« テクノロジー犯罪に遭遇して2611 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2613 »

2015年4月12日 (日)

テクノロジー犯罪に遭遇して2612

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

4月12日(日)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

11時45分

被害は相当にひどい。野放し状態である。音声送信、触覚被害共にだ。どこまでもバカであることを晒し、開き直り切っているクズ、そんなのが目立つ。

昨日は午後は雨も上がり、うっすらと空も見え始めたので、久しぶりに郊外の東久留米までクロスバイクで向いた。毎年苗を購入しているバラ園があって、そこで以前から欲しかったフレンチローズの苗を購入しに行ったのである。

今春は本当に雨が多く、爽やかな日が少ない。いっそのことこのまま進行し、冷夏になってくれれば等と、夏苦手の体質の輩らしいことを考えてしまったりもした。

クロスバイクで移動中の走行妨害は普通にあり。クズガキ声が近寄り出すと右脇の下への刺激が相当に強くなったりする。とにかく行きも帰りも無事な走行はできなかった。

帰宅するとやはり触覚被害がエスカレートする。

少し休んでから愛犬の散歩。近所の公園で他の犬たちと出会え、戯れることができ、私も私で談笑ができたりで、被害から逃れることができた。

帰宅すると18時半。すぐに夕飯の準備、因みに昼は自家製ツナをサンドイッチ用に調理して、サンドイッチにしていただいた。

触覚被害による調理、食事妨害は普通にあった。いつもと同様である。夜も尻への触覚被害に耐えながらサラダやら、枝豆、もろきゅうを調理、肉屋で買ったカツを沿えて夕飯とした。やはり上半身への触覚被害がひどかった。

深夜はうたた寝てしまい、気づくと2時半を回っていた。2時40分にベッドで就寝。

今朝は目立った妨害はなし、8時20分に目覚める。自然覚醒である。眼痛と眠気と倦怠感がひどい。

音声送信は早速始まる「これからは声がしなくなるが、まだいろいろとやらせてもらう、報酬も何もなし、ただやらせてもらう…」等の送信から始まり、以降はいつもとおりである。

9時に起床し、雑事片づけ、音声送信、触覚被害共にいつも通り。時間とともに胸への触覚被害がひどくなり、ついに着衣を断念し、はだかになってしまう、するとすぐに被害は下半身へと移動する。

そして今も上半身はだかで、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟んでこれを記している。今日も清掃作業などがこれから続く。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2611 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2613 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2612:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2611 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2613 »