« テクノロジー犯罪に遭遇して2609 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2611 »

2015年4月10日 (金)

テクノロジー犯罪に遭遇して2610

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

4月10日(金)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

10時28分

被害に変化なし。触覚被害は下半身と胸に集中するという猥褻触覚被害の正道を行くようである。本当に私の触覚被害は猥褻被害に徹しきっている。

昨日はここにも記したが工務店が入って下宿部屋の床材の交換工事を行い、結構規模が大きかったせいで半日かかる。それに立ち会ったり、後は来週早々に入室する人のためにいろいろと準備を行なう、肝心のグラフィック業務の出稿が遅れていて、従事したくともできない。

そして今春貴重な晴天である。晴天でなければできない作業も沢山あって、特に午後は身体が動きっぱなし、ということでモロに攻撃を食らう時間が限定されていた。

やはり昼夜の食事の時間は相当の苦痛である。調理時、食事時ともにだ。昨日は昼夜共に相当の攻撃に耐えた。

昼は豚汁とイワシの一本揚げ、夜は枝豆、刺身の盛り合わせ、ホイコーローを調理したが、この時間は尻への徹底的な触覚攻撃、そして食事中は上半身への触覚攻撃である。

昨晩も夜中はうたた寝てしまったものの、1時過ぎには気づき、無事に1時半にベッドで就寝。

そして今朝もほぼ5時丁度に覚醒の強要。もはやテクノロジーで操作されていることを、はっきりと認識させられる。それを察知すれば得意げにそれを顕示する男の声が最初に聞こえる。そして例によって交際女性が云々のワンパターン送信が始まる、そのくらいしか思いつかないのだろう。今朝は私が飲酒をするから年配の住人が交際女性であって、飲酒を止めさえすれば若い住人と交際させてやるのに等と、傲慢極まりない態度での送信。自分がどこまでも愚かで、程度の低いクズであるという認識が皆無なところが、滑稽であり、また哀れでもある。

とにかく、これだけの脅威の技術を乱用できる立場そのものに耽溺しているとしか思えない。

ここではそれでも何とか寝付けるも、ほぼ1時間後の6時20分頃にまた目覚めさせられる。今度は軟弱な愚か声が、すぐにそれと解るお世辞送信。ここもすぐに寝付ける。

そして7時25分頃にまた目覚める、今度はノイズとクズガキ声が「内山君のオッパイは大きい…、モミモミモミモミ」を反復。そして胸を本当に揉まれる感触と認識が明快に走り出す。これは結構不快度が高かった。


そして次に目覚めたのが8時42分。これは自然覚醒だ。いつも痛かったり、辛い場所がやはりそのとおりの状態で、あとは眠気と倦怠感がはっきりと感じ取れる。触覚被害が下半身へひどい。特に股間が大変だ。

8時52分に起床。股間への触覚被害がそのまま続く。大変な悪寒である。男の股間に一体何の用事なのか。

音声送信はノイズといつものバカどものやり合いや、雑言である。

そんな中で雑事片付け、そして今朝もかなり寒い、だというのに、この記録をはだかで、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながら行なっている。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2609 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2611 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2610:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2609 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2611 »