« テクノロジー犯罪に遭遇して2690 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2692 »

2015年6月30日 (火)

テクノロジー犯罪に遭遇して2691

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

6月30日(火

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

10時13分

被害はひどいままだ。

ノイズとデマが飛び交い、散漫な触覚被害が続く。

昨日もひどい被害に見舞われながらの日常を強要された。

昼には買い出しで富士見台までMTBで往復だったが、触覚被害による走行妨害がメチャクチャなほどだった。やりたい放題である。ノイズとクズガキ声に依存する向こうの気違い操作者が、何かのメリットに中毒を起こし、しがみついているかのようだった。単なる嫌がらせではない、何かを操作者に齎すからこそ、ここまで執拗だし、続くのである。それは世の基本的な法則のようなものだ。

右脇の下、右脚、胸、更に後部に誰かが座っていて、二人乗り運転をしているかのように背後に濃厚な人の気配まで感じさせることまでできるのだ。昨日に関しては往復共々ひどい状態だった。

昼食は中村橋に中華飯店でラーメンを食べたが、昼時で人も多く、ここでは何とか被害から逃れることができたものの、あとはダメだ。

帰宅してから一休みし、13時過ぎから経理の作業を始めたが、当然はだかである。右脇の下にインスタントコーヒーの空き瓶を挟んでのパソコン操作だ。右脚への触覚被害がひどい。

着服して書斎から出れば、今度は上半身に否応無しに触覚被害が移動する。その繰り返しが続いただけである。

音声送信もノイズをバックに、デマの乱発と内面介入。こちらの機嫌が少しでも良くなればそれだけ音声送信も浮つき出し、触覚被害もエスカレートする。いつものパターンである。

18時半には終業とし、夕飯の準備。準備とはいっても昨日の余りがほとんどで、手間はかからなかった。それでも枝豆を茹でたり、野菜を刻んだりくらいはするが、やはり尻への触覚被害は強要される。

19時から食べ始めたが、どうにも全身に悪寒が走り、落ちついて食べれるものじゃない。介入送信やノイズも続いている。

食後は愛犬の散歩。ノイズとクズガキ声と背後からの触覚被害に耐えながらの徒歩だ。愛犬が立ち止まると、もう大変だ。堪え難い触覚被害に襲われ、それに耐える以外にない。それを面白がるかのようにクズガキ声や愚か声も騒ぐ。とても夜の静けさどころじゃない。脳内はノイズや人工音声で喧噪状態である。むしろ周囲が静まっているだけにそれは余計に目立つ。

帰宅し入浴。尻への触覚被害は無いということが無い。

それから自由時間とする。映画を鑑賞するも、途中でうたた寝。気づくと3時近い。3時にベッドに移動し就寝。

6時20分に覚醒の強要。さっそく「サー」というノイズ。そしてクズガキ声による被害終電のデマに始まる音声送信。それと内面介入。

それからは浅い眠り。ラジオの音と音声送信は入り乱れて聞こえ、奇妙な夢も見た。


8時45分に起床。すぐに雑事を片付けていくが、音声送信はいつものようにデマが始まる、超愚か声による交際女性が云々というデマ、要するに被害者をバカにしているだけだ。それと比較的真っ当な声による、被害終焉と良いことがある等という取り繕いデマもよく聞こえる。あとは内面介入である。触覚被害は無軌道というほどではないが、やはり今日もかなりのレベルだ。

今日は午前は銀行に用事があり、これから出かけ、午後はグラフィック業務が待っている。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2690 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2692 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2691:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2690 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2692 »