« テクノロジー犯罪に遭遇して2521 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2523 »

2015年1月11日 (日)

テクノロジー犯罪に遭遇して2522

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

1月11日(日)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

10時20分

被害は今朝もひどい。ノイズ、クズガキ声、軟弱声、しゃがれ声、意志薄弱な女声等、いつものやつだ。尻への触覚被害や、背後からの覗き込み、抱きつき、右脚への触覚被害等々、被害のオンパレードの状態である。口から出任せの適当な思いつきを並べては加害者が老人で、ここを立ち退かせようとしているだの、他は箸にも棒にもひっかからない言葉のクズが乱れ飛んでいる。

「悪いとは思っている」「謝っておく」等の人を完全に見下し切った態度にも何の変化もない。

昨日は神田まで早足で歩き抜いた。約100分ほどの道のりの間ずっと胸への触覚被害が続く、左右どちらかの手を胸にあてがいガードしながらの歩行となった。ミュージックプレイヤーで音楽を聴いていても、全然関係なくノイズや他のチンピラ風情の人工音声は入り込んでくる。人を見下しきった相変わらずの態度、どうしてもどうしても何としてでもジコマンに浸り切っていたいらしい。

但し17時に神田で友人を顔を合わせてからは一気に被害は遠のいていく。以降は21時過ぎまで居酒屋をはしごし、新年会を堪能した。どの店も盛況で、人いきれが凄く、こういう場にいると加害者が極端に嫌がり遠のいてしまう。要するに被害者である者が独りっきりでいるシチュエーションをひたすら狙っているという病的な陰湿ぶり、まさにストーカーの真骨頂である。この陰湿さ、卑怯さに皆さんどう思われるだろう、だらしない、軟弱な腰抜けのシルエットが思い浮かばないだろうか。最悪のクズである。

帰路は山手線で目白駅まで、そこからまた歩く。帰宅してからすぐに愛犬の散歩。昨日に関しては酔いもあって、それほど被害を感じずに済んだ、その後の入浴も確実に触覚被害はあったが、普段ほどに感じずに済んだ。

それから自由時間とし、You Tubeを鑑賞。門限の1時までは眠れないので、眠かったが我慢しているうちにうたた寝てしまう。結局無事にベッドに入ったのが2時50分である。

今朝も目立った睡眠妨害はなかったようで、7時半頃に自然覚醒のようだ。感触的にそのように思えた。すぐにノイズが聞こえ出し、遠くにいつもの愚か声の音声送信が聞こえる。右脚へも早速触覚被害である。そしてじょじょに被害はエスカレートしていく。音声送信もふだんとおりになる。デマ送信が流れ出す。そんな中でうつらうつら。休日でもあるので、9時半に起床。

すぐにあっという間に尻への触覚被害が始まる、それもかなりひどくだ。それをやっているのがある老人で、そいつにも同じ目に遭ってもらう等の、いつもの適当な思いつきデマが飛んでくる。しかしそれなのに一向に尻への触覚被害が弱まらない、要するにデマということだ。

あとは上記したように、胸や、脚、そして抱きつき等、いつもの触覚被害が否応無しである。そしてパソコン前でははだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟んでのこの記録だ。

今日は昨秋の私が広報を引き受けた、江東区シネマフェスティバルに招待されているので、これから門前仲町まで出向いてくる。往復はMTBである。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2521 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2523 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2522:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2521 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2523 »