« テクノロジー犯罪に遭遇して2512 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2514 »

2015年1月 2日 (金)

テクノロジー犯罪に遭遇して2513

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

1月2日(金)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

11時45分

今日も被害は相当にひどい。右脚へ触覚被害が集中し、それに耐えながらの雑事片付けと、このブログ記入である。バカな異常者どもはいつものように被害者様である私を気安く固有名詞で呼ぶ、その時点で全てはダメだ。

この気違いどものキャラクターを操り、操作している腰抜けが、今日も世界のいたるところ、で何の罪も無い普通の庶民を、この技術の餌食にして、人生を妨害・破壊し続けているのだ。

昨日は被害以外に関しては元旦らしくゆっくりと過ごした。愛犬の散歩以外は外出することなく、静かに過ごす。被害さえなければ本当に良い意味での静けさと沈黙のなかで過ごせたのに、醜悪で程度の低すぎる、気違い人工音声とノイズのせいですべてはメチャクチャである。

クズ罪人のくせをし、技術の陰に隠れての最低の腰抜けが。

深夜は2時頃に就寝。今朝も睡眠妨害だけはなし。気づくと8時半を回っている。しかしまったく疲れが取れていない。ものすごい倦怠感だ。身体は建康そのもので、どこも悪くはない。6時間の連続睡眠が取れているというのに、この倦怠感は異常である。おそらく寝入っている間だけは、この技術から身体を解放しているのであろう。容易に推測することができる。

以降はうつらうつら、元旦らしく10時50分に起床。すでに触覚被害は始まっていて、今日もすぐにエスカレート。最低のしゃがれ声やノイズ、クズ偽善、見下し送信、開き直りの罵詈雑言、中傷、デマがノイズと共に始まり出す。とにかく右脚への触覚被害がものすごい。今日も元旦ではあるが、この不快に耐え続けなければならないようだ。

とにかく寒い、凍えてしまう、この辺にしておく。この極寒の中はだかなのだ。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2512 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2514 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2513:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2512 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2514 »