« テクノロジー犯罪に遭遇して2704 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2706 »

2015年7月14日 (火)

テクノロジー犯罪に遭遇して2705

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

7月14日(火

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)● ノイズとガキ● 肌の撫で回し★ (胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配● 電磁波★(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

9時39分

被害は普通に続いている。

昨日は三鷹との間をクロスバイクで往復。右脇の下と右胸への触覚被害が走行中にひどく。本当に危険な走行を強要され続けた。往復とも散々だったが、行きが特にひどく、できるだけ交通量の多い道は避けるようにして走行した。

お座なりのパターンで、ノイズとクズガキ声を前面に押し出し、走行妨害の加害者がクズガキという向こうが一方的につくりあげたキャラクターの責任にするという、異常な設定の下、向こうが勝手に一人芝居を演じているだけだ。本当に分裂症を思わせる尋常ならない、内向性である。

こちらはとにかく安全な走行することに精一杯で、とてもそんな下らない人工音声劇場になど付き合っていられない、おまけに台風の影響による猛暑である。昼食は松庵にあるそば屋でむじなそばを食べた。ここではそれほどひどい被害はなし。

会議の時間は比較的救われただろうか。それでもくすぶるように触覚被害や音声送信が続いた。

夕方に帰宅。本当にいきなり真夏になってしまったかのようだ。タオルがあっという間に湿ってしまう。植栽に水をやっていると触覚被害が胸にエスカレートする。

ひととおりの雑事を片づけ、早速出稿された会報誌の記事の校正やレイアウトに取組む。当然はだかでである。右脇の下にもいつものようにインスタントコーヒーの空き瓶が挟まっている。

まだ締め切りまでには時間もあるので、あまり切り詰めずに18時半には一応終業とした。まだバテてはいないが、この暑さは結構堪える。

すぐに愛犬にえさをやり、自分の夕飯も調理。枝豆を茹で、トマトを切り、春雨サラダを調理。やはり尻への触覚被害がひどい。調理時に無事でいられることはなずない。19時よりニュースを鑑賞しながら頂くが、上半身の触覚被害がひどく、仕方なくはだかになっての食事だ。とりあえず暑さもあって、はだかには違和感はないものの、自分の意志で脱いでいる訳ではないので腹が立つ。

結局被害はそのまま続く。食後愛犬の散歩。意外だが、ここでは触覚被害はそれほどでもない。比較的マシな状態で散歩ができた。

帰宅し、以降は好きに過ごすが音声送信は平然と続き、触覚被害も過激なほどではないにしろ、惰性で続いている感じだ。

深夜はやはり書斎のパソコン前でうたた寝。気づくと3時を回っている。3時20分に就寝。

7時15分頃に目覚める。今朝もはっきりと被害を感じずに目覚めることができた。すぐに「サー」というノイズが聞こえ、私の内面を干渉するような音声送信が始まる。すぐにうつらうつらとする。音声送信やラジオの音が聞こえたり聞こえなかったりといった状態。その中で交際女性が現れるだの、これをやっていた老人たちが謝りに行って、8000万円の金を支払うだのやっている。要するにいつもの「金」「女」「解放」のデマである。8時半頃には下半身へ触覚被害が始まり出す。

8時40分に起床。

すぐに猛暑の中雑事を片付けていく。とりあえず音声送信は普段よりかは遠い。しかし何かと干渉や介入してくるのはいつもと一緒だ。そして「サー」というノイズも健在。

触覚被害も身体各所に散り散りで発生する。

そんな中で今日も家の管理とグラフィック業務だ。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2704 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2706 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2705:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2704 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2706 »