴される。それは恐ろしい世界である。プライバシーも何もあったものではない。情報漏れを心配するならば、何も考えなければよい。そしたら何も情報が犯罪者に知られることはない。が、ずっと何も考えないわけにはいかない。防衛策が必要である。
1、電波をカットする。
 盗聴のレーダー波(スカラー波

やって良いことと悪いことの区別のつかない犯罪者のクズごときが、何故かインテリ気取りながら、集団ストーカーという汚い組織犯罪に巻き込まれた被害者全般を皮肉ったコピペなんか連投してるようだが、実に滑稽だぞ。

だいたい、この社会が集団ストーカーなんて組織犯罪を放置している時点で、そんなイカレタ社会はテメーごとき低脳がどう頑張ってみても、正当化なんかできやしなっからな。
最早、完全なる「腐敗社会」であることは事実だろ、残念ながら!
この程度の腐敗社会でエリート気取ってる奴なんざ、たいだい魂を抜かれた奴隷だと気づけ奴隷低脳が。

人類が滅びない文明を持ち続けたいなら、一番重要視すべき倫理道徳の問題を意図的に無視して、この期に及んでそこまでの小人の戯言をほざけるとは、勘違いはなはだしく、滑稽だぞ。
消え失せろ。

総務省 犯罪

考える




ヱヴァンゲリオン

盗聴被害と対策 03-3-16,6-14追加
盗聴の原理と対策
 思考盗聴とは、遠くから人の考えていることを電波で盗聴することである。同様の方法で会話の盗聴も行われて入る。それが97年10月から始まった(私の被害の始まり日)。考える行為は脳の中で行うものだからと、思考盗聴は脳波を読み取る類だと考えている人が多いが、実際には、思考時に振動する筋肉を電波で読み取る類である。理由は、思考盗聴の電波が当たると耳の前の筋肉が熱くなるからだ。脳波を読み取る類のものもないことはないが、それは複雑なプロセスを必要とするから、高度な機器を用いなくてはならず、あまり行われていない。
 参考
高度な電波機器
 一辺20×16センチのコンピューター小型モニターのついたものである。私はガラス越しに見たことがある。コンピューターで電波を自由にプログラムする機能がある。高価で犯罪組織から買取しなくては持てない。98年か99年頃の頃に近所のMに送られてきたときは、それは現在より古いタイプのものだが、三重県の運送屋のトラックでダンボールには「精密機械 注意」と記されていた。その荷物の到着日から、Mの家からは重たい感覚の新しい機械のようにまだきれいな無誘導コイルを用いたスカラー波が富んできた。コンピューター電波機器は三重・名古屋方面で製造しているのだろう。
脳波の読み取り
 これは言語や概念に対応する脳波パターンは、一般的なものもあるが、個人ごとにかなり異なる場合もあり、それを入力しなければならず、その脳波の言語と脳波との対応表を完了しなければならず、かなり手間がかかる。言葉の「あ」「い」などすべての音に対応する脳波の測定もかなり面倒な作業になる。よって、いつでもどこでも気軽に思考盗聴を行う連中の使っているものは、まったく別の技術である。
内耳の読み取り
 これを受けると、耳の中がつーんと痛くなったり、耳の中が響く感じとなる。が、思考盗聴されている期間、それはほとんどなかった。よって、内耳の振動読み取りの類ではない。
思考盗聴被害
 私は約5年半も思考盗聴被害にあっている。ふつうの盗聴被害は、会話したことが外部にもれることである。だから、うっかりしゃべらなければ、情報は漏れることもなく、会話内容にさえ注意していれば、情報や機密保持は可能だった。が、思考盗聴されると、うっかり大事なことを考えてしまうので、情報がなんでも盗まれるようになった。なにしろ、パスワードなどは番号を考えただけで、それでもう漏れるのである。これは怖い。人間は考えなしに行動することは難しいから、自分の行動の予定がばれてしまうのである。私は、かなりひどい迷惑を被った。噂を立てられること。それを消すのに一番苦労した。というのは夜寝る前に、うっかり寝言で、女性の名前を意識すると、明日にはそれを聞きつけた人々が、「風評がどうのこうの」と非難してくる。間接的な方法でそれを伝えてくるので、反論もしようがない。ただ平謝りするだけである。「私の意識管理のミスです。今後は意識に割り込まれないように注意します。」と。そんなことを何度もしていた。
盗聴の開発の歴史
 最初、盗聴は、窓ガラスの振動を読み取るとか、空気の振動を読み取るとか、いろいろ試みられたようだがが、アメをしゃぶると骨振動で音楽を伝えるというバンダイの製品「サイレントボイス」が97年の9月に開発されると、頭骨振動を読み取ることが私の近辺で、始まった。が、一ヶ月後、耳の斜め前の筋肉の振動の盗聴に変わる。それから、考える内容が漏れるようになった。日本では以後、この筋肉振動を読み取るのが主流である。というのは、思考するときに、こうとう筋が振動する、とどこかの書物(書物名を知っている人がいたら教えてほしい。)で呼んだことがある。それが盗聴に悪用されたのである。
 参考 骨伝導(テムコジャパン)
原理
 スカラー波を耳の斜め前の筋肉に当てて、その振動を読み取る。
秘密たれこみサイトとは? 03-3-18
 犯罪組織は盗聴で得た情報などを、犯罪組織に不利益をもたらす人の活動を妨害する目的で、2001年の4月頃から、一部マスコミ向けに流し始めた。マスコミは情報提供者を秘匿するから、それは告発されず安全だという理由からである。はじめは匿名メールによるものが中心だったが、その年の10月ころにはインターネットの匿名サイトに変わる。そのたれこみサイトは私生活を暴露するものだが、その対象はマスコミの関心のある人物に限定された。一般の被害者のために、わざわざその日常生活のすべてを監視したものをインターネットで発表することはない。しだいに電波犯罪の告発など活動の妨害ではなく、マスコミを情報操作することに目的が変わった。マスコミの関心のある人物に対して、犯罪組織がその私生活の情報を送った。対象はマスコミが関心のある有名人だった。そしてやがて、盗聴がそのままラジオで聞けるようなものもできる。
 一般の被害者の秘密サイトに記されているだろうこと。
 1、住所電話番号・写真・家族構成など基礎的な情報
2、生活記録(恋愛、性生活、1日の行動)
3、特定の問題に対する本人の考え(犯罪者ならばその事件に関する思いなど)
目的は本人を怪しげな人物にみせかけることである。もう一つは情報提供者として地位を確立するために、通常ならば知り得ない私生活を伝えることである。プライバシーで得た情報に基づき、正体を暴くという類である。もちろん犯罪組織に不利な内容はけっして掲載されない。
 一般の人の生活を監視して、それをサイトに発表しても意味がないから、正確な監視は行われていないものである。ふつうの被害者は心配しなくていい。
 私も電波犯罪をニュース23に告発してから犯罪者にマークされ、秘密サイトで私の日常の記録が公開されているらしい。さらに、私の声は秘密のラジオでも聞けるようだ。
 が、全部まだ秘密サイトを読んだことがないから、推測の段階である。実際にどんなことが書かれてあるのか興味深い。が、マスコミなどはそれらを告発しないが、個人のプライバシーを侵害するものであることは明らかだ。すぐにみつけしだいやめさせなくてはならない。マスコミがこんな個人のプライバシーの侵害を「情報源の秘匿」を理由に見過ごしているのは、私には信じられないものがあるが。
 盗聴の反対を叫ぶ者が盗聴を行い、真実を報道しようとする者が真実を隠す。いやな世の中になったものである。
もしそのサイトを知ったら、私にアドレス等を教えてほしい。すぐに警察に訴えたいので。
 盗聴・思考盗聴の対策
 考えたことが盗聴される。それは恐ろしい世界である。プライバシーも何もあったものではない。情報漏れを心配するならば、何も考えなければよい。そしたら何も情報が犯罪者に知られることはない。が、ずっと何も考えないわけにはいかない。防衛策が必要である。
1、電波をカットする。
 盗聴のレーダー波(スカラー波

麻布の恥













盗聴被害と対策 03-3-16,6-14追加
盗聴の原理と対策
 思考盗聴とは、遠くから人の考えていることを電波で盗聴することである。同様の方法で会話の盗聴も行われて入る。それが97年10月から始まった(私の被害の始まり日)。考える行為は脳の中で行うものだからと、思考盗聴は脳波を読み取る類だと考えている人が多いが、実際には、思考時に振動する筋肉を電波で読み取る類である。理由は、思考盗聴の電波が当たると耳の前の筋肉が熱くなるからだ。脳波を読み取る類のものもないことはないが、それは複雑なプロセスを必要とするから、高度な機器を用いなくてはならず、あまり行われていない。
 参考
高度な電波機器
 一辺20×16センチのコンピューター小型モニターのついたものである。私はガラス越しに見たことがある。コンピューターで電波を自由にプログラムする機能がある。高価で犯罪組織から買取しなくては持てない。98年か99年頃の頃に近所のMに送られてきたときは、それは現在より古いタイプのものだが、三重県の運送屋のトラックでダンボールには「精密機械 注意」と記されていた。その荷物の到着日から、Mの家からは重たい感覚の新しい機械のようにまだきれいな無誘導コイルを用いたスカラー波が富んできた。コンピューター電波機器は三重・名古屋方面で製造しているのだろう。
脳波の読み取り
 これは言語や概念に対応する脳波パターンは、一般的なものもあるが、個人ごとにかなり異なる場合もあり、それを入力しなければならず、その脳波の言語と脳波との対応表を完了しなければならず、かなり手間がかかる。言葉の「あ」「い」などすべての音に対応する脳波の測定もかなり面倒な作業になる。よって、いつでもどこでも気軽に思考盗聴を行う連中の使っているものは、まったく別の技術である。
内耳の読み取り
 これを受けると、耳の中がつーんと痛くなったり、耳の中が響く感じとなる。が、思考盗聴されている期間、それはほとんどなかった。よって、内耳の振動読み取りの類ではない。
思考盗聴被害
 私は約5年半も思考盗聴被害にあっている。ふつうの盗聴被害は、会話したことが外部にもれることである。だから、うっかりしゃべらなければ、情報は漏れることもなく、会話内容にさえ注意していれば、情報や機密保持は可能だった。が、思考盗聴されると、うっかり大事なことを考えてしまうので、情報がなんでも盗まれるようになった。なにしろ、パスワードなどは番号を考えただけで、それでもう漏れるのである。これは怖い。人間は考えなしに行動することは難しいから、自分の行動の予定がばれてしまうのである。私は、かなりひどい迷惑を被った。噂を立てられること。それを消すのに一番苦労した。というのは夜寝る前に、うっかり寝言で、女性の名前を意識すると、明日にはそれを聞きつけた人々が、「風評がどうのこうの」と非難してくる。間接的な方法でそれを伝えてくるので、反論もしようがない。ただ平謝りするだけである。「私の意識管理のミスです。今後は意識に割り込まれないように注意します。」と。そんなことを何度もしていた。
盗聴の開発の歴史
 最初、盗聴は、窓ガラスの振動を読み取るとか、空気の振動を読み取るとか、いろいろ試みられたようだがが、アメをしゃぶると骨振動で音楽を伝えるというバンダイの製品「サイレントボイス」が97年の9月に開発されると、頭骨振動を読み取ることが私の近辺で、始まった。が、一ヶ月後、耳の斜め前の筋肉の振動の盗聴に変わる。それから、考える内容が漏れるようになった。日本では以後、この筋肉振動を読み取るのが主流である。というのは、思考するときに、こうとう筋が振動する、とどこかの書物(書物名を知っている人がいたら教えてほしい。)で呼んだことがある。それが盗聴に悪用されたのである。
 参考 骨伝導(テムコジャパン)
原理
 スカラー波を耳の斜め前の筋肉に当てて、その振動を読み取る。
秘密たれこみサイトとは? 03-3-18
 犯罪組織は盗聴で得た情報などを、犯罪組織に不利益をもたらす人の活動を妨害する目的で、2001年の4月頃から、一部マスコミ向けに流し始めた。マスコミは情報提供者を秘匿するから、それは告発されず安全だという理由からである。はじめは匿名メールによるものが中心だったが、その年の10月ころにはインターネットの匿名サイトに変わる。そのたれこみサイトは私生活を暴露するものだが、その対象はマスコミの関心のある人物に限定された。一般の被害者のために、わざわざその日常生活のすべてを監視したものをインターネットで発表することはない。しだいに電波犯罪の告発など活動の妨害ではなく、マスコミを情報操作することに目的が変わった。マスコミの関心のある人物に対して、犯罪組織がその私生活の情報を送った。対象はマスコミが関心のある有名人だった。そしてやがて、盗聴がそのままラジオで聞けるようなものもできる。
 一般の被害者の秘密サイトに記されているだろうこと。
 1、住所電話番号・写真・家族構成など基礎的な情報
2、生活記録(恋愛、性生活、1日の行動)
3、特定の問題に対する本人の考え(犯罪者ならばその事件に関する思いなど)
目的は本人を怪しげな人物にみせかけることである。もう一つは情報提供者として地位を確立するために、通常ならば知り得ない私生活を伝えることである。プライバシーで得た情報に基づき、正体を暴くという類である。もちろん犯罪組織に不利な内容はけっして掲載されない。
 一般の人の生活を監視して、それをサイトに発表しても意味がないから、正確な監視は行われていないものである。ふつうの被害者は心配しなくていい。
 私も電波犯罪をニュース23に告発してから犯罪者にマークされ、秘密サイトで私の日常の記録が公開されているらしい。さらに、私の声は秘密のラジオでも聞けるようだ。
 が、全部まだ秘密サイトを読んだことがないから、推測の段階である。実際にどんなことが書かれてあるのか興味深い。が、マスコミなどはそれらを告発しないが、個人のプライバシーを侵害するものであることは明らかだ。すぐにみつけしだいやめさせなくてはならない。マスコミがこんな個人のプライバシーの侵害を「情報源の秘匿」を理由に見過ごしているのは、私には信じられないものがあるが。
 盗聴の反対を叫ぶ者が盗聴を行い、真実を報道しようとする者が真実を隠す。いやな世の中になったものである。
もしそのサイトを知ったら、私にアドレス等を教えてほしい。すぐに警察に訴えたいので。
 盗聴・思考盗聴の対策
 考えたことが盗聴される。それは恐ろしい世界である。プライバシーも何もあったものではない。情報漏れを心配するならば、何も考えなければよい。そしたら何も情報が犯罪者に知られることはない。が、ずっと何も考えないわけにはいかない。防衛策が必要である。
1、電波をカットする。
 盗聴のレーダー波(スカラー波

だって、考える?






盗聴被害と対策 03-3-16,6-14追加
盗聴の原理と対策
 思考盗聴とは、遠くから人の考えていることを電波で盗聴することである。同様の方法で会話の盗聴も行われて入る。それが97年10月から始まった(私の被害の始まり日)。考える行為は脳の中で行うものだからと、思考盗聴は脳波を読み取る類だと考えている人が多いが、実際には、思考時に振動する筋肉を電波で読み取る類である。理由は、思考盗聴の電波が当たると耳の前の筋肉が熱くなるからだ。脳波を読み取る類のものもないことはないが、それは複雑なプロセスを必要とするから、高度な機器を用いなくてはならず、あまり行われていない。
 参考
高度な電波機器
 一辺20×16センチのコンピューター小型モニターのついたものである。私はガラス越しに見たことがある。コンピューターで電波を自由にプログラムする機能がある。高価で犯罪組織から買取しなくては持てない。98年か99年頃の頃に近所のMに送られてきたときは、それは現在より古いタイプのものだが、三重県の運送屋のトラックでダンボールには「精密機械 注意」と記されていた。その荷物の到着日から、Mの家からは重たい感覚の新しい機械のようにまだきれいな無誘導コイルを用いたスカラー波が富んできた。コンピューター電波機器は三重・名古屋方面で製造しているのだろう。
脳波の読み取り
 これは言語や概念に対応する脳波パターンは、一般的なものもあるが、個人ごとにかなり異なる場合もあり、それを入力しなければならず、その脳波の言語と脳波との対応表を完了しなければならず、かなり手間がかかる。言葉の「あ」「い」などすべての音に対応する脳波の測定もかなり面倒な作業になる。よって、いつでもどこでも気軽に思考盗聴を行う連中の使っているものは、まったく別の技術である。
内耳の読み取り
 これを受けると、耳の中がつーんと痛くなったり、耳の中が響く感じとなる。が、思考盗聴されている期間、それはほとんどなかった。よって、内耳の振動読み取りの類ではない。
思考盗聴被害
 私は約5年半も思考盗聴被害にあっている。ふつうの盗聴被害は、会話したことが外部にもれることである。だから、うっかりしゃべらなければ、情報は漏れることもなく、会話内容にさえ注意していれば、情報や機密保持は可能だった。が、思考盗聴されると、うっかり大事なことを考えてしまうので、情報がなんでも盗まれるようになった。なにしろ、パスワードなどは番号を考えただけで、それでもう漏れるのである。これは怖い。人間は考えなしに行動することは難しいから、自分の行動の予定がばれてしまうのである。私は、かなりひどい迷惑を被った。噂を立てられること。それを消すのに一番苦労した。というのは夜寝る前に、うっかり寝言で、女性の名前を意識すると、明日にはそれを聞きつけた人々が、「風評がどうのこうの」と非難してくる。間接的な方法でそれを伝えてくるので、反論もしようがない。ただ平謝りするだけである。「私の意識管理のミスです。今後は意識に割り込まれないように注意します。」と。そんなことを何度もしていた。
盗聴の開発の歴史
 最初、盗聴は、窓ガラスの振動を読み取るとか、空気の振動を読み取るとか、いろいろ試みられたようだがが、アメをしゃぶると骨振動で音楽を伝えるというバンダイの製品「サイレントボイス」が97年の9月に開発されると、頭骨振動を読み取ることが私の近辺で、始まった。が、一ヶ月後、耳の斜め前の筋肉の振動の盗聴に変わる。それから、考える内容が漏れるようになった。日本では以後、この筋肉振動を読み取るのが主流である。というのは、思考するときに、こうとう筋が振動する、とどこかの書物(書物名を知っている人がいたら教えてほしい。)で呼んだことがある。それが盗聴に悪用されたのである。
 参考 骨伝導(テムコジャパン)
原理
 スカラー波を耳の斜め前の筋肉に当てて、その振動を読み取る。
秘密たれこみサイトとは? 03-3-18
 犯罪組織は盗聴で得た情報などを、犯罪組織に不利益をもたらす人の活動を妨害する目的で、2001年の4月頃から、一部マスコミ向けに流し始めた。マスコミは情報提供者を秘匿するから、それは告発されず安全だという理由からである。はじめは匿名メールによるものが中心だったが、その年の10月ころにはインターネットの匿名サイトに変わる。そのたれこみサイトは私生活を暴露するものだが、その対象はマスコミの関心のある人物に限定された。一般の被害者のために、わざわざその日常生活のすべてを監視したものをインターネットで発表することはない。しだいに電波犯罪の告発など活動の妨害ではなく、マスコミを情報操作することに目的が変わった。マスコミの関心のある人物に対して、犯罪組織がその私生活の情報を送った。対象はマスコミが関心のある有名人だった。そしてやがて、盗聴がそのままラジオで聞けるようなものもできる。
 一般の被害者の秘密サイトに記されているだろうこと。
 1、住所電話番号・写真・家族構成など基礎的な情報
2、生活記録(恋愛、性生活、1日の行動)
3、特定の問題に対する本人の考え(犯罪者ならばその事件に関する思いなど)
目的は本人を怪しげな人物にみせかけることである。もう一つは情報提供者として地位を確立するために、通常ならば知り得ない私生活を伝えることである。プライバシーで得た情報に基づき、正体を暴くという類である。もちろん犯罪組織に不利な内容はけっして掲載されない。
 一般の人の生活を監視して、それをサイトに発表しても意味がないから、正確な監視は行われていないものである。ふつうの被害者は心配しなくていい。
 私も電波犯罪をニュース23に告発してから犯罪者にマークされ、秘密サイトで私の日常の記録が公開されているらしい。さらに、私の声は秘密のラジオでも聞けるようだ。
 が、全部まだ秘密サイトを読んだことがないから、推測の段階である。実際にどんなことが書かれてあるのか興味深い。が、マスコミなどはそれらを告発しないが、個人のプライバシーを侵害するものであることは明らかだ。すぐにみつけしだいやめさせなくてはならない。マスコミがこんな個人のプライバシーの侵害を「情報源の秘匿」を理由に見過ごしているのは、私には信じられないものがあるが。
 盗聴の反対を叫ぶ者が盗聴を行い、真実を報道しようとする者が真実を隠す。いやな世の中になったものである。
もしそのサイトを知ったら、私にアドレス等を教えてほしい。すぐに警察に訴えたいので。
 盗聴・思考盗聴の対策
 考えたことが盗聴される。それは恐ろしい世界である。プライバシーも何もあったものではない。情報漏れを心配するならば、何も考えなければよい。そしたら何も情報が犯罪者に知られることはない。が、ずっと何も考えないわけにはいかない。防衛策が必要である。
1、電波をカットする。
 盗聴のレーダー波(スカラー波

先生たち ロッド・スチュワード



やっぱり 印刷

プレスリー デヴィッド・ボーイ

デヴィッド・ボーイ プレスリー

マイクロ波 デヴィッド・ボーイ

アルマゲドン アルマゲドン

これを知らずして死ねるか

コピー国家 コピー国家

国家好機


コピー国家


コピー国家


警察に通報済み


国家には勝てない「考える時間」


第三次世界大戦



大分県 重光 アンパン買って来い



ヒーローヒロシ 稲葉浩(浩志)

浩志は死ね

ヒロシは死ね


神は 金丸征太郎氏 が生まれた


ヒロシは死ね

ヒロシは死ね

ヒロシは死ね

ヒロシは寝て待てば、考える?





日本人に唾 アルマゲドン 恥の底








どう、考える? 国家沈没




日本人に唾



大分県 重光 アンパン買って来い



ヒーローヒロシ 稲葉浩(浩志)

浩志は死ね

ヒロシは死ね


神は 金丸征太郎氏 が生まれた


ヒロシは死ね

ヒロシは死ね

ヒロシは死ね

ヒロシは寝て待てば、考える?





日本人に唾 アルマゲドン 恥の底








どう、考える? 国家沈没



歌舞伎町は朝鮮 焼肉屋は朝鮮 パチンコ焼肉屋 ヱヴァンゲリオン

加盟店(式)朝寝坊 ぞっとする




西さんと鹿野真が気づかない


アルマゲドンの恥

バカ国家







パチンコ焼肉屋

神は 金丸征太郎氏 が生まれた

ヒロシは死ね

ヒロシは死ね
ヒロシは死ね
ヒロシは寝て待てば、考える?


日本人



ヒロシは死ね

神は 金丸征太郎氏 が生まれた

ヒロシは死ね

ヒロシは死ね
ヒロシは死ね
ヒロシは寝て待てば、考える?


日本人に

ヒロシは死ね

神は 金丸征太郎氏 が生まれた

ヒロシは死ね

ヒロシは死ね
ヒロシは死ね
ヒロシは寝て待てば、考える?


日本人



ヒロシは死ね

神は 金丸征太郎氏 が生まれた

ヒロシは死ね

ヒロシは死ね
ヒロシは死ね
ヒロシは寝て待てば、考える?


ヒロシは死ね

神は 金丸征太郎氏 が生まれた

ヒロシは死ね

ヒロシは死ね
ヒロシは死ね
ヒロシは寝て待てば、考える?


日本人
ヒロシは死ね

神は 金丸征太郎氏 が生まれた

ヒロシは死ね

ヒロシは死ね
ヒロシは死ね
ヒロシは寝て待てば、考える?


日本人

ヒロシは死ね

ヒロシは死ね
ヒロシは死ね
ヒロシは死ね

ヒロシは死ね
ヒロシは死ね
ヒロシは死ね

ヒロシは死ね

枕営業 分かって下さい♪ 稲葉

ヒロシは死ね

総務省 犯罪



ヒロシは死ね



「パチンコ焼肉屋は朝鮮」

はせべかずお
恥はない 長谷部和夫 死ねるか

ほれハウス

団塊の犬

はせべかずお
恥はない 長谷部和夫 死ねるか


はせべかずお
恥はない 長谷部和夫 死ねるか

真実の歴史 (ブログ)


『本物の神を造る』

銀歯埋め込み式ICチップ (平成22年5月更新) 2014.01.01

http://www.wired.com/science/discoveries/news/2002/06/53302

きっと上の写真は集スト被害者は見た事がある方は多いかと思いますが、銀歯の中に

インプラントが埋められており、骨伝道などにより思考盗聴に利用されるという説明写真です。

以前から言っていますが私は思考盗聴の被害者です。思考盗聴だけに限らず思考送信や

思考誘導などもやられています。そして、他の被害者の方に思考盗聴は歯にインプラントが

入っており、銀歯を取り除けば大丈夫だという助言をいただきました。

その為に前回、日本に一時帰国をした際に歯の中にある銀歯14本全てを抜く計画を

立てました。学生の私にとって14本全てをセラミックにするのは金銭的にとても

つらい物がありましたが、それまで思考盗聴、思考送信で本当に苦しめられていた為に

藁をもすがる気持ちで全てセラミックにする決意をしました。金額にして約40万円です。

そして、まずは右の半分を全てセラミックに変更して、その後に左半分をセラミックに

するという手順で治療が進んだのですが、右の歯全てをセラミックに変えても全く

思考盗聴は終わりません。当然と言えば当然ですが、そして左の歯を全て抜いて一時的な

詰め歯を入れました。その時点では歯の中には全て銀歯がない状態です。

それにも関わらず全く思考盗聴、思考送信がなくなる事がありませんでした。

もちろん、歯医者にもICチップが入っていると思うので銀歯をセラミックにするという事は

話してあります。そして、歯の中に銀歯がない状態で約1週間ありましたが、

被害が収まることが無かったので、歯医者に事情を話して金銭的に厳しい為に左側半分は

やはり銀歯にする事にしました。右側は全てセラミックの白い歯なのですが左側は

古い銀歯を新しい銀歯にするという訳の分からない事をしました。(下に写真掲載)

その結果、私の歯は右側は全て白いですが、左側は7本銀歯です。とてもバランスの

悪い歯になっています。更には約25万円という金額をドブに捨てる事になりました。

私が事業をやっていた時に散々の嫌がらせにあいながら貯めたお金です。

前回も書いていますが、この嫌がらせが原因で散々ぼったくりにあい合計損失額は

間違いなく1千万は超えている筈です。本当に気違いカルトには頭にきます。

ちなみに体の中には色々な場所にインプラントが埋め込まれている可能性もあるようです。

下のURLはアメリカ政府による拷問という名前のURLのサイトになりますが、こちらで

紹介している写真で耳の中にインプラントが入っている物があります。私は1年位前に

耳の裏に傷が出来て凄く痒さを感じた時期がありました。もしかしたら耳の裏にも

埋められているかもしれません。最近、耳の裏の写真を撮ってみたところ左耳の裏に

右耳に比べて何か縫われたような痕があるように思えます。これも写真を公開しますので、

見比べてみて下さい。

乳幼児期に得られなかった感覚を社会全体に強要することが、
あたかも人類普遍のメッセージであるかのように信じてやまない谷洋一郎と三浦勝也
 
お前らが得られなかったものが何かを理解しない人間がお前らのほざくインテリなんだろう
 
お前らは自分の歪みを見ないから他人を歪めて見るしかない害毒なんだよ
 
北朝鮮がお似合い

県警


重光和夫 アンパン買って来い

千葉県に在日 社会福祉法人
ー日本人ー抗議したら ストーカー
     国家には勝てない事件


48:04/16(水) 12:45
他スレのレスコピーして置きます。
俺んちの田舎、在日朝鮮人学校があるんだわ。で、そういうところって必ず朝鮮人部落ってのがあるんだよね。
朝鮮人なんかが犯罪犯してそこに逃げ込まれると、警察も手出しが出来ないくらいの暗黒街なんだわ。
親から『あの近所には絶対近づくな。どうしてもあの近所に用があるときは、包丁でもなんでもいいから、必ず武器を持っていけ』
って言われたくらいだからね。俺が小学校高学年の時かな。

下校途中の中学生の女の子が、在日朝鮮人学校の生徒にレイプされる事件があったんだよ。
たまたま一緒にいたクラスメートの男子が助けに入ったんだけど、彼はバットか何かで頭を殴られてしまったんだ。

女の子の方は、部落に引きずり込まれてさんざん嬲られた挙句、あそこに電球つっこまれて、それが中で割れちゃっててひどい事になっていたらしい。

結局、頭を割られて血まみれになったクラスメートの男子と一緒に、ほとんど全裸で通りに放り出されていたのを通行人に助けられたんだ。
頭を割られた男の子は、頭蓋骨陥没骨折と脳挫傷で3日後に死亡、
女の子もレイプされたショックから立ち直れず、半年くらい後に、『お母さん、ごめんなさい』
って遺書を書いて自殺しちゃったよ。

俺はその時、子供ながら
『何で、あの女の子が“お母さん、ごめんなさい”なんて書いて自殺しなきゃなんないんだ?悪いのはみんな在日朝鮮人だろう!!』
って、物凄い怒りを覚えたよ。

警察も動いたけど、結局、部落には踏み込めなかったよ。
最後に警察が掴んだ情報は、『犯人は総連にその日のうちに保護されたもよう、2〜3日後に総連の保護のもと、北に逃げたと思われる。』
という情報だけだったそうだ。

女の子が自殺して二年くらい経った時かな。
被害者の遺族あてに差出人不明のいやがらせの手紙が届いたんだ。
内容は『お前達の息子を殺し娘を犯した者達はわが祖国で労働英雄となった。いい気味だな日本人』という内容だったそうだ。

結局、被害にあった家族はみんな町を捨ててどこかに引っ越していった。
(例の日本人小学生を斧で殴った朝鮮人も無罪になりました。)

同化病の主観世界から見たら同化病以外は悪人に見えるんだよなww

皆殺しにされろクズが

総務省 犯罪


ー「1台を 2億3千2百万円」ー


"「1台を 2億3千2百万円」"


:「1台を 2億3千2百万円」:


<<前の日記へ | 次の日記へ>>
国内家電メーカーはすでに思考盗聴機を秘匿に販売している。東芝元社員の告発文章その一

思考盗聴関係のページを調べていったところ、現在ではすでに国内家電メーカーが秘匿に思考盗聴機を売っていると言うのです。マジで驚きました。NEC府中工場では、1台を2億3千2百万円の50台をワンセットで販売しているそうです。(他のページから抜粋させてもらいました。)法人や軍事関係にしか販売しておらず、個人は購入不可との事です。これは読み取り専門と言う事です。下記で言うと1番のみ。

ここでもう一度思考盗聴機でできる事をまとめたいと思います。これは思考盗聴機によって幅があるようですが基本的は機能は次のとおり。

1、ターゲット(被害者)の視界と考えている言葉、感触、快感、不快感がリアルタイムでモニターできる。
2、ターゲットに対してかなり離れたところにいたとしても、直接話しかけることができる。ターゲットには耳元からもしくは脳内から聞こえているように感じられるといいます。
3、ターゲットの感情を操る事ができる。喜び、悲しみ、怒りなど。
4、ターゲットの肉体を傷つけたり、障害を起こしたり、痒みを起こす事が可能。心肺機能を停止させる事も可能!
そして次が一番恐ろしいのですが、
5、ターゲットの意志とは無関係にターゲットの体を意のままに操る事ができる。

国内ではIBMが一番開発が早く特許を取ったようなのですが、(世界ではアメリカで70年代)次についで東芝、そして昨今では三菱、NECが後に続くようです。

そして読み進んでいくうちに東芝元社員 金丸 征太郎氏の方の告発の文章を発見しました。無転ではありますがより多くの方に知っていただいたほうが良いと感じたので、ここに掲載させていただきます。しかしこれは東芝に限った事ではなく、思考盗聴機を製造販売している全ての会社に言えることでしょう。そしてもし僕が製造者側であるならば、現在の製造者と同じ事をしてしまうかもしれないと思うのです。






ヱヴァンゲリオン



大分県 重光 アンパン買って来い


思考盗聴器 「この世は 三次元」






アルマゲドン 公安 国家犯罪

アルマゲドン

227:9/30(月) 先行きは、オウム事件と同じですからね


ここ解いて下さい

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●759:05/25(金) 10:41
GHQの意向で天皇カルト信者だった官僚、政治家、軍人、秘密警察、国防婦人会、警防団、防犯協会、暴力団など極右勢力を創価にぶち込んで再教育している。
こいつらが一般国民に嫉妬して悪さをしている。



HAARPと遠隔的神経監視(RNM):

〈思考盗聴器と認める〉
電磁波人命探査装置-新語探検

災害の救助目的や犯罪の捜査目的に使われる電磁波による対人探査装置。「シリウス」とよばれている。装置から電磁波を放射することによって、地中に閉じ込められた人の心臓や肺などに当たっ…て

アルマゲドン

227:9/30(月) 先行きは、オウム事件と同じですからね


ここ解いて下さい

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●759:05/25(金) 10:41
GHQの意向で天皇カルト信者だった官僚、政治家、軍人、秘密警察、国防婦人会、警防団、防犯協会、暴力団など極右勢力を創価にぶち込んで再教育している。
こいつらが一般国民に嫉妬して悪さをしている。



HAARPと遠隔的神経監視(RNM):




原因について Why? Why?
〈こだわってください〉


コメント1年生です。
インターネットで7年間 思考盗聴器は有るな と思う同じ環境にいたので指摘に戸惑うことが多々あり、我慢なりません。


なぜ斬っても叩いても 反映しないのでしょう。


その1つが精神疾患なんですが

10代後半と20代前半

第3反抗期に思春期と勉強


 10代後半→第3反抗期→勉強(脳が負け)→思春期(友達に失恋)→20代前半


後は、そういう雰囲気がありません。


医師
「最近は42歳に 多い」
まるまる(金丸 征太郎氏)


テクノロジー犯罪

集団ストーカー工作員
          大男が叫ぶ

http://m.youtube.com/watch?v=BdkrcYCBZUQ&fulldescription=1&gl=JP&hl=ja&guid=&client=mv-google  2012/07/01

毎度お騒がせの、浦和の商店街。
何か大きな破壊音が立て続けに、叫び声とともに轟きました。

闇の権力に関するジャーナリストである私は、後々の為、録画記録して(対立する宗教に対する嫌がらせ行為ではないか?)


「病気です」から 昼夜兵器

遅滞性に遺伝は無いでしょう

こだわって下さい=同化病以外のカラクリを見いだせ

谷洋一郎

死ねるもんなら死ねや。の関西爺さん。ならば何で就職させないでテクノロジーで勝負すんの?(笑)
関西爺さん大嫌い。キモイ。お前の存在じたいが許せない、死ねや。爺さんトシの順だろ

今日も国道で腹が立ったらしく、また筋の腫れを作られたチルノ(笑)

自殺するまで就職阻止と病院阻止で地味な格好にて家から出なくなって自殺しろと要求するクジさん親戚

今年中に顔で絶対自殺要求する関西爺さん(笑)その前に生活貧困から病死しているよ(笑)

モップのような頭の爬虫類目の脚だけが細いダサいブスな妻の為に妻に喜んで貰う為に顔を崩しているホリエモン。音声送信のその妻はマスクしてモップのようなダサい服で現れた(爆)

モップのような頭の爬虫類目の脚だけが細いダサいブスな妻の為に妻に喜んで貰う為に顔を崩しているホリエモン。音声送信のその妻はマスクしてモップのようなダサい服で現れた(爆)その悔しさからかチルノの顔に腫れを作った悔しがる妻(笑)

爬虫類顔の妻の為にチルノを人間の顔じゃなく変形させるテクノロジーになっている(笑)

深海魚女ら親戚と爬虫類顔女ら親戚の為にチルノが人間の顔じゃなくなるテクノロジー

二年半年顔で悩んだり泣いたりしたことないチルノを顔で今年中に自殺出来ると申告した音声送信

悩まない泣かないチルノに自律神経操作や感情操作にて無理やり流せようとするバカ音声送信

後は死ぬのを待つだけのチルノに、[足が太い、醜い、おばあさんで女として全国が認めた。チルノより八戸婦人部らがチルノより女だと認められて評判だ!]と今日煩く話しかける音声送信。

[チルノはおばあさんで婦人部さんは女だと全国に国道たちが認めた!ザマー見ろ!泣け!僻め!悔しいと自殺しろ!]と今日言われたチルノ(笑)

[チルノは女じゃない!全国で女じゃないと認めた!私達婦人部さんたちの勝ち!]と今日申告されたチルノ(笑)

[いつまで続くと思うんだ?いつまで耐えられるかな?作って良いか?]と毎日確認しているバカリーダー音声送信(笑)死ぬまで一生作れと毎日言われても脅迫になっているからと話しかけているらしい(爆)

ハローワークにて検索中[まだ分からないのか?お前に仕事はないんだ!死ぬ人間は仕事を探さなくて良い]と言われたからムカついて今日ドタキャンして帰ったチルノ。その寝ていた朝は[仕事をしろ!]だった。精神的に奴隷になるのは耐えられないから仕事しないで病死する予定でいるチルノ(笑)

ハローワークにて検索中[まだ分からないのか?お前に仕事はないんだ!死ぬ人間は仕事を探さなくて良い]と言われたからムカついて今日ドタキャンして帰ったチルノ。その寝ていた朝は[仕事をしろ!]だった。精神的に奴隷になるのは耐えられないから仕事しないで病死する予定でいるチルノ(笑)

しかもヨーカ堂にて工作員と仄めかしや中傷を仕掛ける予定でいたバカ音声送信(笑)

[アナタの顔に作ったものを私達がバカにして笑いたいだけなんです]と音声送信女性に言われた。[耐えられないから死ぬ]と思考介入する低脳女(爆)

私ならば責任をとれます!自殺するまでしつこく顔を老けさせて止めない!と言う音声送信バカ女

ここ最近違う加害者が来てるのか[顔で自殺しろ]と毎日言われてると言うと[違います。泣いて欲しいだけで顔を崩してます]と言ってたバカ女(笑)数時間後[死んで欲しくて顔を狙ったから死ぬまで止めないから死ねよ。皆お前が死ぬのを待っているだけだ]とあやふやを言うようになった音声送信のクリアのレベルを下げた釣り

微妙な思考介入と体感操作にて泣くイメージを送りつけては流せようとしているバカ音声送信ら。[泣いても止めないから死ぬまで崩すのを頑張りましょー]と言うアホ音声送信ら(笑)

病死する人間に[ごめんなさい]を言わせようとするバカオヤジ。死ぬだけだから言わない!(笑)

病死する人間に[ごめんなさい]を言わせようとするバカオヤジ。死ぬだけだから言わない!(笑)ごめんなさいを言わせても顔は戻さないで妻らの女性らが一生チルノを見下す工作になっている(笑)

顔を戻さないルールにて[鏡をみろ]を要求している意味不明な釣り

ごめんなさいを言わせようとした見苦しい思考介入の操作姿に死んだ方がマシだと思ったチルノは言わない

顔はテクノロジーで崩すだけで戻してはいけないのは被害者にメリットを与えてはいけないから。土下座するイメージをさせて[その通り]と言う音声送信。土下座だけには耐えられないから土下座させる為に顔を崩して戻さない音声送信オヤジ(笑)

死ぬ人間は土下座もごめんなさいも必要はない。さっさと死にたいチルノ(笑)

土下座のイメージをすると[やろう][その通り][簡単だろ]と言う音声送信。この屈辱に耐えられないから顔を棄てたチルノに[良く考えろ!]と土下座を強要する音声送信アホオヤジ。土下座するくらないならばクジに灯油かけた方がマシだ!(笑)

土下座 は屈辱を与える行為で[俺らに逆らうな]との意味である。最後は逆らわないで自殺しろを言いたいだけである(笑)

土下座するまで嫌がらせを繰り返し土下座すると[二度と騙されるなバカ]と言ってチルノをバカにする為だけに騙して土下座させる事を強要する音声送信。土下座しても顔も耳も身体も人生は戻らない。

[土下座したら胸が戻るのか?] とチルノがきいたら[戻るわけねーだろ]と言った音声送信。顔も同じならば土下座する必要も謝る必要もない

土下座は音声送信の釣りでしても何も変わらない。俺らに逆らうな!と思わせたいだけの騙し

過去に土下座しても何も変化が起きた事はない。過去に謝っても何も変化した事はない!

つまり土下座しても何も変わらない。テクノロジーの変化にて土下座して屈辱を味あわせて屈辱から自殺させたいだけ。病死出来る環境を作られたので二度と土下座する環境ではなくなった(笑)

病死出来る環境を作ったならば土下座する必要はない(爆)

チルノの左胸にて感覚をつくり勝負をかける見苦しいホリエモンとホリエモンの妻(笑)

最大の弱点は病死出来る金がない環境

病死出来る環境のチルノが奴隷になっても人生は戻りません(笑)

病死出来る環境のチルノが奴隷になっても顔は戻りません(笑)

病死出来る環境のチルノが奴隷になっても金が入りません(笑)

音声送信リーダーいわく[お前はオモチャなんだよ。もっと泣いて喚いて楽しませろよ!詰まらねー!俺の望んだA型の性格になれ!楽しませろ!]

[ここ八戸は自殺して死ぬだけの人間に何も返して戻してはいけない!助けてはいけない!仕事も金も顔も健康も!]と意味でしている。

[ここ八戸は自殺して死ぬだけの人間に何も返して戻してはいけない!助けてはいけない!仕事も金も顔も健康も!]と意味でしている。
が死ぬ人間に土下座を要求するバカオヤジ

去年から今年で勝負をつけたくて[女は仕事より顔を選べ、女は金より顔を選べ、女は命より顔を選ぶのが当たり前で普通なんだよ!さっさと選べコノやろー!]とキレたバカオヤジ(笑)

去年から今年で勝負をつけたくて[女は仕事より顔を選べ、女は金より顔を選べ、女は命より顔を選ぶのが当たり前で普通なんだよ!さっさと選べコノやろー!]とキレたバカオヤジ(笑)←顔の為に命を棄てて自殺しろと言ったのはリーダーである(笑)

[これまでお前に本当の女を見せてやった!]と言ってた八戸音声送信バカたち (笑)ちゃっちい~布団と同じ下敷きだけのマグロ女が大好きな八戸のヤクザたち(笑)チルノはシャキーラが好きだが(爆)これが本当の女じゃないのか?

本当の女を知らないアニヲタと八戸オヤジに婦人部ら(爆)シャキーラみたいのが女だと思うが(爆)良く、二年もちゃっちい~の出して女だと自惚れて人を笑えてたよな?(笑)チルノはアンタらを笑ってました(爆)

チルノを笑い続けた女性らを二年数ヶ月も笑っていたチルノ(爆)

シャキーラで気付けよ!(爆)シャキーラのシーウルフ見たら?こういうのがチルノから見たら男がエッチで好きな良い女だと信じてるが(笑)女にモテない男や経験の少ない男にマグロ女しか好かないのは好まないだろうね~(爆)

チルノ一生死ぬまで爆笑し続けられる(爆)

シャキーラは3~4年前に知ってるから八戸オヤジらの良い女に爆笑し続けているのに気付けよ!(爆)

恣意的利益のために他者は害するが自分達は害させない

チョンには犬の哲学があるのみだ谷洋一郎

朝鮮人特有の同化病だけが事を複雑化し世界を撹乱してるだけだ

朝鮮人は丸裸なんだわ谷洋一郎

[自分がシャキーラより良い女だ]と自慢するホリエモンと自惚れたホリエモンの妻に地味子(爆)

うるせー関西爺さん。お前など、お呼びじゃない

シャキーラより良い女族だと自惚れた八戸婦人部と娘ら(爆)無理だよ(笑)

関西爺さんは何時までもチョンとか言ってろ(爆)お前の妻見てると目が腐るからYouTubeでシャキーラのシーウルフ見てる方が人生幸せ過ぎた(笑)

関西爺さんといると自分の人生勿体無さすぎ!自分の人生楽しめないからチルノをいじめてるがチルノはシャキーラなどに興味あり昔から八戸婦人部や近所のババアに娘らを意識した事はない(爆)自惚れるな!豚族!

何時までも勘違いしてんなよ!豚族!お前が気付けよ!バカ男の音声送信

シャキーラより女としての失格者のバカ族八戸婦人部

シャキーラシャキーラとやかましいな

シャキーラが思い出せなくとも朝鮮人は不要だし害悪なんだわ

分からないかな?

マインドレイプ情報で役に立とうとした谷洋一郎だが、集団ストーカーや低周波攻撃によるマイナスが多いことは棚上げ

嫁も逃げ出すバカチョンなのだww

谷洋一郎『洋楽ならバッチコイ』

ぼく『お前が邪魔なのお前が』


こんばんは! ((ノ)゚ω(ヾ))ι(´Д`υ)

疲れました
1998年から始まった、

神戸での、ありとあらゆる『嫌がらせ』と、

1年、365日、続く 睡眠妨害で、


疲労、過労と 迫害の 数々が、

たまりに、たまって、…

まあ、今は、それが、

ハッキリ、創価学会のチンピラ…

2014年現在、日本国中、『 隠れ創価 』
が、 人口の90%ぐらいなのを

内山さんは、信じないでしょうが、

情報を 2年以上、来る日も、来る日も

調べつくし、…創価を 終戦(敗戦)後、

造り、育て、見事に『 カルトの団結 』を

構築し、成功した

偽ユダヤ、CIA です。

やつらは、日本を 創価学会の『強烈な利権団体』

として、 団結することに、成功し、

そして、 そのカルトを、コントロールする事に

よって、日本を 乗っ取って、

裏で、 支配しています。

創価のやつらは、その『絶対的・マジョリティー・国家権力組 … 勝ち組意識 』で、結束しています

もう、 限界の域です ゚゚(´O`)°゚。゜゜(´□`。)°゜。


今も、 首の付け根に 電流攻撃と、

心臓の 不整脈攻撃です… 遠隔操作のです(泣)。

まあ、権力ボケで、

自分達が、その上にいる、

本当の支配者によって、

国難、、、大勢、死にます。

ま、  ざまあ見ろ!!!!ですが。


わたしは、今日も、備蓄出来る物を
買いあさりました。

日本のニュースではなく

ここ数年、
海外メディアを、通して、

『 世界 』『 日本 』をみているからです。

日本のメディアは、平然と 嘘つきですし

NHKも、 外国勢力に、忠実に、働いていますから…  


長年、続く、ギャングストーキング

ありとあらゆる 嫌がらせ、迫害で、

疲れ果て、

1998年から 毎日、やまない、

睡眠妨害で、

生きている限界です

1人も、 わたしに対する、国家権力(…創価 等)
からの、 弾圧されていることを、
知っている人間 いません。

家族も、 信じませんし
ましてや、 友達なんかは、理解不能です

説明したら、『 中岡さん、おかしいんじゃないの?』に  
とっくに、 あきらめ 一人で、耐え続けており

限界です…  疲れました 。゜゜(´□`。)°゜。

もう、嫌です !!!!

長年、続く、ギャングストーキング

ありとあらゆる 嫌がらせ、迫害で、

疲れ果て、

1998年から 毎日、やまない、

睡眠妨害で、

生きている限界です

1人も、 わたしに対する、国家権力(…創価 等)
からの、 弾圧されていることを、
知っている人間 いません。

家族も、 信じませんし
ましてや、 友達なんかは、理解不能です

説明したら、『 中岡さん、おかしいんじゃないの?』に  
とっくに、 あきらめ 一人で、耐え続けており

限界です…  疲れました 。゜゜(´□`。)°゜。

もう、嫌です !!!!

GOOD NIGHT !


  SEE YOU !!

今日、13日は、

『東京直下型地震テロ』、

大丈夫のようです。

なぜなら、衆議院も参議院も、

インターネットライブが、あるからです。

土・日や、 国会ライブ中継が、無い日は

危険です!!

やつら、国会議員は、与党も野党も

知ってますから (*゚▽゚)ノ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ヘ(゚∀゚ヘ)


12日の 参議院ライブでは、

面白いことを、言ってました 

野党の誰かが、

『ゴールデンウイークに、内閣・ 閣僚、半分以上、国外(たぶん、アジアのどこかでしょう)に、旅行や、視察で、国が、空洞状態だった!!そんな、無責任な、危機管理が出来ていない!!』と ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙(・∀・)ψ(`∇´)ψ

墓穴を 掘るようなこと、言ってました(笑)。

何度も、何度も国会の衆議院、参議院のライブのサイトのアドレスを コピペしましたが、妨害で、無理でした(;O;),(泣)。…これは、携帯電話からです。…(怒)。

[顔で自殺しろ]を強要する音声送信に[お前らに土下座するくらいならば死んだ方がマシだ]と言うチルノ。それに対して[ムカつく!]と言うバカ音声送信。土下座して欲しいのならば[自殺をしろ]と強要するな!(爆)

ライブは何の為に妨害すんの?聞かれて困る事があるから?(笑)

[顔に悩んで自殺しろ]とチルノに強要する関西爺さんと八戸音声送信ら。[望みの通りに死んでやる]と言うと[チルノの顔が勿体無い、可哀想だ。だから何時までもつかな?だから謝罪しろ、土下座しろ]を強要するが死ぬ予定だから奴隷になるつもりはない!ここは[俺らに一生逆らうな!お前はオモチャで奴隷だ]とバカにして自殺させようとしているが土下座した後で自殺するも今死ぬのもなんらかわりはないが今の時間の音声送信バカオヤジだけは[土下座しろ]を強要する(笑)このオヤジの奴隷だけになるつもりはないから死を選んだだけだ!

死にたいと言った人間に[奴隷の証拠の謝罪と土下座をしろ]と強要する音声送信バカオヤジと関西爺さんの内山うどん(笑)

何回も言うが顔が戻らないから奴隷になるつもりはない!

死にたいと言った人間に[奴隷の証拠の謝罪と土下座をしろ]と強要する音声送信バカオヤジと関西爺さんの内山うどん(笑)

何回も言うが顔が戻らないから奴隷になるつもりはない!顔を戻さないルールだから奴隷になるつもりはない!

土下座して謝罪しても顔を戻さないルールのやり方だから奴隷になるつもりはない!

助からない二度と戻らない被害者のデメリットの為に[自分の騙されてるバカです。それが土下座です]と言う意味合いで謝罪と土下座をさせたがる音声送信のやり方は三年前から変わってない!(笑)

助からない二度と戻らない被害者のデメリットの為に[自分が騙されてるバカです。それが土下座です]と言う意味合いで謝罪と土下座をさせたがる音声送信のやり方は三年前から変わってない!(笑)

何のメリットもない騙されるバカですとの証拠に土下座があり、それをさせたいだけの音声送信と関西爺さんら(笑)

被害者に二度とメリットを与えてはならないから健康さえも戻さないのが音声送信ルール。

ここで謝罪と土下座しても、加齢の現象は引き続きでありテクノロジーで分かるようにやるか、自然現象かでしかない。土下座しても被害者にはメリットがない騙されるだけのバカを見るルール

今顔の半分で土下座すれば残り半分は自然現象の加齢になるように残り半分の加齢を作るやり方で被害者から全てを奪うやり方。前回難聴で土下座しても難聴を繰り返している。前回土下座でジェット機で騒音をとめても違うノイズと皮膚炎で難聴を繰り返している。このジェット機がテクノロジーでの加齢であるがテクノロジーを止めても皮膚炎と加齢は生きてる間止まらないから、止めなくて良いルール。被害者が加害者の奴隷でありバカで騙されたとの証拠に謝罪と土下座を繰り返しで精神的屈辱から自殺させるゲーム。もう屈辱的なので二度としません!(笑)

気持の悪い、コメントばかりだ。

さすがに人工の9割が隠れ創価ってのは、オーバーではないか。国内に2000万人くらいは、反日カルトどもが存在しているって話なら聞くけどな。

ここでいつも暴れているバカは、関西爺さんなのか?
ここでは、広島のCAGEだとか言われているが筈だが?
で、お前が加齢化工作をやられているのは分かったから、内山うどんが偽被害者だと判明したいきさつを語れよ。そこは他の被害者にとってもちょっと聞き捨てならねえこと言ってるわけだからな。

>気持の悪い、コメントばかりだ。
 
朝鮮人の感性から出たコメントな
 
切り離すなや
 
>被害者に二度とメリットを与えてはならないから健康さえも戻さないのが音声送信ルール。

メリットじゃなくてww

朝鮮人の水面下の犯罪が朝鮮人の本質を示してるだけだからさww

メリットじゃないからな朝鮮人ww

ドタマ回せやww

>ここでいつも暴れているバカは、関西爺さんなのか?


いいえ、安芸高田市のCAGEです

じゃなんでチルノは、CAGEを関西爺さんとか言ってるんだろうな?

バカチョンそこどけよ

広島市安佐南区に居座る谷洋一郎という言葉が谷洋一郎自身からは出ない不思議さも、谷洋一郎は気にしないよなww

>じゃなんでチルノは、CAGEを関西爺さんとか言ってるんだろうな?


推測ですが、自分の知り合いの誰かと誤解しているのではないでしょうか

谷洋一郎ww

爆笑wwww

こいつは本物のバカだわww

谷洋一郎テメーはクズでクソなのww

裁判で有罪判決を下すには物的証拠という根拠が必要だが、俺もその他マインドレイパーも裁判じゃないしな谷洋一郎

頭弱いよな朝鮮人

>推測ですが、自分の知り合いの誰かと誤解しているのではないでしょうか

頭大丈夫なん?

どんだけ嫌がらせしといて今更アテクシ谷洋一郎じゃないアピールするんだ谷洋一郎ww

なんというかww

谷洋一郎『俺様のケツは横に割れてるから』

人類『死ね』

>推測ですが、自分の知り合いの誰かと誤解しているのではないでしょうか

お~いチルノ、自分で説明しろよ。
何故、キチガイのGAGEが、関西爺さんなのかを。

説明でいない時点で、今後は、CAGEと同じ工作員か、それともバカなのか、のどちらかでしかないという見方をさせてもらうのでよろしく。

説明でいない時点で×
説明できない時点で○

>何故、キチガイのGAGEが、関西爺さんなのかを。
>説明でいない時点で、今後は、CAGEと同じ工作員か、それともバカなのか、のどちらかでしかないという見方をさせてもらうのでよろしく。

関西爺がどのコメントでCAGEがどのコメントか説明しろよ谷洋一郎

いやいやほんまww

谷洋一郎ってバカ?

>関西爺がどのコメントでCAGEがどのコメントか説明しろよ谷洋一郎


べつに谷洋一郎ではないが、第三者のために説明しておくか、、
ここで、GAGEと言われている加害者の可能性が極めて高いゴミは、いつもここのコメント欄に何故か必要以上に執着し、誰それ構わず「谷洋一郎」を連呼して暴言を吐いているテメーのことだ。
その特徴ある醜い精神性、支離滅裂な暴言は、他に誰も真似できねーだろ。しらばっくれても無駄だろうな、お前のマヌケさはモロバレだ。
もしそんな間抜けなテメーに成りすます奴がいたとしてもな、所詮、そんなゲズ野郎風情など、テメーと同類の加害者だろうからな。いずれにせよ、人間失格のクズであることはバレバレだよな。隠せはしないぞ豚がw

で、チルノは説明まだか?
そろそろ、工作員であることを暗黙のうちに認めて無様に尻尾を出したということかな?
違うなら反応しとけよチルノよw

>べつに谷洋一郎ではないが、第三者のために説明しておくか、、
 
いらんよ
 
>ここで、GAGEと言われている加害者の可能性が極めて高いゴミは、いつもここのコメント欄に何故か必要以上に執着し、誰それ構わず「谷洋一郎」を連呼して暴言を吐いているテメーのことだ。
 
どのように特定したのかな谷洋一郎ww
 
>その特徴ある醜い精神性、支離滅裂な暴言は、他に誰も真似できねーだろ。しらばっくれても無駄だろうな、お前のマヌケさはモロバレだ。
>もしそんな間抜けなテメーに成りすます奴がいたとしてもな、所詮、そんなゲズ野郎風情など、テメーと同類の加害者だろうからな。いずれにせよ、人間失格のクズであることはバレバレだよな。隠せはしないぞ豚がw
 
自己紹介しても涙は出ないよなww

谷洋一郎、まず涙を拭けやww

関西爺がどのコメントでCAGEがどのコメントか説明しろやww

同化病笑かすなww

汚い半島にすっこめや

おうゴラ

ん?

読め!! 〒産業科学技術センター



重光犯人 昭和41年5月26生



思考盗聴器械 証拠カード 県警



逮捕 警察官が憲法変えないと





証言一流 平成26年7月23日

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2278:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2277 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2279 »