« テクノロジー犯罪に遭遇して2652 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2654 »

2015年5月23日 (土)

テクノロジー犯罪に遭遇して2653

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

5月23日(土)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

11時08分

被害は今朝もかなりひどい。

音声送信はあえて傲慢を気取っているようなゴミ、そんなのが頻繁に出てきては被害者を冒し侮辱するような送信を続けているし、それ以外の声もデマや意味皆無の謝罪、そして猥褻触覚被害がそれらに連動している。

昨日はひたすら制作に励み、速やかにこなせたせいもあって、予想よりかは早めに終業できたものの、眼の疲れ、身体全体が重く、久しぶりに相当の疲労度だった。

書斎では一貫してはだか、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟み、下半身や、時には防御網を突破するかのような強い反応を胸などに飛ばされたりもした。

昼夜の食事もひどい被害の下でのものとなった。昼はかしわそば、夜は塩ゆで空豆、春雨サラダ、それと海鮮物と野菜をホールトマトで煮込んだものを調理、尻への触覚被害に耐えながらの台所仕事と、上半身への触覚被害に耐えながらの食事となった。

食後の愛犬の散歩時には眠気がすでにひどく、コンディションも良くない、そんなせいなのか、昨晩もこの時間は被害はそれほどでもなかった。

深夜は書斎のパソコンで映画鑑賞、予想以上に映画が良く、眠いのに最後まで鑑賞ができた。そして門限の時間も過ぎていたので、そのまま消灯と戸締まりを済ませ、無事に2時にベッドに入れた。

6時44分に覚醒の強要。すぐに触覚被害も始まり出した、ノイズもいつもとおりだ、その状態で小用に立った。触覚被害はさらひどくなったが、疲労と眠気が凄い、それと何とも奇妙な夢をまた見ていた、いつもそうなのだが、妙にリアルで天候状態でいえば今にも降り出しそうな曇天を思わせるような雰囲気に溢れた暗い感じの夢である。そして私が自身の過去の蓄積から見れる夢では絶対になく、この技術の被害者を自覚する前には有り得なかった、別個の何かが入り込んできているようなことを自覚させられるような、そんな事実を目の当たりにさせられた。要するに夢を見させられているということだ。

次に気が付くと8時半頃、まだまだ眠かったが、土曜の朝はゴミ出しをしなければならないので、強引に起床。

ノイズやデマ送信、胸等への触覚被害が始まっていて、今朝はかなりひどい。

そしてひととおりケリがつくと11時を回っている。それからはだかになり、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらのこの記録である。

今日も午後はグラフィック業務、ここ数週間大変な思いをし、制作してきたデータの入稿準備作業などに追われる。


« テクノロジー犯罪に遭遇して2652 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2654 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2653:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2652 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2654 »