« テクノロジー犯罪に遭遇して2629 | トップページ | »

2015年4月30日 (木)

テクノロジー犯罪に遭遇して2630

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

4月30日(木)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

10時12分

被害は相当にひどい。ノイズと触覚被害、それとクズガキ人工音声を選択しての攻撃が続いている。実体などないただの人工音声が脳内でやかましい。

昨日はなかなかの天候にも恵まれ、被害者でなければさぞかし快適に過ごせたと思うが、随所に妨害があり、不快をまき散らされた。

とはいえ、祭日らしく、開花直前のバラの苗を移動したり、配置したり、消毒や殺虫も行なう。そのすべてに主にクズガキ声等が介入したり、胸や尻などに強い触覚被害を強要され続けた。

昼はMTBで富士見台まで買い出しに出たが、走行中の触覚被害が相当にエスカレート、右脇の下や胸にここしばらくの間なかったほどの強烈な触覚被害があり、操作者のヒモはそれがあたかもクズガキ人工音声の責任であるかのように設定する。実体のない音声だけの存在で何を遊んでいるのか。バカに刃物とはまさにこのことだ。

15時頃に紅茶を入れ、アイスクリーム等を楽しみ始めると、壮絶なほどの触覚被害のエスカレート。メチャクチャなほどでいても立ってもいられなくなる。すぐに移動し、また庭に戻る羽目になる。音声送信はいろいろな声が、それぞれ勝手に中傷、見下し、謝罪、雑言、脅迫をやっていて、まったく乱れ切っている状態、どうにもならないただの人語の混ざった雑音である。

夕方には愛犬の散歩、やはりここでも触覚被害は付きまとうし、音声送信の介入もひどい。しかし夕方でまだ明るかったせいもあって、公園内は人が沢山いて、ここでも救われる、他人を意識し、その意識が向こうのヒモ罪人ども意識を重なることを、ひどく嫌がる傾向があって、それで混乱を起こしていたりした。

食事の方は昼は中村橋にある、人気のある中華飯店にてワンタンメンを食べた、店が混雑していて、なかなかの人いきれだったので、ここでは被害はやや遠のいてくれた。

夕飯は自炊、尻への触覚被害に耐えながら、ネギチャーシューサラダ、イワシとアジの刺身、肉野菜炒めを調理、食事時も相当の触覚被害を上半身へ強要され続けた。もう本当にメチャクチャなほどだった。被害終焉のデマなどが完全に狂言であるほどに、被害のまき散らし、やりたい放題である。

晩酌を行いながらだったのと、夕べ鑑賞したのが「寄生獣」という私が被害報告集第2巻で、この犯罪を感覚的に理解する際に、推薦させてもらったホラー作品であったせいもあって、普段以上に集中して観れたせいで、被害から遠のくことができた。

やはり昨晩も居間のTVの前でうたた寝てしまう。睡眠不足がかなりひどいようだ。しかし気が付くのも早く、1時過ぎには目覚める、急いで入浴し1時50分にはベッドに入れた。

7時頃に目覚める、今朝は覚醒の強要というよりも自然覚醒との中間といった感じ。今朝はノイズの音量が最初から大きい。被害終焉のデマから音声送信は始まり、以降はいつもと一緒、まったく散漫で無意味な言語のまき散らしである。

触覚被害も右脚に始まり出し、その不快の中、8時35分の起床までうつらうつらし続けた。


起床後はすぐに雑事片付け。ノイズが凄い。頭の中の詰まっているかのようだ、おかしな刺激もある。生粋のヒモ操作者は相変わらずクズガキ声を乱用し、ノイズと一緒に犯罪のまき散らしを楽しんでいるようだ。

今日は新たに発生した医療関連の書籍の仕事の準備と、進行中の事業報告書のデータ修正が届くことになっているので、それに従事する。


« テクノロジー犯罪に遭遇して2629 | トップページ | »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2630:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2629 | トップページ | »