« テクノロジー犯罪に遭遇して2301 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2303 »

2014年6月 5日 (木)

テクノロジー犯罪に遭遇して2302

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という52才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

6月5日(木)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

10時19分

今日も普通に被害は続いている。それほどひどくはないが、午後になれば確実にひどくなる。そういう雰囲気はムンムンと漂っている。

昨日はあれからクロスバイクと中央線で日野まで出向いたものの、クロスバイク走行中の触覚被害たるや相当のもので、腕とかにもジリジリと痺れを感じるほどの触覚被害エスカレート。本当に電気が乱用されていることが自覚できるほどの相当の凄さである。あそこまで走行中に触覚攻撃がエスカレートしたことはなかった。それほどにメチャクチャだった。そして二つ目にはこの固有名詞を放棄したゴミも私と同じ触覚被害を受けているかのような猿芝居を聴かされ、誠意皆無の見下し謝罪台詞攻撃である。人を散々見下し、乳幼児扱いしながらのゴメンネである。要するに何もかもを舐め、見下し、バカにしているだけである。本当に殺意があり、人が交通事故で死ぬことを当然であるかのような、そんな状況だったのだ。被害が終わるどころじゃない。さらにひどくなっているだけだ。そして質が悪くなっているだけだ。

しかし日野に到着してからは一応被害は遠のいた。しかし帰路の中央線に乗った途端に元通りだ。雑誌なんかに目を通せば途端に胸に触覚被害のエスカレートとノイズとクズガキ声のエスカレートである。「何で雑誌が読めるんだ」「何で電車に乗ってられるんだ」「何でお前に仕事ができるんだ」等の気違いゴミ送信を喚き散らしているのがこのクズガキである。

そして帰路の走行もメチャクチャ。だから大通りは避けて、住宅街の中の道を選んでの走行である。

帰宅すれば当然のように被害はのさばり出す。音声送信、触覚被害ともにだ。しかし昨日は押し迫った業務は無く、合間ができたので、夜は外食とした。西武線の富士見台まで徒歩で向かい。魚料理の美味しいお店があったので、そこで飲み食べとした。このお店では隣におしゃべり好きな男性の方がいて、その人を雑談を交わしていたりしたせいで、意識は外向し、被害は一気に遠のいた。それと歩行中もどういいう訳か被害は遠のく。

そして22時には帰宅し、愛犬の散歩。ほどほどに酔いもあって、それほどひどく被害を自覚しないで済んだ。

そして門限の時間までは自由時間とし、映画を鑑賞。結局門限前に寝入ってしまう。気づくと3時半を回っている。3時50分に就寝。

8時45分に起床。目立った睡眠妨害はなかったようだ。うたた寝が攻撃とも言えるが。とにかく倦怠感がひどい。眼も相当に疲れている。音声送信、触覚被害共にすぐに始まり出している。そのくせ音声送信は被害終焉のデマだ。

9時に起床し、すぐに雑事を片付けていく。触覚被害による悪寒、そして強力な内面介入。しかし今朝は音声送信に関してはまだ静かな方だろうか。

触覚被害はもうすでにひどく。特に右脚根元にひどいのが来ているし、パソコン前では当然の如くはだかである。

22時44分

被害は相当にひどい。やりたい放題が続いている。予想とおり午後からエスカレートである。昼食は近所のスーパーでサンドイッチを買って食べたが、食べている最中は相当のレベルである。

今日は一貫してグラフィック業務。明日入稿を控えている仕事の追い込みと、それが一段落すれば会報誌のレイアウトが待っている。そんな感じで19時半まで業務。この間一貫してはだか、右脇の下にはインスタントコーヒーの空き瓶が挟まり、脚への触覚被害に耐え続けた。音声送信はムラがあって、遠のいたり、近寄ったりである。とにかく着衣状態になると胸を中心に相当のエスカレート。それに耐え続けていなければならない。

夕飯は生野菜とブリのカマ焼きと丸干し、ピーマンとナスの塩炒めである。調理中も食べている最中も昼以上に最悪に近い状態だった。見下し謝罪音声により攻撃もひどい。何度も何度も被害者を目下、ガキ扱いしての侮辱、屈辱の投げたい放題である。意地でも死んでも謙譲さを見せたくないのであろう。クズが、何で死なないのだろう。

とにかく被害終焉など夢のまた夢。これからもこの犯罪被害記録は延々と続くと断言する。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2301 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2303 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

コメント

こっち見んな豚ゴミが!こっち来んな豚ゴミが!俺様に話しかけるな豚ゴミが!

↑お前がな谷洋一郎

こちらでは広い地域で常識化されてしまっています。自分を含め被害者、ターゲットがいる証拠です。毎日音声送信と思考、想像、感性などもとても広い範囲で広がっています。

>しれっと皇室侮辱すんなよ工作員wwww
>か
>14.06.05 20:36

広島市安佐南区に居座る在日朝鮮人創価学会職員谷洋一郎はまだ俺様を工作員扱いしたか

出荷される前に死ね

昔の日本は満州に棄民を送り出していたな
彼らは見捨てられた

>昔の日本は満州に棄民を送り出していたな
>彼らは見捨てられた

ヒャーww日本は残虐だね今でもww
 
だから何かな?

>お前何言ってんだ?バカなの?
>か
>14.06.05 21:25

なあ、めんどくさいんだわ谷洋一郎

>僕たちみたいに若くて美しい男が攻撃対象になってるみたいだね。ボスの好みだろうか。

どうしても学生時代の暗い過去を美化したいらしいな谷洋一郎

こっち見んな豚ホモが!
気持ちわりーんだよ!

↑見たよ。Thanks.
オバマはクローンが3体ほど活動しているらしい。

先進国のトップは全員、電磁波で完全操作されているようだね。電磁波以外の操作もあるのかも。

↓こんな文みつけた。カネかかりそう。

防ぐのにっかうのゎアルミとか水とかで作るとぃぃかもしれなぃ!!!とおしぇてくれた☆
たとぇば塩水ぉ入れた水槽の壁で被害者の周りぉ囲って…
被害者のイオンが増えた時(=食事ぉした時とか)わ水槽に塩(ナトリウム塩)を入れる
そして被害者のイオンが減った時(=トイレぇ行った時や生理の時)わ水槽の塩水ぉ捨てるとか教ぇてもらった
Lさんは工学の先生だったからぃくつかの大学と協力してやってる(^^ゞvvvvv
[ 2011/12/08 ] 怖い話まとめブログ管理人 ◆Ahsw8Nok

こんな発明あったのね。

【発明者】
【氏名】関野 慎一
【識別番号】59409875
日本国特許庁(JP)
【公報種別】公開特許公報(A)
【公開番号】特開平7-306259
【公開日】平成7年(1995)11月21日
【発明の名称】生体情報送受信によるテレパシーシステムに対する防御装置
【国際特許分類第6版】G01S 7/38
【目的】レーダー波を利用し、目的とする人物の会話、思考、身体的状態までも盗聴する装置が開発されていたことが判明した。この盗聴は、はるか遠方よりあらゆる場所で盗聴が可能である。この盗聴に対し、人々の機密及びプライバシーを守ることを目的とする装置である。
【構成】盗聴のための電波は通過する際に共振を起こし盗聴される人物の体より生体情報が置き変わった輻射波が発振される。この人体より輻射される生体情報よりも盗聴電波を大きく発振し警報を出力する。生体情報にはさまざまな波形があるが、そのどれにも有効である。警報が出力された所番地を関係官庁に通報することにより、悪質なレーダー波による盗聴の電波発振源を発見でき、その悪行を根絶することが出来る。
【特許請求の範囲】
【請求項1】人体の共振周波数に合わせた盗聴用の送信波をそのまま電波として出力し、警報を出力することを特徴とする装置である。
【請求項2】請求項1に更にノイズを混入して電波として出力することを特徴とする装置である。
【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】盗聴防止によりプライバシー保護、機密保護を目的とする装置である。
【0002】
【従来の技術】従来の盗聴は、電話回線、移動式電話の盗聴、盗聴器を仕掛けての無線送信による盗聴、コンクリートマイクを仕掛けるなどして行われていたので、電話は秘話サービス、無線送信式の盗聴器にはジャミング電波などによる対策がとられていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】盗聴している人物の脳波等生体情報を、目的とする人物の人体の共振周波数に合わせレーダー波送信し、目的とする人物から輻射する、生体情報が置き変わった微弱電波を受信することにより、その人物の会話、思考、身体的状態までも盗聴する装置が開発されていたことが判明した。このレーダー波による盗聴は、はるか遠方より盗聴が可能であり、建物などの構造物を電波が透過するため、電波シールドしていない構造物はすべて無防備である。人体の生体情報を利用しているため、波形が違っており、通常のテレビ・ラジオなどの画像、音声出力をする機器には影響の無いまま極秘に盗聴が可能であり、身体的悪戯も可能であった。共振周波数の個人差が大きいため、盗聴は個人単位で行われ、その存在が分かりにくく、かりに電波の照射および微弱の輻射に気がついても、その周辺に盗聴機材は無く、レーダー波ということで逆探知も難しい状態で対策が立てにくい盗聴である。
【0004】
【課題を解決するための手段】盗聴の為にレーダー波によって送信されて来た生体情報を受信した時に、その送信電波をそのまま周囲に電波として発振し、かつ警報を発することにより盗聴を防せげることを突き止めた。
【0005】
【作用】盗聴のためにレーダー波によって送信されてきた生体情報をのせた電波は、目的とする個人と共振する以外は通過、または反射を行い、盗聴される人物の体より、盗聴している人物と盗聴されている人物の生体情報が置き変わった輻射波が発振される。したがって、この輻射される人体よりの生体情報よりもレーダー波によって送られている生体情報を大きく発振し警報を出力する。
【0006】
【実施例】この輻射される人体よりの生体情報よりもレーダー波によって送られている生体情報を大きく発振し警報を出力する装置を常に携帯することにより個人のプライバシー、企業、団体、国家の機密を保護することが出来る。生体情報はさまざまな波形を有しており、そのまま打ち返すことが、パターンの決まったジャミング電波より盗聴防止に効果的である。かつ、電波の来ないときは出力しないし、出力しても周波数レンジ・波形が異なるため映像信号、音声信号にそれほど影響を及ぼさない。広帯域に渡って盗聴防止のためのジャミング電波を出す方法よりも周囲に影響を及ぼさずに効果的である。
【0007】
【発明の効果】この輻射される人体よりの生体情報よりもレーダー波によって送られている生体情報を大きく発振し警報を出力する装置を常に携帯し、警報が出力された所番地を関係官庁に通報することにより、悪質なレーダー波による盗聴の電波発振源を発見でき、その悪行を根絶することが出来る。なお、このような防衛対策に関しては新たな装置が開発されることは通常起こりえるが、更にこの盗聴防止電波にノイズを混入させることにより、その防止効果は完壁となり、無益な盗聴装置開発に歯止めをかける効果もある。

敵が電磁波なら対策はある!
ひと部屋でもいいから部屋をアルミホイルで覆ってしまうのだ!隙間なくな!
その部屋で電波を使えなくなるが、操られるよりはマシだ!

らしいですよ。

みなおはよ
チョンもおはよ
ケン
14.06.06 07:23

↑厳選韓国情報のコメント欄で早番を勤めた谷洋一郎の形跡

争い 騙した 騙し 騙し

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

読め!! 〒産業科学技術センター



重光犯人 昭和41年5月26生



思考盗聴器械 証拠カード 県警



逮捕 警察官が憲法変えないと





証言一流 平成26年7月23日

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2302:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2301 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2303 »