« テクノロジー犯罪に遭遇して2616 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2618 »

2015年4月17日 (金)

テクノロジー犯罪に遭遇して2617

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

4月17日(金)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

10時5分

グラフィック業務が一気に出稿された。しかも遅れたために、しわ寄せがあり、週末は営業となりそうだ。

昨日に関してもまったく普段と変わらずに被害はひどかった。独りだとただのカモである。ゴミヒモのカス犯罪者どもは、人様かあらゆるメジャーなものを吸い取り、盗み、独り占めにし、やりたい放題のクズ以下の本性剥き出しである。

昼夜の食事時、調理時の被害は散々。

昼はひき肉カレー、夜はツナサラダ、菜花と鶏ササミの炒め物、ブリの塩焼きとしたが、当然無事に快適になど夢のようである。ゴミ声とノイズによる介入はてめえの快楽のむさぼりだけをやりたい放題にやり、あとは知らないとどうしようもないクズぶりを発揮しているだけだった。

以降、深夜のうたた寝もひどく、就寝時の時間がメモされていない。

6時40分には覚醒の強要。音声送信は軟弱男声で「女と付き合わなければいつまでも続ける…」等のバカ送信を始めていた。「サー」というノイズもいつもと一緒。

次は8時頃に目覚め、以降はうつらうつら。音声送信はいつもと一緒、デマや戯言だ。8時35分に起床。

音声送信、触覚被害はいつもと同様に始まり出す。その中での雑事片付け、例によって人工音声に依存しきったゴミヒモのやりたい放題は続いている。

今もはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、そして右脚への触覚被害に耐えながらこれを記している。今日は格闘状態になりながらの本業となる。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2616 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2618 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2617:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2616 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2618 »