« テクノロジー犯罪に遭遇して2592 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2594 »

2015年3月24日 (火)

テクノロジー犯罪に遭遇して2593

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

3月24日(火)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

9時54分

被害は普通に続いている。

触覚被害については結構ひどい。

昨日は午後の前半までは、家庭の雑事や約束事の処理に追われる。結局本業に取りかかれたのが、16時近くとなってしまう。住人さんの出入りの時季はいろいろと雑事も増えてしまうのだ。

昼は近所の中華飯店でランチをいただく、かなりのガッツリ系の店だったようで、若い頃のような大盛りランチに辟易してしまったが、何とか残さずにいただいた。結構店内も混んでいたので、ここでは被害は遠のく。

しかし自転車での移動中や、買い物等の際には被害は途切れなく続くし、家に居る際には何らかの不快な感触が続く。ノイズや下らない音声送信もだ。しかしとにかく、身体をよく動かすせいで、この雑事片付け時間に関しては、堪え難いというほどではなかった。

問題はやはり座業のグラフィックワークの時間である。不動の状況はカモだ。一貫してはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらの業務である。被害箇所は右脚などの下半身へ移動する。ズボンの裾を膝まで手繰り上げての大変な状況も強要される。

そんな散々な状況で、20時半頃まで事業報告書のレイアウト業務。

20時半過ぎから夕飯の調理。尻への触覚被害は著しくエスカレート。大変なストレスだ。そんな中でイワシの丸揚げ、大根おろし、大根の葉のお浸し、トマトサラダを調理、そして昨晩のすき焼きの余りも追加していただいた。

被害は当然食事中にも続く。音声送信もだ。ノイズもである。

食後は愛犬の散歩。結構寒く硬直してしまう。被害はそのせいか、それほど強くは感じなかった。

帰宅してからは自由時間としたが、映画を鑑賞中、結局うたた寝てしまう。それでも気が付くのが早かったので2時20分にはベッドに入れた。

7時20分頃に目覚めてしまう。覚醒の強要という感じではなかったものの、何だかおかしな感触があった。すぐにノイズが聞こえ、音声送信は交際女性が現れる等の超マンネリデマ。あとは金持ちたちにやられていて、まだ続く等の送信。そして下半身への触覚被害が始まり出す。以降はうつらうつら。脳へ不自然な痛みが走ったりもした。

ノイズはじょじょに近寄り出し、右脚への触覚被害も堪え難くなってくる。8時20分に起床。

すぐに雑事を片付けていく。音声送信はいつもとおり。触覚被害もここ数日そうであるように下半身へひどい。

そしてこの記録のためにパソコン前に座れば特に触覚被害はエスカレートし、はだかでなければいられなくなるし、はだかになれば下半身への触覚被害がエスカレートする。今日も格闘になりそうだ。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2592 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2594 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2593:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2592 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2594 »