« テクノロジー犯罪に遭遇して2513 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2515 »

2015年1月 3日 (土)

テクノロジー犯罪に遭遇して2514

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

1月3日(土)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

11時16分

被害は相当にひどい。触覚被害のやりたい放題の状態だ。音声送信も変化なし。クズガキ声や他の愚か声、クズ偽善、何の意味も意義もまったくなし。ただの醜悪な騒音に過ぎないムダだけのことをやられまくっている。

昨日については理由も根拠も知らないが、午後になってからは比較的過ごしやすかった。音声送信も触覚被害も遠のき、元旦の特番などをゆっくり鑑賞できたりもした。まったく被害の強弱の予測がつかない。

かと思えばいきなりノイズがうるさくなり、おぞましい触覚被害がエスカレートしたりする。そんな散漫な感じの被害状況だった。

深夜はうたた寝てしまい、ベッドに入ったのが3時20分である。

そして今朝も目立った睡眠妨害はなし。8時半頃に半覚醒状態で目覚め、以降はうつらうつらである。「サー」というノイズやクズガキ声はすでに聞こえては、いつもの雑言のまき散らしをしている。

結局10時20分に起床。途端に触覚被害はエスカレート。尻や背中にひどい。腕や胸にもだ。ノイズはまったく途切れず、いつもの下らない問答がただ聞こえるだけだ。今日についてもまったく被害の予測がつかない。昨日のように午前中無軌道でも午後には遠のくかもしれないし、まったく不明だ。しかし今も上半身ははだかであり、凍えてしまっている。指先も冷たい。クズが、私をまた「内山くん」等と呼んでいる。死刑が当然のクズ以下にヒトサマの名前を呼ぶ権限などない。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2513 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2515 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2514:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2513 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2515 »