« テクノロジー犯罪に遭遇して2681 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2683 »

2015年6月21日 (日)

テクノロジー犯罪に遭遇して2682

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

6月21日(日

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

11時07分

被害はまったく普通に続いている。

昨日はNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの理事会だった訳だが、飯田橋の事務所の往復にはクロスバイクを利用。やはり走行妨害は相当のもので、特に行きの走行は散々だった。右脇の下を刺激され、胸や右脚を走行中に撫で回されるのである。音声送信もノイズとクズガキ声の乱用。それとそれを制する女の声もうるさい。

そして13時からの理事会の最中の触覚被害もかなりのものだった。この理事会や、高校の会報誌の会議には触覚被害による妨害がエスカレートすることが多い。過激はほどではなかったにせよ、かなりの忍耐を強いられる。しかし何事もないように何とか振る舞い、議題を片付けていく。

昨日は理事会は、ことの他スムーズに進行し、16時半頃には無事に終了した。週末にあまり家を空けたくない立場としては大変に助かった。終わり次第すぐに帰路に着く。やはり右脇の下と胸への触覚被害あり。クロスバイクは通常のママチャリとは違って車重が軽く、タイヤは細く、さらに足がつかないように設計されている、従って停止する際にはサドルから尻を前方にずらし、サドルから降りてフレームをまたぐ感じで足を着くという方法を取らなければならず、走行性に優れているのに引き換え、それなりのハンデもあるのだ。安定性も際どく、30キロ以上の走行時にはかなりの緊張を強いられる。さらには目白通りという都内でも交通量の多い大通りを走行する訳だから、それだけでも危険なのだ。

そんなことをお構い無しに急所を刺激し、さらに舐め切ったバカな音声送信を脳内に反応させる加害者とは、一体どういう気違いかと、絶対に誰もが考えるはずだ。

やっとの思いで帰宅をすれば、触覚被害は一気にエスカレート。はっきり言って無軌道と言ってよいほどの高ぶりになった。理事会が相当に不快だったのか、何だかは知らないがとにかく辛い、胸やら背中やら右脚やら、尻やら脇の下やら乳首やら、とにかくどうやったらというほどの猥褻で不快な触覚である。屋内ではできるだけ、上半身はだかになり過ごす。そして防御をすると途端に向こうから「ちっくしょう!」等という声が飛んでくる。

そのくらいに何者かが私の憎んでいるという設定を、どこかの馬の骨が設定しているらしい。

とりあえず天候の方は良いほうで、さらに冷涼なほどの気温で夕方は気分が良かったのでまだ救われた。18時半まで雑事を片付けて行き、以降は夕飯の準備である。

空豆の塩ゆで、ポテトサラダが余っていたので、それにトマトとキュウリとハムとチーズを沿えてサラダに。帰路の途中で雑司ヶ谷の魚屋さんで買った鮎と穴子を、それぞれ焼物にしていただいた。この調理時にも尻へ散々な触覚被害である。

19時から食べ始めたが、今度は上半身と右脚への触覚被害がかなり高ぶる。晩酌の酔いが回るまではひたすら耐えている以外にない。昨晩は特にひどかったので、アンダーウェアを脱いではだかになっての食事となった。

酔いが回るに従って感覚も鈍り、何とか着服できるくらいにはなった。

一段落したところで愛犬の散歩。やはり立ち止まると大変だ。途端に触覚被害がエスカレートする。しかし昨晩は、結構歩き優先でいてくれたので、まだ救われた方だった。

帰宅後は映画を鑑賞。この辺りからじょじょに被害は遠のいていく。やっと週末らしく伸び伸びとした気分になってきたからだろう。不思議なことに好き勝手に過ごそうとすると被害は遠のく傾向がある。

映画を鑑賞し終え、書斎のパソコンでいろいろネットで調べ毎をしている間にうたた寝てしまう。気が付くと3時を過ぎていた。

すぐに戸締まりと消灯を済ませ、ベッドで就寝。

今朝も目立った睡眠妨害はなし。まったく予測がつかない。7時28分に目覚める。音声送信はすぐに始まり、住人のCが戻ってきて、内山くんと付き合うことになるだの、いつもと同様の思いつき送信の始まりだ。「サー」というノイズもいつもとおりだ。

以降はうつらうつら状態が続く、眠気も疲れもひどい。今朝に関しては私を中傷する送信は少なく、穏やかな老人声が肯定的な内容の送信をよく飛ばしてきた。

9時10分頃にはっきりと覚醒。やはり眠気と疲れが残っていてもう30分ばかり休んでから起床。その間に脳内でドアベルの音がした。万一と思ってわざわざ玄関まで向ったが誰もいない、こういう嫌がらせも珍しくない。

すぐに下半身への触覚被害がエスカレート。音声送信はノイズとクズガキ声とそれを制する声。

その状態の中で雑事を片付けていく。そしてパソコン前に座れば、すぐにはだかになり、右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟みながらのこの記録である。

今日もいろいろと片付けたい雑事が溜まっているし、清掃作業も待っている。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2681 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2683 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2682:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2681 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2683 »