« テクノロジー犯罪に遭遇して2744 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2746 »

2015年8月23日 (日)

テクノロジー犯罪に遭遇して2745

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

8月23日(日

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

10時03分

被害は続いているが、いまのところそれほどでもない。

昨日は久しぶりに週末らしく過ごす。午後は冷房を効かせた書斎で、好きなギターをいじり続けていた。それでも触覚被害はひどい。だからはだかでギターを抱えていなければならなかった。そして書斎外に出る際には着服する訳だが、途端に胸に強烈な触覚被害である。その際には必ずクズガキ声を近寄らせノイズも近寄らせる。そんなことの繰り返しとなった。音声送信の方は比較的静かだっただろうか。

夕方の植栽への水やりの時間は胸が尻への触覚被害がエスカレート。この時間も苦しい。それからもう少しギターいじり。はだかでだ。でないと背後からの触覚被害にとてもじゃないが耐えられない。

18時半から夕飯の準備。枝豆を茹で、トマトサラダをつくり、春巻きを揚げ、手羽元、野菜も揚げ、それらに甘辛ソースをかけていただく、調理時にはやはり尻への執拗な触覚被害。介入音声、ノイズ。

19時から食事を始めるも、すぐにはだかになる。途端に下半身へ被害は移動し、今度は右脚に被害が集中する。そんなことの繰り返しだ。

食後に愛犬の散歩。過激なほどではなかったが、しつこく続く。

以降は録画していたTV番組を鑑賞し過ごす。結局書斎のパソコン前でうたた寝、もはや日常化している。昨晩はすぐに気づき2時には普通に就寝ができた。

7時15分に覚醒。睡眠妨害はほとんど感じなかっただろうか。しかし「サー」というノイズと、弱い触覚被害が右脚にあった。

そこからは浅い眠り、音声送信は女の声でデマ送信、それでも普段に比べれば静かな方だった。8時45分に起床。

すぐに尻への触覚被害。音声送信は善悪の問答、ノイズは普段とおりだ。今日も普段の日曜のように家の雑事に追われることになる。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2744 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2746 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2745:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2744 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2746 »