« テクノロジー犯罪に遭遇して2564 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2566 »

2015年2月23日 (月)

テクノロジー犯罪に遭遇して2565

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を!

2月23日(月)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ◎ 肌の撫で回し● (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波◎(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

10時40分

今朝も被害は相当にひどい。

昨日はここにも記したとおり、新宿での催しに参加、会場は盛況で、人いきれに溢れていて、亡父の頃からの多くの旧知の方々と一緒だったせいで、夜まで意識は大きく外向し続けたし、懇親会もあって、飲み食べもでき、酔いもあり、被害からはほぼ終日避難できた。ということで昨日に関しては会場に向うまでの時間だけ被害者という状況だった。

就寝は1時50分頃である。

まず6時に覚醒の強要。ここではノイズを確認しただけ。すぐに寝付ける、7時15分に再度覚醒。ここからは以降うつらうつらとなる。睡眠妨害は今朝に関しては軽度だったようだ。ノイズと音声送信が聞こえるものの、それほどうるさくはない。8時55分に起床。

やはり触覚被害は始まる。ヘルパーさんが体調を壊してしまったために、私が代わりに最低限のことを片づけなければならなくなったので、余計に雑事が増える。10時20分まで延々と体を動かし続ける。本当に体力勝負である。

ということもあって触覚被害も特に胸にひどかったが、それほど気にしないでいられた。

しかし書斎に入りパソコン前に座るとダメである。この技術に完全に捕まる。そして結局ははだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶が挟まっている。しかし今日は寒さが緩いせいでその分助かっている。あとまだ雑事があるので、片づけ、午後からグラフィック業務となる。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2564 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2566 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2565:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2564 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2566 »