« テクノロジー犯罪に遭遇し て2702 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2704 »

2015年7月12日 (日)

テクノロジー犯罪に遭遇して2703

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

7月12日(日

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

10時12分

被害は今日もひどい。触覚被害が否応無しだ。

昨日は一人でいる時間は相当に被害がひどく、散々だったが、親せきの同居人と一緒にいるときは大丈夫だった。

MTB乗車中の走行妨害も相当に、これでもかと右脇の下に強い刺激を強要され続け、まったく無駄なだけの善悪の問答を脳内に垂れ流しにされた。

昼からは同居人と浅草に出向いた。来週中には近畿へと帰郷するので、東京案内も兼ねて出掛ける。猛暑に近い暑さだったが、浅草界隈、それと上野まで散策した。昼食は雷門そばの天ぷら屋で天丼をいただく。16時半に帰宅。この時間はほぼ被害の自覚なし、音声送信がたまに遠くに聞こえる程度。

しかし帰宅し一人になると途端に触覚被害がエスカレート。音声送信もノイズやクズガキ等のいつもの憎まれ声が聞こえ出す。以降は深夜まで被害に耐えることになる。

夕飯は自家栽培のトマトのサラダと、餃子で済ます。調理中、食事中ともに触覚被害ひどし。仕方なくはだかで食事を摂ることになる。食後の愛犬の散歩時はややひどい触覚被害に見舞われる。夜は映画を1本鑑賞。

深夜は書斎でうたた寝てしまう。ベッドに入ったのが2時50分だ。その時点で尻に触覚被害がひどくノイズもうるさかった。未明だろうと関係ない。

6時20分に覚醒の強要。「サー」というノイズを聞かされ、クズガキ声による被害終焉のデマ。

次に7時20分に覚醒。自然覚醒ともとれる微妙な感じ。今度は不動産絡みの思いつきデマ。以降は浅い眠り。音声送信やラジオの音が聞こえたり聞こえなかったり。

8時半頃になると触覚被害も右脚に始まり出す。ノイズとクズガキと制し声と愚か声が入り乱れ始め、いつもの喧噪状態になる。

9時に起床。すぐに尻へひどい触覚被害。音声送信もいつもの善悪の問答や、好き勝手なデマ垂れ流しや、浮ついたキャラクターのふざけた送信など。

今日もいろいろと家の関係で片付けることがある。

« テクノロジー犯罪に遭遇し て2702 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2704 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2703:

« テクノロジー犯罪に遭遇し て2702 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2704 »