« テクノロジー犯罪に遭遇して2555 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2557 »

2015年2月14日 (土)

テクノロジー犯罪に遭遇して2556

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

2月14日(土)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

10時42分

被害は今朝は昨日と対象的に穏やかだ。本当に予測がつかない。

昨日はひどいままの一日だった。午前は本年の経理作業、午後は現在進行中の会報誌の表紙裏のページのレイアウトや、フォーマット作成等。これらはすべてこの時期にはだかで行なう。

時折被害箇所が脳に移ったり、肝臓へ移ったりした。肝臓への嫌がらせは執拗で、私が酒に強いことに不満をぶつけてきたりする。「お前の肝臓をぶっ壊す」「すぐに酒が飲めなくなる」「肝臓癌で死ぬ」そんなのを好き勝手にぶつけてくる。

昼夜の食事の調理時と食事時の妨害は相変わらずで、調理時は尻に相当の触覚被害である。昼はトマトスクランブルエッグサンドとミルクティで済ます。

夕方に仕事を終え、愛犬を散歩へ。やはり明るい時間だと元気で、早足で70分以上も歩いてくれた。こちらも良い運動になった。早い歩行の間は大丈夫なのだが、たまに立ち止まると途端に背後からの触覚被害がエスカレートする。しかし歩行時間の方が多かったせいで助かった。

18時半頃から夕飯の準備。厚揚げ、スティックサラダ、餃子、ネギとイカの炒め物。調理時に尻への触覚被害、それと食事時は上半身への触覚被害である。

昨晩は深夜のうたた寝がひどく、かなり早い時間にダウンしてしまう、気づくと4時である。すぐにベッドに移動、4時10分に就寝。

気づくと9時近い、今朝に関してはまったく睡眠妨害はなし。倦怠感と眠気がひどく、すぐには起床ができない。この疲労度はただ事ではない。この技術の被害者にされる前も、確かに朝の倦怠感はあったものの、これほどではない。どこか身体が壊れているのではないかと疑ってしまうほどだ。この技術で思い切り覚醒させられている反動のような気がしてならない。

それと不自然なのは午後に眠くならないことだ。昔は午後2~4時頃になると、それほど多忙でないときは、必ず睡魔に襲われたものだが、現在はロクな睡眠が取れていないにも関わらず、この午後の睡魔がない。これも被害者にされてからのはっきりとした傾向である。

ということで30分ほど休んでから起床。聞こえるのはほとんどノイズだけであって、あとはどこかの老女の声が細々と、「あなたと一緒にいたい、でももう終わりにされてしまう…」等と囁いている。

それ以外は「サー」というノイズが続くだけ、そんな中で雑事を片付けていく。少しだけ触覚被害が始まり出してはいるものの、いまのところは著しいエスカレートはない。

ただし、やはりパソコン前でははだかである。右脇の下にはインスタントコーヒーの空き瓶が挟まっている。この点はいつもとおりである。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2555 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2557 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2556:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2555 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2557 »