« テクノロジー犯罪に遭遇して2751 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2753 »

2015年8月30日 (日)

テクノロジー犯罪に遭遇して2752

私は東京都豊島区南長崎4丁目に住む在宅ワーカー内山治樹という53才の男性です。ハイテクノロジーを利用した犯罪者との格闘を毎日一方的に強いられ続けています。このブログはその被害報告を兼ねた日誌です。2008年12月5日被害報告書籍「早すぎる? おはなし」発行。2010年5月12日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」2013年6月15日「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集第2巻」(編者・制作者として)発行。現在講談社ビジネスパートナーズより発売中!  一日でも早く被害追体験装置の登場を

8月30日(日

今日の嫌がらせの度合い:☆処刑を望む★殺人レベル ●滅茶苦茶 ◎特に酷い ○酷い △普通(我慢できる程度)ラほとんどなし

今日の嫌がらせ:声(声によるなぞり)◎ ノイズとガキ● 肌の撫で回し●(胸、右膝、脇の下、背中、肩、大腿、股、尻) 気配◎ 電磁波●(睡眠妨害、頭部に照射感や圧迫感と鈍痛。背骨に圧迫感、乳首に操作、走行妨害、資源浪費の強要、食物への冒

10時47分

被害は今日も続いている。

昨日はやはり被害に耐えに絶えての1日となった。一度エスカレートすると歯止めが効かないかのように過激化する。書斎内では一貫してはだか、下半身への触覚被害に苦しみながらの様々な作業。ギターいじりなどもしたが、そういう時間にも被害は止まない。

そんな中昼はハヤシライスを調理する。尻への触覚被害がやはりひどい。夜は久しぶりに外食とした。練馬の豊玉に安価で善良な店があって、そこを利用する。徒歩で20分ほどの距離。この行きの歩行の最中の音声送信とノイズと触覚被害の高ぶりはただ事ではなかった。とにかくまったく途切れない。ノイズが耳のすぐそばで聞こえ、主にクズガキ声が聞こえるが、ただヒステリーを起こし、同じ雑言を繰り返しているだけ、そして合間にそれを制する女の声も混ざる。触覚被害は胸にひどく、歩行中に左手を胸のあてがいつづけた。でないととてもじゃないがその不快に耐えられない。本当に何でこんな目に遭わなければならないのかがまったく理解できない。

帰路は酔いもあって行きほどではなかったものの、何か気が立っているかのような興奮ぶりが伺えた。

帰宅しすぐに愛犬の散歩。やはり立ち止まると相当の不快に襲われる。胸や尻や脇の下に表現し難い気色の悪い感触が発生しエスカレートしていく。

帰宅後は映画を鑑賞、何とか無事に終わりまで鑑賞できたが、眠気もひどく、書斎に移動してパソコンでYou Tube等を鑑賞していると寝入ってしまう。気が付くと3時を過ぎてしまっていた。すぐに消灯し就寝。

今朝も睡眠妨害はなし。8時半頃にラジオの音で目覚めたようだ。眠気と倦怠感は普通にある。ここ数日この時点での被害は遠い。しかし音声の方はあって、ノイズといつものデマ送信である。週末なのでもう少し休み9時半過ぎに起床。この頃になると触覚被害も始まり出し、洗面の頃にはすでに尻へひどい触覚被害。以降はいつもと一緒だ。下らない音声送信と尻、股間、太もも、胸、脇の下等への猥褻触覚被害がひどい。

今日はNPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの定例会が九段である。私も出席してくる予定だ。

« テクノロジー犯罪に遭遇して2751 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2753 »

ハイテク犯罪」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクノロジー犯罪に遭遇して2752:

« テクノロジー犯罪に遭遇して2751 | トップページ | テクノロジー犯罪に遭遇して2753 »