« テクノロジー犯罪に遭遇して2661 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2663 »

2015年6月 1日 (月)

テクノロジー犯罪に遭遇して2662

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

6月1日月)

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

11時02分

被害はまったく変化することなく続いている。

昨日も相当の触覚被害を食らい続けた。メチャクチャと言って良い。こと左胸への集中攻撃はひどく、必ずノイズとクズガキの声と連動してエスカレートしてくる。何かを思い込ませたいだろうが、いい加減小学生相手のクズ設定は止めて欲しい。よほどのバカか、貧相なのが操作しているとしか思えない。

しかし触覚被害は確かに凄いしダメージは相当のものだ。必死に何事もないように行動し、日常を壊さないように頑張った。しかし午後の下宿スペースの清掃時間だけは救われた。特に昨日は本格的な床清掃もあって、春に溜まった床の汚れをスポンジと雑巾で丁寧に掃除していったのだが、その作業中は特に被害は遠のいた。しかし暑さで汗も相当かき、かなりの不快だったことも事実だ。生理的な不快感からは本当によく逃げる加害者である。

そしてその清掃を終えてからのエスカレートぶりもひどかった。ノイズが喧しくなり、クズガキ声がヒステリーを起こし、そして左胸に何かがべったりと付着し、はげしく蠢くような感触がリアルに走り、相当のストレスを強いられる。さらに右脚や尻にもかなりの攻撃がある。必死に意識を外に向け、雑事片付けに集中し続ける。動いていてもダメで、だから事故でも起こさないようにと余計に神経は敏感になる。そのくらいに過激な攻撃を受け続けた。当然身に覚えはない。

夕方の愛犬の散歩時も、不自然な格好でいなければならず、身体を硬直させながらの散歩となった。ノイズとクズガキ声とチンピラ風情の声等が「ザマアミロ」と言わんばかりに好き勝手に喋っていた。

帰宅後夕飯の準備、よくもまあ包丁で指を切らなかったものだ。触覚被害の尻や胸への攻撃は一切弱まらずに続く。

そんな中で鶏唐揚げ、コロッケ、生野菜サラダ、春雨サラダ、焼き餃子、塩ゆで空豆、レバニラ炒めを調理。19時半から若い同居人と一緒にいただいた。2人になれたので、途端に被害から避難できた。今までのヒステリックな攻撃がウソのようだ。

そして以降は晩酌の酔いも手伝ってそれまでほど被害を感じずに済んだ。

深夜はやはりうたた寝てしまい、無事にベッドに入ったのが2時50分である。

そして5時46分に覚醒の強要。例によってパッチリと目覚める。ノイズとクズガキ声による中傷音声あり。あとは人を目下扱いする態度ででの見下し送信等。

以降は寝付けたものの、何度も覚醒させられてのぶつ切り睡眠になった。ずっとノイズと、バカな問答とデマを聞かされ続ける。全部低能の思いつきの妄想である。

今朝は珍しく頭痛もひどく、そんな状態で8時55分に起床。すぐに触覚被害も始まり出し、いつもと同じ脳内の喧噪が始まり出す。特に「サー」というノイズが今日はひどい。

今日は午前中は家の雑事、午後からはグラフィックワークだ。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2661 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2663 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2662:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2661 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2663 »