« テクノロジー犯罪に遭遇して2526 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2528 »

2015年1月16日 (金)

テクノロジー犯罪に遭遇して2527

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

1月16日(金)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

10時48分

被害は相当にひどい。野放し状態の感じだ。ノイズとクズガキ人工音声の陰に隠れ、最悪の腰抜けの独壇場状態が続いている。

昨日もひたすら格闘に次ぐ格闘である。昨日はグラフィックは私用関連の作業、午後の後半は経理作業となる。書斎内では一貫してはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、右脚や胸への触覚被害に耐えたり、頭部にも奇妙な感触が飛んできたり、身体のある部分がいきなり痛んだり、やられたい放題の状態となった。

昼夜の食事は自炊である。昼はカレーシチューとパン、カレーはただ暖めればよかったので、調理時間はほとんどなかったとはいえ、台所に立つと触覚被害がおぞましいほどにエスカレートする。食事の時間もひたすら我慢である。

夕飯はネギチャーシューと肉野菜炒めを調理したが、尻とかへの触覚被害が相当になり、辛い中での台所仕事だ。

とにかく全体的に遠くなっているとか、マシになっているということは絶対にない。クズ善良声の声が被害者を慰めるつもりなのかは知らないが、優しい言葉を吐いてきたりもするが、触覚被害のひどさは飽くまで拷問並みだ。

それでいながら昨日も偽善声のクズは、被害終焉のデマを飛ばしてきたりもした。ノイズは終日途切れない。それと愚か声としゃがれ軟弱男の声、さらに威丈高な中年女の声まで加わって脳内も散々である。

昨日は終日雨天のため、愛犬の散歩も休み、深夜はいつもとおりうたた寝。昨日は終日眠気もひどかった。そんな訳だからうたた寝てしまう。気づくと2時を過ぎている。きちんとした就寝は2時15分となった。

今朝は6時50分に覚醒の強要。すぐにノイズとクズガキ人工音声である。クズガキが「何とかする…」等とほざいている。むろん口だけだ。被害者をこのようにして、世界のいたるところで舐め切り、バカにし、悦に浸っているのである。

以降はうつらうつら。ノイズはずっと続く。弱い触覚被害も始まり出す。今朝は青色申告会に相談に行くことにしていたので、8時半に起床。すぐに触覚被害が始まり出す。音声送信もいつもと聞こえる声は一緒。そんな中で最低限の雑事を片づけ、すぐに出掛ける。池袋まではMTBで走行、行きはそれほどの走行妨害はなし。

相談中は被害は一気に遠のく。相談を終え、帰路に着くと、右脇の下を中心に触覚被害による走行妨害あり。

帰宅すると触覚被害は一気にエスカレート。大変な状態だ。ノイズもずっと続いているし、いつもの見下し送信やデマも乱れ飛んでいる。

そしてこの時期に書斎でははだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、被害と格闘しながらこの記録である。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2526 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2528 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2527:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2526 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2528 »