« テクノロジー犯罪に遭遇して2515 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2517 »

2015年1月 5日 (月)

テクノロジー犯罪に遭遇して2516

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

1月5日(月)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

9時24分

今日も触覚被害がひどい。今朝に関しては睡眠妨害もあり、さらに音声送信も普段とおりである。

昨日は結構触覚被害がひどく。それをクズガキ声がやっているとの設定が終日続いた。雑事もそろそろ出始めていて、それを片付けている間も、くつろいでいるときも何らかの触覚被害が続き、結構不愉快だった。ノイズはほとんど途切れず、何かというとクズガキ声や他の声が反応する。

深夜はうたた寝てしまい、気づくと2時前である。すぐに就寝とした。

6時代に覚醒の強要。ここでは何とかすぐに寝付けるものの、7時15分頃に再強要。ここからはほとんど眠れなくなる。音声送信はもちろん触覚被害も右脚へ始まり出す。右太ももを撫でられるような感触である。

8時30分に起床。すぐに雑事を片付ける。一旦は被害は遠のいたものの、じょじょに近寄りだし、数十分もすれば触覚被害はいつもの調子である。背後から、右脚へ胸へ尻へである。

そして書斎に入りパソコン前に座ればいつもと一緒。今朝も寒い中はだかで、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、右脚への触覚被害に耐えながら、これを記している。今日はなまった体を引き締める意味合いもあって、これから浅草まで徒歩で初詣に出向く。

18時6分

浅草からさきほど帰宅した。今日は歩行中延々と胸への触覚被害が続いた。ずっと左右のいずれかの手や指を胸の被害箇所にあてがっての不便な歩行となる。

目白通り、不忍通り、言問通りをひたすら歩き抜く。時間にして約150分で毎年初詣をする寺院に到着、お参りを済ませてから雷門沿いの天ぷら屋で昼食。それから混雑覚悟で浅草寺でもお参りを済ます。たまに雑踏に入ることも大切に思う。

それから帰路に着く、帰路は言問通り、本郷通り、春日通り、不忍通り、目白通りの順で歩き抜く、音声送信も胸への触覚被害も普通に続いている。「私たちは何もできない、あなたは何でも自由できる、それが許せない、だからどうしても嫌がらせをしてしまう」そんな送信も目立った。

帰宅は16時50分頃、合計歩数38277歩、距離は33キロである。足のふしぶしにマメができ痛い。でもたまにはこんなふうに身体をいじめることも必要だし、真冬に汗をかくのもなかなか乙なものだ。

とにかく胸への不快で執拗な触覚被害については、加害者どもの相当の悪意や執念を感じた。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2515 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2517 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2516:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2515 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2517 »