« テクノロジー犯罪に遭遇して2667 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2669 »

2015年6月 7日 (日)

テクノロジー犯罪に遭遇して2668

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

6月7日(日

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

12時22分

被害は相当にひどい。触覚被害のやりたい放題状態である。午前に食材の買い出しにスーパーに行ってきたが、そこでも散々なのを胸に食らい続けた、物色している際の快適さとかが気に食わないとの理由でである。

昨日も相当に苦しめられた。一昨日ほどではなかったが、かなり露骨に全身に触覚被害があった。しかし屋外での作業が多かったので救われた。庭の梅が収穫期になっていて、すでに落果し始めていて、平日はとにかく本業が詰まっていて、そういうことができない。さらに日曜も清掃があったりで詰まっているので、昨日くらいしかそういうことに従事できなかった、梅の実の収穫と木の剪定も同時に行なっておく。他にも園芸方面で従事しておきたいことがあって、それを片付けた。書斎で不動の姿勢でいるよりかはマシだったものの、何らかの不快感が身体には走り続けていた。

昼前に隣町まで買い物に行ったが、その走行も無事ではなかった。昼はハンバーグサンドを自炊。調理時に尻への触覚被害、さらに食事時に上半身への触覚被害である。

夕食は不景気ではあるが、豊玉にある安くて善良な焼き鳥屋があってそこで外食とした。自分を食べるものを人に調理してもらう有り難みが存分に味わえた。往復は徒歩である。焼き鳥は美味しく大きく、サワー類も濃くて、酒飲みには有り難い店である。2週間ぶりに夜の外食ができ、このことだけが、有り難かっただろうか。ここでは不思議に被害は遠のいていた。

帰宅後すぐに愛犬に餌を与え、それから散歩である。やはり普段とおりに散歩妨害あり。しかしほろ酔いだったおかげで普段よりかは被害をストレートに感じずに済んだ。

それから映画を鑑賞したりし、自由に過ごす。深夜にはパソコン前でうたた寝。3時半にベッドに入れた。

7時40分に覚醒。今朝ははっきりとした睡眠妨害はなし。目覚めても音声送信はそれほどではなく、ノイズだけが聞こえる。

しかし徐々にいつもの声が聞こえ始め、デマを流し始める、「金」「女」「解放」のいずれかのデマだ。そして同級生だった学会のO君が加害者で等という話しまで始める。

以降はうつらうつら状態。疲れもひどい。結局日曜ということで9時50分に起床。

すぐに触覚被害がエスカレートだ。音声送信もまったくいつもの声たちが勝手に雑言や戯言の垂れ流しだ。「金」「女」「解放」のデマとは裏腹に触覚被害はメチャクチャである。

今日もただただ耐えていなければならないようだ。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2667 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2669 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2668:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2667 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2669 »