« テクノロジー犯罪に遭遇して2499 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2501 »

2014年12月20日 (土)

ついに2500日連続の記録となる。

テクノロジー犯罪に遭遇して2500

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という52才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

12月20日(土)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

10時58分

バッカス&ミューズついに2500回に達成してしまった。とにかく2000回代を折り返すことになる。2008年の2月から1日も休まずよく続いたものだ。この偉大なる、そして恐るべき遠隔技術に対する敬意と驚愕が為したと言って過言ではない。その観察者の一人が、私に過ぎないだけである。とりあえずは被害者としての被害日誌ではあるのだが、それだけの要因でここまで継続することは不可能である。何かに感激し、開眼したりしなければ並の人間がここまで何かを継続できるはずがない。

とにかく、この技術の観察はこれ以降も続くし、3000回になろうが、4000回になろうが間違いなく続くことだろう。

そしてとりあえず今回よりこのブログに対するコメントは受付をしないことにさせていただきます。当初はまだ、NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの知名度や貢献度が大したことはなく、このブログを通して被害者を救済することもよくありました。が、現在では団体の努力が成果を見せ始めていて、直接団体の方へ声をかけてくれることが当たり前になってきています。また、私も最近では本業のグラフィックデザインの仕事が多忙になってきていて、コメントに対する対応ができなくなってきています。そういう一身上の都合もあります。

当初思っていたより、数多くの貴重なご意見や、感想をいただけ、まことにありがたく思っていますし、感謝もしているので誠に残念でありますが、読者の方にはそのようにご了承いただければと思います。

また、長い間、読者でいてくださる方々、励ましの言葉を頂いた方々にはここに改めて感謝の言葉を差し上げたく思う次第です。

さて、ということで通常の被害報告を始める。

昨日に関しては思っていたほどの無軌道さはなかった。ここ数日にメチャクチャさに比べればマシな感じだった。とはいえ、その不快さと愚かさには何ら変化はなかった。おかしな声のおかしな口ぶりの人工音声は相変わらずだし、身体には静電気刺激が発展したような猥褻で気色の悪い感触が続いていた。

昼はかき揚げを揚げ、そばを茹で、天ぷらそばとしたが、調理中、食事中共に触覚被害はひどく、食事妨害に関してはいつもとおりだ。

午後もパソコン前でははだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟むことになった。寒さもひとしおで、操作者の気違いぶりも普通に続く。

しかし夜は、笹塚まで徒歩で出向き、馴染みの炉端焼き屋さんで外食とした。ただ外食という訳でなく、今秋に作成した、映画祭のポスターとパンフレットと配布するという営業活動も目的なのだ。隣の区民広場さんや、神楽坂の馴染みの店にも、協力していただいている。

徒歩の最中は触覚被害の方は遠のいた。帰路は酔いもあって余計に被害は感じないで済んだ。

帰宅後はすぐに愛犬の散歩。本当にここ数年に比べると寒さが本格的だ。愛犬はシベリアンハスキーなので、ここ数ヶ月が一番幸福な時季なのだが、人間は違う。寒さのせいと酔いのせいもあって被害は普段よりかは感じずに済む。帰宅後入浴。ここでは尻への触覚被害あり。深夜は映画を鑑賞。うたた寝てしまい、気づくと3時半を回っている。3時45分に就寝。

8時頃に目覚める。ここのところ睡眠妨害は途切れがちだ。どこの被害でも構わないから終わってくれれば有り難いに越したことはない。しかし音声送信はすぐに始まる。制し声が愚か声に向って「いい加減に内山君に同化するのは止めなさい! あなたは内山君になれないの、自分よりも優れた人に同化して悦に浸るのはもう終わりです、これからは内山君にはいままで協力してもらった分、何かを提供しなければならないの。もう耐えてもらう時間は終わりなの、だからもう終わりにしますよ」。大体こんな感じだ。そして一人ではなく、数名の者が重なって同化してしまっていて、そういう際に身体におかしな感触が発生するというのだ。信じる信じないは別として、こういう送信がシリアスな口調であったのだ。その記録である。

それ以外はクズガキ声の介入やノイズである。触覚被害の方はほとんど感じない。倦怠感がひどい。さすがに笹塚との間を早歩きで往復すると筋肉も疲労するのだろう。9時45分に起床。

雑事片付け中はここ数日そうであるように被害は大人しい。しかしこの記録のためにパソコン前に座るとノイズが近寄り、触覚被害がエスカレートする。そして結局ははだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、右脚への触覚被害に耐えている。今日もいろいろと動き回ることになる。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2499 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2501 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついに2500日連続の記録となる。:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2499 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2501 »