« テクノロジー犯罪に遭遇して2622 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2624 »

2015年4月23日 (木)

テクノロジー犯罪に遭遇して2623

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

4月23日(木)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

11時13分

被害はまったくひどいままだ。触覚被害のやりたい放題は続いている。音声送信もガラの悪いチンピラ風情、若いスネた男女の声を聞かせ、何かとイチャモンを付けてくる。この辺りは音声送信被害者のほとんどがやられているところだ。

昨日は記されたとおりに、校正作業が午後はあって、それに従事。しかし思っていたよりかは、修正箇所が少なく、早く済ますことができた。

他、修繕工事の点検に工務店の人が来たり、庭木の剪定作業などに従事していると18時を回る、散歩に行こうと思うと雨が降り始めたので夕飯の準備とした。

ハタのカブト煮、なます、ミートトースト、生野菜、厚揚げを調理しいただいたが、食事時の触覚被害は相変わらずひどく、散々な状況での食事となった。

深夜はうたた寝ずに済み、何とか1時45分にはベッドで就寝ができた。

そして今朝も睡眠妨害は無し、気づくと7時45分に自然覚醒、誰もがそうであるように、倦怠感と眠気がひどい。ノイズだけが聞こえたものの、やはり音声送信は始まり、「金」「女」「解放」のデマを始め出す。しかしやはり寝入ってしまい、1時間後に住人さんのドアベルで起こされた。8時45分に起床。

音声送信は普通に始まり出す、触覚被害はその時点ではそれほどではなかったものの、時間と共にエスカレートし、これを記し始めると散々な状況となっている。

今日はグラフィック業務が合間となる。金曜に校正が戻り、土曜は仕事になり、さらに日曜はNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークのフォーラムが開催され、記録係として参加することになっていて、休みがない。ということもあって今日は少し伸び伸びとしようと思っている。


« テクノロジー犯罪に遭遇して2622 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2624 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2623:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2622 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2624 »