« テクノロジー犯罪に遭遇して2533 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2535 »

2015年1月23日 (金)

テクノロジー犯罪に遭遇して2534

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

1月23日(金)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

10時24分

被害は今朝もひどい。

触覚被害が野放し状態である。ここ数日雨天と曇天でおまけに寒く、機嫌も良くなかったが、今朝は天気も回復し、空が見え始めていて、爽快な状態になってきていて、それに対し私も気分が良くなると、そこにつけ込んでくる。被害者の機嫌の良い状況は、この腰抜けクズどもにとっても快適であり、また犯罪のバラまきの絶妙なタイミングでもある。テクノロジー犯罪の被害者の日常はこんな感じなのだ。精神的に強いか、私のように呑気な性格でなければ乗り越えられないものがある。

昨日はやはり予想とおり、終日はだかで、経理作業、しかし何とか昨年度の不動産と事業の申告を仕上げることができた、後は確定申告を仕上げ、提出のみの状況となる。本当にせいせいする。普段頭の使わない領域を使うので、疲労もひどい。本当に苦手な業務である。

昨日はとにかく寒く、キーボードを打つ指がかじかむほどだった。そんな中ではだか、ストーブが無ければ確実に肺炎になっていただろう。ストーブに向っている部分ばかりが暖まる、それとは反対の部分は冷えてしまう。下痢にも悩まされ、あまり長くはだかではいられないので着服し、書斎を出ては屋内を動き回る、そんなことの繰り返しである。それでもそんな状態でも触覚被害のエスカレートは止まらないのだ。そしてクズ声による見下し送信や、デマ、内面介入もまったく変化なし。とにかく異常者、それしか言いようがない。

これを記している今も、私の記したことにいっぱしに腹を立てている愚か声まで飛ばす始末だ。技術の向こうにいる腰抜けが! 人工音声のヒモが!

昼夜の食事も無事ではない。調理時にも尻への執拗な触覚被害。昼はカレーうどん、夜はイカリングフライとハムカツ、コールスローサラダ、昨日の余りのスープで済ませたが、食事中も胸や背中や右脚への相当にひどい触覚被害を反応させられる。

少し夜が遅くなってから、雨が弱くなったので、愛犬の散歩。かなり寒く、しかし相変わらず愛犬は元気で足取りも軽く、町内を結構歩き回った。動き続ける散歩だったので、被害をダイレクトに受けることはなかった。

それから尻への触覚被害に耐えながらの入浴。以降は自由時間。

パソコンの前でやはりうたた寝てしまう。気づくと3時半を回っている。就寝は3時40分、そんな時間なのに、ノイズとクズガキ声、触覚被害はひどく、やりたい放題の状態だった。だが、眠気の方も相当で何とか寝付けた。

7時半に半覚醒状態で目覚める。最初からうつらうつら状態だ。4時間ほどは眠れたようだ。ノイズが聞こえるし、やはりクズガキ声による音声送信も聞こえる。ラジオの音も聞こえる。

そんな状態のままで、はっきりと目覚めたのが8時半過ぎで、その頃になると音声送信も普段の状態になり、触覚被害も弱く始まり出す、9時10分に起床。天気も回復し始めていて、多少気温も上がっている。

しかし触覚被害はすぐにひどくなり、いつもの愚か声が喋り始め、それを制す声も聞こえる。

そしてこれを記すためパソコンの前に座れば途端に触覚被害はエスカレート、仕方なくはだかになり、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟む。そして右脚への触覚被害が始まり出す、それに耐えながらこれを記している。

今日は午後は京橋まで用事があり、出向くことになっている。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2533 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2535 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2534:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2533 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2535 »