« テクノロジー犯罪に遭遇して2562 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2564 »

2015年2月21日 (土)

テクノロジー犯罪に遭遇して2563

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

2月21日(土)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

9時36分

被害は今朝も普通にひどい。音声送信がやや遠めなだけである。

昨日も相当に耐え続けた1日だった。触覚攻撃はどうやっても付きまとい、私の身体に不気味で不快で猥褻な感触を発生させる。服を着ない訳にはいかない訳で、そういう致命的な現実に便乗し、やりたい放題の犯行である。

音声送信などどうでも良い、ただのおまけに過ぎない。再三に亘って記し続けているが、この技術の醍醐味は触覚攻撃にあるのだ。広義に言えば相当の被害バリエーションが存在する、例えば下痢を発生させるのも触覚攻撃の一種としても良いだろう。

昼夜の食事は自炊。昼はかしわそばを調理、夜はイカの唐揚げとチーズと生野菜でサラダを調理、それと豚ひき肉と小松菜の塩炒めである。調理中には尻への触覚攻撃、食事中は上半身への触覚攻撃、昨日に関してはこの時間の攻撃は過激なほどではなかった。

夕方には国分寺の振袖屋さんまで、宣伝チラシ制作の打ち合わせに出る。東中野まで徒歩、それから総武線と中央線を利用して往復。徒歩の最中には胸への触覚被害が続き、乗車中にも何らかの不快感が絶えず続く、人工音声はクズガキ声をやたらに乱用してのノイズと戯言まき散らしである。何を言おうが、戯言、雑言でしかない。それだけだ。

そして断固として、というよりそういう観念が欠落しているのであろう、謙譲や謙虚さの片鱗もない、口調だけが穏やかな善良声もやたらに聞かされるが、私と対等に付き合えるだけの常識も観念も知性も明らかに欠如しているゴミが、いくら戯言を垂れ流しても無意味なのである。

打ち合わせの最中にも軟弱声が「内山くん」等と語りかけてきていたり、かなりしつこく付きまとってきた。触覚被害も続いていた。

19時半頃に国分寺から帰宅。それからは夕飯とした。食後愛犬の散歩。やはり胸や背中に触覚被害が続き、聞かされるのはノイズとクズガキ人工音声である。どっかの犯罪者が合成した幼児声に極端に依存する、死刑犯がよくもまあワンパターンに何も考えずに惰性で嫌がらせを続けてくる。時折胸の激痛が発生する直前の悪寒が走ったりもしたが、肝心の激痛はなかった。威しであろう。

昨晩に関しては珍しくうたた寝はせずに無事に就寝まで過ごせた。1時20分に無事に就寝。

こういう日の翌朝には絶対に睡眠妨害があるジンクスのとおり、6時に覚醒の強要、実際5時代にも一度覚醒したような気もする。

すぐにノイズとクズガキ声が戯言。クズ雑言。内容など記すつもりはない。

以降は何とか寝付けたものの、寝たり覚醒したりの繰り返しである。不自然で不気味な短い夢を見たり、あるシーンが鮮明に脳裏に確認できたり、そんなことが続く、そして覚醒するとノイズとクズガキ、それと下半身への触覚被害もあった。8時半に起床。

今日はNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの理事会がある。当会で発行しているパンフレットがあって、そのデータの修正や出力作業があったり、家の雑事もある。

触覚被害は起床時はそれほどでもないが、結局とクズガキ声が近寄ると触覚被害もエスカレートし始め、いつもの登場声が出てきて、やんややんやと音声送信劇場の始まりだ。

一番多いので被害終焉のデマ。終わる終わるもう終わる、そしていなくなる、それから何か良いことがある、あるいは何もしてやれない等。

そんな中、理事会の準備も兼ねて午前に片付けなければならない。このクズ犯罪のせいで、せっかくの祭日も返上である。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2562 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2564 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2563:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2562 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2564 »