« テクノロジー犯罪に遭遇して2503 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2505 »

2014年12月24日 (水)

テクノロジー犯罪に遭遇して2504

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

12月24日(水)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

15時56分

今日は自分の誕生日ということもあり、さらに本業の仕事が発生していないために、久しぶりに自分のために動いた。以前より欲しかったギターがあったために、午前に池袋まで出向き、楽器店でいくつかのギターを試し弾きしたりし、1本購入してきた。久しぶりにまとまった買い物である。行きは徒歩で行ったが、胸に相当しつこく触覚攻撃を食らった。例によってクズガキ声を選び胸を揉まれる攻撃に連動し、「オッパイモミモミ」等と反復していた。仕方がないので、右手を胸に当てて防御する以外になく、おかしな格好での歩行となった。楽器店に着いてからは店員と会話をしながら楽器いじりとなったので、被害は遠のく。

帰路は電車を利用、ここでは被害は遠のいていて、とりあえずはいまのところ過激なほどの高ぶりはない。しかしやはりパソコン前でははだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらのこの記録である。

昨日に関しては年間通し最も社交的な時間であったために、新宿の会場に到着してからは深夜に就寝するまで一貫して被害から遠のけた。

新宿までは徒歩で移動。今日ほどではなかったものの、やはり胸への触覚被害が続き、聞かされる音声も今日と一緒だった。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2503 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2505 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2504:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2503 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2505 »